サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

雨に打たれたパステルカラー

今朝も天気が不安定。 南面に吹き付ける雨は軒下サボには、恵の水となりますが・・・ 
 
せっかく咲き始めたロビビアの花となると、惨め一色。
 
 
1808sicuaniensiscocolog
 * Lobivia maximiliana v. sicuaniensis
 
 
写真はマキシミリアナの小花、パステルカラーの輝きが薄れてしまいました。
 
2日間しか開かず、見頃だったんですが。
 
ともあれ、・・・強烈な直射日光に照らし、時々雨風に打たせる・・・これも試練の一環です。
 
 
rainsun ご訪問どうもありがとうございました。

ロビ デンシセタ 猛暑でも花

日陰でもムッとする猛暑が続いています。
 
それ以上の暑さとなるフレーム内では、朝早くからロビビア デンシセタが開きだしました。
 
蕾の色は薄緑、薄赤色の花も小ぶり、疲れているような・・・
 
1808densisetcocolog
* Lobivia arachnacantha v. densiseta
 
さて、今日は町のお祭り。 夕方出かけます・・・熱中症にならないよう気を付けなければ・・・
 
 
* リンク先は前回記事(昨年9月)です。
 
 
yacht ご訪問、どうもありがとうございました (^ ^♪
 
 

酷暑の椅子 8月3日

今日も快晴、猛暑。
 
朝早くから開いていた軒下サボの花、強い日差しでシナシナとなる前に勢ぞろいしました。
 
ロビオプシス イースターリリー、紫式部の紫色は一層薄く、夏バテ気味?
 
短毛丸も白色なのに、透けているような・・・、ロビビア マイラナとゼケリーは変わらずというところ。
 
後ろの緑葉はパキポのサウンデルシー(白馬城)、今年、枝抜きしたため脇芽が伸びています。
1803
 
yacht ご訪問、どうもありがとうございました (^ ^♪
 
 

黄裳丸 子吹き?蕾へ!

ロビビア黄裳丸の歪んだ蕾は、子吹きから変化したものだったという報告です。
 
数年前、南米病にかかって、頂部がつぶれた黄裳丸は、丸い大輪花が咲き結構気に入っています。
 
1807
 
その下部から出た三個目の子が、いつの間にか蕾に変わっていました!? (上の子の蕾は正常)
 
1807_2
 
実は、こういう形態の変化、エビサボの摺墨でも経験しています。
 
写真は昨年花が咲いた子? 未だ生長部は現れてきません。
 
余計な瘤にならなければいいんですが。
 
1807_3
 
以上、
フレーム内サボの予期せぬ変化例でした。
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 

サボテンの花 これが最後かも

咲き続けていたサボテンの花、注目される一番花ではなく、今回はもうこれで終わりかもしれないという花の写真です。
 
今季はありがとう、来年またねという意味です。
 
1807
 
これは軒下のロビビア ゼケリィ(手前)とカルデナシアーナの美花です。
 
鮮やかな色ですが、夏場はきついですね~
 
奥にエビサボのタヨぺンシスの蕾も写っていますが、とうとう薄茶色に萎れてしまいました  
来年はどうかな?
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1807_2
 
この晴れ晴れした黄花はロビビア マイラナ。
開花二日目で艶やかになっていい雰囲気です。
 
下は初日(昨日)の花。
 
1807_3
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1807_4
 
この薄紫の花二輪は紫盛丸。 午前中はこの程度。
 
購入してから12年、今年は開花期間が長く、最後の蕾まで開きました。
 
 
以上
他にも魅力的な花、・・・それは次の機会に。
 
 
*リンク先は前回記事になります。
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

徒長サボ 子吹きで丸い子

長雨は一休止。  朝一番で、園児の願いが書かれた七夕の飾りつけに出向きました
 
その後、軒下放置サボテンのチェックで、ナルホドネと思った子吹きのこと
 
フレーム内ではヒョロヒョロ徒長していたロビビア マキシミリアナ2種から出てきた丸い子のことです
 
1807
* Lobivia maximiliana v. miniatiflora WR452 (Inquisivi La Paz, Bol)
 
写真上マキシミリアナ ミニアティフローラの根際から出てきたのは丸い子 三個
 
それも長い刺が密集しています♪
 
フレーム内での子吹きは、親と同じキュウリ状態(周囲のサボ)でしたので、現地風に少し近づいています♪
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
1807_2
* Lobivia maximiliana v. caespitosa WR957
 
この軒下マキシミリアナ カエスピトーサも、フレーム栽培でキュウリ状態になった親・根元から丸顔の子♪
 
・・・やはり、野外放置が合っているな思った瞬間でした
 
 
ついでに、
 
1807_3
*Lobivia pentlandii JK481 (Panduro, 3850m, Bol)
 
ロビビア ペントランディー(青玉)も子吹きしてきました(こちらはフレーム内ですが。実生七年)
 
以上
当たり前の子吹き・・・・・・七年かかって、新たな姿へ変身する第一歩でした。
 
 
*リンク先は前回記事になります。
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

ハエマタンサの初花 ”金のカップ”

実生六年のロビビア ハエマタンサは、初花一輪となりました♪
 
曲がった小指ほどの細身、ひげジイの蕾からこんな大輪花!信じられません!
 
それも、内側に反った花弁は金のカップ♪
 
1807haematanthacocolog
* Lobivia haematantha v. amblayensis 'albispina'  WR239 (Amblayo, Arg)
 
 
こちらも今年初花だった紅笠丸系エレガンスのカップ、日章旗と共に撮ってみました。
 
必勝祈願のW杯
 
しかし、花の寿命は本日限り、未明の祝杯はコップで!
 
1807_2
*Lobivia jajoiana v. elegans MN161 (NW Tilcara, Arg)
 
 
* リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^
 
ランキングに参加しています
 
 

気長に待つサボの実生経過

七年前、これも良いかなと軽く考えて実生したロビビア キースリンギーLobivia kieslingii(L. formasa) R573のこと。
 
同期苗は殆ど開花していますが、こちらは鳴かず飛ばず・・・
 
1806kieslingiicocolog
 
今の見どころは、曲がった豪刺の姿・・・
 
500 Cacti"から類推すると、開花まであと10年! フィールドナンバーは検索不能!ゆえ、花色も不明。 
 
以上
動きの少ないサボの現況も偶には・・・、六年ぶりの登場でした。
 
貴重な一株、気長に栽培(放置)するしかありませんが・・・、霧の中で見通せません。
 
+実生1年目(六年前の前回記事)は、こちら
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

小雨でもサボテンの華

昨日は大雨、今朝も薄暗い小雨。 見つけた軒下サボテンの華です。
 
黄花エビサボ タヨぺンシスは初蕾に水滴♪
 
薄赤い刺は茶色、花びらも膨らんで、そろそろです。
 
1806
 * Echinocereus tayopensis
 
ロビビア シンナバリナは雨でも開いてます。
 
緑の雌しべにチョコンと水滴♪
 
日が出てほしいなあ~
 
1806_2
*Lobivia cinnabarina  JK54 (Panduro, 3850m, Bol)
 
*リンク先は前回記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

紅笠丸エレガンス初花に感嘆!

朝早くから、ロビビア 紅笠丸の蕾が開き始めました。
 
目鼻立ちパッチリの美花ばかり、すぐ見飽きてしまいますが・・・
 
1806eleganscocolog
* Lobivia jajoiana v. elegans MN161 (NW Tilcara, Arg)「
 
写真上は、軒下放置状態になっているエレガンス(Lobivia jajoiana v. elegans)は、実生七年にして初花です♪ 
 
順調そうに見えますが、これが大変・・・・・・つい二、三か月前は全体に白褐色で萎れまくり、もう廃棄するしかないという状態・・・・・この復活に驚いています!
 
太根パワーに感謝!
 
ということで、
アルゼンチン ウマワカ渓谷ティルカラ村原産ゆえ実生しましたが、冬場はヒヤヒヤもの。
 
長い潜伏後の初デビュー。 苦労?あっての美しさかな・・・
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

より以前の記事一覧

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

にほんブログ村

無料ブログはココログ