サボテンの華

  • Parodia saintpieana
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

苦しいサボの表情

サボテンの花が次から次と咲く良い季節です。 しかし、毎年この波に乗れず、気がかりなサボテンも出ています。 
 
まず、無加温のフレーム内で冬越ししているテロカクタスの紅鷹。 この時期は、シワシワの赤褐色肌に、蕾が伸びています。
実生11年になっても、不安な気分にさせます。 早くふっくらとした夏の姿になってもらいたい。
 
1705
*Thelocactus heterochromus
 
次は実生3年目のロビビア クラーン・ジュケリ。 テカテカした若草肌が特長ですが、紫色の苗が一つ。 気になります。
右隣の苗も、つい先日までこの色でした。丈夫なサボでも、この色に驚きます。
Krahnjuckeri1705cocolog
*Lobivia krahn-juckeri BLMT 798.03
 
次の写真はロビビア マルソネリ(実生5年)。 大輪の花(予定)ですが、それどころではありません。消滅するかの瀬戸際。
 
フレーム内で大事に育てて5年。 やっと指先程度の大きさ、しかも色艶悪いです。
最後の手段として、今年軒下に移動しました。
小さな刺が微かな希望です。
Marsoeri1705cocolog
*Lobivia marsoneri v. iridescens WR38(Humahumaca,3500m, Arg)
 
次も不調子のためフレーム内から追い出されたロビビアのラテリティア(実生5年)。 
ここにも赤褐色でシワシワの苗。
それでも、ここ1週間ほどで皺が少し膨らみ、下部に緑色がさしてきました。
Lateritia1705cocolog
*Lobivia lateritia v.  WR500a (Yunchara, Bol)
 
最後は実生7年目になった平たく縮んだツルビニのハウエルニギー。 
他のツルビニよりは遅れて、膨らんでくると判かっていても、この姿を見るのは辛いです。(写真の苗は、、少し膨らんで来ています)
Jauernigii1705cocolog
*Turbinicarpus schmiedickeanus ssp. jauernigii
 
以上、このサボ達の苦しい状態は、回復とともに忘れてしまいますので、季節の表情メモとして残しました。
 
まだたくさんありますが、長くなりました。
 
☆ ご訪問ありがとうございます。
 
 

紅鷹ひっそり一輪

台風16号や前線の影響で、今日も雨。 それゆえ、昨日フレーム内で、ひっそり開花していた紅鷹実生苗の一輪です。 花弁も細く、夏のように全開とはいきません。
1609  
ところで、9月に入ってから雨がつづいているため、水やりができていません。しかも、隙間から滴が垂れて鉢にかかったり、フレームの底砂が湿っていたりしています。 
からっとした秋晴れが待ち遠しいです。
*紅鷹実生苗の前回記事は、こちら。4年前の初花でした。苦労している割には更新出来ません。
 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

Echinocereus viridiflorus 初花

丁度一月前、赤い蕾が見え出した青花エビEchinocereus viridiflorus SB213、本日開花しました。

その香り、ダビシーとは微妙に異なっていました。メサリストによるとレモンの香りらしいです。明日、そのつもりで嗅いでみます。

Viridiflorussb2131303cocolog添付写真は、同時に咲いていた吉兆丸(赤紫色)、緋冠竜(白花)、兜(黄色)です。

*縮小画像はクリックで拡大します。

今日のサボテンの花 2013年

現在、サボテンの植替えを少しずつ始めています。厚手皮手袋やマスクを装着し、風邪気味のなかで、頭を下げての中腰作業は疲れます。

そんな状態でも、フレーム内のサボテンの花を見ると癒されます。今日は3花がデビュー。

1303縮んでいた緋冠竜に突然大きな白い花。 峨眉山には緑の小さな花。 そして一昨年種を蒔いたEchinocereus davisii SB426は蕾が開き、黄緑の花を咲かせたことです。

あいにく鼻づまり状態ゆえ視覚のみ。

*縮小画像はクリックで拡大します。

一昨年のサボテンの花の組み合わせはこちら

紅鷹実生苗 開花

サボテン・紅鷹実生苗(多色玉、Thelocactus heterochromus)、初めてついた蕾が大きくなり、本日濃紫紅色の花が咲きました。

初花のせいか、小さめです。

1206今年の花はこれで終わりとなりますが、赤くなってきた刺も魅力の一つ。

これからどう変身するのか期待を込めて眺めています。

緋冠竜の種と子

私のサボテン緋冠竜は現在、花が一段落し、刺が伸びだしています。

写真は、その生長点付近を撮ったものです。新刺と、枯れた蕾、新たな蕾と種子が写っていました。

1206_2この”だるま型”種子は1か月前に咲いた花が自家受粉した結果かもしれません。

丁度2年前、同じように結実した種子を蒔いた実生苗が下の写真です。

まだ小指の先位ですが、一丁前に刺も出ています。

たった1子なので、頑張れ、おちびちゃんと声を掛けています。

*縮小画像はクリックすると拡大します。

紅鷹実生苗 蕾かな

サボテン・紅鷹実生苗の刺座から蕾らしきものが見えてきました。

種15個を蒔き、生き残ったのが8株。一番大きな苗が開花年齢?に達しました。

1205_2毎年、少しずつ生長しては縮んでいましたが、実生6年目にして、やっとここまで。

一応、”豪刺紅鷹”なんですが、姿は普通です。

花はどうかなというより、この段階で花芽が萎れませんように。

*実生3年目の姿はこちら

今日のサボテンの花

東北地方を襲ったM9.0の巨大地震の発生から3日目の夜になりました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。

4年前、三陸海岸の観光旅行に行き、宿泊した南三陸町、昼食で立ち寄った陸前高田町の壊滅的被害や孤立した町村の名前を聞くにつれ、津波の恐ろしさがわかりました。まず的確な情報、救援や復旧を願っているところです。

41103 今回の地震では、幸い家の被害も無く、家族の無事を確認したところです。当地の巨大地震に備えて、非常用持ち物をチェックしました。

さて、写真は、小フレーム内、穏やかな春のサボテンの花です。

緋冠竜とダビシーは、2度目。長城丸は3度目。コマケファラは初花です。

このコマケファラMatucana comacephala、昨年仲間入りしてから丈は2倍になり10センチを越えてきました。弱弱しい花の雰囲気と違って、高さは図鑑で調べたら75センチにもなるらしい。数年後、心配。

*画像はクリックすると拡大します。

緋冠竜 咲き出す

テロカクタス属のサボテン緋冠竜、早々と白花が咲き出しました。

吸水せず縮んでいるのに、昨年より2ヶ月も早い開花です。

Photo_2 フレーム内を閉切っているため、温度が高くなった影響かな~

なお、この蕾は昨年の秋にはもう発生していました。

*画像はクリックすると拡大します。

緋冠竜 種が熟す

サボテン・緋冠竜、膨れていた子房が割れて種が見えてきました。

だるま型の黒い種が27粒、茶色が18粒、採種できました。

1006 一株だけなのでどうして結実。テロカクタスは、たまには自家受精するものなのか?

どんな苗に育つかわかりませんが、黒い種だけを試しに蒔くつもりです。

ところで、子房をピンセットで刺座から外したら、今年発生した新しい刺座に花芽らしきものが覗いていました。

花は来年まわしで、今はどんどん生長してもらいたい!

*画像はクリックすると拡大します。緋冠竜の花と栽培記録は”カテゴリー、サボ・テロカクタス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ