サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

リトープス レッドオリーブ小苗の色々

強い日差しゆえ、部屋に引きこもっています。
 
それで、玄関庇下のリトープスの話題となりました。
 
1808redolive1
* Lithops olivacea ' red olive'
 
写真は、昨年蒔いた紅オリーブ玉の小苗。 発芽良好、脱皮後丸い小玉となって埋もれています。
 
その内に大きくなるでしょうが、今一番、気掛かりなのは窓の色。 
 
リト本通りに「鮮やかな赤色、灰色がかったルビー色」となるのだろうか?
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1808redolive4
* Lithops olivacea 'red olive'
 
これは紅オリーブ玉(実生4年)。 生き残った唯一の先輩、初デビューです。 
 
生長が遅く、苦労していますが、ますますネブロウニーと同じになってきました。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
1808nebrownii  
 * Lithops olivacea v. nebrownii C162B
 
一方、これはネブロウニー(実生6年)。 今一の人気ですが、窓に表情があって魅力的と感じています。(紫色の窓は、冬から春にかけて赤色に変化します)
 
・・・それゆえ、一苗だと魅力が掴みづらいのだろうな~
 
ということで、
バラついている紅オリーブ玉小苗・・・これからの個性発揮が楽しみと捉えたい。
 
 
* リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
sun ご訪問、どうもありがとうございました。

リトープス紫李夫人、へこたれず♪

ここ一両日、蒸し暑さも和らぎ、気分も幾分落ち着いてきました。
 
メセンを眺めても、あと少しで出番だな~と。
 
そんな気分で、リトープス紫李夫人(バッカス)の現況です。
 
 
18095
* Lithops salicola "Bacchus"
 
写真は実生5年苗。 今季は揃って分頭し、ほんの少し賑やか♪
 
細長いですが、ゆっくり気長に待っています・・・
 
 
18091
 
こちらは1年前に蒔いた紫李夫人。 
 
そろって紫色に育ってきました。(一個薄いですが)
 
順調に発芽すれば、結構丈夫に育つものだという印象!
 
以上
ひっそり消滅してしまうリトープスもありますが、酷暑中、へこたれなかった紫李夫人でした。
 
 
* 紫李夫人の脱皮中(4か月前)の姿は、こちら
* 紫李夫人1年苗の発芽2か月の姿は、こちら
 
cloud ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪

頭部が膨らみだした内裏玉小苗

久しぶりに爽快な朝を迎えました。 その日を浴びたマミラリア小苗二種の現況報告をします。
 
1808
 
まず姿が変化し始めた内裏玉。 
頭部が丸く膨らみだし、白くなりつつあります。
 
初花時は間延びした幼児体型でした(今も)。 
やはり、ギューッと詰まった姿でないと様にならないですね~
 
鉢底から根がすぐ伸びだして、若いなりに元気。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
1808_2
 
こちらは、同期の仲間のカルメナエ
 
赤茶色の刺が密集したズンドウ姿、良くなってきました♪(今が一番かも)
 
ということで
ただ眺めているだけですが、それなりに生長している姿に感動してます。
 
 
*リンク先は、前回記事になります。
 
sun ご訪問、どうもありがとうございました。
 

花も華もなし、ロビ群生株

サボテンの花はめっきり少なくなってきた機会に、今年も咲かなかったサボテンの代表二種の現況です。
 
なんといっても一番は、実生六年になるロビビア ラウシー(Lobivia rauschii WR635)。 
 
1808
 
指先ぐらいのが、みな元気! 群生しすぎです(7,80ぐらい)
 
直射日光、乾燥などのストレ、影響なし! ダメージ受ければ、脇の子が伸びるだけ。
 
・・・長い刺が出て、それなりの特徴が現れてきましたが、何時(赤花)咲くのやら・・・
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
 
1808_2
 
この黄裳丸系シャフェリ(Lobivia aurea v. shaferi R152)は実生5年苗。
 
期待した大輪美花は今季も不発、子が増えるだけ(30~40個)・・・
 
無視すると鉢一杯となって生長停止。 
 
それではと植え替えしましたが、どうなることか。
 
ということで、
思いが通じないロビ群生株の現況です。
 
 
* リンク先は、前回記事になります。
 
 
sun ご訪問、どうもありがとうございました。

雨に打たれたパステルカラー

今朝も天気が不安定。 南面に吹き付ける雨は軒下サボには、恵の水となりますが・・・ 
 
せっかく咲き始めたロビビアの花となると、惨め一色。
 
 
1808sicuaniensiscocolog
 * Lobivia maximiliana v. sicuaniensis
 
 
写真はマキシミリアナの小花、パステルカラーの輝きが薄れてしまいました。
 
2日間しか開かず、見頃だったんですが。
 
ともあれ、・・・強烈な直射日光に照らし、時々雨風に打たせる・・・これも試練の一環です。
 
 
rainsun ご訪問どうもありがとうございました。

雑草の中で 金盛丸ら

ここ数日の不安定な天気でも、戸外放置のエキノプシス、ロビオプシス三種が咲きだしてきました。
 
 
1808  
 
金盛丸に紫式部と不明種・・・ 花色重ならず良かった。 
 
1808_2
 
この金盛丸の花弁、何時も内側に丸まっていましたが、今回は僅かに展開、イメージチェンジしています。
 
雑草と芝伸び放題の庭での、この花たち・・・・意外と雰囲気良いですね~
 
 
rain cloudsun ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪

元気なパキポディウム二種

昨夜は雷雨。今朝も時折雨がパラパラ降っています。
 
今日は、この暑さでも元気なパキポ二種の現状報告です。
 
1808
 *Pachypodium lamerei v. ramosum
 
戸外に放置中のラモスムの葉柄が放射状に展開し、黄緑色が目立ってきました♪
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1808_2
* Pachypodium succulentum
 
こちらは、サキュレンタム。 
 
写真右、サキュレンタムの株は勢いよく枝が伸び続けて、間延びしてます。(剪定失敗で新芽の数が少なかった。さらに、水やりし過ぎたかも。)
 
来春、また枝切りしなければなりません。
 
 
左の株は、葉の緑も濃く、充実した枝になってきました。
 
秋に伸びず、どうかこのまま、このまま・・・
 
 
 
*リンク先は前回記事になります。
 
thunder ご訪問、どうもありがとうございました。
 

咲いていた緋花玉

木陰に移動させていたギムノの緋花玉、やっと咲きだしてきました。
 
1808
 
暑くて日差しが強いフレーム内では、黄緑色肌となって調子悪そうでした。
植え替え後の移動で、緑色となりはじめ、この一輪。
 
 
気づくのが遅れ、花後になってしまったのは・・・
 
 1808cocolog
* 霧中のチータ一頭、 富士サファリパークにて
 
 
ということで、
盆休みでもガイドや家族サービスなど色々、多忙です。 
 
* 緋花玉の前回記事は、こちら
 
car ご訪問、どうもありがとうございました。

生長中のマツカナ ロセオアルバ

実生4年になるマツカナ ロセオアルバ(Matucana roseo-alba)は、調子が良いようです。

1808roseoalbacocolog

植替えが遅れて、やっと2か月前・・・しかも、根ジラミが! 水洗いやアルコール噴霧などして一息中です。

膨らんで緑色♪

柱サボになる前に、ピンクの花が咲けば良いな~というところ。

* リンク先は前回記事になります。

sun ご訪問頂きありがとうございます(^ ^♪

サボ金鯱の花、半分

台風13号が通り過ぎて、真っ青の空! 強烈な日差しです!
 
それでも、エキノカクタス・金鯱は8個目の花が開きだしています♪
 
180878
 
9個目の蕾も!
 
だけど、横から見ると・・・
 
1808
 
半分だけ爆発してます!
 
原因は。鉢回しをしていなかったこと・・・重すぎます
 
それと、植替えしていないので生長は、いまいち。
 
 
ということで、
 
秋になったら用土を一部交換して、来期に備えたい。
 
 
* 金鯱の前回記事は、こちら
 
sun ご訪問どうもありがとうございました(^ ^♪

より以前の記事一覧

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ