サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ケイリドプシス ペキュリアリスの蕾と葉の形

今年も、ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)に蕾が見え出してきました♪
 
昨年に比べ、株も一回り大きくなり、脇芽もしっかり生長しているので、大きな黄花、期待できそうです。
 
1902_cocolog
 *Cheiridopsis peculiaris
一方、もう一株(下)は、残念ながら蕾がでませんでした。
 
そろそろなはずなのにと、何回も眺めて…葉の形が違う(B1vs B2)ことに気が付きました。
 
1902cocolog
 
祥鳳は一対の冬葉(A)の中心部からでる葉(B)、そしてその脇から出る葉(C)、それぞれ形が違うんですが、・・・
 
さらに・・・Y字形の葉Bからは蕾がでる葉(B1)と、夏葉が中に控えている葉(B2)の2種類あることに気が付きました。 Y字の切れ込みに微妙に差がありました。
 
すると、上の未開花株は、脱皮後2株になるはず・・・・・・ 開花株は冬葉Aの下から脇芽が出てきましたが。
 
なんか、ややこしいのですが、花の咲く前は来期の姿を予想しながら楽しんでいます♪
 
*ケイリドプシス ペキュリアリスの前回記事(一月前)は、こちら
 
sunご訪問どうもありがとうございました(^o^)

実生リト紅大内玉 五輪開花♪

今日は暖かい日差しゆえ、リトープス紅大内玉の蕾が開きだしました。
 
まわりはシワシワリトばかりなので、ここだけ華やか♪
 
1902_cocolog
 
七年前、めせん四季報から配布された岡本氏種子由来です。 あれから大分経ってしまったな~と回顧。
 
なお、他の鉢でも咲いているので、今年も結実するかも・・・たくさん採種出来たら、秋には蒔くぞ~・・・というより種子を配布した方が良いかな。
 
* 紅大内玉の前回記事は、こちら。 この時点で、少し皺が寄っていたので、底から吸水させました。
 
 
sun ご訪問どうもありがとうございました(^o^)

寒さで良い色合い♪ 春眠丸

外に放置状態にされたサボテン 春眠丸の近頃です。
 
子が細長くなり日照不足のようなので移動し、初めて寒風にさらしてます。
 
良い感じに赤黒くテカテカとなりました♪ 子も元気!
 
1902cocolog
 
フレーム内のシワシワのキュウリ顔からの変身!撮ってみました。
 
下部の方は、普通に見苦しいです(^-^; 
 
4月には目覚めて、ピンクの大輪花が咲くでしょう♪
 
*春眠丸の美花は、こんな感じ
 
 
cloud ご訪問どうもありがとうございました(^o^)

ロビビアとエビサボ 動いてきた♪

今日もスッキリしない天気なんですが、フレーム内のサボの様子を・・・
 
するとエビサボ ダビシーに! 緑色に赤い花芽でした♪
 
1902cocolog
*Echinocereus davisii
 
実生八年の小さなサボに♬
 
ちなみに青花蝦の方はまだ。
 
1902_cocolog
 
近くのロビビア シーリアナにもたくさんの花芽♪
 
この赤くなった苗は黄花。 白、橙花苗にも!
 
まだ寒くて、やる気がなかなか起こりませんが、こちらも動かなければな~
 
*リンク先は、前回記事になります。
 
cloud ご訪問どうもありがとうございました(^o^)

リトープスC218 小苗を植え替えた

昨年秋に蒔いたリトープスの脱皮は順調に進み、今日2種、寿麗玉と花紋玉・栄玉の植替えをしました。
 
当初、昨年内に植替えするつもりでしたが、体調崩して年越しになりました。
 
1902litlewoodii_cocolog  
*Lithops julii 'littlewoodii" C218
 
これは寿麗玉リトルウッディC218の小苗。 
 
根は4.55センチくらい伸びてましたけど、本体は豆粒です。
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
下の3鉢は、5年前に蒔いた先輩。
 
1902litlewoodii_cocolog_2
 
頂面の色や模様が違います・・・ 薄茶色の大きな窓、赤褐色のギザギザ模様、ピンクの大理石タイプなど。
 
今は脱皮初期で色あせていますが、それぞれ渋くて結構いい雰囲気のリト達です。
 
ということで
渋い和風のリト再び・・・期待を込めての植替えでした。
 
* リトルウッディの前回記事は、こちら
 
cloudご訪問どうもありがとうございます(^o^)
 
 
 

慎重な紅大内玉の蕾

10日前に開花したリトープス紅大内玉実生苗の、その後。
 
咲き始めのその日から、蕾は閉じたまま! 
 
暖かい快晴の日が少ないためと思われます。
 
花弁の先がピンク色になって、準備万端なんですがね~
 
1902_cocolog
 
*紅大内玉の10日前の花の様子は、こちら
 
cloudご訪問どうもありがとうございます(^o^)

今日のサボテンの小花四種、それぞれ

今日も咲いているサボテン四種(マミラニア、ツルビニ、パロディア)の小花です。
 
小さい方から、マミラリア内裏玉。 紫の花を大きく撮りました。
 
1902  
 
この白花もマミラリアのカルメナエ。 沢山咲いてますが、大きく一輪。
 
1902_2  
 
この黄花は珍しいパロディア セントピエアナ。 この一輪、2週間ほど咲き続けています。
 
1902_3
 
最後はツルビニの昇竜丸。何輪目か? 紫の中筋、クッキリ爽やか!
 
1902cocolog
 
以上
見慣れた花を、少しアップして撮りました。 そういえば、それぞれ個性ある刺でした♪
 
cloud ご訪問どうもありがとうございました(^o^)

ツルビニカルプス二種 蕾見え出す

フレーム内のツルビニカルプス昇竜丸は、また新たに咲きだしてきました。 
 
次の花は? バラ丸か?
 
そうでもなさそう。 蕪城丸に薄緑色を見つけました。もうすぐです♪
 
1902cocolog
 
あ! 長城丸にも蕾が膨らんでいました。 
 
桜色だし、一気に春の雰囲気になるはずです。
 
1902cocolog_2
 
それにしても、これから寒くなるし、植替えもしなければ・・・
 
・・・今年はジム通いしているので体調良好・・・ま~準備だけはそろそろしておこう。
 
cloud ご訪問どうもありがとうございました(^o^)

異形リトープスの脱皮:微紋玉

毎日眺めているリトープスの話題。
 
先月中旬デビューした異形微紋玉の脱皮、その後です。
 
1902cocolog
 
頂面四つから現れてきたのは・・・前回より増えて六つ!
 
3分頭したということになりました!
 
 
・・・? 隣の微紋玉も3頭立て!
 
1902  
 
・・・こちらは正常、数年前の分頭時、一頭が消失したことによるものです。
 
以上。  色々ある分頭の一例でした。
 
*リンク先は、関連する話題の前回記事になります。
 
sunご訪問、どうもありがとうございました(^o^)
 

サボテンの蕾、早春定番!

立春を過ぎ、サボテンの蕾が少しづつ膨らんできたような気がします。
 
わが家で代表的な実生三種、雪晃、縮玉、バラ丸の様子です。
 
1902_cocolog  
 
雪晃の赤い蕾、暖冬にしては少し遅れ気味。 
 
蕾の数は少ないのですが、赤と白は目立ちます。
 
1902cocolog  
 
こちらはフレーム内の縮玉。
 
あっというまに蕾が一斉に! 巣から嘴だしているような!
 
1902_cocolog_2  
 
これはツルビニ バラ丸。 
 
小さいけど、春の雰囲気満載の花…待ち遠しいです。
 
以上
 
例年通り、今年も元気に蕾を上げてきました♪
 
cloudご訪問どうもありがとうございました(^o^)
 

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

(^o^) (^o~) (*^-^*)

無料ブログはココログ