サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ミズクエンシスの向こう傷

私の壁、反面教師となってしまったエキノプシスの話題です。
 
今季、エキノプシスのミズクエンシスEchinopsis obrepanda v. mizquensis に、初花以来となる赤い大輪花が咲きました。
1707
 
三年前、生長点が綴化途中のような姿で停止してしまい、昨年やっと爛れた部位が動き出しました。
 
その結果、横から見ると線状の傷跡が残り、新たな生長部はおかしな具合で繋がっています。
 1707_2
 
用土の通気性が悪くて発根不良となり、生長部が爛れてしまったのではないかと考えていますが・・・ 南米病?
 
ともあれ、この向こう傷、私の反面教師となってしまいました。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

奇想丸の蕾に刺

昨夜はエキノプシス奇想丸3株が開花した。結実しないように、早めに花殻を切りとっていますが、太い一本に鋭い刺が密集していました。
あらためて蕾の写真を見ると、付け根は丸く、そこから細い刺がでています。
この古株は生長点がつぶれており、脇芽が何個も発生しています。そのうちの一つが、途中で蕾に変化したように見えます。
こんなことも、あるんですね。 これからは刺されないように気を付けないといけません。
1606

*奇想丸の花の姿は、こちら

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

奇想丸 久しぶり

昨夜のナメクジパトロール時、エキノプシスの奇想丸が開花していました。 
久しぶりのサロメチール臭でした。
か細い苗が咲いてくれるのは、有難いことです。
1605
*奇想丸の前回記事はこちら。先月、六個の子を外して植込みました。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

右へ倣え

1508cocolog

ここ一両日は、庭木や草花にとって恵みの雨となりました。軒下サボテン達もたっぷり水浴。
今朝はロビオプシスのレッドミーチャーが咲きだし、短毛丸の蕾が伸びていました。
みんな南向きなので、鉢回ししておきました。

奇想丸 色艶良くなる

エキノプシスの奇想丸の蕾が伸びて、昨夜咲きました。

今まで調子が悪かったのですが、今年の用土が合ったのか全体に張りが出てきて、子にも蕾がでております。

写真のように頭がつぶれて子が6個、腰も曲った古株ですが、頑張っています。

1506

奇想丸 生長しだす

エキノプシス属のサボテン・奇想丸のつぶれた頂部から新しい刺が伸びだしてきました。

この苗、脇芽も白褐色になってしまい、生長は休止状態になっていました。ただし、花は何回も咲きましたが・・・

余りに見苦しいので試に、ホウ酸処理したところ写真のような動きが現れ、ホットしているところです。

1407_2それと、同じように2,3年お休み状態だった親株も、置き場所や用土を変えた結果、やっと暗緑色の肌になって花が3回ほど咲きました。しかも最近子吹きしてきました。

腰折れしたまま立ち枯れする事態は、どうにか回避できそうです。

これからは枝分かれした奇想丸の姿に出会えるかもしれません。

緑色に戻ってきたミズクエンシス

当地、昨日は梅雨明け。

2か月前初花となったエキノプシスのミズクエンシスEchinopsis obrepanda v. mizquensisLobivia mizquensis)は、縮んでいた苗が膨らみだし、真っ赤だった体色も緑色に戻りだしてきました。

Mizquensis1407cocolog_2


痛んでいた根が、やっと元気を取り戻したようです。

これから新刺の発生かな。

*このミズクエンシスの瑞々しい頃の姿はこちら。 赤い肌と赤い花はこちら

ミズクエンシス 真っ赤

エキノプシスのミズクエンシスEchinopsis obrepanda v. mizquensis に真っ赤な花が咲きだしました。小さい株なのに意外に大きい。

そして、本体も真っ赤になっています。根が傷んで調子悪い上に、秋から冬にかけて強い日差しを浴びていたためと思われます。

Mizquensis1405cocolog見納めにならないよう、この春から場所を移動して養生中です。

*縮小画像はクリックで拡大します。

1年半ほど前に購入した時は、瑞々しい緑の子苗でした。

ロビビア、みずみずしい肌

雨で一層、木々の緑が活き活きとしてきました。フレーム内のロビビア(現在はエキノプシス)実生苗達の生長も活発で、緑が濃くなってきました。

写真はLobivia maximiliana v. miniatiflora WR452。上から見ても、横から見ても緑一色、綺麗な肌色です。

Redspidermites1306cocolog_2 そして、お肌に異常がないか、美しい肌を食い荒らすアカダニがいるか目を凝らすのが日課となっています。

 ”500Cacti"によるとLobivia maximilianaはアカダニ(Red spider mites)の被害を受けやすいようです。子吹き一番の violaceaの方はもっと注意しなくてはいけません。

今まで、象牙丸や鮮麗玉、花鏡丸等ではアカダニ被害跡で初めて気が付く始末でした。

それ故、現在は緑一色のLobivia maximilianaL. jajoianaL. saltensisなどの稜間を注視している次第です。

*縮小写真はクリックで拡大します。 写真下はアカダニの被害跡が痛々しい花鏡丸です。

金盛丸 丸い白花

エキノプシスの金盛丸が昨夜開花しました。

真直ぐ伸びた花筒に丸い白花。香りは幾分マイルド。

Calochlora1306cocolog今朝はあいにく曇り空。スポットライトも当らず控えめの初花となりました。

*縮小画像はクリックで拡大します。 

仲間入りした3年前の姿はこちら

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ