サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

レブチアの種子が届く

 先日注文していたレブチアの種子17種が届いた♪  S社の画像を見ながら、気に入ったオレンジ、サーモンピンク、黄などの花色サボをカートに放り込んだらこの数。 その内、塊根のピグマエア系は9種でした。  まだまだ興味は尽きませんね~
 
 写真は、実生5年になるピグマエア・ハーゲイ カナクルゼンシスです。 薄いピンクの花が年々大きくなってきたような気がします。
今回の種子が数年後、このような姿になって、写真におさめたい。
Canacruzensis1704cocolog
Rebutia pygmaea 'haagei' v. canacruzensis WR642(Cana Cruz-Camargo,Bol)


 一方、1年先輩のロビビア、マキシミリアナ・インターメディアが、色鮮やかな花を咲かせてきました。 見ごたえある花ですが、隠れている根が長くて太いので困っています。
Intermedia1704cocolog
*Lobivia maximiliana v. intermedia KK784、Challuanca, Peru 3000m
 ‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

レブチア ナルバエセンシスの初花♪

フレーム内はツルビニ、エビサボとともにレブチア種が種々開花中、今朝はレブチア ナルバエセンシスRebutia narvaecensis MN528の赤色の蕾が開きだしました♪

 実生して2年目に早々と初花。 白とピンクの花弁で清々しい雰囲気と思います。 今まで白花レブチア種を実生していましたが、これも仲間入りできました(^ 0^)
また幾分紫がかった深緑色の玉と短い白刺も良い感じになっています。
なお、種名narvaecensisはボリビアのタリハ市東45キロにあるナルバエスNarvaez由来です。

Narvaecensismn5281704cocolog
 
 ということで、種々の花色が楽しめること、短期間で開花までに至る点、さらに小スペースというメリットからレブチアの種子を幾つか注文しています。

*Rebutia narvaecensis MN528の前回時期(昨年夏)は、こちら
*ボリビア タリハのサボテン切手は、こちら
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

早起きな一番花

今朝起きてすぐフレーム内を点検すると、ロビビアのパンパナとレブチアが開花していました。
夜に開いているのではないかと思われるロビビアのパンパナLobivia pampana R446(実生6年目)は炎の二輪♪  眺めるたびに雌しべや花弁の色合いに感嘆しています!


Pampana1704cocolog
 
ピンク色のレブチアRebutia spec. Lara & Aguilarも開花し始めてきました。実生3年目となる今年は沢山の蕾が付きました。花色とともに、ムスクラ様の真白な本体も魅力です。
まだサボは生長はしていませんが、良い季節になってきましたね。

Rebutiasp1704cocolog
 
<追記> ロビビア パンパナの炎の花の寿命は1日、というか半日、午後には閉じだしてしまいました。 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

土色の肌に白い花 二種

フレーム内は赤や紫、黄色などの花が主役を交代しながら咲き続けております。
昨日は白花のレブチアが咲きだしました。

Leucanthema1704cocolog

写真の白花のレブチアRebutia leucanthema WR405は、こんなに小さくても実生して5年、塊根のパワーで咲きました。
シワシワの赤褐色に瑞々しい白い花。 土の中から咲いているようです♪ 
なお、花は午後には閉じてしまいます。黒色の蕾も魅力的です(右上に少し写っています)


1704

次はツルビニの烏丸(2010年実生)。 白い花弁ですが、雌しべのピンク色が特長です。
こちらも未だ膨らんでいず、薄汚れた土色の肌に白い花。
自生地ではこんな様子なのかな~
 
それぞれ暖かくなれば膨らんで、お花畑になりますが、それも嬉しいです。
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

二つの可愛いセニリス

今朝は、予想外にフレームの上蓋が凍っていました。 フレーム内は3℃位でしたので、少し安心しました。
 
昼頃、日差しが強くなるとともにマミラリアの月宮殿Mammillalia senilis(2014年実生苗)の赤い蕾が開きだしました。
写真集の花と同じような真っ赤な姿です。 初花記念に、大きさがわかるように横顔の写真にしました。
M
 
また、 レブチアのセニリスRebutia minuscula 'senilis' DH398には桜色の花二輪。 5年前に実生し、子も増えてきました。 
Rsenilis1703cocolog

ということで、二つのセニリスがフレーム内を華やかにしました。
 
・・・この機会にラテン語senilisの意味を確認すると、老人(an old or aged man)lということだそうです(CactiGuide.comより)。
真っ白い白髪をイメージしたのでしょうが。 パッと見、可愛い姿なんですがね~・・・
 
蛇足:Rebutia minuscula 'senilis' DH398はフレーム内で膨らんでいるため緑色ですが、 軒下の苗は縮んでトゲトゲです。
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

今朝の椅子 3月11日

軒下サボテンのレブチアが咲きだしてきましたので、今朝の椅子です。
レブチアの宝山と偉宝丸、パロディアの雪晃です。 
赤花でまとめてみました。 
 
311
*玄関先の椅子にサボテンの花として半年ぶりの登場となりました(前回は鮮麗玉)。
 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 

春一番のレブチア

フレーム内のレブチア実生苗Rebutia violaciflora WR681(紫宝丸)が、一輪咲きだしてきました♪
2月に咲きだすとは早いです。勿論、軒下の苗は、やっと花芽が発生してきた段階。 
無加温フレーム内は夜間1℃位まで下がりますが、日中は3,40℃ぐらいに温まるのが効いていたのかも?
 
フレーム内のレブチア他種は余り動いていませんが、これから数か月間レブチアが咲き続けるというワクワク感の始まりです(^ - ^)
Violaciflora1702cocolog
 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 

緑の金平糖フラビスティラ

窓際の小さなプラスチック箱で栽培している、昨年蒔いたサボテン子苗は、この時期でも元気に生長しております。
 レブチア主体で、多くが細長いのですが、写真のフラビスティラRebutia flavistyla BLMT769.07は、植え替えてから一層丸く大きくなってきました。
 
薄緑色の、まさに緑の金平糖になっています♪ 
これからの姿に興味ありますね~
Flavistyla1701cocolog
 
<蛇足> 他に金平糖と思い出したサボは、エビサボテン衛美玉の小苗。 生育阻害などあって変形してきましたが、今もって、姿と花は絶品です。
 
* Rebutia flavistyla BLMT769.07の前回時事は、こちら
* フェンドレリイ衛美玉子苗の金平糖の姿は、こちら。 花はこちら
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”をポチッとしていただくと、嬉しいです
ありがとうございました♪

サボテン玉子 困った

昨夜の雨と強風のため早起きして点検。 幸い、一鉢倒れたぐらいでした。 雲が吹き飛んだ空には月と木星が輝いてました。
 今日は、室内のプラスチック小箱内で育成しているサボテン実生苗の状況報告です。
左下のパロディア(一昨年の実生苗)以外、すべて今年の実生苗、レブチア六種スルコレブチア二種ロビビア一種エキノケレウス二種アカントカリキウム一種です。 ほぼ順調に生育しておりますが、気がかりなセルが一つあります(下列中央)。
1612
レブチア ピグマエア トルクアータRebutia pygmaea《torquata》 FR1117 五個の内の一つが、米粒くらいで刺がでてきません(矢印)。 その姿、まさにサボテンの玉子(左下に拡大)。 試しに0.3%ホウ酸水処理しましたが、反応ありません。
来年は酉年、早く殻を破って欲しいところです。
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

軒下サボ・宝山に早くも花芽

軒下サボテンのレブチア・宝山実生苗に、早々と赤い花芽が出てきました。軒下友達のレブチア種のなかで、この苗が一番乗り。なお、フレーム内の宝山はプックリ体形でお休み中。 この苗は水不足と寒さで少々縮んでいますが、これからぐるり二周、心配するぐらい赤い点々が見えだすと思います。
1612
写真下は、今年蒔いた宝山の実生苗(写真上、3年前の苗由来種子)です。 不測事態の備えとバザー用に育成しています。10月末、室内窓際に置いてから、少し大きくなりました。 
再来年頃から、赤い花芽が出てくるのではと期待してます。
1612_2
*レブチア宝山の前回記事は、こちら
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

より以前の記事一覧