サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

敬老の日の金鯱

今日は敬老の日。  ということで、長年お付き合いしているサボタニの様子です。
 
もう半世紀になるエキノカクタス 金鯱。
 
11輪目となる蕾は、先端が見え出し順調です♪
 
180910
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
ところで、
 
三連休も出かけず、リトープスの植替えに励んでおります。
 
バットごとに一つ一つ、コツコツと・・・
 
1809
 
この鉢は、11年前初めて実生した花紋玉系リト。
 
ごく普通で、可愛いです。 ピンク色が健康そうなので登場しました。
 
以上
 
cloudsun ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪

金鯱は10輪目、これは?

今日は防災の日ですが、週初め地区防災訓練を実施したばかりなので休養中です。
 
ところで、昨日は愛用カメラを落として動作不良・・・ショック(;д;)
 
別カメラでの今日のショットは、曇り空の中開き始めた金鯱の蕾と花殻
 
180910
 
何輪目かな・・・すると11輪目の綿毛の盛り上がりを発見!(相変わらず片側から)
 
初花は4年前、敬老の日、再びお祝いとなるかな♪
 
 
一方軒下では、ロビビアの桃輪丸の花
 
1809kk788  
* Lobivia wrightiana KK788
 
早春から咲き続けて、もう何輪目かは不明・・・ 有難いことです。
 
ということで
台風21号が来る前、静かな朝の様子でした。
 
 
*リンク先は、前回記事になります。
 
cloud ご訪問、どうもありがとうございました (^^♪
 
 

金鯱の五輪

朝から無風の猛暑! そこで、 この暑さが、ちょうどいい金鯱の話題です
 
久しぶりに咲いた金鯱の花は五輪目、朝から全開となっています♪
 
軒下にあるので、室内から撮った写真には、六輪目の白い綿毛や、三年前の花殻も
 
1807
 
花殻内には光沢のある種子が詰まっているはず・・・
 
18074
 
こちらは11年前に頂いた種子由来実生苗4つ
 
ぶつかりあう刺がキラキラし、誘惑してますが、・・・・・・
 
もう種子の数は数えません、スペースもなく、時間もありません
 
 
ということで
 
金鯱、五輪目の花でした。
 
そして、東京五輪記念貨幣の案内状が届いていたので、腐らない金を申し込みました!
 
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

金鯱と士童、めでたく花♪

肌寒いのですが快晴の日中、金鯱に一輪♪ 三年ぶり!
 
白い綿毛も六個に増えました。
 
手前(南)側に偏っているので、鉢回ししなければいけない~と反省。
 
1806
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
日差しが強かったので、軒下仲間のフライレア士童も咲いていました!
 
雨水まかせの放置状態ですが、順調のようです。
 
1806_2
 
以上
大小二つのサボ、久しぶりに開花しましたという報告です。
 
*金鯱の蕾の姿は、こちら。士童の冬の姿は、こちら
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

金鯱から尖ったもの三年ぶり

エキノカクタス 金鯱の頂部から蕾先端部が現れてきました!
 
白い綿毛五か所中、二つに♪
 
デカすぎて世話ができていませんが、順調そうです♪
 
1806  
 
* 三年前の開花時の姿は、こちら
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

金鯱と銀紐 仲良く花かな?

エキノケレウス銀紐実生苗の花が咲き誇っています。特に簡易温室内の実生苗は枝先それぞれに♪  
開き始めの花が、チャーミングに撮れました(^ 0 ^)
 
隣の金鯱に、もたれ掛かって咲いてます。
 
1805
 
昨年、挿し木した枝にも! まだ芋も出来ていないはずですが・・・ 小さいので上から撮れました♪
1805_2  
 
 
こちらの金鯱君にも、白い綿毛が五個くらい目立ってきました。
 
1805_3
 
写真手前、三年前の花殻が落下する前に、今年こそ・・・といっても相手まかせですが。
 
 
*リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

サボテン金鯱君は耐寒中

今朝はやわらかい日差しとなりましたが、依然としてブルブル。
 
軒下サボテン・金鯱も寒さに耐えていました。
 
付き合ってから半世紀、綿毛もこぼれだしています。
201802
 
 
横を見ると、寒さのため細かな凹みが出てしまいました。 凍傷の一歩手前。 
 
毎年の冬姿ですがズボラになっていました。
 
動かすこともままならず、夜間は毛布を被せることに。
 
 
201802_2
 
ということで
 
まだ寒さ厳しいのですが、あと三週間!
 
白い綿毛も見えているので、今年は開花するかもしれません。
 


にほんブログ村

サボの刺 長さ比べ

もう12月、サボテンの生長や花は期待できませんので、今日は刺比べ。
 
一番長い刺のサボテン探しです。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
最初は三位タイから。五センチ長の金鯱とマキシミリアナ。
 
金鯱の刺は、短そうに思いましたが、意外。 
ロビビア マキシミリアナ インターメディアは、二本だけ長い刺が伸びていました。
 
71
*Lobivia maximiliana intermedia KK784
 
 
第二位は、ロビビア 桃輪丸の六センチ。 
 
棘の密集度には個体差があり、写真の苗は、今にも折れそうな細い刺が伸びています。
 
1712
 
 
第一位は、ロビビア ダウシパウリの七センチ。
 
外に放置した今年、荒々しい刺が密集してきました。
 
1712_2
*Lobivia ducis-pauli
 
 
* それぞれのリンク先は前回記事になります。
 
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いしますcherry
 

白くなっていた金鯱

植替えに伴い狭いフレーム内のサボテンの配置換えをしなければならなくなってきました。
まず手始めにロビオプシス類と金鯱を外に移動しました。

あらためて金鯱の姿を眺めると、全体に白さが目立ち、綿毛は真っ白でした。

1703

外のガラスフレームの金鯱と比べると一目瞭然。

実生10年の同期なのに、全く違った姿になっていました!

1703_2

白い金鯱も良いけれど、やはり、この機会をいかして直射日光に徐々に当てたい。 

なお、フレーム内に空いた場所は、柔らかい日が好きなサボにはちょうど良いのかもしれない(そういうサボも結構あります)

 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッとお願い致します♪
 

金鯱の種子を採る

1508_2
 今年も咲いたサボテン・金鯱の花殻3本を眺めて。 種子はどこにあるのだろう?

そこで、昨年の花殻(”敬老の日”の初花)を力を込めて摘んでみた。
綿毛に包まれた大きな子房が出てきました(全体7センチほど)。

中身は透明なゼリー状に茶褐色の種子と緑色の子葉。 中で発芽していたようです。
種子の総数は約300個。 ・・・これから実生、もう私には無理です。

ともあれ、金鯱は自家受粉し、結実することを半世紀かかって知りました。

*綿毛に包まれていた子房(薄緑色)。 この綿毛は一般的な節のあるチューブ状構造

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ