サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

コノフィツム ウィッテベルゲンセ 挿し木順調

コノフィツムのウィテベルゲンセ(Conophytum wittebergense)の不調な苗を三週間前、六個に株分けし、挿し木した現況です。

細かい皺も無くなり、全て発根しているようです。

1911wittebergensecocolog

しかも、蕾が見え出した苗もあります😃

1911wittebergensecocolog_20191117072001

ということで

増えすぎたので、地区バザー用に育成します。

*ウィテベルゲンセの前回記事(挿し木)は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

コノフィツム ラツム(latum) 突然動く

一週間前は、静かなコノフィツム ラツム(latum)、きょうは元気な姿。

蕾が二つ見え出しました。

1911latumcocolog

緑の玉に黄色の雄しべ。

花びらがもう少し伸びてきたら開花かな(夜です)。

*ラツムの前回記事は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

カルクルス 大玉になる

コノフィツムのカルクルス、脱皮後大きく膨らんできました。

玉も歪んでいます。

1911calculuscocolog

Conophytum calculus、2014年実生

もう1円を越して100円玉サイズ!

分頭するんだろか?花は何時なんだろうか? いつもニコニコです。

写真は水滴が付いていた大玉(^o^!

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

コノフィツム ムンダム 空中の花!!!

コノフィツム ムンダムの花を撮ったら、空中の楼閣の花! という話題。

1911_20191111095701

* Conophytum obcordellum 'mundum' BM7923、2014年実生

明るい時は筆のようで寂しい過ぎ・・・何時もこれではと、昨夜7時に見ると揃って満開状態😃

1911_20191111093101

? それにしても紫の苗が怪しく映えています。

今朝、分頭した苗の古皮を剥ぐと、下は枯れた芯のみ!

1911_20191111093001

昨秋には無く、萎れた萼片が残っていたので花殻から発生したのかも? 水分や養分は?・・・疑問だらけ

とりあえず

花が終わったら、挿し木してみます。・・・紫色はそのままでいいんですが・・・

*このムンダムの昨年12月、花終盤時の様子は、こちら。二輪咲いているような(右手前苗)

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

コノフィツム ラツム(latum)、プックリ二玉

コノフィツム ラツム(latum)の緑がテカテカしていましたので、三年振りに登場。

仲間入りしてから、もうすぐ九年。

1911_20191106133601

Conophytum latum

その間、二頭になりましたが、夜咲きだし本当に控え目。

緑の玉、もっとあっても良いんですがね~

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

フィシフォルメとムンダムの淡い緑色が良いです

コノフィツム フィシフォルメの淡い緑色が結構映えていたのでご報告😃

1911
*Conophtum ficiforme ' fossulatum'、2014年実生

実生以来、4苗を一鉢に植え込んでいましたが、もう一杯になりました😃

その一玉には、初の蕾😃

1911_20191101185801

Conophytum obcordellum 'mundum' BM7923、2014年実生

同期のムンダムも鉢一杯、苗それぞれ、微妙に異なる色合いです。

以上

これから更に膨らむ前、薄緑色が魅力的なコノ二種の表情でした。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

急遽、コノフィツム ウィッテベルゲンセを挿し木した

先月植え替えたコノフィツムは順調に花も咲きだしている一方、実生ウィッテベルゲンセの一株は旧皮を被ったまま動いてきません。

掘り起こすと、やはり、新しい根が出ていません。

1910wittebergense

*Conophytum wittebergense 、2014年実生

1910wittebergense_20191022144401

急遽、コルク質を剥いで、心出ししました

安全を見込んで、数個に株分けしてあります。

白い芯を一日放置し、植え込みました。

1910wittebergense_20191022144403

シワシワの苗をそのまま放置しても枯れるだけ。

ごく普通の模様ですが、愛着のある実生苗です。これで、幾つかは復活するはず。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

シワがあっても花、”浅間の虹”

当地は台風19号直撃でしたが、幸いサボタニへの被害は無く、今日はゆっくり。しかし快晴、しかも暑くて、かえって危険!

堪らず、午後にメセン類を日陰の涼しい所へ移動しました。

1910_20191013221703

丁度その頃は、コノフィツム・浅間の虹が満開。シワがあって、まだ本調子でないのに・・・どうしたことか!

1910_20191013221702

同じ8年前に仲間入りしたエクティプム ブロウニィも寒冷紗の下で一輪。 涼しげです😃

・・・薄暗くなった夕方、リトープス達が咲き始めて・・・棚下でも夜開性の玉鼓が開花中でした。

1910_20191013221701

ということで

植替えてから一月後、はち切れんばかりに膨らんだコノフィツムではありませんが、順調のようです。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

脱皮の都度、少しずつ大きくなるカルクルス

今日はメセンの鉢を入れているバットの洗浄をした。 植え替える前にすればよいのですが、やっと余裕が。

場所の入れ替えもしていると、旧皮を破ったコノフィツムのカルクルス実生苗の緑! 癒されました😃

1910_20191008220401

* Conophytum calculus, 2014年実生

長い細根が数本あるだけですが、脱皮の都度、確実に大きくなっていました😃

1910_20191008220402

*Conophytum pellucidum 'pardicolor'

この白花はペルシダム パルディカラー。 咲初めで、これから満開状態になる予定。

ということで

コノフィツムも少しずつ変化しています。

*この二種の前回記事(今年6月の様子)は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

あれ同じ花色? コノフィツム巻花2種

先月植替えたコノフィツム ”小菊の舞”が、咲き始めてきました。

まだシワシワなのに早い動きです。

同じ巻花の”てまり”は、三輪開花! しかも、花色は全く同じ橙色。

19102

* ”小菊の舞”(左)、”てまり”(右)

”小菊の舞”の花色は、開花し始めの黄色から、徐々に橙色に変色するのを5年前確認しましたが・・・

咲き始めから橙花とは?

ということで

久しぶりに、巻花二種の同時開花であれ?と思ったことでした・・・しかし、ゴメン、植え替え時の混入かもしれない。別株の蕾が待ち遠しい

*”小菊の舞”の花色変化は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ