サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ロビビア桃輪丸に花芽かな

今朝は暖かい日差しゆえ、軒下サボたちの様子を点検。
 
ロビビアの桃輪丸(Lobivia wrightiana KK1545)に、赤いもん見えていました。
 
一ミリ程度なんですが(下写真中央)・・・
 
春先、沢山咲くので花芽かな? 
 
1901
 
子吹きかな?
 
何しろ実生八年、沢山子吹きしているんです。
 
1901_2
 
ともあれ
 
暖冬ゆえかもしれませんが・・・温かいニュースでした。
 
 
*桃輪丸(別苗)の前回記事(こぼれ苗)は、こちら
 
sunご訪問どうもありがとうございました(^o^)
 


にほんブログ村

南米サボテン・マキシミリアナ 久しぶり

冷え込む毎に元気になり、新刺を出しているサボテンの報告です。
 
それも、外に置きっぱなしのロビビア マキシミリアナ三種です。
 
1811maximilianaintermedia_cocolog
* Lobivia mazimiliana v. intermedia KK784 
 
最初はマキシミリアナ インターメディア(実生7年)、緑肌に飴色の刺。
 
下部はダニによって白く変色してますが、この緑はたっぷり日を浴びてテカテカしてます。
 
 
1811maximilianaminatiflora_cocolog
* Libivia mazimiliana v.miniatiflora WR452 (Inquisivi, La Paz, Bol)
 
これはミニアティフローラ(実生7年)。 
 
戸外に置いてから出てきた丸い子は、長い刺を伸ばして勢い有ります。
 
 
1811maximilianacaesoitosae_cocolog
* Lobivia maximiliana v. caespitosa WR957
 
こちらは、ひょろ長いカエスピトーサ(実生6年)。
 
秋口に植え替え、今頃太くなってきました(やっと擂粉木ぐらいですが)。
 
ということで、
 
今が盛りのメセンの世話に集中していましたが、今頃になって色艶良くなってきたマキシミリアナの紹介でした。 ・・・他のサボは縮んでいます。
 
sun ご訪問どうもありがとうございました(^o^)
 

桃輪丸 こぼれた種で子だくさん

軒下のロビビア桃輪丸は、もう花も無いんですが、久しぶりに覗くと・・・、
 
1809wrightianacocolog
*  Lobivia wrightiana KK1545
 
・・・ 小さな子がたくさん芽吹いていました。
 
今季、数多く咲いて、実も見事に熟した事は覚えていますが、撮ったつもりの記録は見つからず・・・・・、 
普段、結実すると切り取って廃棄していましたが、 取り損ねた?
 
ともあれ、この幼苗たちには冬は厳しそう。 フレーム内に移動するつもりでいます。
 
1809wrightianacocolog_2
 
* リンク先は前回記事になります。
 
sun ご訪問どうもありがとうございます(^^♪

ロゼイフローラの群開♪

メセンの植替え終了を待っていたかのように、フレーム内のロビビア実生苗が開花してきました。
 
1809
 *Lobivia acanthoplegma v. roseiflora
 
真っ先に飛び込んできたのは、ロビビア ロゼイフローラの赤紫。
 
春先の植替えをパスしたため状態は悪いのですが、蕾が落ちずに、よかった♪
 
なにしろ九輪一斉開花は初めてのことです!
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1809_2
* Lobivia Cinnabarina JK54
 
傍らのロビビア シンナバリナは濃赤の大輪花。
 
色々あって面倒出来なかったのですが、大切にしなければ・・・
 
以上
秋分の日を過ぎたので、そろそろイワシ雲が見たいですね~。
 
 
* リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
cloudrain ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪

ロビビア・ゼケリィ 花色々

軒下サボテン、ロビビアのゼケリィ二苗が朝早くから開いていました。
 
花びらや花色、それぞれ魅力的でしたので撮ってみました。
 
この苗、赤色が元気に発散してます。
 
1809zechericocolog1
 * Lobivia zecheri
 
 
こちらは、しっとり系花美人。なかなか・・・
 
1809zecheri2_cocolog
 * Lobivia zecheri
 
同じバッチの実生苗なんですが、個性があって嬉しい♪
 
 
ところで
 
現在、数年来、実生し続けたリトープスの植替え作業に集中しています。
それゆえ、記事の更新は不定期にならざるをえませんので、ご了承ください。
 
*Lobivia zecheriの前回記事は、こちら
 
cloud ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪

今日のサボテンの花 赤と紫

台風が通り過ぎた昨日、フレーム内ではマツカナの赤花とロビビアの小花が咲いていました。

1807  

このスッキリ伸びた赤花はマツカナ奇仙玉

蕾一つが急に伸びて開花しました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

1809roseifloracocolog

* Lobivia achanthoplegma v. roseiflora

こちらはロビビア アカンソプレグマ ロゼイフローラ 、こじんまりした赤紫花一輪です。

春から咲き続けていたのですが、やっと見られ程度の花となりました。

やはり、早めに植替えしてやらないと、花びらも元気にならないな~と反省。

以上

当地は台風21号の影響は少なかったのですが・・・被災された方々が一日も早く、再びサボタニに打ち込めるよう願っております。

* リンク先は、前回記事になります。

 

cloud ご訪問どうもありがとうございました(^ ^♪

不機嫌そうなロビビア実生苗

曇ったり、暑かったり、天気不安定です。 台風接近のため、サボタニは吹き飛ばされないよう、取り込んだりしてます。
 
しかし、このロビビア小苗Lobivia krahn-juckeri BLMT798.03は、放置状態を継続。
 
1809kkarhnjuckericocolog
* Lobivia krahn-juckeri BLMT798.03
 
一応春には植え替えて、日差しの弱いところに置いているのですが動かず!
 
もう雑草に押されています。
 
私の栽培上の壁によって気難しいのかも・・・来年心機一転、環境変化させてみたい・・・市販サボタニ培土も候補。
 
 
ということで
 
いろいろ慌ただしいのですが、壁にぶつかっている話題でした。
 
 
* このロビの前回記事(一年前)は、こちら
 
raincloudsun ご訪問、どうもありがとうございました。

開花タイミング悪く、見逃す

台風21号の影響により、早朝から雷で起こされるという大気不安定な始まり。
 
昨日、蕾が膨らみだしたロビビア マキシミリアナは・・・
 
1808intermedia_cocolog
 
 
予定通り、開花♪    しかし、濡れているし、外出しなければならず・・・
 
帰宅すると花びらが閉じて、しまった!
 
 
1808intermedia_cocolog_2  
* Lobivia maximiliana v. intermedia KK784
 
そうだ、このロビビア マキシミリアナは未明に開花し、午前中には閉じてしまうのを忘れていました。 
 
次は?・・・・・・ 来年になってしまう。
 
待ては無し、何事も気がついた時が撮るタイミング・・・でした。
 
* このロビビアの前回記事(輝くマキシミリアナ三種)は、こちら
 
 
rainthunder ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪
 

金鯱は10輪目、これは?

今日は防災の日ですが、週初め地区防災訓練を実施したばかりなので休養中です。
 
ところで、昨日は愛用カメラを落として動作不良・・・ショック(;д;)
 
別カメラでの今日のショットは、曇り空の中開き始めた金鯱の蕾と花殻
 
180910
 
何輪目かな・・・すると11輪目の綿毛の盛り上がりを発見!(相変わらず片側から)
 
初花は4年前、敬老の日、再びお祝いとなるかな♪
 
 
一方軒下では、ロビビアの桃輪丸の花
 
1809kk788  
* Lobivia wrightiana KK788
 
早春から咲き続けて、もう何輪目かは不明・・・ 有難いことです。
 
ということで
台風21号が来る前、静かな朝の様子でした。
 
 
*リンク先は、前回記事になります。
 
cloud ご訪問、どうもありがとうございました (^^♪
 
 

黄裳丸の花殻のかたち

丁度一月前、黄裳丸の子からでてきた面妖な蕾の現在の様子です。
 
蕾は曲がりながら、今月初め普通の大輪花となりました。
 
1808
 
・・・しかし、その後の姿が依然としておかしい。
 
花殻は萎れているのに、子房部分は青々!
 
結実したの?
 
1808_2
 
子吹きすれば事態は進展するはずですが・・・
 
新芽がないので、このままの状態で数年間留まっているのではないかな。
 
 
ということで
 
生々しい、見苦しい表情お見せしました。 
 
 
* この黄裳丸の一月前の様子は、こちら
 
cloud ご訪問どうもありがとうございました(^ ~♪
 
 

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ