サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

今朝の椅子 中心は短毛丸

今朝、短毛丸の白花、一番花が開きだしました。

記念にロビオプシスと一緒に椅子に載せました。

1906coco-log

レッドミーチャ(斜め右)や名前不詳種(上)も同じく一番花。

しかし、緋華丸、日章旗とともに引き立て役です。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今朝の椅子 6月1日

今朝は快晴。ロビオプシスが再び咲きだしてきましたので、一同に。

1906

薄紫の花はイースターリリーと紫式部、赤紫色は緋華丸と日章旗。それぞれ同じような色合いです。

黄色は芳金丸。 手前の青王丸の開花は昼頃です。

赤の小花はロビビア マキシミリアナと、昨日デビューしたエビサボの草木角です。

以上

満開の花、気持ち良い朝の始まりでした。 これからガイドに出かけます。

*一週間前の”今朝の椅子”は、こちら

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今朝のサボ、新鮮な勢い

今日も快晴、暑くなりそうです・・・その前に、朝日に照らされたサボの勢いに新鮮さを感じました。

1905_33

ロビビアのマイラナは蕾を立ち上げて、体勢万全です。

古株も立ち上がってきました。

1905_32

ロビオプシス イースターリリーは昨日、大きな薄紫花が一輪。

薄緑の子株に刺座が整然と並び、光ってました。

1905_30

ほころび出しているのはロビビア カルデナシアーナ。 

マゼンタの大輪美花に隠れてしまう前、茶色の萼片の武骨な表情です。

おや? 中心部に光?・・・虫による穿孔でした。

1905_31

昨夜から開いている渋い花l色は、ロビオプシス杏鶴丸。 

緑色の雌しべが浮き上がっていました。

以上

早朝、さわやかな空気の下、軒下サボの溌溂とした姿に感動した瞬間でした。

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

コガネムシがサボの花弁を齧っていた!

今朝の椅子で紹介したロビオプシス”伊豆の踊り子”一番花、二時間後、花びらを齧られてしまった!

1905_29

昨夕、膨らんだ蕾に少し齧られた跡があったので、鉢を移動させましたが・・・用土中に潜んでいたのかも

バラの花も食べるカタモンコガネのようだ。

・・・・・・実は、昨日もロビビア桃輪丸の花が齧られました。

1905wrightiana_1

* Lobivia wrightiana KK788

夜間パトロールして、齧っている瞬間を確認しました!

テカテカ光っている赤茶色のコガネムシでした!

再び餌場に舞い戻ってしまったのが運の尽き。

1905wgh

ということで

コガネムシがサボテンの花弁を食べる現場を続けて見てしまいました。

虫たちにも良い気候のようで、油断なりません。

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今朝の椅子 花盛り

久しぶりに門前の今朝の椅子。

昨夜からロビオプシスの蕾が開き始めてきましたので一同にまとめました。

19050525cocolog

未だ赤茶色の苗”伊豆の踊り子”は薄柿色の大輪花。 当地名・伊豆なので外せません(サボは無関係ですが)

黄色は”芳金丸”、もう古参になりました。

そのほか、イースターリリー、紫式部、紫黄丸、紫華丸などの紫は明日以降です。

以上

昨日までのデロスペルマ、ホロンベンセに代わって、香り発散、華やかになりました。 

ただし、今日も暑いので午前限定、昼には日陰に移動です。

*今日の椅子の前回記事(昨年夏)は、こちら

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

杏鶴丸の赤い子

枯葉の掃除中、外に置いてあるロビオプシス杏鶴丸の赤い子が活き活きとしていたので撮ってみました。
 
1810
 
この子だけ新刺を発生している最中です。
 
どうしたんでしょうね~
 
ということで
 
春先ではその他大勢ですが・・・秋本番で、お休みのサボも多い中、この赤刺は結構目立ちましたという話題でした。
 
*リンク先は杏鶴丸の前回記事です。
 
 ご訪問、どうもありがとうございました。

雑草の中で 金盛丸ら

ここ数日の不安定な天気でも、戸外放置のエキノプシス、ロビオプシス三種が咲きだしてきました。
 
 
1808  
 
金盛丸に紫式部と不明種・・・ 花色重ならず良かった。 
 
1808_2
 
この金盛丸の花弁、何時も内側に丸まっていましたが、今回は僅かに展開、イメージチェンジしています。
 
雑草と芝伸び放題の庭での、この花たち・・・・意外と雰囲気良いですね~
 
 
  ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪

酷暑の椅子 8月3日

今日も快晴、猛暑。
 
朝早くから開いていた軒下サボの花、強い日差しでシナシナとなる前に勢ぞろいしました。
 
ロビオプシス イースターリリー、紫式部の紫色は一層薄く、夏バテ気味?
 
短毛丸も白色なのに、透けているような・・・、ロビビア マイラナとゼケリーは変わらずというところ。
 
後ろの緑葉はパキポのサウンデルシー(白馬城)、今年、枝抜きしたため脇芽が伸びています。
1803
 
 ご訪問、どうもありがとうございました (^ ^♪
 
 

爽やかと暑いサボテンの花

早朝、ロビオプシス紫式部の花弁に日が差し込んで、爽やかな始まりとなりました。
 
1807 
 
昼頃は快晴、暑くなりました!
 
1807_2
 
マミラリア ブーリーの花は、ムッとしたこの暑さに包まれてました!
 
サボテンの花、色々な表情があって、楽しい (^o^)
 
 
* リンク先は前回記事になります。
 
 ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

梅雨でも爽やか 今朝の花

ロビオプシスの大輪花も、咲く時期とか置き場所で受ける印象は大分違うな~と思ったこと。
 
玄関先の杏鶴丸に丸い花がポツンと・・・ホトトギスの緑を背景に映えてました!
 
フレームやバットでは、競合って印象薄れるけど・・・和風の庭に合うな~
 
マミ金松玉の赤い実もヒッソリ、色を添えてます
 
1806
 
ということで、
 
ヒンヤリした今朝の雰囲気漂う花となりました。
 
 ご訪問どうもありがとうございました 
応援よろしく (ポチ)
 
 

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ