サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

鳥瞰図上の三島競馬場(3)

マニアックな地元ネタ、静岡県東部にあった地方競馬場・三島競馬場について。
前回は国土地理院の二万五千分の一の地図(昭和33年発行)に、コース跡が記載されていたことを紹介した。
 
今回、新たな資料として戦前の鳥瞰図「沼津、吉田初三郎、沼津市役所発行」にも、この競馬場が描かれているのに気が付いた。 しかし、この鳥瞰図自体の情報が少ないため、まづ何時頃描かれたものかという謎解き。
 
同作者による昭和6年発行の鳥瞰図「ぬま津(富士を背景とする沼津 三島)」に比べると、山並み、街並みが平面的である一方、学校名が詳しく描かれいるのが特長。
Photo
 
「ぬま津」と比較すると、
 ① 丹那トンネルが開通して(昭和9年12月)、三島駅は下土狩駅と改称、② 沼津港(昭和8年起工、昭和12年竣工)、③ 伊豆長岡競馬場が消え(昭和10年)、沼津、三島間を走る駿豆電気鉄道傍に競馬場(三島競馬場、昭和12年10月から開催)、④ 沼津第五小学校(昭和13年設立)、⑤ 香貫山麓付近に工業高校(沼津工業高校、昭和14年認可)、⑥ 永代橋西側に魚市場(昭和16年解散、昭和19年移転)等々の施設(太い赤枠)が描かれていた。
 
以上のことから、丹那トンネルが開通して発展著しい昭和15年(1940年)前後の風景を描いたものと推測した。
 
なお、三島競馬場とともに藍壺滝(現伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”)が鳥瞰図に描かれていた。
 
*三島競馬場の前回記事は、こちら

愛鷹山水神社の鳥瞰図

伊豆半島ジオサイトがらみの地元ネタです。 
 
添付画像は丹那トンネルが開通した記念に沼津市役所から発行された観光パンフレットの表紙です(上半分、昭和9年12月1日発行)。「富士箱根伊豆の湯巡り沼津より」と沼津起点で観光スポットを描いております。
1701
現在も地元では良く知られてる場所がほとんどですが、珍しいスポットが記載されていましたのでご紹介。
 
まず昭和の初め、沼津から愛鷹山へのハイキングコースがあり、途中の山腹に八大龍王神社が表示されていたこと(画像中央)。
 現在では「桃沢川の源流にあたる水源地で、明治38年に建立。八大龍王(龍神)を祀り、海洋渡航者や漁師なので進行を集めている。・・・愛鷹山の溶岩の上を流れ・・・」(長泉ジオ巡りマップより)と、伊豆半島ジオポイントの一つとなっております。
私は愛鷹山からの下り道を見失って、夜中に水神社で水分補給したことがありました。
 
また、コース上には沼津市櫻園という名所も! 現在では忘れられていますが、長泉沼津インター付近に桜・という地名があるので、ここら辺りかも。 
 
もう一点、沼津アルプスの起点、香貫山に航空燈台の表示!
今は無いので調べると、有視界飛行の昭和8年、夜間の定期飛行(東京~大阪~福岡)のために設置され、昭和20年に廃止されたとのこと。山頂から北400mの稜線上らしい。
 
小さなパンフレットでしたが、地域の歴史を知る良い資料となりました。
 
最後に、三島が三十島となっている所は、謎。
* 画像はクリックすれば拡大します。
 

季節外れの花 

庭の片隅にアジサイ・墨田の花火が咲きだしてきました。ヒオウギの黒い実とともに朝日を浴びていたので1枚。 爽やかな気分です。
1610
その後、顔写真を撮りにゆき、マイナンバーカードの交付申請(郵送)を行った。
ETAX用に用いている住基カードの有効期限が切れるため仕方ありません。
こちらは、なんとなくもやもや。 

一等星が三つ

今夜8時頃、南西の空に一等星が三つ並んでいました。 台風9号の影響で空が澄んでいるのかな、それにしてもおかしいな?
国立天文台歴計算室の”今日のほしぞら” で確認すると、上から土星、火星次いでサソリ座のアンタレスであった。
例年8月の今頃、このような配列が見られるとの事。
夜中に雨が降るかもと心配して、外に出て良いものを見ることができました。
1608_2

下土狩駅は解体中

今日は富士山の静岡県側の登山ルートの山開きでした。 写真は午後の富士山。山頂が雲間から覗いていました。
正面建物は6月から解体工事中の御殿場線下土狩駅。歴史のある建物でしたので、残念です。半分ぐらいの、小さな新駅舎になるようです。
1607
 

三島園と藍壺の瀧

地元の古い観光案内を読んで、見知らぬ呼称に気が付いたことのメモ。
国立国会図書館デジタルコレクションの”沼津之栞(明治41年、平山岩太郎編 蘭契社)”には、「◎三島園 三島驛真向一町ばかり緑の森の中に三島園というがある、夏の遊覧には屈強の場所だ、・・・」の記述。 それ以外は現在の鮎壺の滝付近の一般的な説明で、滝は藍壺の瀑布(あひつぼのたき)と表現していた。 
裾野の佐野瀑園ほどではないにしろ、現在の下土狩駅近くの鮎壺の滝付近一帯は、村民が集う場所であったような記述です。今の鮎壺公園と鮎壺広場の原型かもしれない。
添付”沼津町及近郊略図”の中央、三島驛傍に三島園と記載されていることに注目。
1606

これが、大正5年版になると、単に藍壺滝というピンポイントの説明となっています。大正3年当地に実業家安生慶三郎氏が居を構えたことと関係があるのかもしれない。 
さらに、遡って明治28年の”沼津案内(間宮徹太郎、蘭契社)”では、藍壺の瀑布の説明のみとなっていました。
これらのことから、三島園とは明治後半の一時の名称であったようです。
ともあれ、伊豆半島ジオポイント・鮎壺の滝一帯は明治時代からの名勝であるということが自分なりに裏付けられた。

<追記> 明治41年頃の絵葉書にも、「三島園 藍壺の瀧」と表記されていた。

今朝の椅子 6月18日

今朝は梅雨の晴れ間、日差しが強い。軒下で咲いていた地久丸の黄色とレブチアの桜色です。 フレームからゼケリィLobivia zecheriの応援です。
618
 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

スペインのユーロ硬貨

 昨日届いたスタンプマガジン7月号の表紙は、セルバンテス没後400年の切手であった。ドン・キホーテとサンチョ・パンサと風車等が描かれていました。
 先月の旅行では、ガイドさんが盛んにセルバンテス(1547ー1616)の生涯を説明していましたが、全く頭に残らず、この冊子で知った次第。
手元にない切手に代わって、1930年セルバンテスを記念して造られたマドリッドのスペイン広場での写真を添付しました。
それと、持ち帰ったユーロ硬貨にセルバンテスの肖像と名前が刻印されていることも、今日気が付いた。 ・・・全くなんということだ。
1606

門前の軒下サボテン

今日は色鮮やかなサボテンの花を多くの人に楽しんでもらいたいために、ひっそりと咲いていた軒下のサボテンを門扉の前に移動しました。
すのこや直置きでは味気ないので古椅子の上に格上げ。今日の花は、杏鶴丸、レッドミーチャ、ロビオプシス不明種、青王丸、地久丸です。
背もたれを短くする作業や白ペンキ塗りを明日も継続します。
1606

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

長泉町の競馬場跡(3)

郷土誌に興味があり昭和八年の地図を眺めて、現在の長泉町の鮎壺~竹原地区に楕円形の二重柵が描かれていることに気が付きました。 
 添付地図は三島駅(現下土狩)駅付近です。二重柵の位置は表示”駿東”の”東”。南北の線路は東海道線(現御殿場線)、東に伸びる線路は豆相鉄道(翌年、丹那トンネル開通によって廃線)です。現東海道線も、熱海線として描かれています。
 
8
*「三島」 昭和8年5月30日発行 大日本帝國陸地測量部

 「長泉町竹原区誌」によると、ここら辺りは大正13年頃駿東畜産会主催の公認競馬が開催されており、その後不振のため廃止された競馬場の復活活動が昭和八年にあったと記載されていた。
手元にはこの程度の二次資料しかありませんが、この2万5千分の一の地図から二重柵は楕円形で、外周は830メートル程度と推定できました。

 なお現在、当地にはセブンイレブンが出店し、さらに新幹線や東西に分断する形となる自動車道(工事中)などもあり、開発が進んでおります。

終わりにあたって、既に竹原地区の三島競馬場跡や南一色地区の手代観音競馬場など調べてきました。今回は、その続きとなります。 なお、伊豆半島ジオサイトの割子塚稲荷神社境内でも、例祭に競馬が行われていたそうです。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ