サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

杏鶴丸の赤い子

枯葉の掃除中、外に置いてあるロビオプシス杏鶴丸の赤い子が活き活きとしていたので撮ってみました。
 
1810
 
この子だけ新刺を発生している最中です。
 
どうしたんでしょうね~
 
ということで
 
春先ではその他大勢ですが・・・秋本番で、お休みのサボも多い中、この赤刺は結構目立ちましたという話題でした。
 
*リンク先は杏鶴丸の前回記事です。
 
cloud ご訪問、どうもありがとうございました。

雑草の中で 金盛丸ら

ここ数日の不安定な天気でも、戸外放置のエキノプシス、ロビオプシス三種が咲きだしてきました。
 
 
1808  
 
金盛丸に紫式部と不明種・・・ 花色重ならず良かった。 
 
1808_2
 
この金盛丸の花弁、何時も内側に丸まっていましたが、今回は僅かに展開、イメージチェンジしています。
 
雑草と芝伸び放題の庭での、この花たち・・・・意外と雰囲気良いですね~
 
 
rain cloudsun ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪

酷暑の椅子 8月3日

今日も快晴、猛暑。
 
朝早くから開いていた軒下サボの花、強い日差しでシナシナとなる前に勢ぞろいしました。
 
ロビオプシス イースターリリー、紫式部の紫色は一層薄く、夏バテ気味?
 
短毛丸も白色なのに、透けているような・・・、ロビビア マイラナとゼケリーは変わらずというところ。
 
後ろの緑葉はパキポのサウンデルシー(白馬城)、今年、枝抜きしたため脇芽が伸びています。
1803
 
yacht ご訪問、どうもありがとうございました (^ ^♪
 
 

爽やかと暑いサボテンの花

早朝、ロビオプシス紫式部の花弁に日が差し込んで、爽やかな始まりとなりました。
 
1807 
 
昼頃は快晴、暑くなりました!
 
1807_2
 
マミラリア ブーリーの花は、ムッとしたこの暑さに包まれてました!
 
サボテンの花、色々な表情があって、楽しい (^o^)
 
 
* リンク先は前回記事になります。
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

梅雨でも爽やか 今朝の花

ロビオプシスの大輪花も、咲く時期とか置き場所で受ける印象は大分違うな~と思ったこと。
 
玄関先の杏鶴丸に丸い花がポツンと・・・ホトトギスの緑を背景に映えてました!
 
フレームやバットでは、競合って印象薄れるけど・・・和風の庭に合うな~
 
マミ金松玉の赤い実もヒッソリ、色を添えてます
 
1806
 
ということで、
 
ヒンヤリした今朝の雰囲気漂う花となりました。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

避難先でダウシパウリ白花二輪♪

台風で戸外から玄関先に移動した蕾付きサボが、予定通り開花しました!
 
ゴツゴツで長い刺のロビビア ダウシパウリも目出度く初花。 
 
豪華な白花というより先に、緊張感漂わせています♪
 
1806
 *Lobivia ducis-pauli
 
なお、六年前、ロビビア フェロックス類三種(L. ferox, L variispina,  L ducis-pauli)の育成を開始しましたが、これで全て花を見ることができました。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
一方、 ロビオプシス(レッドミーチャ、紫華丸、 不明種)も朝早くから赤紫の大輪花。
 
小雨の中、パキポを押しのけて、勢ぞろい。
 
こちらは、いつ見ても美花で~す。
 
1806611
* レッドミーチャ(左上)、不明種(右上)、紫華丸(下二鉢)
 
* リンク先は、関連する記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

今朝の椅子 本日限りの花

今朝、軒下の紫式部、芳金丸、金盛丸とか、名前不明のサボが開花していました。
 
引き立て役の紫式部、カキコにも薄紫大輪花!
 
1806
 
花付の良くない金盛丸が主役、この白花一輪のみ。
 
一期一会の花写真かも。
 
それにしても、日差しが強いので、花びらが痛む前に撮るべきでした。
 
以上
今朝の花の出会いでした。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

軒下のマゼンタ群開

昨年より軒下放置となっているロビビアは、一斉にマゼンタ色の大輪花!
 
1805cardenasianacocolog
* Lobivia calorubra v. cardenasiana WR498 E Tarija, Bol)
 
この実生苗はロビビア カルデナシアーナ。 三月まで全身紫色、よくぞここまで!
 
この鮮やかな花色では・・・フレームの鉢も当然移動だね・・・軒ソバになりますが。
 
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
 
1805_3
 
今朝の椅子も満杯、ロビオプシス(イースターリリー、短毛丸、芳金丸、杏鶴丸、日章旗)も一挙に開花中です。
 
以上
軒下サボテンも続々と開花、お立ち台は競合しています。
 
 
*リンク先は、前回記事(三月初旬の姿)です。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

二個二色咲の新天地

ギムノカリキューム 新天地、蕾段階から注目していた二個咲き(二個の蕾が同一刺座に発生)も開きだしました。
 
扁平な花は、紅白二色♪ 縁起良いです。
 
1805
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・
さて
昨夜NHKTV”ブラタモリ”では、九十九折りの天城峠。
 
その時間、外出先では”天城越え”を合唱。 軒下ではロビオプシス”伊豆の踊り子”の大輪花♪ 
 
ということで、
今朝の椅子は、匂いプンプンのロビオプシスです(伊豆の踊り子、芳金丸、紫黄丸、イースターリリー)。
 
1805_2
 
*リンク先は、それぞれの前回記事です。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

これからのレブチア苗

サクラ開花宣言後の今日は、季節外れの積雪に注意とのこと。肌寒く、こたつに入っておりますので、目に付いたサボを少々。
 
軒下では、開花中の雪晃が雨にぬれても頑張っています。
 
1803
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
こちらは、玄関先の昨年のレブチア実生苗。 
 
植え替えたばかりなので、まだ安定していませんが、暖かくなればスクスクと育つはず。
 
180317
 
 
こちらはベランダ下で控えている、バザー用レブチア主体の10種。 来月に向けて、これからお化粧です。
 
たくさんの花が咲くはずですが、皆さん、蕾の出が早い苗に目が行くようです(当然ですが)。
 
そこを、それぞれの花の魅力をアピールしてお嫁に出したい。
 
1803_2
 
 
 
 

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ