サボテンの華

  • Parodia saintpieana
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

快竜丸の白とピンクは良いですね 初花三種

今週、長らく待っていたサボテン実生苗達が初花を迎えました(^^♪  そのご紹介です。
 
初めは、エリオシケ タルタレンシス・ピグマエア。
実生5年を経て、やっと薄いピンクの初花です。 小さな花ですが、中心は深い底。
Epygmaea1705cocolog
* Eriosyce taltalensis v. pygmaea FK45(20㎞North of Chanaral, 10m, Chile)
 
次は5年前、刺のないサボも良いかなと蒔いたエビサボ、ビエレッキー・モリカリー。 
多数子吹きした薄緑のキュウリです。  しかし、濃い赤紫の大輪が咲いてイメージチェンジしました。・・・・・・この一輪のみが残念。 
 
なお、種名はHans Wilhelm Viereckと、Dale Moricalの両氏に因んだものです。
Vierecki1705
* Echincereus viereckii ssp. morricalii
 
最後は、5か月前モームセンターで購入した快竜丸。 
最近、球体は膨らみだしましたが、まだ体力不足。 一つだけ蕾が伸びて、白花。
海王丸とはまた違った白色で、中心のピンクが華やかさ演出してます♪
 
・・・ということで”サボテンの華”に移行しました(左上マイフォト参照してください)
1705
 
長い間、待っていた花が咲くと、それぞれイメージアップしますね~
 

☆ ご訪問ありがとうございました。

 

長年待っていたサボテンの蕾

数年前から実生栽培を行っていますが、今年初めて蕾が発生してきたサボテンの報告です。
 
まず最初はディスコカクタスの白条冠。 やっとプレステラ3号鉢に見合う大きさに生長してきました。
 
いきなり、蕾が無い写真で申し訳ないのですが・・・昨年から綿毛が伸びてきており、今までとは異なる尖った刺も現れてきました。
 
この調子では、今年初花になるのではないかな。もう8年間眺めているので多分、急にscissors
1705
*Disocactus zehntneri
 
 
次はロビビア 赤裳丸Lobivia aurea v. dobeana  TB454.1。 こちらはまだ実生3年。
じっくり待つつもりが、赤白黄の黄裳丸系の中で真っ先に出てきました。
陽気が良くなりとともに緑肌となり、太い刺もでています。
 
Dobeana1705cocolog  
 * Lobivia aurea v. dobeana TB454.1(La Majada, Sierra Ancasti, Catamarca, Arg)
 
 
3番目は、実生5年目になるロビビア フェロックスLobivia ferox HUN179。 立派な刺が出ており、昨年からから軒下サボテンとなっています。
 
花色は多様で、白花とは限らないようです。 貴重な一つ、出来れば白! どうかな。
  
X1705
 * Lobivia ferox HUN179( W Tafna, Jujuy 3756m, Arg)

 最後はエリオシケ タルタレンシスの変種ピグマエアEriosyce taltalensis v. pygmaea FK45。 
こちらも実生5年目。 小さいながら消滅せず、今年でてきた黒い刺の間から黒い蕾が一つ。
植替えするのが怖くて、そっと見守っています。 
 
Pygmaea1705cocolog
 * Eriosyce taltalensis v. pygmaea FK45(20km North of Chanaral,10m, Chile)

なお、今回、選にもれたサボテン種については、開花するまで待機しています。
 
☆ ご訪問ありがとうございました。
 
 

タルタレンシス 今年も薄紫花

 ネオポルテリアのタルタレンシスNeoporteria taltalensis KK1199は今年も開花してきました。 鋭い花弁と黒い刺、緊張感あります。

Neoporteria1704cocolog
 
 6年程前チリのタルタル町に興味がありまして、そこの種子を蒔いたものです。 まだ小さな鉢に収まっていますが、同期や後輩のネオポルテリア(エリオシケ)は気難しく、何時大きくなるの?という状態に比べると大変優秀です。
 
 何時も手元で眺める”500Cacti"には、Neoporteria taltalensisの栽培は難しくなく、厳しい環境でもストレス耐性が有ることが記載されています。まさに、その通りの結果となっています。
なお、緑色の肌は吸水しているためです。トゲトゲになると、こちらがストレス感じてしまいます。
まさに、私のフレーム環境で毎年開花してくる子苗は頼もしいし、希望の光です♪
 
なお、右上苗は同期でタルタルが故郷のN. neohankeana v. flaviflora FR212A。 未開花株ですが黄花、4年ぶりに登場しました。
*参考までに、チリのタルタル町とコピアポアを紹介している切手は、こちら

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

今朝の美花 三種

日中、大分暖かくなりフレーム内では、いろいろな種類のサボが咲きだしてきました。
今朝は色や姿が特徴的な三つサボテンの花です。
 
まず初めに、 エリオシケのニグリホリダEriosyce subgibbosa v nigrihorrida FK22。 細長く尖った花弁の赤紫が素敵です。 他の苗も開花すれば・・・
1703
次は、咲く姿が気に入っているロビビア桃輪丸Lobivia wrightiana KK1545。 赤紫の柱頭に花弁が盆栽風。
21703
三番目は名前も目出度い吉兆丸、ノトカクタスとしては一番花です。
赤紫の花弁と中心部の黄色、赤紫の雌蕊に黄色の雄蕊など、なかなかの花と思ってます。
特に、真白な綿毛が花を一層引き立ててます。
1703_2
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

色鮮やかな蕾 三選

花が咲く前の蕾の色と膨らみは、見る方の期待もあって何時も良い雰囲気になりますね~(*^-^*)
今朝は待ちきれなくて、そろそろ咲きだすのではないかと思われるサボテン実生苗の蕾を三つほど。
 
まず初めは、マミラリアの月宮殿Mammillaria senilis。赤い蕾が白い刺からはみ出てきました♪
Senilis1703cocolog
 
2つ目は エリオシケ ニグリホリダEriosyce subgibbosa v nigrihorrida FK22の赤紫色の尖った蕾。黒い刺も出てきています。 参ったな~
Nigrihorrida1703cocolog
 
3つ目は、トゲトゲのマツカナ・ウェバーバウエリMatucana weberbaueri。杏子色の蕾は、これから煙突のようにグーンと伸びます。
Weberbaueri1703cocolog
 
それぞれが特徴ある花の姿なので、今からワクワク感♪ 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 

エリオシケ2種開花中

ソメイヨシノが開花したとのニュース。 いよいよお花見シーズン入りです。

午前中雨でしたが、フレーム内ではエリオシケの2種が咲きだしていました。なかなか隙のない花ですね。 蕾の数は昨年より増えてきました、当分楽しめます。

左はタルタレンシスNeoporteria taltalensis KK1199、 右はニグリホリダEriosyce subgibbosa v. nigrihorrida FK22です。
1603
*タルタレンシスの実生半年の姿はこちら。 ニグリホリダの初花はこちら

今年も白翁玉 開花

今週になってエリオシケの白翁玉が開花し始めました。 いつ萎れてもおかしくない状態で、何とか例年通り綺麗な花となりました。

他のエリオシケ(ネオポルテリア)では、ニグリホリダ(FK22)とタルタレンシス(KK1199)に蕾が出ていました。 刺も伸びだしていて、今が生長期? よくわかりません。
162
*白翁玉の花輪はこちら

ニグリホリダ 初花

エリオシケのニグリホリダ、この暖かさで蕾が開きだしました。

花弁は細長く、薄紫色。まだ一輪だけですが良い感じです。

アイハルさん、どうもありがとうございました。

*Eriosyce subgibbosa v. nigrihorrida FK22

Nigrihorrida1503cpcplog

白翁玉の花輪

エリオシケの白翁玉が、咲き始めてきました。

今季.全稜に蕾(計16個)が付きました。

仲間入りして6年、最大となりました。

それを祝して花輪。

1503

エリオシケ2種 もう咲きそう

エリオシケの白翁玉の蕾が随分大きくなってきました。

赤紫色の蕾がぐるり一周、最多の数となりました。

1年前迄調子が悪く、刺落ちなどありましたが、元気になり養生し甲斐がありました。

また、3年前サボ友さんから頂いたEriosyce subgibbosa v. nigrihorrida FK22に蕾が初めて出てきました。

本家は2,3年前から咲いているのに・・・ まだか、まだかと待ち続けた赤紫色の蕾です。

さらに、飴色から黒色の刺からわかるように現在生長真っ盛りです。

この勢いに元気づけられます。

1503

白翁玉の1年前の姿はこちら。 nigrihorrida はこちら

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ