サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

軒下黄裳丸カキコの大輪花

 朝から快晴ゆえ、軒下放置の黄裳丸カキコの蕾が開きだしました。 未だ褐色肌のトゲトゲなのですが、親に負けないくらいの大輪花(初花)となりました。
花サボテンゆえ咲くのは当たり前といえば、そうなんですが・・・ここでも咲くと確認できたことが嬉しいです。
1704
 

一方軒下の白花黄裳丸や赤裳丸の実生苗は、太い刺を出して生長し始めてきました。
通風や直射日光、適度な雨水で丸々、調子良いようです。 
目標の紅白黄が少し近くなってきたような気分です。


1704_2
* Lobivia aurea v. albidiflora GC950.06(Agua de Ramon, Arg)
 
*黄裳丸とアルビディフローラの先月の様子は、こちら
 
 
 ‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

レブチアの種子が届く

 先日注文していたレブチアの種子17種が届いた♪  S社の画像を見ながら、気に入ったオレンジ、サーモンピンク、黄などの花色サボをカートに放り込んだらこの数。 その内、塊根のピグマエア系は9種でした。  まだまだ興味は尽きませんね~
 
 写真は、実生5年になるピグマエア・ハーゲイ カナクルゼンシスです。 薄いピンクの花が年々大きくなってきたような気がします。
今回の種子が数年後、このような姿になって、写真におさめたい。
Canacruzensis1704cocolog
Rebutia pygmaea 'haagei' v. canacruzensis WR642(Cana Cruz-Camargo,Bol)


 一方、1年先輩のロビビア、マキシミリアナ・インターメディアが、色鮮やかな花を咲かせてきました。 見ごたえある花ですが、隠れている根が長くて太いので困っています。
Intermedia1704cocolog
*Lobivia maximiliana v. intermedia KK784、Challuanca, Peru 3000m
 ‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

縮玉の宿題

フレーム内では縮玉の最後の一輪が咲いていました。久しぶりに見たような新鮮な感じです。

1704
現在、植替えを済ませていますが、例年この作業の悩みは根がボロボロであること。 ひどい時は付け根しか残りません(とても写真に撮れません)。 
実生して10年、なんとか毎年開花しておりますが、このハードルを乗り越えられず、来年の宿題となっています。
 ともあれ1月から春を告げる花として咲き続けてきました。 感謝! 
そしてバトンタッチ。 
写真は、前夜から蕾が開いていた伊藤芳夫氏作出の春眠丸。二年ぶりの花となりました。
1704_2


 * 縮玉の前回記事は、こちら。 ”締め”の後は、アンコール。
 
<追記> この縮玉の花弁が途中で直角に曲がっている理由は、刺ではなく周囲の花殻にブロックされているためです(花殻が簡単に取れなかったので、そのままにしていました)
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

今朝の椅子 4月19日

軒下のエビサボテン・ローマ蝦が開花し始めてきました。 例年の倍の10個の蕾、一斉に開花となれば見事なのですが今日は2輪、これはこれで長く楽しめます。

さて、今季軒下サボテンとなったペルーのロビビアの桃輪丸Lobivia wrightiana KK1545(左手前)とアチャエンシスL. acchaensis EX134(左奥)も咲きだしてきました。

ということで、今朝の椅子は初の組合せ3種とデロスペルマの黄花です。

4192017

なお、L. acchaensis EX134の花は昨年より小さく、ボリューム感が薄れていましたので、再びフレームの中に移動しました。 こんなこともあります。(昨年の花は、こちら

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

ナメクジに食べられた

今朝、軒下サボテンのロビビア マキシミリアナ カエスピトーサLobivia maximiliana v. caespitosa WR957の赤い蕾がナメクジに半分齧られていた!
 実生6年目にして初めてついた蕾、結構期待していたのですが半月で残念な結果となってしまった。 なぜこんな小さな蕾に、他にもあるのに・・・と思ってもどうしようもありません。
 傍の鉢底に潜んでいたナメクジを退治しましたが、今夜から餌で誘引するとか、パトロールなどを行っていきたい。


1704
 
フレーム内では、ツルビニの烏丸や牙城丸が咲きそろっているので気分転換。 
ちなみに、奥は植え替えたばかりのディスコカクタスです。
1704_2
*ロビビア マキシミリアナ カエスピトーサLobivia maximiliana v. caespitosa WR957の前回記事は、こちら

 ‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

早起きな一番花

今朝起きてすぐフレーム内を点検すると、ロビビアのパンパナとレブチアが開花していました。
夜に開いているのではないかと思われるロビビアのパンパナLobivia pampana R446(実生6年目)は炎の二輪♪  眺めるたびに雌しべや花弁の色合いに感嘆しています!


Pampana1704cocolog
 
ピンク色のレブチアRebutia spec. Lara & Aguilarも開花し始めてきました。実生3年目となる今年は沢山の蕾が付きました。花色とともに、ムスクラ様の真白な本体も魅力です。
まだサボは生長はしていませんが、良い季節になってきましたね。

Rebutiasp1704cocolog
 
<追記> ロビビア パンパナの炎の花の寿命は1日、というか半日、午後には閉じだしてしまいました。 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます

よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

ロビビア オレンジの一番花

フレーム内のロビビア・マキシミリアナ  ミニアティフローラ  Lobivia maximiliana v. miniatiflora WR452の蕾が開きだしました。

Miniatiflora1704cocolog

昨年に続いて、オレンジの色鮮やかな一輪となりました・・・が、花付きは今一、これで終了。 しかも花の寿命の2日間と短いのが残念です。
なお、フレーム内ではキュウリの如く徒長してしまいました。 植替え後、故郷ボリビアの環境に近づけるため、外に移動する予定です。


*Lobivia maximiliana v. miniatiflora WR452の前回記事(昨年の初花)は、こちら

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

ロビビア・マキシミリアナ カエスピトーサに蕾!

今朝は小雨の中サボの点検。 その時、気が付いた嬉しい三点の報告です。

まず、軒下サボのロビビアのマキシミリアナ カエスピトーサLobivia maximiliana v. caespitosa WR957 に赤い花芽(多分)を見つけました♪
実生5年経て、長い花径の橙色花を長期間眺めることができるかもしれません。
Caespitosa1704

次も軒下放置で調子が良いロビビア マキシミリアナ ビオラセアL. maximiliana v. violacea  WR498。 コンパクトな姿、盛んな子吹きで鉢が窮屈になっています。
花付きは悪いのですが例年咲く苗に出てきたものは蕾の形になってきました。1,2個咲けば満足です。
Violacea1704cocolog

三点目はエビサボのモリカリーEchinocereus viereckii ssp. morricalii(2012年実生)。 そろそろ開花年齢とチェックしてきましたが、本命と異なる小苗に緑色の蕾らしきものがでていました。
子吹きが盛んですが、こんな高い位置では蕾でしょう! ピンクの大輪花にお目にかかれるかもしれません。

Morricalii1704cocolog

これからのヒロイン、たのしみです(^0^)
* Lobivia maximiliana v. caespitosa WR957 の前回記事(軒下で新刺発生中)は、こちら
*L. maximiliana v. violacea  WR498の美花は、こちら
*Echinocereus viereckii ssp. morricalii の前回記事は、こちら
 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

ロビビア二種、日焼けさせてしまった

ロビビアの植替え作業でフレームから鉢を取り上げてみると二つほど日焼けしていました。 

Lobivia pentlandii JK481(写真)とL. haemathantha v. hualfinensis ES67(写真省略)です。

Photo
 
 残念な結果となりましたが、すぐ思い当たった点はフレーム上蓋の汚れを落としたことと、冬場の水を切りすぎ?
 
鉢底から根を出していた年には冬場でも膨らんで元気一杯でした。 今回は根張りが十分でなく、鉢底から水分を補給できなかったようです。適度の水やり必要ですね! 
 
失敗して分かるのは毎度のこと。栽培ノートに冬の注意・行動メモとして観察ポイントや水やり頻度のことを記載しておきました。
 
最後は、痛々しい写真の代わりに、今日開花したロビビア夢春丸Lobivia caineana R197(2011年実生)の春らしい花写真です。これもボリビア産です。
 
Caineana1703cocolog
 
* Lobivia pentlandii JK481の紫と白の花は、こちら
L. haemathantha v. hualfinensis ES67のオレンジ大輪花は、こちら
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

牡丹丸の太い根

今日は雹も降ってくるような不安定な天気でしたが、一年前、挿し木した軒下サボテン、ロビビア バッケベルギー(Lobivia backebergii  R456  牡丹丸)のカキコ苗を植え替えました。
 
肌色は悪く、萎れたような状態でしたが、意外に根は白くて太く、丈と同じくらい伸びていました。 単純にすごい!
 
そこで、思いっきり伸びてもらうように子はプレステラ深鉢、親はラン鉢にしました。
本音は、そのエネルギーを上の方に振り分けて、もっと見栄え良く太ってもらいたいところ。
 
1703_2
 
*牡丹丸親株の前回記事(サボテンの華、赤いキール)は、こちら
*牡丹丸のカキコのやる気のない姿は、こちら
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

より以前の記事一覧