サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

コチニール色素はペルー産が主

今朝は珍しく、黒い富士山が現れてきました。そして、これも久しぶり、趣味のサボテン切手の話題です。
 
画像は、ペルーの輸出産物として発行(2017年)されたコチニールカイガラムシ(Cochinilla、Dactylopius cocus、和名エンジ虫)の切手です。(付着した姿が切手になるのは、初かな)
 
Peru2017cochinila_3
 
ご存知のコチニール色素は、ウチワサボテンに付いた雌のカイガラムシを乾燥させて、すりつぶした赤い天然色素(カルミン酸)。染料や食品、化粧品等に使われています。
 
それが、なぜペルー?・・・
 
ペルーは世界シェア84%ほどで年1500トン生産し、次いでカナリア諸島(8%)、チリ、ボリビア、メキシコということでした・・・そうなんだ・・・
乾燥コチニール1kg作るのに8から15万匹必要とのこと。 収穫や集めるのは大変そう・・・
 
 
以上、
 
インカ時代から中南米を代表とするコチニール染料はペルーが最大の輸出国だということが判りました。 知らないところで、お世話になっているんだな~
 
 
*コチニール色素についての前回記事(カナリア諸島Las Palmas)は、こちら
 
fuji ご訪問、どうもありがとうございました。 

峨眉山の緑の葉

モナコから熱帯植物公園に関する切手が発行されました(2018年4月30日)。
 
昨年10月に新設された植物センター ガラス温室(900m2)のお披露目切手です。 植え込まれたサボタニと地中海が描かれています!
 
中央、黄色の花が咲いているのは? アロエかな~と注視・・・
 
2018s
 
 
・・・・・・ふと思いだ出したのが、ユーフォルビア 峨眉山のこと。
 
・・・片隅に放置し、5年間注目していなかった!
 
それでも数十の玉に増え、暑さにもへこたれない緑の葉を出していました。 
 
ありがたいことです。
 
1807
 
* リンク先は前回記事になります。 
 
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています。 ここで~すdownwardleft
 
 
 

実生七年目、レブチアの初花を機に無知を知る

七年目にして開花したレブチアに因んで、その属名の話題です。
 
1805einsteiniiflcocolog
* Rebutia einsteinii v. aureiflora 'kesselingiana'
 
まず、そのレブチア エインステイニー変種アウレイフロラ・・・は、昨年来の軒下放置が良かったようで、疣と刺座の色が明瞭になってきました♪ フレーム内での青白い姿とは、様変わりです♪
 
花は濃い赤紫系、余り見かけない色合いと思います。 花付はあまりよくないです。
 
Pierrerebut
 
ところで、レブチアという属名は、フランスのサボテン家・ピエール レバックPierre Rebut(1828-1898)由来ということを知りました。
数年来、レブチアの実生をしていましたが、何ということだ!
 
写真下は属名の切っ掛けとなった宝山(Rebutia minuscula)。 
二年前の実生苗の初花です。 皆揃って蕾が伸びてます(先月のこと)。
 
1805_5
 
ということで
 
先月よりレブチア実生苗は多種開花中ですが、今回属名の由来を知ることができました。
ところで、’kesselingiana'て何だろう?
 
* レブチア エインステイニー変種アウレイフロラの1年前の姿(フレーム内育成)は、こちら
 
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

明治天皇のシャシャラシャッポ

春先、山梨の七賢(山梨銘醸)へ、日本酒醸造の様子や明治天皇の行在所(あんざいしょ)を見学しました。

明治13年6月(1880年)、京都への御巡幸の際に宿泊された部屋には当時の高級壁紙やお箸などが大切に展示されていました。

1805

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、最近、明治天皇が御下問されたという大サボテンの古絵葉書を手に入れました。

天皇と藁葺農家とウチワサボテン、全く想像できない組み合わせ? どういう関係があるのか ・・・

1805_2  

 明治23年3月(1890年)、陸海軍合同大演習の総監後、乙川(現愛知県半田市)の農家庭先(関常方宅)に生えていた巨大なサボテンについて、「これは何というものか?」と百姓に尋ねられたとのこと。

「へえ これはシャシャラシャッポと言いますです」と答えられたそうです(半田商工会議所メールマガジンより)

乙川白山公園には統監記念石碑が残っているようですが、現人神も不思議と思われた大サボテン、その後、どうなったんでしょかね~・・・・・・

すると、ウチワサボテンの不自然な姿に気が付いてしまった。 なんと、写真を張り付けて、逸話を構成していたことが分かった。 

ガックリ。

こちらは本物のウチワサボテン、芽が出てきました。

1805_3

 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

藤田嗣治「・・・マデレーヌ」の傍ら

画家・彫刻家の藤田嗣治(1886~1968)の作品「メキシコに於いてのマデレーヌ」の絵葉書から。
 
1804
 
この絵葉書にはウチワサボテンとマゲイが背景に描かれていました。
 
どうやら、1931年(昭6) 藤田はフランスから愛人マドレーヌと伴って個展開催のため、ブラジル、アルゼンチン、ボリビア、ペルー、キューバ、メキシコなどを歴訪。帰国後1934年(昭9年)二科会会員に推挙され、その年の9月第21回二科美術展覧会に、本作品を出品されたようです(東京文化財研究所資料などより)。
 なお、本作品は京都国立近代美術館に秘蔵されています。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
ところで
フレーム内ではエビサボテンの摺墨が三輪開花中です。
 
1804_2
 
ピンク色の薄い花びらが舞っているようです。
蝦ちゃん”とともに”マデレーヌ・・・”・・・しかし、キモすぎるな~とキャンセル。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

ボゴール植物園のサボテンの裏側

昨日の日経朝刊”グローバル時代を開く”でのインドネシア・ジャワ島にあるボゴール農科大 熱帯バイオ製薬研究所の紹介記事に目が留りました。
 
ウコンやショウガ等を使った伝統薬を家畜感染症を予防に使えないか研究されているようです。
 
私はこの分野とは無縁ですが、丁度ボゴール熱帯植物園を調べていたからです。
S
 
画像は植物園のサボテンと子供を抱え、買い物袋を提げたご婦人の絵はがきです。
 
のんびり、開放的な風景写真です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

しかし、その裏面をみると軍事郵便!

2
 
ここは1817年、オランダ領の頃に開園され、その後1942年から45年にかけて日本が管理していましたので、ジャワ島に駐屯していた将校用の葉書と思われます。
 
裏面を見なければ、第二次大戦中の緊迫した雰囲気は伺えませんでした。

平昌五輪では選手の頑張り様と友情やその成果に酔いたいのですが・・・平和友好ムードを演出する裏面にも注意を払わなくてはと・・・

 
 
 
 

姫春星 一輪

午後、フレーム内のマミラリア・姫春星が開花し始めましたので、それに関する”なぞかけ”、
 
姫春星とかけて、ペンギンと解く、その心は・・・
 
201802
 
写真の苗は昨年夏仲間入りした姫春星。 
 
紫の小さな一輪が先行して咲きだしました。 蕾も刺の間から幾つか見え出しています。
 
少し春らしいです。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
白い刺に群開する紫の花、春の定番のマミとなっておりますが、自生地(メキシコ)では絶滅の危惧にあるようですね。
 
学名はMammillaria humboldtii、・・・そうか! フンボルトペンギンで有名なアレキサンダー・フォン・ フンボルトAlexander von Humboldt(1769-1859)の名前を冠しているのですね(謎かけヒント)。
 
サボテン界に関係あるかもと持っていたフンボルトの手紙の絵葉書です。
 
Humboldt
 
初めてみる姫春星の花なのですが、色々繋がりがわかりました。
 
 
* リンク先は姫春星の前回記事になります。
 
 


にほんブログ村

アンデスにケーナの音色が響いているようだ

今朝は、さえない曇天。 それゆえ趣味のサボテン切手で気分転換。
 
先にアルゼンチン・ウマワカ渓谷に関連する人物と大サボテン・カルドンの記念消印について紹介しました。
 
写真下も同じく、アンデス山裾のカルドン(黄鷹)を描いた記念印(1959年)です。
 
Aruzenchin1959s
 
ケーナの音色が渓谷に響いているような・・・
 
ウマワカ渓谷の”花祭り”かな~~~イメージが膨らみます。
 
何気ない風景ですが、カルドンが良い味出してます~
 
 
*ウマワカ渓谷の”花祭り”については、こちら
*アルゼンチンの消印(カルドンの消印)については、こちら

カーネギーとコリー犬

サボテンと多肉植物の郵趣品の中に、弁慶柱と犬という予想外の組み合わせに気が付きました。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
本ブログで紹介した鉄鋼王・慈善家アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie)の生誕150年記念封書に、何とコリー犬が傍らに座っていたんです!
 
1801andrewcarnegieocolog
 
 
この散歩中の彼とコリーの姿は、著書の表紙にもなっていました(The Andrew Carnegie Reader)。
 
前回は弁慶柱(Carnegiea gigantea)名前の由来ともなった彼の功績に注目していましたが、・・・
戌年となって、やっと愛犬に目が留まった次第です。
 
視点を変えれば、色々ありますね・・・
 
 
* カーネギーのこの封書についての前回記事は、こちら
 
* イヌとメキシコの二番切手(郵便配達人、犬、柱サボテン)は、こちら
* DINGO(オーストラリアの野生犬)とサボの切手は、こちら
* コヨーテとサボテンの切手:USA 、 ギニアビザウ 、カンボジア

シチリアのウチワサボテン祭り2017

シチリアのアグリジェント県べリスで10月に開催されたウチワサボテン祭りの記念カバーが届きました。
 
1712
 
デザインは、花火のようなウチワサボテンの実とシチリアの分県地図となっております。 
消印もウチワの実、古代の神殿とシチリア島の地図(べリスは点)です。
景気良いですね~
 
ところで
 
家のウチワサボテンは?
 
1712_2
 
まず実生のウチワサボテン。花は咲きましたが実はならず。 今年は直刺が伸びだしてきました。
栄養の具合かな~
 
1712_3
 
バーバンクウチワの方は、相変わらず大きな茎節一枚だけ。
 
日照不十分なのかな~
 
ということで
 
今年も実の絵を眺めることに・・・何時になったらパーティー? トホホ

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ