サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

エビ、白花がピンクへ?

強風は相変わらずですが、雨は通過し、少し明るくなりました。
フレーム内を覗きに行くと、もうサボ達の花。特にピンクの花が目に留まり、取りあげました。
 
 1804sharpiicocolog
 
最初は、先日白花が咲いたエビサボテンのシャーピー実生苗(Echinocereus pulchellus sharpii)。 
 
今朝の二苗目の花色は、全く予想外のピンク! 
 
おかしいな~・・・・・・それにしても、姿美しく、新鮮です!
 
 
1804pentlandii
 
 
写真上は、ロビビア ペントランディー実生苗(Lobivia pentlandii JK481)の一番花。
 
薄いピンクと白の花びらが絶妙です。
 
蕾は・・・ポツポツと開いて、長~く可憐さを漂わせてもらいたいな
 
以上
 
咲き続けているピンク花と違って、静かに開いた一番花二種を取りあげました。
 
 
* リンク先は前回記事です。
 
<追記> 改めて頂部を眺めると、刺は白ではなく、幾分赤色となっていました。 なるほどなとガッテン!  
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

今朝のロビビアは白、橙、桃色花です

色鮮やかなロビビアの花が咲きだし、フレーム内は一層賑やかになってきました。
 
下の桃色大輪花は春眠丸。 
指先程度のカキコで仲間入りして七年。 何時も変わらない美花です。
 
1804
 
この落ち着いた雰囲気のオレンジの花は、マキシミリアナ実生苗。 
昨年から刺が長く伸びだし、現地風に変貌しだしました。
 
 
1804_2
* Lobivia maximiliana R202 (Logo Titicaca shiny orange petals)
 
下はシーリアナの白花。 黄色や赤やオレンジ色等の花色もありますが、やはり白花は落ち着きますね~
 
1804_3
*Lobivia schieliana v. leptacantha ES144 (Huancarane-Paucartambo, Peru)
 
 
以上
 
フレーム内を賑やかし始めているロビビア花の羅列だけですが (^-^;
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

軒下マキシミリアナ 野趣一杯の本体に華

軒下ではロビビア桃輪丸に続いて、マキシミリアナにも花が咲きだしてきましたのでご報告。
 
 
1804vioaceacocolog
* Lobivia maximiliana v. violacea WR735
 
このライラック色の小花は、マキシミリアナ ビオラセア実生苗
乾燥と日当たり十分のため、肌荒れした茶色一色。
しかし、元気です。
 
1804caespitosa
* L. maximiliana v, caespitosa WR957
 
こちらは茶褐色のマキシミリアナ カエスピトーサ実生苗に真っ赤な初花。
 
本体はやせ細り、こんな水気が何処にあるのかと思うくらい・・・野趣一杯の花!
 
1804caespitosa_2
 
以上
 
フレーム内ではキュウリ様に徒長するため、軒下に放置されているロビビア種の原産地風姿と花の紹介でした。
 
* それぞれのリンク先は、前回記事になります。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

今日の椅子 4月3日

今朝も快晴。 門先の椅子に放置されているデロスペルマが開きだしました。
 
放置といっても、株分けと植え替えだけはしていますので、昨年より花数は増えました。
 
記念に軒下で開花中のサボタニと写真。
 
43
 
アロエと雪晃と偉宝丸と桃輪丸です。
 
軒下だと肌は痛みますが、花は相変わらずの美しさ。
 
 
ということで、
 
これから時々、玄関先の様子を報告します。
 
 
 

今日も対照的なロビビアの美花

昨日のロビビアと同期の実生苗二種が咲きだしました♪
 
 
1803pampanacocolog
 
この先のとがった花びらは、ロビビア パンパナLobivia pampana ES125。 野性的な美花です。
 
 
1803acchaensiscocolog
 
一方こちらは、濃いピンク色のアチャエンシスL. acchaensis EZ134。 この陽気でひらひら。
 
吸水していない分、見てくれは悪いんですが、花は美しい♪
 
 
ということで、
 
例年より早めに開花しだし、フレーム内は賑やかになりました。 暑いので花が長持ちするように、通風に注意してます。
 
 

ロビビアの一番花 赤と黄色

今日も心地よい晴天。 フレーム内ではロビビア実生苗の美花が咲きだしました。
 
1803intermediacocolog
* Lobivia maximiliana v. intermedia KK784
 
赤と黄色のグラデーションがスッキリしているロビビア マキシミリアナ インターメディア
 
昨年から子が出始め、さらに刺も長くなって、ますます凛々しいです。
 
 
1803leptacanthacocolog
* Lobivia schieliana v. leptacantha ES144
 
一方、こちらの黄色一色の娘役、ロビビア シーリアナ。 
 
春うらら、しっとりした花です。
 
ということで、春本番のフレームとなりました。
 
* リンク先は前回記事になります。
 
 

これからのレブチア苗

サクラ開花宣言後の今日は、季節外れの積雪に注意とのこと。肌寒く、こたつに入っておりますので、目に付いたサボを少々。
 
軒下では、開花中の雪晃が雨にぬれても頑張っています。
 
1803
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
こちらは、玄関先の昨年のレブチア実生苗。 
 
植え替えたばかりなので、まだ安定していませんが、暖かくなればスクスクと育つはず。
 
180317
 
 
こちらはベランダ下で控えている、バザー用レブチア主体の10種。 来月に向けて、これからお化粧です。
 
たくさんの花が咲くはずですが、皆さん、蕾の出が早い苗に目が行くようです(当然ですが)。
 
そこを、それぞれの花の魅力をアピールしてお嫁に出したい。
 
1803_2
 
 
 
 

赤鬼、青鬼? 冬のカルデナシアーナ

例年に比べて厳しい寒さを耐えた軒下サボテンの様子です。
 
フレーム内が一杯なため、昨年外に追い出されたロビビア カルデナシアーナは、半分位に縮み、緑色の肌は全身紫色になっています。
 
 1803cardenasianacocolog
* Lobivia calorubra v. cardenasiana WR498
 
しかし心配無用でした。 ボリビアの高地タリハ産ゆえか、霜柱が立っても影響ないようでした。
 
これなら仲間も移動したい。
 
 
* カルデナシアーナの前回記事(蕾がついた緑肌)は、こちら。 青紫の大輪花は、こちら
 
 
 
 
 

桃輪丸 痛んだ刺座から花芽

今日も暖かくなりました。 軒下のサボ達もホット一息かな。
 
その一つ、ロビビアの桃輪丸(Lobivia wrightiana KK788)には、花芽がたくさんでています。
 
(といっても、昨年は既に開花していたので遅れ気味です)
 
1802wightianacocolog  
 
特に写真の赤紫色になった苗は、灰褐色に痛んだ刺座からも赤い花芽が!
 
刺座部分のみ灰色に痛んでいるのは納得できませんが、よくぞフォローしてくれました♪
 
これからはアカダニも動き出すので、粘着くんをスプレーしなければと、また反省。
 
 

サボタニ、これからの黄花応援

平昌五輪での更なる活躍を願って、黄金色の花が咲くサボタニから応援です。
 
まずサボテン界からは、マツカナ ウエベルバウエリとロビビア黄裳丸の花芽です。
 
手前のサボは黄金紐、まだ音沙汰無し。黄裳丸は寒冷ストレスで赤くなってます。
 
1802
 
 
多肉界からは、そろそろ黄色のメダルとなりそうなケイリドプシス翔鳳とチタノプシス天女扇です。
 
1802_2
 
左下写真はパキポの恵比寿笑い、早々と花芽が見え出しましたが、まだ寒いので油断できません。
右下はリトープスの大津絵C350、黄花を逃しました。 植え替えと開花時期のタイミングがずれたためです(反面教師です)。
1802_3
 
ということで、
 
これらの花芽が順調に生長し、それぞれの黄花になってもらいたい。
 
 
 

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ