サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

軒下のレッドミーチャ

軒下サボテンのレッドミーチャに、大きなピンクの花が咲きました。
花が少なくなっている時期に有り難い。
1608
*レッドミーチャの前回記事は、こちら

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

今朝の椅子 7月7日

今朝は快晴。 短毛丸の白、芳金丸の黄、紫式部の紫です。
77_3

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

今朝の椅子 6月17日

今朝の椅子は、ロビオプシスの芳金丸です。数あるカキコの親。
617_2

*芳金丸の前回記事、”黄花たくさん”は、こちら

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

デロスペルマを購入

近所の園芸店にて、25%引きでポーチュラカと黄花のデロスペルマDelospermaを購入した。ラベル裏面によると耐寒性マツバギクとのこと。
雨が降っても、これからは門前の椅子が定位置です。
まだ花が咲いていない初日は、フレーム内からロビオプシス”伊豆の踊り子”を取り出し、少し華やかに記念の写真を撮った。
1606

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

杏鶴丸 5輪

ロビオプシスの杏鶴丸が、一度に5輪咲きだしました。杏色の花ビラに緑の雌しべ(写っていませんが)です。
丈が高くなって傾きながらも、元気に咲いています。
1606
*杏鶴丸の上から見た姿は、こちら(1年前)

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

薄紫色が濃くなった紫式部

昨夜開いたロビオプシスの紫式部の花は、午後3時を過ぎても元気に開いていました。
フレーム内が手狭になり軒下サボテンとなりましたが、今季の蕾や花の色は幾分濃くなり、見栄え良くなってきました。
追い出されてプラスの効果とは嬉しい。
1605
*紫式部は手前の小さな苗です。奥は新天地古株。
*紫式部の前回記事は、こちら
*結局、翌日の昼ごろまで開花してました。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

今朝はレッドミーチャー

ロビオプシスのレッドミーチャーのピンクの花が咲きだし、軒下が華やかになりました。

なお予想に反し、匂いは漂っていません。

1507

杏鶴丸も群開

軒下のロビオプシスは、花の最盛期になってきました。

お気に入りの杏鶴丸は、杏色の花が一斉に5輪咲きました。

なかなかバランスの良い花です。

1505_2

芳金丸 黄花たくさん

今朝は、軒下サボテンの芳金丸がたくさん咲いていました。

親株、子株、孫株?とも一斉。小さな株には小さな花。

黄色も鉢の状態を素直に反映してます。

1505

韮山反射炉の人出急増

伊豆の国市の韮山反射炉が世界遺産登録勧告を受けてから、入場者数が急増しているとのこと。話題性もあって伊豆観光がてらに立ち寄るのでしょう。

ただ、煉瓦つくりの溶解炉だけなので、江川太郎左衛門やその時代背景などの周辺知識がないと物足りないかも。

東駿河湾や伊豆縦貫道など使って日帰りするのも良いんですが、名物”温泉まんじゅう”を食べ比べながら近くの伊豆長岡温泉、修善寺温泉街などに宿泊してもらえば有り難い。

写真は、伊豆ということで、今朝咲いた”伊豆の踊り子”です。 川端康成の"伊豆の踊子”とも無関係です。

1505

より以前の記事一覧