サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

平らな景清

今日はフレーム内で光っているサボの様子です。
 
 
最初はマミラリアの景清
1710
 
この頃、疣腋の綿毛が束になり、蕾を抱えているような雰囲気。
 
横からは真っ平。 暗緑色の疣もいい感じ。
 
 
その奥にはノトカクタスの紅小町
 
11710  
 
最近では大きなトラブルもなく生長し、真っ白。
 
といっても、今年の花は空振り、この機会に登場。
 
 
最後は、外のロビビアのマキシミリアナLobivia maximiliana R202。 
 
 1710_2
 
棘が長くなってきました。
 
そして、花芽! ネオポルテリア似の凛とした美花、 期待してます♪
 
以上、
 
今日も秋のサボテンの表情報告です。
* リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

貴宝青の子

フレーム内のノトカクタス貴宝青、 花は一月前に終わり、再び生長し始めてきました。
 
その頂部は青々となり、春先の青黒い頂部とは全く違った雰囲気でした。
 
1708
 
そして、下部茶膜部からの子も、生長しています。(当たり前)
 
未だ指先ぐらいですが既に茶膜つき。 初デビューです♪
1708_2
 
写真下は、一月前に咲いた濃いオレンジ花、最後の一輪です。
 
仲間入りして九年、花写真は三年振りとなってしまいましたが、かわらずの美花です。
1708_3
 
なお、花は毎年咲きますが、結実したためしがないので、この子は貴重です。
 
来年は外して、軒下で自立させてやりたい。
 
 
以上、
長年栽培して見慣れてしまったサボに、少し新鮮さを感じましたので・・・
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 
 

青王丸の花弁の秘密

この一月咲き誇っていた軒下サボテンの雄、青王丸の花は、そろそろ終盤となってきました。
 
 
開き始めた花に近寄ってみました。
1707
 
 
隣に控えていた蕾は、こんな様子でした。
1707_3
 
気づかれましたか?
 
青王丸の花弁先端には、尖ったもの、1,2ミリほどの刺?がありますsign01
 
青王丸は、まん丸い黄色の美花と赤い雌しべが代表的な魅力でしたが、その花びらに刺がついているなんて、全く気がつきませんでした。
 
多分、満開状態では茶褐色の針は、見えにくいためでしょう。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
他はと探すと・・・ガ~ン、 地久丸の花弁にも刺がついていました!
 
物を見る視点を変えて、見えてきたのは桃太郎さんではなく、一寸法師さんでした。
 
707
*これは青王丸の花弁
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

英冠玉に紅が差す

大きくなりすぎて今春から外に出されていた英冠玉(マグニフィクスが咲きだしました。
 
4年前の初花以来、久しぶりです。
 
薄黄色が透けていてフワフワの花弁、妖精がいるようです♪
 
 
1706
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
その前日、褐色毛むくじゃらの蕾から見えてきたのは、・‥…☆ 桃でした。
 
 1706_2
 
・・・すると、桃太郎さんはどこに隠れたのかな? 
 
 
花弁の先端、仄かに紅が差していました!
 
見つけた ”さぼてんの華”でした。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

青王丸と地久丸の群開 6月4日

実生9年になるノトカクタスの青王丸と地久丸の蕾が膨らみ、今年の一番花となりました♪

 
軒下サボテンとして立派に群開しましたので、椅子の上に集合。
1706
 
 ところで6月4日は”虫の日”だそうです。
ハナアブが訪問するのを待ちきれなくて、代役です。
 
1706_2
 
今春軒下サボテンとなったロビビア ラテリティアLobivia lateritia JK380と、イボバッタのツーショットです。
 
白花は未だ見ていませんので、これも代わりに刺となります。

 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました heart

よろしければ、”応援ポチ” お願いします (^人^)

ノトの頂部を眺めて

植替え作業を若い実生苗から始めていますので、花が咲いたり、蕾が膨らんでいる苗まで取り掛かることができていません。
 チョコチョコ眺めて、動いている最中の気に入ったサボの表情を写真に撮りました。

初めは、ノトカクタスのスミレ丸。 褐色の毛むくじゃらの蕾が整然と伸びていました。
今年は調子が良いようです。
 
1703_6
 
次もノトカクタス、赤い刺が発生中の貴宝青です。 膨らんだ稜の濃い緑色と白い綿毛が、赤刺を引き立てていました。  青王丸も同じ表情ですが、このボリューム感に惹かれます。
 
1703_7
最後はアロエの千代田錦。 ベンガラ色の花が目立ちました。
1703_8
*スミレ丸の前回記事(蕾の発生)は、こちら
*貴宝青の花は、こちら
*千代田錦の前回記事は、こちら
 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

今朝の美花 三種

日中、大分暖かくなりフレーム内では、いろいろな種類のサボが咲きだしてきました。
今朝は色や姿が特徴的な三つサボテンの花です。
 
まず初めに、 エリオシケのニグリホリダEriosyce subgibbosa v nigrihorrida FK22。 細長く尖った花弁の赤紫が素敵です。 他の苗も開花すれば・・・
1703
次は、咲く姿が気に入っているロビビア桃輪丸Lobivia wrightiana KK1545。 赤紫の柱頭に花弁が盆栽風。
21703
三番目は名前も目出度い吉兆丸、ノトカクタスとしては一番花です。
赤紫の花弁と中心部の黄色、赤紫の雌蕊に黄色の雄蕊など、なかなかの花と思ってます。
特に、真白な綿毛が花を一層引き立ててます。
1703_2
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

スミレ丸も茶色の綿毛

フレーム内のノトカクタス・スミレ丸に茶色の綿毛が見えだしました♪  例年のことなんですが、季節を感じる出来事です。
 
面白いことに、その茶色が時計回りに小さくなっています。 次から次へと順番に咲く準備かな。
1702
 
他のノト、綿毛に覆われている吉兆丸を覗き込むと、やはり茶色の蕾が。 この吉兆丸の花、中心部が黄色でまた格別なんです。
少しづつ、花の時期に近づいていますね~(^-^)
1702_2
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 
 
 

青王丸の鋭い赤

朝日を浴びた軒下サボテンの青王丸実生苗が赤く染まっていました。
 
こんなに濃い赤色の刺だったのかと、初めて気づきました。
 
この鋭く伸びた赤い刺の姿、冬の厳しさそのもの・・・・・と思った。
1612
*青王丸の前回記事(午後の椅子、今年6月)は、こちら
*青王丸の春先の赤い刺は、こちら

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”をポチッとしていただくと、嬉しいです
ありがとうございました♪

金晃丸 二つ

リオ五輪、今日も活躍して金メダル二個。 元気づけられます。
・・・ということで、金色の刺のサボテン、ブラジルが故郷の金晃丸です。 
丁度一年前、ガチガチの古株を近所の老夫婦から譲り受けました。養生したのち、今春胴切りして、木質化した下部から二頭を外しました。
肉質が柔らかく、切り口が完全に乾燥しずらかったのですが、何とか生長してきました。
次は黄金色の花かな。
1608
 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ