サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

レソトのアロエポリフィラ

先週になりますが珍獣ハンター イモトワールドツアーの100か国目としてレソト王国が紹介されました。 イモトはマレッニャネ滝の世界一長い懸垂下降204mを見事達成していました。
 
レソトは高原性アロエ、特にアロエポリフィラAloe polyphylla の原産地なので、期待したのですが、珍樹ハンターではなかったようです。
 
代わりにレソトの切手2種(1989年発行)。 Maloti(maluti) mountainsと滝(多分 The Maletsuyane Falls), バソトハットBasotho hutの人物、伝統的家屋、そしてリュウゼツラン(Amerikan Aloe, Agave americana)が4枚一組で描かれています。高地(標高2200m)様子が良く分かります。
Lesothofalls1989
 
アロエ ポリフィラが出ていないので、夕日に染まる同山地のSpiral Aloe(Aloe polyphylla) の切手です。
Lesotho1989_aloe
 
 もっと鮮明にということで、グーグルアースで探すと、
滝の位置は南緯29度52分08秒、東経28度3分1秒付近。
Maloti mountainsのAloe polyphyllaは、南緯29度20分05秒、東経28度25分30秒付近にコロニーが写っていた。Kaste dam 付近。 両者の距離は67km.
 
ご興味ある方はトライしてみてください。
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 

"LOOK-OUT TREE"

NHK TVグレートネイチャー「激流!ビクトリアの滝・・・」にて、ザンベジ川Zambezi Riverにかかる落差108m、幅1708mの”ビクトリアの滝”の魅力、例えば、ダイヤモンドミスト、ムーンボウ等や滝(割目)生成の起源など紹介していました。日本の岩石研究者が次の割目(滝)に、脆い方解石層を見つけたのがハイライト。
 
 水がもたらす豊かな自然や生活もあったんですが・・・”ビクトリアの滝”の発見者Livingstoneに因んだリビングストン町近く、滝から数百メートルの場所にある巨樹"LOOK-OUT TREE"のバオバブが登場してこなかったのは残念でした。
 
ということで、ザンビアから1987年に発行されたバオバブの切手です。梯子に上って双眼鏡で眺めているのは、当然ビクトリアの滝ですね。
 ここからの眺望、期待していたんです
Zambia1987s
 
なお、このバオバブのグーグルアース上の位置は、17°55'09.94"S  25°52'12.76"Eです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、下downwardleftの応援バナーをポチッとお願いいたしますheart
ありがとうございました

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ウマワカ渓谷の大サボテン

もう一週間前になりますが、TV番組”世界ふしぎ発見!にてアルゼンチンの魅力を紹介していました。イグアスの滝、牛肉、エバ・ペロンなどの紹介とともに、フフイ州の世界遺産・ウマワカ渓谷の”7色の谷”も登場していました。
 
この渓谷は当ブログでもサボテン切手とか、プルママルカ産のレブチア・ピグマエアやテイルカラ産のロビビア・ニグリストマ等のサボテンなどの実生栽培を通じて、身近に感じている所です。
 
添付切手は2005年 運送会社OCAから発行された”七色の谷と大サボテン(Trichocereus pasacana、黄鷹)”です。 谷の色は酸化した鉄や銅、マンガン由来の鉱物由来とか。絵葉書の川は渓谷をつくったリオグランデです。
 
この渓谷は訪れたい場所の一つ。この大サボテンが登場しないかなと目を凝らせていましたが、残念でした。 また、ウマワカの標高3500メートル辺りのロビビア・マルソネリーLobivia marsoneriの実生栽培は、なかなか生長せず苦戦中。 
 
72005
*世界遺産ウマワカ渓谷とハシラサボテンの切手は、こちら
*ウマワカ渓谷の音色(花祭り♪)は、こちら
*ウユニ塩湖と柱サボテン(黄鷹)の切手は、こちら
 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

温泉植物園の金鯱

毎朝の楽しみ、「あさが来た」は残り13話となりました。そこで、連続テレビ小説繋がり。
添付は長野県諏訪市のエコーハガキ(広告付き葉書)です。
花梨のイラストの中に高島城と温泉植物園の写真、そして”連続テレビ小説「かりん」の舞台”との表記。1993年後期の放映ですが、残念ながら当時は見る機会がありませんでした。

また、温泉熱を利用した温泉植物園は、既に2005年に閉鎖となっております。 ハガキには、金鯱が展示されている様子が写っております。 
今はどうしているのかな。
Photo
*同様に温泉熱を利用した函館市熱帯植物園についてはこちら

バヌアツのドラゴンフルーツ

先日、テレビ番組”こんなところに日本人”にて、女優有森也実さんがバヌアツを訪れていました。 南太平洋・ニューヘブリディーズ諸島のエスピリトゥサント島・チャラマチャという裸族の村に住む日本人を探す内容。 
 ということで、画像はバヌアツ共和国から2006年に発行された花切手の1枚、Cereus undatusです。 密林の中で、汗びっしょりの探訪でしたが、ドラゴンフルーツはよく育っているのではないかな。
Vanuatu2006
ちなみに、他の花はブツソウゲHibiscus rosa-sinensis、カエンボクSpathodea campanulata、オオハマボウHibiscus tillaceus、スイレンNymphaea sp.、アラマンダ・カタルティカAllamanda cathartica、 ベンガルヤハズカズラThunbergia grandiflora。

マチュピチュ村の水力発電所はどこ

昨夜のTV番組”世界ふしぎ発見 開拓の灯をともせ マチュピチュに村を創った日本人”にて野内与吉氏のマチュピチュ村での功績を紹介しておりました。

特に、温泉の発見や村に電気を灯した水力発電のこと、村役場での出生承認サインなど興味ある話題でした。

ところで、水力発電所の場所(川筋)のTV映像を見て、ここでは?
村から温泉場に行く小道右脇の川に落差のある所が1か所あり、そのすぐ上に古いモーター放置されていました(添付写真)。

岩だらけの川沿いに、なぜ人工物?と思って昨年撮ったものです。私は、ここがその場所ではないかと勝手に推測しました。

跡形なく無くなったとコメントされていた水力発電所の位置、ご存じの方、どうか御一報ください。

1504_2

ナスカのハチドリ

今週、世界遺産”ナスカの地上絵”区域にグリーンピースが侵入し、地上絵・ハチドリ付近で示威行動を起こしたとのニュースがありました.

環境保護どころかこんな環境破壊テロを起こす団体や輩たちは信用できません。

2か月ほど前に訪れたばかりなので一層憤慨!ペルー政府が激怒するのも当たり前です。

Nasca1412cocolog


画像は礼儀正しく訪れた時のナスカへのセスナ搭乗証明書と、撮ったハチドリColibri Hummingbirdです。

モーリシャスのアロエ

今夜のテレビ番組では、”マダガスカル”が行ってみたらこんなトコだったと放送されるようだ。バオバブ以外にヤシやパキポが登場するかどうか楽しみです。

そして、超楽園モーリシャスにも行った気になれるらしい。これも楽しみです。

Mauritius2005 というのは、2005年にモーリシャスから発行されたLomatophyllum tormentoriiの切手を見ているからです。

現地ではMazambron"と呼ばれていて、Round islandロンド島とCoin de mire(Gunners Quoin)の固有アロエ種とのこと。

多分、ホテルやビーチ、ダイビング、釣りの話題が中心でしょうが、少しでもこの島の話題がでれば満足。

一応、録画予約しました。

*縮小画像はクリックで拡大します。

珍獣トゲトカゲの切手

昨夜の珍獣ハンター イモトのTV番組では、オーストラリアの爬虫類、有袋類などの珍獣が登場していました。

特に切手では知っていたトゲトカゲThorny Devilの生きた姿を、この番組で初めて見ました。

Thornudevil乾燥地帯に生息し、全身とげだらけのトゲトカゲは、枯葉に模してゆらゆら歩くこと、皮膚の水分を毛細管現象で口まで運ぶことができることなどは興味深いものでした。

楽しみながら勉強になりました。

なお、今回のオーストラリアで登場した珍獣は、コアラ、威嚇すると2本足で立つグールドモニター、花蜜を溜め込むミツツボアリ、卵を生む哺乳類ハリモグラEchidna、お尻からも呼吸できるカメ、世界一大きい蛾などでした。

*縮小画像はクリックすると拡大します。

ライオンのかぎ爪の花切手

昨夜、TBS番組”世界ふしぎ発見!”にチャンネルを回したら、チリ・アタカマ砂漠に雨が降るとお花畑となる植物についての話題でした。

インカリリーと言われるアルストロメリア発見の経緯やライオンのかぎ爪という植物の花茎の伸びる理由などレポートしてました。

Chileflowers1988チリ原産の植物、そういえばと1988年発行の花16種連刷切手を探しました。添付画像はAlstroemeria pelegrina(Lirio de Los Moles)とLeontochir ovallei(Garra de Leon)です。

アストロメリア科の宿根草で、ほふく性のこの植物が、なぜ”ライオンのかぎ爪”と言われているのかは聞き逃しました。

ともあれ、今までお蔵入りしていた花16種のうち、この2枚の植物についての手掛かりができました。

なお、黒王丸の花切手については、すでに紹介しました。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ