サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

リトープスには厳しい夏、でも元気な姿も

やっと梅雨明けし、日差しが戻りましたが、一転厳しい暑さ。

そんな異常気象なので、日照不足のリトープスはバテ気味。特に、実生1年の苗は、旧皮だけとなってしまったものが多数。 

そんな様子を載せても後の祭りなので、元気なリトの姿を。

1907olivacea

* Lithops olivacea  SB1998

実生5年になるオリーブ玉は縮んで、窓だけ出している姿です。

褐色気味の窓もありますが、秋には全て緑色になる予定。

1907_20190730185501

* Lithops ruschiorum

こちらは久しぶりに登場。実生6年の留蝶玉です。

分頭している小苗も、縮む、皺が寄るということも無く、脱皮直後の様子を維持しています。

1907vanzylii

* Dinteranthus vanzylii 

こちらは、実生7年のディンテランタス バンジリィ(稜耀玉)。

前回、脱皮中の面白い姿を報告しました。三か月経つと、旧皮は吸収され、かなりのボリュウムの感でてきました。

以上

夜も蒸し暑い日で体力消耗しますが、あと一月。このままで。

*オリーブ玉の前回記事(今年3月、脱皮後のイキイキ姿)は、こちら

*留蝶玉の前回記事(昨年1月の脱皮中の姿)は、こちら

*稜耀玉の前回記事(4か月前の脱皮中の姿)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

天女扇と天女舞は、夏眠モード入り

春分の頃、満開状態になっていたチタノプシス天女扇アロイノプシス天女舞の実(さっか)が、茶色に変色したので収穫しました。

1906_3

* Titanopsis hugo-schlechteri SB1342, 2014年実生

 写真上は春のチタノプシス。

1906_1

奥の二株目も初花を迎え、初結実です。

一方、今季初めて外で管理したアロイノプシスもハナアブのお陰で初結実となりました。

梅雨入りしているので、実は晴天下、乾燥させてから冷蔵保存する予定。

1906_2

* Aloinopsis villetii、2015年実生

以上

苗はこじんまり、お休みモードになりました。次回は三か月後になります。

*リンク先は前回記事になります。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

実生プレイオスピロスと群玉 癒しの緑

今朝は曇り空、花の写真もパッとしません。 それゆえプレイオスピロス二種とフェネストラリア群玉の春の姿です。

まず、昨秋に播いたプレイオスピロス ボルシィは元気一杯、少し肉厚の葉を伸ばしています。

1905_7

* Pleiospilos bolusii 

余裕をもって半年前に、深鉢に植え替えたのに、脱落するものなく鉢一杯になってしまいました。

これからは生長は止まり、夏越し体勢になると思うのですが・・・

1905_6

Pleiospilos compactus ssp canus 

こちらは、1年先輩のコンパクタス カヌスです。

今期二対ほど葉は増えた程度ですが、分厚くなり体力が付いた感じを受けます。

赤銅色になるはずが緑色。 一人前にはなっていないということかな。

1905_8

* Fenestraria rhopalophylla ssp. aurantiaca, 群玉

この小さなフェネストラリア 群玉は植え替えてから生長し始めてきました。

これでも二か月前からは見違えるようです!この調子で夏までにさらに2対ほど葉が出ればな~・・・

あれ、左下苗は分頭?等々、何時も窓際で眺めています。

以上

花より、癒しの緑が魅力! メセン3種の様子でした。

*リンク先は、それぞれの前回記事になります。

☁ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ケイリドプシス ペキュリアリスの花弁 全開

ケイリドプシス ペキュリアリス(Cheiridopsis peculiaris、翔鳳)の蕾が遂に全開した。今か今かで一月!

昨年の初花時は、中途半端な開き方でイメージが湧きませんでしたが、今回は花びら一枚一枚展開しました😃

1904_11

暖かく、強い日差しが必要で、濃紫色の葉が暗赤褐色になるぐらいの時期なんですね。

未開化株は夏眠体制入り、これも花が終わると同時に葉は萎れ・・・

ということで、

大きな羽を広げた冬葉も見納めです。 ありがとう、またね・・・

* 翔鳳の前回記事(一月前の蕾と葉)は、こちら

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

 

黄花デロスペルマのお花畑にベニシジミ

今朝最初の作業はバザーの後始末、用土がこぼれている車内清掃。

駐車場傍の黄花デロスペルマでは、赤いベニシジミもセッセと蜜を吸ってました。

すぐ飛び立っヤマトシジミと違って警戒心なし。

よく見られる種類らしいのですが、初めて見るような新鮮さでした😃

ということで、

穏やかな気分の始まりです。

1904_10

*丁度一年前の花にはハナムグリが来訪。 デロスペルマは今がベストシーズン、バザーにもプレゼント品として用意しました。

🚗ご訪問どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ディンテランタス稜耀玉の脱皮顔

デインテランタス稜耀玉の脱皮もかなり進行してきました。
(日が一番当たる)棚上に置いてあるため、4か月ぶり上から眺めました。
 
1903_9
*Di nteranthus vanzylii
 
耳?ほっぺ?が膨れた顔立ち、愛嬌ありますね~ 
4か月前の姿から激変!
水やりすると立ち上がって割れ目が開くのでそのままにしています。
*稜耀玉の前回記事(脱皮前)は、こちら
☁ご訪問どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ケイリドプシス翔鳳 浅黒くなる

日差しが強くなってきた影響で、ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)の葉が浅黒くなってきました!
緑の葉が濃紫色になって、風情でています♪
今か今かと長らく待っていた蕾は、もうそろそろ・・・ 
1903_2
* Cheiridopsis peculiaris, 2015年実生苗

そうか! 

  

葉が日焼けするくらい日差しが強くなるまで待てということか・・・

*翔鳳の前回記事(一月前、葉の形態について)は、こちら
 ちょうど1年前、初花の様子は、こちら

☀ ご訪問どうもありがとうございました😃

アロイノプシス天女舞 黄花満開に

強い日差しを浴びて、アロイノプシス天女舞が満開状態になってきました。
今年の一番花(右下)は、もう2週間も頑張ってます。
1903aloinopsiscocolog_4
* Aloinopsis villetii(天女舞), 奥は日輪玉’manyading'(2016年実生)
よくある黄花なんですが、イボイボの青緑の葉に映えており、格別の思いあります。
*天女舞の前回記事(一番花)は、こちら
☁ご訪問どうもありがとうございました😃

 

 

 

 

 

 

 

ディンテランタス幻玉 オレンジのキール

脱皮中なんですが、このところ一休息しているディンテランタスの様子。
 
日差しが良く当たる棚上に置いてあるゆえか、キールが色付いてきました。
 
オレンジ線が色鮮やかです♪
 
1903  
*Dinteranthus wilmotianus, near Augrabies Falls, blue spots
 
初花だった手前の苗は、線が分枝!
 
桃似の玉に鋭い線模様・・・この緊張感、良い感じです♪
 
幻玉の前回記事(待望の初花)は、こちら
 
ご訪問どうも有難うございました(^o^)
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村

フェネストラリア群玉 思惑が外れトホホ

昨年12月初めに蒔いたフェネストラリア群玉の現在、トホホ状態の記録。
 
1月下旬、やっと本葉が出始めていよいよ本格生長と思ったのですが・・・・これがなかなか・・・・思ったように大きくなっていません。
 
一昨年は、根が長いのに鉢が小さすぎて夏越し失敗。 今回、鉢を大きくしたんですが、完全に思惑大外れ(;ω;)
 
 
1903cocolog
 
今回、市販用土にして小鉢へ・・・それでも大きすぎ(^-^;
 
やはり根がまだ1センチ程度で弱弱しかった。
 
ということで
環境を変えて再スタートです。 この小苗で夏越し出来るまで生長するか? はなはだ疑問なんですが、でも期待するしかありませんね。
 
* 群玉の前回記事(2か月前)は、こちら
 
ご訪問どうも有難うございました(^o^)
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ