サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ケイリドプシス翔鳳 浅黒くなる

日差しが強くなってきた影響で、ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)の葉が浅黒くなってきました!
緑の葉が濃紫色になって、風情でています♪
今か今かと長らく待っていた蕾は、もうそろそろ・・・ 
1903_2
* Cheiridopsis peculiaris, 2015年実生苗

そうか! 

  

葉が日焼けするくらい日差しが強くなるまで待てということか・・・

*翔鳳の前回記事(一月前、葉の形態について)は、こちら
 ちょうど1年前、初花の様子は、こちら

☀ ご訪問どうもありがとうございました😃

アロイノプシス天女扇 黄花満開に

強い日差しを浴びて、アロイノプシス天女舞が満開状態になってきました。
今年の一番花(右下)は、もう2週間も頑張ってます。
1903aloinopsiscocolog_4
* Aloinopsis villetii(天女舞), 奥は日輪玉’manyading'(2016年実生)
よくある黄花なんですが、イボイボの青緑の葉に映えており、格別の思いあります。
*天女舞の前回記事(一番花)は、こちら
☁ご訪問どうもありがとうございました😃

ディンテランタス幻玉 オレンジのキール

脱皮中なんですが、このところ一休息しているディンテランタスの様子。
 
日差しが良く当たる棚上に置いてあるゆえか、キールが色付いてきました。
 
オレンジ線が色鮮やかです♪
 
1903  
*Dinteranthus wilmotianus, near Augrabies Falls, blue spots
 
初花だった手前の苗は、線が分枝!
 
桃似の玉に鋭い線模様・・・この緊張感、良い感じです♪
 
幻玉の前回記事(待望の初花)は、こちら
 
ご訪問どうも有難うございました(^o^)
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村

フェネストラリア群玉 思惑が外れトホホ

昨年12月初めに蒔いたフェネストラリア群玉の現在、トホホ状態の記録。
 
1月下旬、やっと本葉が出始めていよいよ本格生長と思ったのですが・・・・これがなかなか・・・・思ったように大きくなっていません。
 
一昨年は、根が長いのに鉢が小さすぎて夏越し失敗。 今回、鉢を大きくしたんですが、完全に思惑大外れ(;ω;)
 
 
1903cocolog
 
今回、市販用土にして小鉢へ・・・それでも大きすぎ(^-^;
 
やはり根がまだ1センチ程度で弱弱しかった。
 
ということで
環境を変えて再スタートです。 この小苗で夏越し出来るまで生長するか? はなはだ疑問なんですが、でも期待するしかありませんね。
 
* 群玉の前回記事(2か月前)は、こちら
 
ご訪問どうも有難うございました(^o^)
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村

アロイノプシス天女舞 一輪開きだす

3月になって河津さくらや水仙などが咲きだし、良い季節になってきました。(ただし、杉花粉の多量飛散で私は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、いやですね~)
 
アロイノプシス天女舞の蕾も、ほころんで黄色の花!
 
実生4年経つと、株も大きくなり蕾の数も増えました。これからが本番です♪
 
1903_cocolog
*Aloinopsis villetii
 
チタノプシスの蕾も膨らんでおり、そろそろという雰囲気。
 
以上
 
蕾が見え出してから2か月目の現況でした。 
花写真は閉じだした時なので、次回は群開かな。
 
*このアロイノプシスの前回記事(蕾発生)は、こちら
 
ご訪問どうも有難うございました(^o^)
 
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村

アルギロデルマ ・黄花金鈴も脱皮中

実生三年を過ぎた現在、アルギロデルマ属・黄花金鈴は脱皮中です。
 
青磁色のプックリした色合い、心が和みますね~
 
1903cocolog
*Argyroderma delaetii ' aureum'
 
ただ、遅々とした生長は我慢、我慢というところです。
 
当然、花はまだ(*゚ー゚*)
 
ということで
 
鎮座している姿です。
 
* 金鈴の前回記事(脱皮前)は、こちら
 
ご訪問どうもありがとうございました(^o^)
 

プレイオスピロス ボルシィ小苗の青磁色♪

昨年秋に蒔いたプレイオスピロス ボルシィは、現在気持ちよく生長していますので、ご紹介。
 
七週間振りなんですが、子葉は吸収されだし、スカスカだった苗はぶつかり合う状態に!
 
1903cocolog
* Pleiospilos bolusii
 
窓際に置いているので日焼けせず、目に優しい色合いとなってます♪
 
ということで
順調に大きく生長してます。この調子では、再度植え替えしないといけないかも・・・
 
*プレイオスピロス ボルシィの前回記事(1月初旬)は、こちら
 
 ご訪問どうもありがとうございました(^o^)
 

ケイリドプシス ペキュリアリスの蕾と葉の形

今年も、ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)に蕾が見え出してきました♪
 
昨年に比べ、株も一回り大きくなり、脇芽もしっかり生長しているので、大きな黄花、期待できそうです。
 
1902_cocolog
 *Cheiridopsis peculiaris
一方、もう一株(下)は、残念ながら蕾がでませんでした。
 
そろそろなはずなのにと、何回も眺めて…葉の形が違う(B1vs B2)ことに気が付きました。
 
1902cocolog
 
祥鳳は一対の冬葉(A)の中心部からでる葉(B)、そしてその脇から出る葉(C)、それぞれ形が違うんですが、・・・
 
さらに・・・Y字形の葉Bからは蕾がでる葉(B1)と、夏葉が中に控えている葉(B2)の2種類あることに気が付きました。 Y字の切れ込みに微妙に差がありました。
 
すると、上の未開花株は、脱皮後2株になるはず・・・・・・ 開花株は冬葉Aの下から脇芽が出てきましたが。
 
なんか、ややこしいのですが、花の咲く前は来期の姿を予想しながら楽しんでいます♪
 
*ケイリドプシス ペキュリアリスの前回記事(一月前)は、こちら
 
ご訪問どうもありがとうございました(^o^)

フェネストラリア群玉 本葉見え出す

昨年12月初めに実生したフェネストラリア 群玉に本葉が現れてきました。
 
予想外に小さい双葉でしたが、これでホッとしました。
 
1901
 
そして、今頃になって発芽してきた苗発見!(写真下苗) 
 
まっすぐ伸びているので、芝目土の隙間に落ち込んだ種だったようです。
 
 
19011_2 
 
一方、こちらのプレイオスピロス ボルシーは、二枚目の本葉が生長中です。
 
隣にぶつかり合いながら、日々生長してます。
 
以上
二週間ぶりの更新・・・それぞれのペースで元気発散中でした。
 
*前回記事のリンク先、群玉は、こちらボルシーは、こちら(子葉に包まれた苗は左上)
 
ご訪問どうもありがとうございました(^o^)

ケイリドプシス翔鳳に今年も蕾が見え出しました♪

今朝も快晴!だけど、またヒヨドリの鳥害にあってしまった(`ε´)
 
今度はディンテランタスの妖玉!
 
1901dinteranthus_cocolog
* Dinteranthus microspermus ssp. puberulus
 
少し大きいので引き抜かれませんでしたが、突っついた跡が三か所(;ω;)
 
分頭している新葉には影響ありませんが・・・三度目にならないよう夜間はシーツを被せることにした。
 
1901peculiaris1_cocolog
* Cheiridopsis peculiaris
 
さて、一段と大きくなってきた(12センチ長)ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)に花芽が見え出しました♪(中央左の新葉から)
 
 
1901peculiari2_cocolog
 
もう一苗には新葉が♪ 順調に伸びれば、右中央の葉から・・・かな?
 
以上
昨年初花を迎えておりますが、僅かな変化にも嬉々としている実生丸三年目です(o^-^o)
 
*翔鳳の前回記事は、こちら
* 妖玉の前回記事は、こちら
 
ご訪問どうもありがとうございました(^o^)
 


にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ