サボテンの華

  • Parodia saintpieana
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ノトの頂部を眺めて

植替え作業を若い実生苗から始めていますので、花が咲いたり、蕾が膨らんでいる苗まで取り掛かることができていません。
 チョコチョコ眺めて、動いている最中の気に入ったサボの表情を写真に撮りました。

初めは、ノトカクタスのスミレ丸。 褐色の毛むくじゃらの蕾が整然と伸びていました。
今年は調子が良いようです。
 
1703_6
 
次もノトカクタス、赤い刺が発生中の貴宝青です。 膨らんだ稜の濃い緑色と白い綿毛が、赤刺を引き立てていました。  青王丸も同じ表情ですが、このボリューム感に惹かれます。
 
1703_7
最後はアロエの千代田錦。 ベンガラ色の花が目立ちました。
1703_8
*スミレ丸の前回記事(蕾の発生)は、こちら
*貴宝青の花は、こちら
*千代田錦の前回記事は、こちら
 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

今朝の美花 三種

日中、大分暖かくなりフレーム内では、いろいろな種類のサボが咲きだしてきました。
今朝は色や姿が特徴的な三つサボテンの花です。
 
まず初めに、 エリオシケのニグリホリダEriosyce subgibbosa v nigrihorrida FK22。 細長く尖った花弁の赤紫が素敵です。 他の苗も開花すれば・・・
1703
次は、咲く姿が気に入っているロビビア桃輪丸Lobivia wrightiana KK1545。 赤紫の柱頭に花弁が盆栽風。
21703
三番目は名前も目出度い吉兆丸、ノトカクタスとしては一番花です。
赤紫の花弁と中心部の黄色、赤紫の雌蕊に黄色の雄蕊など、なかなかの花と思ってます。
特に、真白な綿毛が花を一層引き立ててます。
1703_2
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

スミレ丸も茶色の綿毛

フレーム内のノトカクタス・スミレ丸に茶色の綿毛が見えだしました♪  例年のことなんですが、季節を感じる出来事です。
 
面白いことに、その茶色が時計回りに小さくなっています。 次から次へと順番に咲く準備かな。
1702
 
他のノト、綿毛に覆われている吉兆丸を覗き込むと、やはり茶色の蕾が。 この吉兆丸の花、中心部が黄色でまた格別なんです。
少しづつ、花の時期に近づいていますね~(^-^)
1702_2
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 
 
 

青王丸の鋭い赤

朝日を浴びた軒下サボテンの青王丸実生苗が赤く染まっていました。
 
こんなに濃い赤色の刺だったのかと、初めて気づきました。
 
この鋭く伸びた赤い刺の姿、冬の厳しさそのもの・・・・・と思った。
1612
*青王丸の前回記事(午後の椅子、今年6月)は、こちら
*青王丸の春先の赤い刺は、こちら

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”をポチッとしていただくと、嬉しいです
ありがとうございました♪

金晃丸 二つ

リオ五輪、今日も活躍して金メダル二個。 元気づけられます。
・・・ということで、金色の刺のサボテン、ブラジルが故郷の金晃丸です。 
丁度一年前、ガチガチの古株を近所の老夫婦から譲り受けました。養生したのち、今春胴切りして、木質化した下部から二頭を外しました。
肉質が柔らかく、切り口が完全に乾燥しずらかったのですが、何とか生長してきました。
次は黄金色の花かな。
1608
 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

紅小町の花 久し振り

長らく拗れていたノトカクタスの紅小町が久しぶりに開花しています。
きらきらの光る薄い花弁が良いです。
1605

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

一目で3倍の楽しみ

今週はエビサボ・三光丸が元気に3輪開花状態となりました。大輪花ありがとう記念で1枚撮りました。

また今季、エビサボのラウイやノトの青王丸も3輪同時期に開いたので一緒にまとめてみました。

青王丸の黄花は、同時開花ゆえ花弁揃ってます。 一方、ラウイや三光丸では開花日がずれており、最初に咲いた花は花弁が大きくなり、雄しべが開いています(特に三光丸)。

それぞれ、魅力的な花となっています。

31505

すみれ丸 5輪

ノトカクタス・すみれ丸が、同時に5輪開花しました。

スペース、上手い具合に分け合って咲いています。

大輪なので当然、本体が見えません。

1504

吉兆丸 開花

ノトカクタスでは一番早く吉兆丸が咲きだしてきました。

昨年と全く同じ日に開花。

縁起が良いスタートです。

1503

オレンジ色のサボテンの花

今朝、ロビビアのLobivia schieliana v. leptacantha ES144に、予想外のオレンジ色の花が咲きだしました。 

昨晩までは赤色の花ビラ。薄クリーム色の花の時と同様、一夜明けて予測が外れてしまいました。 

1405 花弁にグラデーションもあって輝いています。

また、ノトカクタス(パロディア)の貴宝青にもオレンジの花。 比べるとオレンジ色でも大分違います。奥深いです。

それから、3年前よりオレンジ色の花になるサボ種を蒔いています。 今季、幾つかに蕾が発生しだしました。

*縮小画像はクリックで拡大します。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ