サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

初めてのケープバルブ 発芽中

ケープバルブ二種、アルブカ スピラリスとコンコルディアナの種を先月播き、・・・やっと発芽・・・1,2個ですが

1911concordiana

* Albuca concordiana, 発芽5日目

2週目で発芽したアルブカ コンコルディアナ。

1センチの粘り腰、黒い種が重たそう。

1911spiralis

* Albuca spiralis、発芽2日目

こちらのアルブカ スピラリスは、発芽に1月半。

目印の白砂を盛り上げている段階。 白い極細芯です。

何とか、冬になる前に発芽して一安心😃

・・・一方、発芽ゼロ事態のレスキューとして事前入手の球根も発芽。

1911frizzlesizzle

Albuca spiralis cv 'Frizzle Sizzle'、発芽4日目

アルブカ スピラリスの園芸品種、フリズルシズル。オランダで改良された葉の巻が強く、一回り大きな花が咲く苗。

依然として、広すぎ、静かすぎる鉢なんですが、少し希望!

以上

初めての南アフリカ原産の球根植物の栽培、アルブカの様子で楽しんでいます。

* アルブカ種の前回記事は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

メセン四種の実生 一月半

10月初めに実生したメセン4種の幼苗は、赤と緑色が良い具合になってきました。

1911_20191119110901

緑の羽を伸ばしているのはメストクレマ マクロリズム(Mestoklema macrorrhizum)

細い葉の表面はトゲトゲ様です。

1911_20191119111001

モニラリア モニリフォルシス(Monilaria moniliforme)は、水滴様の本葉が伸びています。

生長が遅く、緑色が濃いタイプもあるようだ。

1911_20191119111101

これはリトープス 紅大内玉(Lithops optica "Rubra"、 自家採種由来)、赤く、プックリした姿で順調。

1911_20191119111002

これはリトープス レッドオリーブ(L.olivacea v. nebrownii "Red Olive")。

日を浴びて赤くなっている苗も

生長が遅いので、ジックリ待ちます。

以上

実生苗にもストレス少ない気候になってきました。

*これらメセン四種の前回記事(一月目)は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

プレイオスピロス カヌスの蕾と脇芽

プレイオスピロス カヌスの蕾が順調に膨らんでくる一方、葉の間から新葉が伸びだす苗も出てきたので、その様子です。

二年前に実生した一株に蕾、形がはっきりしてきました。

1911_20191118170601

Pleiospilos compactus ssp canus , 2017年実生

1911compactus

一方、こちらの苗は花芽らしき中央部分の生長が停止。代わって葉の間、三か所から脇芽が出てきました(写真では二カ所)。

これって、もう群生状態になるということかな!

ところで、穏やかな昨日は、ご当地ブランド”四ッ溝柿”の収穫や渋抜き、干し柿体験のボランティア活動してきました。

1911_20191118170602

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

フェネストラリアの小窓 こんな所に!?

失敗続きのフェネストラリアの実生で経験した生命力について。

昨年末、懲りずに急遽、群玉を実生しました。

1911_20191116124701

しかし、苗は秋口に萎れ、グッタリ横たわった二株のみに😞

こちらもトホホ状態・・・

1911_20191116124702

・・・・・・あれれ? 緑の小窓 発見!😃

それも葉の途中から! 新たな芽吹き! 葉挿しということかな~

なよなよしていると思ったら、逞しい生命力! 感激です😃

*群玉の前回記事(今年8月の状態)は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ケイリドプシス ペキュリアリス 新葉と新芽に感激!

メセンのケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)実生二株に新芽が伸びてきました。

植替えてから、旧皮が破れて羽が大きく展開中です。

1911_20191110102201

* Cheiridopsis peculiaris 、2015年実生

そして、薄緑色の隙間から次の葉! 順調!

1911_20191110102202

こちらの未開化株では、新たな芽吹き。

少しづつ風格が!

ということで

毎年、着実に生長する苗を見ていると元気出ます。

次は日焼けし、そして蕾発生というステップかな

*翔鳳の前回記事(10月、脱皮中)は、こちら

*追記:上の苗の新葉の陰に、夏葉が見え出しました(11月11日)。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

アルブカ コンコルディアナの苗、仲間入り

とうとうケープバルブのアルブカ コンコルディアナ(Albuca concordiana)の苗を購入してしまった。

先月播いたスピラリスは全く音沙汰無し。コンコルディアも実生を試みましたが・・・何時になったら発芽するのか・・・

じっくり待つ余裕もなく、手っ取り早く小苗を入手。

1911cncordianacocolog

これで、くるくる巻の葉を楽しみ、また癒されることになります。

実生鉢は、芽が出るまでのチラチラ確認するだけ、ストレス溜まらなくなりました。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

プレイオスピロス コンパクタスの花芽!

二年前に実生したプレイオスピロス コンパクタス五株は、植替えによるダメージは無く、生長を開始しています。

しかし、出てきたのは余りに小さな葉! なんでかな~

1911canusc3ocolog

* Pleiospilos compactus ssp canus,  2017年実生

覗き込むと、その奥に蕾のような・・・こんなに早く咲くの?

1911canuscocolog

初めての実生ゆえ、戸惑うことばかり!

これから脇芽が出て生長するのかな~とか、いろいろワクワク感あります。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

メセン各種の実生 一月経ったけど

今秋実生し、一月経たリトープスやモニラリア等数種の現状報告です。

1911cocolog_20191102175602

最初はリトープス紅大内玉。自家採種だけあって元気に生育中です。

横になった苗は、砂を蒔いてまっすぐにしています。(こうする方が、生長良いみたいなので)

1911cocolog_20191102175601

こちらはレッドオリーブ。小さい苗ですが順調です。これから赤くなる予定。

1911-cocolog

この双葉は、発芽良好のモニラリア モニリフォルミス。 そろそろ本葉かな~という段階。

1911cocolog

おまけのメストクレマ マクロリズムは、双葉の間から1ミリほどの葉が!

何枚撮ってもピンボケ!? 虫眼鏡で確認すると、表面は水泡状でモヤっと・・・、なるほどとガッテン。

一方、ケープバルブのアルブカ スピラリスは全く音沙汰なし・・・

どうしてかな~と・・・コンコルディアナ(オルニソガルマ コンコルディアナム)を先日蒔いてみました。

ということで

発芽して順調の苗がある一方、発芽するのかな~という段階もあります。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

今秋のメセン実生2週間目

今年は10月上旬にリトープスやモニラリアなどメセン5種を実生しました。

葉が巻く珍奇植物アルブカ スピラリスは、まだ一つも発芽していませんが、その他は生え揃ったようですので、2週間後の様子を。

19102-cocolog

自家採種のリトープス紅大内玉は、今のところ順調に生育しています。天気が悪く色が薄いのが気掛かりですが、沢山あるので・・・

19102cocolog

ヤフオク入手種子を蒔いたレッドオリーブも発芽100%で、同じように生育。早く赤くならないかなと今から願ってます。

19102cocolog_20191016190101

モニラリア モリニフォルメ(Monilaria moniliforme)は、発芽し終わって双葉状態。本葉待ちです。

おまけの塊根メセン メストクレマ マクロリズム(Mestoklema macrorrhizum)も全く同じような双葉になってます(画像省略)。

以上

管理がおろそかにならない範囲で実生しています。

紅大内玉(下写真)のように、それぞれ一人前の姿になってもらいたいところ。

19106cocolog

*Lithops optica cv Rubra F3、2013年実生

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

葉が大きく展開、ケイリドプシス2種

昨日に続いて肌寒い曇天。花も期待できないので、葉物メセン ケイリドプシス二種(2015年実生)の様子です。

19101

ペキュリアリス(Cheiridopsis  peculiaris、翔鳳)の寝覚めは急激、一週間前は旧皮を破りだしてきました(写真上)。

1910_20191015115801

そして今日、葉が膨らんで、大きく展開してきました。脇芽も大きくなりました。

まだ、葉色は薄いのですが、これからたっぷり日を浴びて、浅黒く生長する予定。

1910_20191015115901

一方、神風玉(Cheiridopsis pillansii)は、皺が無くなってきた程度。

順調のように見えますが、二株が先月に溶けてしまいました。

小さい葉ばかりで、今年も辛抱です。

* 翔鳳の前回記事(開花中、今年4月)は、こちら

*神風玉の前回記事(今年1月)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ