サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

”鮎壺の滝”傍にヒメツルソバ

伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”の植生について、マニアックな地元ネタです。
江戸初期から滝口上流より取水している本宿用水では、初秋からボンボン形の紅白の花が満開になっています!
 
コンクリート壁一杯です。
 
1901
*本宿用水、初秋の様子
 
”ヒメツルソバ”(Polygonum capitatum)というタデ科の常緑多年草で、矢印模様の葉が特徴的です。
 
1901_2
 
滝の断崖壁にも”ヒメツルソバ”のホフク茎が垂れ下がっていました! 
 
実はこの雑草の名前を、初めて知って、所在を認識したという次第(^-^;
 
まことに、・・・
 
ということで、
”亀鶴姫”伝説の”鮎壺の滝”傍に”ヒメツルソバ”!でした。
 
蛇足。”カメツルソバ”?とか、”ツルヒメソバ”、"ソバツルヒメ”?とかにならないようにしなければ・・・
 
sun ご訪問どうもありがとうございました(^o^)
 
 

明治期の名勝”鮎壺の滝”と煙雨樓主人

伊豆半島ジオパークの一サイト”鮎壺の滝”についての、マニアックな地元ネタ、歴史・文化的側面の掘り起こしを行っています。
 
 最近、古びた絵葉書「(沼津名勝)煙雨先生碑」を入手しましたのでその話題。
 
1901_cocolog_2
 
明治22年、東海道線・沼津駅開業とともに、首都圏から人の往来が活発となり、案内書が発行されてきました。 
最初の案内書は「沼津雑誌」(明治16年(1883年)、岩城魁編、出版人・間宮喜十郎)。名勝‣古積欄に、鮎壺の滝は”藍壺譚”として紹介されました。
 
 
1901cocolog
*国立国会デジタル図書館より
 
次いで、読み易い文体で「沼津案内」(明治24年、煙雨樓主人編、出版者・間宮喜十郎)が発刊。 
 
ここでは 「”藍壺の瀑布” 東北半里黄瀬川の上流にあり瀑布の落ちるところ極めて深く藍を壺中に貯へたるの観あり是れ此の名の起こる所以なり」と記述されています。
これら案内書に係わってきた間宮喜十郎氏が煙霧主人ということです。
 
絵葉書の顕彰碑(明治44年建立)には、明治初期の沼津の教育・文化に貢献されたことが刻まれています。10数年前、千本浜公園を訪れた際、3,4メートルある石碑の写真を撮り、明治は遠いな~と思ったことがありました。
 
この機会に再び訪れた公園内の案内板には、井上靖文学碑、若山牧水歌碑等8つの碑を巡る表記が有りましたが、この顕彰碑は無視され続け、松林の中でヒッソリ。
 
だけど、私には、やっと観光という面で繋がりが出てきたということです。
 
1901_cocolog_3
沼津千本浜公園。 左側が駿河湾、右は松林。 向こうに富士山(このアングルでは見えませんでした)
 
以上
駿河湾と千本松原、富士山という広々とした空間のなかで、狭苦しい話題で恐縮。
 
* 鮎壺の滝に関する前回記事(魚のこと)は、こちら
 
sunご訪問どうもありがとうございました(^o~)
 


にほんブログ村

吊るし雲、光の道など盛りだくさん 

今朝、東伊豆海岸から巨大な吊るし雲が見えました。
 
写真は、伊豆大島南側から昇る朝日の”光の道”、定置網の漁船、そして巨大な吊るし雲です。
 
富士山では荒天前に出てきますが、海上はスケール大きいですね~
 
1901cocolog
 
ということで
 
余りに見事だったので・・・スケール大きすぎて納まりませんでした(^-^;
 
sunご訪問どうもありがとうございました(^0^)


にほんブログ村

門池の散歩道

最近、メタボ通知で急遽、スポーツジム通いと散歩を再開してます。
 
今度はダラダラせず、ハアハア足早に・・・そこで、マニアックな地元ネタです。
 
鮎壺の滝を観て、河岸段丘を登って、門池(灌漑用水池)を一周して戻るコース。 富士山や渡り鳥、ヘラブナ釣りのオジサンを眺めたりの気分転換付きです。
 
1812_cocolog 
* 排水塔と箱根の山々
 
 
途中、古い用水の経緯を記載した説明版で・・・
 
1812_cocolog_2
* ”牧堰門池用水”説明版
 
この絵葉書(”沼津新八景”の一枚)が看板に載っていました!
 
池の周りは、現在整備された歩道ですが、この当時はサクラ並木になっていました(昭和58年以前の姿)。
 
1812cocolog
* 沼津新八景 ” 近郊唯一の遊園地門池”
 
そうだったのか!
 
そういえば、先に報告した昭和29年のパンフレット(ぬまづ)では、池でボート遊びしていました!(現在は出来ません)
 
 
なるほどね・・・
近場の名所、遊歩道の変遷をこの機会に知ることができました。 
楽しそうな子供たちの姿、変わらないですね~
 
 
*リンク先は関連する記事になります。
 
sun ご訪問どうもありがとうございました(^0^)
 


にほんブログ村

鮎壺の滝と何時呼ばれたの?

今日は、マニアックな地元ネタ。文化の日なので、先日文化祭に出品した資料の整理と、冊子作製。 何しろ、もう終わったので、ケジメとリセット。
 
伊豆半島ジオパークがユネスコ世界ジオパークに認定されてから半年になるので、 そのサイト・鮎壺の滝の歴史・文化を調査・報告したまとめになります。
 
その成果
①鮎壺の滝の歴史・文化を自己流で発掘。 白隠禅師の漢詩”藍壺”と著名書家の作品を展示できた。
 
Photo
 
②鮎壺の滝が表記されている明治・大正・昭和の地図12点や絵葉書29点等、誰もしない作業を収集・整理できたこと。
 
Photo_2
 
③三つの滝名称(藍壺、富士見、鮎壺)の文献調査。 結局、大正三年発行の村誌に、”鮎壺の滝”と呼ばれていた記載が判ったこと。 苦労して記録を探し回ったけど、足元にあった。
 
Photo_4
 
ということで
 
何となく、判ったつもりのことを・・・、コツコツ、足を使って・・・成果は自己満足(*^-^)
 
* リンク先は前回記事になります。
 
cloud ご訪問、どうもありがとうございました。

”古地図で巡る鮎壺の滝”

明日から始まる町民文化祭用に”古地図で巡る 鮎壺の滝”の展示を行った。
 
伊豆半島が世界ユネスコジオパークに登録されて半年になりました。
 
その登録記念に、その一サイトの歴史(滝の名称の変遷他)を、古地図や絵葉書、書籍をコツコツ調べた結果報告です。 
 
1810
* 中央の冊子がメインです。
 
この小さな滝が富士箱根伊豆国立公園の地図に載っていたり、江戸時代の地図に地区名や近所の小道を見つけたり、まさにタイムトラベル。
 
「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」と称えられた白隠禅師が詠まれた”藍壺”の著名書家による書も展示しました。
 
住民や観光客に、地元の名勝を理解する上で、少しでもお役に立てればと。
 
book ご訪問、どうもありがとうございました。

咲いていた緋花玉

木陰に移動させていたギムノの緋花玉、やっと咲きだしてきました。
 
1808
 
暑くて日差しが強いフレーム内では、黄緑色肌となって調子悪そうでした。
植え替え後の移動で、緑色となりはじめ、この一輪。
 
 
気づくのが遅れ、花後になってしまったのは・・・
 
 1808cocolog
* 霧中のチータ一頭、 富士サファリパークにて
 
 
ということで、
盆休みでもガイドや家族サービスなど色々、多忙です。 
 
* 緋花玉の前回記事は、こちら
 
car ご訪問、どうもありがとうございました。

鮎壺の滝のマンホールカード

今日は祝日”山の日”ですが、足元のマンホールの図案の話題。
 
長泉町は今日からマンホールカードの配布を開始しました。
 
その蓋図案(1994年設置開始)は、町の花「サツキ」、町の木「モッコク」そして伊豆半島ジオサイトの「鮎壺の滝」越しに見える「富士山}と、溶岩に自生している「松」となっています。
 
Photo
 
カードはロゴマークと”ちょうどいいが いちばんのNagaizumi"のメッセージ付き用紙に差し込まれております。
 
多くのマンホールは自動車に踏まれて、褐色変となって目立ちませんが、このカラー マンホールカードは下水道の大切さを訴える機会かな。
 
なお、町ではこの長泉ブランドシンボル発表とともに、「住宅地から歩いて100歩で天然記念物」 ”鮎壺に滝”の絵はがきを発行しております。
 
ということで、
再びマニアックな地元ネタでした。
 
* 鮎壺の滝についての前回記事は、こちら
 
 
cloud ご訪問、どうもありがとうございました。

”藍壺の滝”の絵はがき いろいろ

今日は地元ネタ、それも大変マニアックな鮎壺の滝の話題です。
 
この4月、世界ジオパークに認定されたこともあって、ここ富士山の溶岩の滝は、連日観光客が来られて・・・・・・ こんな町中に!と驚かれていきます。
 
ところで、ジオサイトは自然の景観を楽しむとともに、人々の活動の歴史を学ぶ場でもあります。
ゆえに今回は、時々紹介している「滝の絵はがき」です。
 
Photo
絵葉書は、明治後半から三島、沼津の景勝地として・・・平成になってからは、長泉町の名勝として発行されています。
 
なお、滝表示は”藍壺の滝”、”富士見の滝”、最近では”鮎壺の滝”と変遷しています。
 
Photo_2
 
画像上は、木版画作者・中野清光氏による’藍壺の滝”の絵葉書(沼津郵趣会発行)です。 沼津の文化財・名勝を広く一般に紹介する十五作品の一枚となります。
 
滝全体では無く、一条の滝と中洲の木立だけで表現しています。 そこに力強さと新鮮さを感じます。(木版画そのものは別の機会に)
 
以上、
白隠禅師が感嘆した歴史ある滝を、どう表現しているか・・・絵葉書の面からほんの少し紹介しました。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
蛇足
この一条の滝口は、どこ?・・・・ 一番右側と判断。
 
滝口右の溶岩上では、六人の侍と百姓たちが握り飯を食らい、滝壺では菊千代(三船敏郎)が潜って鮎を捕まえている・・・”七人の侍”の映画シーンの滝口となります。
 
蛇足ついでに、この一枚。 
その光る滝とともに、上下の特異な岩を写しこみました(それゆえ高さが出てない・・・)。
 
Photo_3

* リンク先は関連する前回記事です。
 
 
yacht ご訪問、どうもありがとうございました (^ ^♪
 
 

三本のウチワ

高温注意報の日中、ボランティアガイドの仕事に出かけていました。
 
その際の集合目印は三本のうちわ。町のお祭りとジオサイト、鮎壺の滝まつり関連です。
 
”鮎壺滝まつり音頭”の歌詞が載っている左上は貴重な一品です。
 
1808 
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
1808_2  
 
帰宅してバーバンクウチワを眺めると、三個目の新芽(茎節)が出ていました。
 
最初の葉はナメクジに齧られて、無残なグローブです(こんな上まで登ってくるなよ!)
 
今年も花は咲きませんが、葉が増えることは元気な証拠。
 
以上
 風が無い暑い日が続いていますので、ウチワが出番となりました。
 
 
* リンク先は前回記事です。
 
 
yacht ご訪問、どうもありがとうございました (^ ^♪
 
 

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

(^o^) (^o~) (*^-^*)

無料ブログはココログ