サボテンの華

  • Echinocereus rigidissimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

アルギロデルマ、フェネストラリア、プレイオスピロスの実生8か月

アロイノプシス天女舞に再び蕾が伸びてきた記念、 昨年秋に蒔いたメセン三種アルギロデルマ、フェネストラリア、プレイオスピロスの現況報告です。
 
まずは、その天女舞。 冬期五輪時に初花を迎えましたが、また一つ蕾!
こういうことは普通なのかも・・・
 
1805
*Aloinopsis villetii 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
さて、リベンジも含めた昨年の実生苗の方は・・・
 
1805_2
*Argyroderma testiculare
 
アルギロデルマ(銀鈴)は相変わらず小さな玉。 二重脱皮も構わずに水やりしていますが、辛抱の時期です・・・
 
 
1805_3
* Fenestraria rhopalophylla ssp aurantiaca 'Fireworth'
 
こちらのフェネストラリアは、一応鉢を埋めるまでに生長してきました。 
このまま大きく、しかも丈夫に育ってもらいたいところですが・・・
夏場の管理が不安、二度と失敗しないようにしなければ。 さて、どうする・・・
 
1805_4
* Pleiospilos compactus ssp canus
 
プレイオスピロスも、てんこ盛り状態。 
頑丈そうに見えるので安心していますが、植え替えタイミングは迷ってます。
 
 
以上
なんとかここまで来ました。 
 
 
* リンク先は、それぞれの前回記事です。
 
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

今朝の主役はデロスペルマ

今朝は朝から快晴です。 フレーム内では春爛漫になってきました。
 
昨日、エビサボ シャーピー(E. pulchellus sharpii)のピンク花に驚きましたが、今朝になって白花苗にも再び花が咲きました。
 
この白さも良いな~と・・・(しかし、交配はいたしません)
 
1804sharpiiflcocolog
*Echinocereus pulchellus sharpii
 
ところで外の椅子では、デロスペルマの黄花が咲き誇っています。
 
今年は、沢山の蕾が付きました。
 
1804
 
 
すると、コアオハナムグリが飛び込んできました。
もう、そんな季節なんですね。
1804_2
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

パキポ花茎にコメツキムシ

花とともに虫も活発に動き出す時期となりましたので、サボタニと虫とのツーショットです。
 
ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳、Cheiridopsis peculiaris)の初花は、開花二週間となり、そろそろ終盤となりました。
 
開く前に、早々と花粉を集める虫が飛び込んでました。
 
1804
 
もう少し待てば、立派な大輪花。雄しべも展開してます。
 
1804_2
 
こちらは花茎が三本伸びだしたパキポのロスラーツム。 
 
そこにチョコンとコメツキムシ。 のどかだな~
 
1804_3
 
ところが、こんな危険も!
 
花笠丸の蕾の出具合を覗き込んでいる時、横を向いたらフレーム桟に・・・
 
 1804_4
 
ということで、
 
サボタニに訪れてくる虫たちの表情でした。
 
 
 
* それぞれのリンク先は、前回記事になります。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

ケイリドプシス翔鳳の花、今日はここまで

ケイリドプシス ペキュリアリスCheiridopsis peculiaris(翔鳳)実生苗、ぐんぐん伸びていた蕾が少し開きだしてきました。
 
低気圧の影響で、半日だけの日照でしたので、今日はここまで。
 
雄蕊はまだ固く締まったまま。
 
ともあれ、これからです♪
1803
 
話は変わりますが、今日はボランティアガイドの初日。 
富士山はあいにく雲の中で残念でしたが、水量の多い滝とサクラを案内することができました。
 
質問もたくさん!有難い♪ 今日の反省点は次回への糧!
 
*リンク先は翔鳳の前回記事です。
 
 

天女扇 二つの黄金色

暖かい午後の日を浴び、チタノプシスの天女扇(Titanopsis hugo-schlechteri SB1342 2014年実生)の蕾が開きだしました。
 
1802titanopsiscocolog
 
オレンジ色の鮮やかな二輪です。
 
昨夜マススタートで金メダル二つ目となった高木菜選手を祝っているようです。
 
茶褐色の葉も良い感じなんですが・・・
 
カーリング女子を祝う銅色の花の蕾も膨らんでいますよ!
 
 

サボタニ、これからの黄花応援

平昌五輪での更なる活躍を願って、黄金色の花が咲くサボタニから応援です。
 
まずサボテン界からは、マツカナ ウエベルバウエリとロビビア黄裳丸の花芽です。
 
手前のサボは黄金紐、まだ音沙汰無し。黄裳丸は寒冷ストレスで赤くなってます。
 
1802
 
 
多肉界からは、そろそろ黄色のメダルとなりそうなケイリドプシス翔鳳とチタノプシス天女扇です。
 
1802_2
 
左下写真はパキポの恵比寿笑い、早々と花芽が見え出しましたが、まだ寒いので油断できません。
右下はリトープスの大津絵C350、黄花を逃しました。 植え替えと開花時期のタイミングがずれたためです(反面教師です)。
1802_3
 
ということで、
 
これらの花芽が順調に生長し、それぞれの黄花になってもらいたい。
 
 
 

アロイノプシス天女舞初花 輝く金銀メダル!

午後昼過ぎ、アロイノプシス天女舞(Aloinopsis villetii、2015年実生)の蕾が開きだしました。
 
黄色の花びらは光っているし、金色の花糸とか葯の銀色もあって、窓際の花なかなか良いですね~
 
丁度満開時に羽生選手の連覇、金メダル! 宇野選手の銀メダル!
お祝いの金メダル、銀メダルとなりました♪
 
1802
 
以上
 
ホムセンでも見かける苗ですが、初めての実生で金銀メダルの初花となりました。 
 
当初の目標をクリア、次は群開を目指してみようかな。
 
 

にほんブログ村

ポカポカ陽気でまん丸 メセン三種 

昨日までの寒風は治まり、暖かい日差しとなりました。
 
窓際のアルギロデルマの脱皮も進んできましたので、まん丸いメセン三種の現状報告です。
 
 
最初は昨年秋に実生したアルギロデルマ銀鈴(Argyroderma testiculare)。 
 
子葉が吸収されて、丸い玉になっています(大きさ数ミリ)。
 
三枚葉(中央上)も丸くなっています(*^-^)
 
201802testiculare_2
* Argyroderma testiculare Flaminkvlakte, 6-layered silky purple fl.
 
 
こちらは実生2年を過ぎた金鈴(Argyroderma delaetii 'aureum')
 
この冬から窓際に置いた結果、脱皮が順調に進んでいるように感じます。
 
すべすべの緑玉、早く大人顔になってもらいたいのですが・・・ばらつきがあって難渋してます。
 
201802
*Argyroferma delaetii 'aureum'
 
こちらは、いつもまん丸のコノフィツム・カルクルス(Conophytum calculus)
 
少し大きくなった気がします(殺菌剤の粉付近の苗は、結局消滅)
 
201802_2
 
ということで
 
花は無いけど、可愛い玉の現況です。
 
 
* リンク先は、それぞれの前回記事になります。 


にほんブログ村

色づくキール、翔鳳の蕾

ケイりドプシスの翔鳳(Cheiridopsis peculiaris)から伸びてきた葉の塊は、この頃蕾ではないかと思うようになってきました。
 
201802
 
写真中央の蕾と推測した葉、キール部分は赤黒くなっています。 
 
それにしても、くびれている葉、幅広い葉、合着した葉、肉厚の葉、三枚葉など色々ありますね。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
201802_2
 
一方、こちらも気になっているアロイノプシスの天女扇(Aloinopsis villetii)の蕾。 
 
爬虫類の頭、白い爪を感じさせるような葉、魅力的になりました。
 
そろそろ口がひらきそう!
 
ということで、
 
初めて実生した同期の多肉、色々な姿に興味そそられます。
 


にほんブログ村

ケイリドプシス翔鳳 怪しい動き

ケイリドプシス・ペキュリアリス実生苗(Cheiridopsis peculiaris)は、ゆっくりと生育していますが、最近になってこれは何?という、怪しい芽が出てきました。
 
 
201802
実生して丸2年を過ぎ、二苗が生き延びています。
 
奥の大きな苗は、今季脇芽や葉が増えて大変身しました。 
 
201802_3
 
その新芽を覗きこむと、小さな新葉(夏葉?)横に次の葉が!(矢印参照)
 
中心部に夏葉がチョコンと見え出しすと、今季はこれで終わりと思っていましたが・・・また葉が増える? あるいは蕾?
 
どうなるんでしょうかね~ どちらにしても動きがあればうれしい♪
 
 
 

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ