サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

マツカナ実生苗 赤紫の初花です♪

今朝のトピックス、小さなマツカナ ロゼイフローラ実生苗に新顔の初花、赤紫の丸い花が咲きました。 
 
こういう花の姿も、マツカナには新鮮! しかも香りつき。
 
1804roseifloracocolog_2
* Matucana oreodoxa ssp. roseiflora GC 1084.04
 
種を蒔いてからの三年は意外に早かった!
 
一方、蕾に気が付いてから待った十日間、長かったです(レブチアなら数日なのに)。
 
・・・
 
なお、一年先輩のオレオドクサの方は、独自の風貌で静かに待機。
腐らなければ、これはこれで良し。
 
1804oreodoxacocolog
 
 
* リンク先は前回記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

パキポ、小さいい苗と大きい苗

陽気が良くなり、パキポは気持ちよく葉を伸ばしています。その最近の様子を二つほど報告します。
 
1804mesa
 
最初は一昨年蒔いたMESA由来種子の恵比寿笑い(Pachypodium brevicaule)小苗、こちらにも黄花咲きだしました。
 
嬉しいことに七株のうち五株に花茎が出ていますw(゚o゚)w。 残りは扁平しすぎる舟形苗のみ(これはこれでOK)。
 
なお、四方囲まれた中央部にあった一株は、月初めに腐って消滅してしまいました(水やりし過ぎました)。 
 
 
1804saunderciicocolog  
 
こちらの白馬城(サウンデルシー、P. saundersii)は、太った幹から葉を伸ばし始めています。
 
実生六年間伸び放題だった主枝は、今月初め思い切って切り落しています。
 
今のところ、コンパクトになって収まり良くなってます(何しろ置き場所がなくて・・・)。
 
 
以上
今月に変身したパキポ二種の様子でした。 来月には植え替えし、夏に備えたい。
 
 
ところで、これから鯉ではなくて”鮎のぼり”の制作風景を見に、幼稚園へお邪魔します。
午後からは”鮎壺の滝”にて、世界ジオ認定記念イベントのお手伝いです。
そのため、早めにアップしました。
 
* リンク先は、この苗の前回記事になります。
 
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

サボテンの花、満開も偶には良いもんだ

今日も朝から快晴、日差しが強いですね~
 
昨日一輪のみだったレブチア フラビステイラは、満開になってきました。
 
再発見されたレブチア種の初花ゆえ、その様子を♪
 
1804flavistyla
* Rebutia flavostyla BLMT760.07
 
 
さらに、 マミラリア ルエツティMammillaria luethyiも満開になっています。
 
二苗に七輪、開花後の状態が気になりだし、ヒヤヒヤして眺めてます。
 
まだ蕾は残ってますが、もうこの辺で。
 
1804luethyi
 
*リンク先は前回記事になります。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

レブチアのオレンジ初花

今朝は予報通り暑いくらいの陽気となりました。 フレーム内では、一昨年蒔いたレブチア フラビステイラ実生苗Rebutia flavistyla BLMT769.07が初花を迎えました♪
 
濃い黄色、小ぶりの花です。
膨らんだ姿(左上苗)や花付も良いので、種ができれば蒔いてみたい。
 
1804
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
一方、花笠丸も応援して、濃いオレンジの二輪。
 
群開する前に先行する一番花です(小さな蕾が多数控えています)。 
 
今年は2倍ほど大きく、見ごたえある花となりました。
 
1804_2
 
ということで、
フレーム内はこの陽気で種々咲いていますが、厳選してオレンジの初花が代表です。
 
*リンク先は、前回記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

ディスコカクタス もう咲いて良いの?

昨夜、無加温フレーム内のディスコカクタス実生苗一株から蕾が伸びて、開花しました。
 
例年より一月は早い動きです!
 
1804_2
 
まだ植替えもせず、静養させていたのに・・・こんな肌寒い雨天に・・・
 
冬越し後、ほんの少し用土を湿らせた結果なのかも。
 
1804
 
翌朝、香り充満のフレーム内を覗くと、花びらは余り伸びていず、雌しべや雄しべが見えています!
 
こんな剥き出しの姿は初めてのこと。
 
やせ細って体力無いのにな~ 心配になりました。
 
 
*  昨年はこんな白花だった。
 
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

久しぶりにルエッティの花 ♬

今日の注目は、なんといってもマミラリア ルエッティ(Mammillaria luethyi)の花。
 
なかなか気難しいカキコ苗に膨らんだ蕾が六つ。 四年ぶりに見ました♪
 
ところが、曇り空で半開きどまり・・・
 
1804luethyicocolog  
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
ということで、予定変更。
 
昨日、多数開花中のデロスペルマに主役を譲った、二輪に登場してもらいました。
 
 
紫に白、そして黄色。 なかなかです♪
 
 
1804luethyi
 
 
以上
天気が悪くなりそうな曇り空ですが、気分は明るいです♬
 
* ルエッティの前期記事(一週間前の様子)は、こちら
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

今朝の主役はデロスペルマ

今朝は朝から快晴です。 フレーム内では春爛漫になってきました。
 
昨日、エビサボ シャーピー(E. pulchellus sharpii)のピンク花に驚きましたが、今朝になって白花苗にも再び花が咲きました。
 
この白さも良いな~と・・・(しかし、交配はいたしません)
 
1804sharpiiflcocolog
*Echinocereus pulchellus sharpii
 
ところで外の椅子では、デロスペルマの黄花が咲き誇っています。
 
今年は、沢山の蕾が付きました。
 
1804
 
 
すると、コアオハナムグリが飛び込んできました。
もう、そんな季節なんですね。
1804_2
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

エビ、白花がピンクへ?

強風は相変わらずですが、雨は通過し、少し明るくなりました。
フレーム内を覗きに行くと、もうサボ達の花。特にピンクの花が目に留まり、取りあげました。
 
 1804sharpiicocolog
 
最初は、先日白花が咲いたエビサボテンのシャーピー実生苗(Echinocereus pulchellus sharpii)。 
 
今朝の二苗目の花色は、全く予想外のピンク! 
 
おかしいな~・・・・・・それにしても、姿美しく、新鮮です!
 
 
1804pentlandii
 
 
写真上は、ロビビア ペントランディー実生苗(Lobivia pentlandii JK481)の一番花。
 
薄いピンクと白の花びらが絶妙です。
 
蕾は・・・ポツポツと開いて、長~く可憐さを漂わせてもらいたいな
 
以上
 
咲き続けているピンク花と違って、静かに開いた一番花二種を取りあげました。
 
 
* リンク先は前回記事です。
 
<追記> 改めて頂部を眺めると、刺は白ではなく、幾分赤色となっていました。 なるほどなとガッテン!  
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

華はこれから、控えのリトープスです。

リトープスの脱皮は、殆ど終了しました。 これからの水やりで元気に膨らんでもらいたいところです。
 
今日は、棚の中に引きこもっていて、出番の少ない実生苗5種を紹介します。
 
最初は、碧瑠璃(へきるり)のテリカラー(2015年実生)。 暗褐色の透明点が目立つ、独特の風貌です。
'terricolor’は地面の色という意味らしいので、黄土色か・・・瑠璃色ひそかに期待していました。
 
1804terricolorcocolog
* Lithops terricilor C132
 
ここからは写真下、混在する4種類の苗のことです。
 
1804kennedyi
 
右鉢の3苗が麗春玉(L. terriclor 'peersii')。 
さらに赤褐色となっています(薄い色になると思ってました)。
 
右端ジグザグ模様は麗虹玉のゾロ(L. dorotheae 'zorro'、2015年)。 
模様は脱皮ごとに変化するので、今年限定です。
 
左端上4苗は麗典玉系ケネディー(L. villetii subsp. Kennedyi C229A、2014年)。 
狙い通り、栗色が魅力的になってきました。
 
左端下列2苗は、紫褐紫勲(L. lesliei rubrobrunnea C204、 2014年)。 
発色も今一、なかなか大きく生長できていません。 栽培法が間違ってるかも?
 
ということで、華は未だというリトたちの経過報告でした。
 
最後は、元気付け。 
エビサボ ローマ蝦の赤花。軒下放置で、毎年花数を増やしています。
 
1804
 
*リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

新種のマツカナに春♪

マツカナ独特の花の姿に興味があって、数年前から実生を始めていました。
 
その一つ、最近発見されたばかりのマツカナ オレオドクサ ロゼイフローラ(Matucana oreodoxa ssp. roseiflora )に蕾が伸びてきました。
 
1804roseifloracocolog
* Matucana oreodaxa ssp. roseiflora GC 1084.04
 
写真上は三年前(2015年)に蒔いた実生苗。 まだ親指の先ぐらいですが、半分ほどの苗に紫の蕾が出ています。
 
 
1804roseiflora
 
予想外に早い着蕾♪
 
同期の白花奇仙玉は・・・・・・蕾の代わりにアカダニが付いていた!
このロゼイフローラにも!。 ダニ太郎をすぐ噴霧しました。
 
油断は禁物ですね。 蕾は紫ですが、開花すればピンクとのこと。
 
なお、このマツカナについては、無料のオンラインジャーナル”The Cactus Explorer"
Vol1(2011年)の’New Matucana from Peru"に記載されています。
 
*リンク先は前回記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ