サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ディスコ白条冠 初蕾の先端

ディスコカクタス白条冠実生苗の花座から蕾が伸びてきました。つい3日前、綿毛が盛り上がってきたのに気が付きましたが、意外に早い展開でした。

黒い先端部が5つほど! 初蕾にしては上出来です!

1908_20190814103902

隣の苗も順調に3つほど。それも脇から斜めに伸びています!

1908_20190814103901

行儀よい5角形と、自由奔放な直線

蕾の出方も色々あって面白い

とうことで

今夜、いくつ咲くのかな~ 台風の影響がなければいいのですが(おんぼろフレームのことです)。

*白条冠の前回記事(3日前の様子)は、こちら

☔ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

ディスコカクタスの花座 盛り上がる

連日の猛暑でもメロカクタスやディスコカクタスは大変元気ゆえ、ディスコ白条冠の現状です。

1908_20190811083502

花座は一層盛り上がり、飴色の刺が奔放に伸びています。

上から水やりしたので白い綿毛はフアフアになっていませんが、隠れていた小さな蕾が見えだしました(左下)。

1908_20190811083501

こちらは今季、花座が発生した一番大きな苗。

白い綿毛は刺からはみ出し、飴色の刺も見え出しました。

いよいよ初花の準備かな。

以上

夏バテしないディスコカクタスの様子でした。

*白条冠の前回記事(一月前、花座形成の始まり)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

ディスコカクタスの花座にホカホカ

今朝もディスコカクタス 金子ギガンティア(2019年実生)の蕾が見え出してきた。

1907_20190705100302

柔らかな綿毛に抱かれて薄みどりの頭、三つ、四つと。

この瞬間が一番ホカホカ。

これからは一気に伸びて夕方には開花

1907_20190705100301

同期の白条冠は昨夜、咲いていましたが、 この苗は実生10年目にして、やっと花座!

一番大きい径8センチ、意外に遅い形成となりました。

*リンク先は、その種の前回記事になります。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

朝日を浴びるディスコカクタスの白花

昨日は急に雷と共に雹が降り、パキポ、リトの取り込みに大変でした。

今朝は快晴となりましたが、ひんやりした空気が残ってます。

そのためか、ディスコカクタス 金子ギガンティア実生苗の一番花が、まだ開いていました。

朝日を浴びるディスコの花、初めてみました。

1905_4

蛇足:昨日水やりしましたが、植替え前で幹の状態は悪いです。あしからず。

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

ディスコカクタス白条冠 もう春でした

この冬、色々あって防寒対策が例年より疎かになっていたフレーム内、ディスコカクタス 白条冠の第一報です。

もう暖かくなるからと、水やりを開始。すると今朝、昨夜咲いていた花殻を発見!

1904_18

そろそろ動きあるかな~と、花座を注視していたのに、素早い動きです!

これで少し安心。最低温度0℃でも、何事もなく春を迎えることができました。

なお、これは実生苗ゆえの結果です(念のため)。

*白条冠の前回記事(昨年夏)は、こちら

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ディスコカクタス 朝と昼で主役交代

早朝、朝日がフレーム内に差し込んで、ディスコカクタス 白条冠の花座が光っていました。
 
年々、綿毛は盛り上がり、貫禄がでてきました♪
 
1807
 
同じ場所、昼間ではギガンティアの飴色の蕾が伸びて、良い感じに♪
 
夜の主役は・・・見えない香り。
 
1807_2
 
以上、盛暑に元気、ディスコカクタスの表情でした。
 
* 白条冠と金子ギガンティアの前回記事は。こちら
 
 ご訪問、どうもありがとうございました (^ ^♪
 
 

ディスカクタスの結実

花殻がカビないように摘むと、ディスコカクタス 金子ギガンティア実生苗が結実していました。  初めてのことです
 
真っ先に思い出したのは、雌しべ雄しべが剥き出しになった一番花のこと。
 
夜間に何かがあったのかな~
 
1806
 
これからは、昨夜のこと。
別苗の白花二輪が咲いてました。(こちらは、今朝、閉じて萎れていた)
 
1806_2
 
 
 
場所を移動して、一昨日齧られたリトープスの点検へ 
 
デナポンではなく、小さな福来玉系ロウクシーを齧っていたヨトウムシを捕殺しました!(左中)
 
1806_3
* Lithops juii ssp fulleri v rouxii C324、 夜間フラッシュ撮影
 
 
ということで、
夜間も気がかりなサボタニの話題でした。
 
*リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
 ご訪問どうもありがとうございました 
応援よろしく (ポチ)
 
 

ディスコカクタス もう咲いて良いの?

昨夜、無加温フレーム内のディスコカクタス実生苗一株から蕾が伸びて、開花しました。
 
例年より一月は早い動きです!
 
1804_2
 
まだ植替えもせず、静養させていたのに・・・こんな肌寒い雨天に・・・
 
冬越し後、ほんの少し用土を湿らせた結果なのかも。
 
1804
 
翌朝、香り充満のフレーム内を覗くと、花びらは余り伸びていず、雌しべや雄しべが見えています!
 
こんな剥き出しの姿は初めてのこと。
 
やせ細って体力無いのにな~ 心配になりました。
 
 
*  昨年はこんな白花だった。
 
 
 
 ご訪問どうもありがとうございました 
 
 

白条冠 アッサリ二輪

ディスコカクタスの白条冠が昨夜、二輪開花しました。
 
初花を迎えた苗は今季大きくなり、頂部に綿毛と褐色の直刺が伸びて、花座を形成しました。
 
実生後八年になるので、じっくり”来年かな”と構えていたら、うれしい白花。
1708_2
* 奥の苗が初蕾
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
夜間に開いた姿が、こちら。 スポットライトで照らしてます。
 
1708_4
 
花弁はシンプル、 そして香りも漂ってきませんでした(夏は薄いのかな~)
 
長年、これを待っていたのに、アッサリ通過してしまいました。
 
でも次、あるでしょう。
 
 
蛇足: この記事をアッサリ書くつもりが、何度もフリーズや消去されたりして難渋しました。 
 
蛇足2:今夜、後ろに薄っすらと見える金子ギガンティア三株が開花。 
     香り付きの妖しい雰囲気に撮れました。
 
1708_2_2
 
   ご訪問ありがとうございました
 
継続の励みとなる”応援ポチ” よろしくお願いします (^人^)
 
 

見過ごした花と再会できた花

台風が過ぎた後の風も収まり、今朝は快晴。 暑くなりそうです。
 
5号は当地では夜半に通過したため、ディスコカクタス 白条冠の花に出会えませんでした。
 
現在、花殻一本、丸一日経っても立っています。 
 1708
 
だらしなく花座から垂れ下がるのが普通ですが、どうしたわけでしょう?
 
開く当日夕方、蕾の形が少し違うと感じていたのですが、 やはり花後も挙動が違うようです。
 1708_2
 
   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
Zecheri1708cocolog
 
さて、 今朝を待って開きだしたのは、ロビビアのゼケリLobivia zecheri K838の美花です。
大輪で、色合いも抜群です。 
 
今季、この苗は何回も咲きましたが、 久ぶりに、”参った色合い”に再会したような感じになりました♪
 
なお、ゼケリは数鉢栽培してしますが、 早々とハチが訪れた花も。
 
 Zecheri21708cocolog
 
以上、物理的に見ることが出来なかった花と、その色合いを思い出した花の話題でした。
 
 
   ご訪問ありがとうございました
 
継続の励みとなる”応援ポチ” よろしくお願いします (^人^)
 
 
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ