サボテンの華

  • 英冠玉の蕾
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

赤花と代役の黄花、白花

先日、植え替えたばかりの赤裳丸小苗の赤花が咲きだしました。 
 
3年前の実生苗最後の花になります。
 
・・・というわけで、現在開花中のサボテン、赤花、白花、黄花の偶々の出会いを撮りました。
 
 
 1707
赤裳丸と同時に開くはずだった黄裳丸変種シャフェリの蕾は、3センチほどで萎れてしまいました。 
子で鉢一杯になっていたので、心機一転、植替えしました。 
 
・・・黄色の代理は先輩、黄裳丸実生苗です。
 南米病で頭が潰れていますが、今年も元気に咲き続けています(写真下方に、キズが写っています)。
 
1707_2
 
 
白花の黄裳丸系は、生長が遅いので今年はパス(苗は赤裳丸の写真の向こう側に写っています)。
 
 
代役は偶々開花しているのに気が付いたデフーサの小花です。 夏に元気なサボです。
 
 1707_3
 
明日は、また異なったサボが主役になれれば嬉しいです。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

セミ初鳴きの日のサボ

今日は海の日。 蒸し暑い日になりました。
 
この三連休、黄花の緋裳丸は今季最後の二輪咲きだしました。 
1707
 
花弁が薄く、結構魅力的なんですが、大きくなり、フレーム外に追い出されたサボです。
 
その棚にはクマセミの抜け殻。
 
三年前、フレーム内のアブラゼミの抜け殻以来の接近となりました。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
最後は、この蒸し暑い雰囲気そのもの、メロカクタス層雲の様子です。
いよいよ梅雨明けでしょう。
 
1707_2
 
 
* 十七年セミと金鯱の絵の切手は、こちら
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

真平な上部を覗き込む

サボテンの花は終盤となりつつあり、自然と新刺の出方に注意が向いてしまいます。
 
写真は、軒下のロビビア シンナバリナ。 
 
上部は真平となって、横から見ると円筒形。 まだ花芽も発生中です(濃赤花です
 
Cinnabarina2cocolog
* Lobivia cinnabarina JK54 (Sucre-Ravelo, 3050m, Bol)
 
 
真上から見ると、放射状に規則正しく並んでます。 刺はゆっくり。
Cinnabarina1707cocolog
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 なかなか・・・ということで、他のロビビア上部も覗いてみました。
 
最初は、南米病かなとホウ酸水処理しましたラテリティア。 
 
新刺がリング状に密集して、良い色合いとなっています。
Lateritia1707cocolog
* Lobivia lateritia  WR500a (Yunchara , Bol)
 
 
下は、オレンジ色の大輪花が咲くバリイスピナ。肌色が薄かったのですが、写真でもわかるくらい濃くなってきました。
Variispina1707cocolog
*Lobivia vriispina HR19025a (Curque , Bol)

南米病のダウシパウリも載せようと思いましたが、見苦しいので新刺出てからにします。
 
以上、撤退したフェロカクタスには負けますが、期待の新刺です。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

”マイラナの赤花のように舞う”を願って

今日は、ロビビア実生苗の植替えを実施し、小苗の実生当時のことを思い出しました。
 
キッカケは子吹きが盛んで、春に植え替えたばかりなのに鉢が歪んでしまった黄裳丸系シャフェリの植替えです。
 
花は来年頃と思いますが、今はこの荒々しさが取り柄です。
 Shaferi1707cocolog
* Lobivia aurea v shaferi R152 Andalgala Long central
 
いったんやりだすと止まりません。元気のない隣の白花黄裳丸等も植え替えしました。
 
苗は膨らんでいるのですが、新刺が見えないため1年ぶりに用土を更新しました。
Albidiflora1707cocolog
* Lobivia aurea v. albiflora GC950.06 (Agua de Ramon, Arg)
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
ついでに、居候のロビビア(写真左上)、光虹丸(アラクナカンサ)の変種トレシラセンシスも転居しました。
 
黄花のマイラナの仲間で、赤花となります。
Torrecillaensis1707cocolog
* Lobivia arachnacantha v. torrecillasensis MC5060
 
 
3年前の実生の際、これのみ発芽し(1/40個)、生き延びています。
 
指先ぐらい小さいですが単独鉢にしたところ、花芽が出つつあることに気づきました♪
 
”マイラナのような雰囲気で赤花がひらひら・・・”というイメージで種子を注文したのを思い出しました。
 
どうなりますかね~
 
 
・・・というわけで、赤花の光虹丸(紅虹丸)の初デビューとなりました。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

反面教師のロビビア

日照不足による徒長が子吹きの子にも現れてしまった失敗例の報告です。
 
まず最初は正常苗。
昨年から外に放置していたロビビア マキシミリアナ変種ヴィオラセアです(時々登場しました)。
 Violacea1707cocolog
* Lobivia maximiliana v. violacea WR735
 
 
春の植替え後、丸々と太り(2倍に膨れたような気が)、さらに蕾も出てきました。
全体に締まった姿です (^-^)
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 一方、私の反面教師、御覧のとおり見苦しい姿です(同じ種です。紫の美花は変わりません)。
 
 Violacea21707cocolog
 
今までフレーム内で一番順調に育っていたので、そのまま管理しすぎてしまったのです(^-^;
 
悪い事に、周りの子もキュウリ様に! 
 
今春軒下栽培に切り替え、丸い子が出てきたことが救いです。 
 
やはり、これでなくてはいけません!
 
 
ということで、軒下中央の反面教師、自分の壁を毎日見ています。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

フェロックスの蕾が萎れた

ロビビア フェロックスマルソネリの小さな蕾が萎れてしまいました。
 
長年待っていた初蕾なので、期待だけが先行、膨らんでいました(^-^;
 
写真は台風で避難していたフェロックスの様子。 左下小さな白点がポロっと!
それゆえ現在の希望は、生長中の新刺です (^-^)
 
1707  
* Lobivia ferox JK480
 
一方、フレーム内では蕾が連続して萎れてしまったロビビア不明種では、新たな蕾が台風避難先で開花しました。
 
日焼けもしていないので、通風の良い軒下環境が合っていたようです。
 
一日遅れの、緑の雌しべとなりました(^^♪
 
 1707_2
 
 
さらに避難先では、ロビビア ゼケリLobivia zecheriの美花も! 
 
中心部の白いリングと濃赤紫の花弁の感じが絶妙です。
 Zecheri1707cocolog
 
以上、台風で部屋に引っ込んでいましたが、サボテン達は着実に動いていました。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

緑の雌しべはサボテンの華 

前日に水やりをしたサボテン達は、生き生きとした感じになり、梅雨の晴れ間を待っていたように幾つか開花してきました。
 
サボ種中心から離れて、蒸し暑い今日は爽やかな緑の雌しべの表情に焦点・・・
・・・といっても、本丸エビサボテンは殆ど終了していますので、ロビビア実生苗中心です。
 
 
最初は、2重、3重の壁に守られている緑の雌しべ。
11707
*lef t:  Lobivia haematantha v. hualfinensis ES67
* right: Lobivia calorubra v. cardenasiana WR498
 
 
次の緑の雌しべは、奔放さと渦巻の中心
21707
* left  ;  Lobivia acanthoplegma JK10
* right:  Lobivia cinnabarina  JK54
 
 
黒い底と白い冠の中心は緑の雌しべです。
31707
* left : Lobivia saltensis v. multicostata TB418.1
* right: Lobivia oligotricha WR58
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
雌しべに焦点といっても、結局、雄しべや花弁があっての雌しべですね(当然です (^-^; )
 
*サボテンの雌しべ、雄しべの表情を、マイフォト”サボテンの華”にまとめております。 ご興味ある方はどうぞ。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

ロビビア ドベアナの初花

黄裳丸の変種ドベアナ(赤裳丸)は今週、初花をむかえました♪
 
実生3年、まだ小苗ですが、赤い花弁はそこそこ立派です。
 
 Dobeana1706cocolog
* Lobivia aurea v. dobeana TB454.1( La majada, Sierra Ancasti, Catamarca, Arg)
 
九年前、250円で購入した赤裳丸のカキコも咲いています。
それと比べると、細長い花弁で大きく展開していることが特徴とわかります。
 
 1706
 
来年は、この一花ということの無きよう、大きくしたい。
 
ところで、
昨日は低気圧通過後の風が強く、パキポのサンデルシーの鉢が転げてしまったtyphoon  ヤマモモの実も落下し、今朝は掃除が大変でした。
 
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry

継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)

ひょろ長くても花は丸い牡丹丸

当地では、予報どおり朝から雨が降りだしてきました。
 
前夜、そろそろ開花と思って、軒下から移動していロビビアは予想通り咲きだしました。
 
 1706
写真は、まん丸い花が揃って開花した牡丹丸Lobivia backebergiiの親とカキコ。
 
1706_2
 
白いリングと赤い花糸が目立つ個性豊かな小花です。
 
今日が一番の晴れ舞台です♪
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry

よろしければ、”応援ポチ” お願いします (^人^)

ロビビアの黒墨

軒下のサボテン達は、ゆっくりながら生長を始めてきました。
しかし、全てが順調とはいかず、新たな心配もありますが、これが日常と割り切っていること。
 
 Lateritia1706
 
写真は今朝のロビビア ラテリテイア WR500aと、その一月前の様子です。
 
色艶良くなかった二株は、この一月で緑色になってきました(^0^)
また手前の苗は新刺が伸びて生長開始しています。
 
しかし、生長部が南米病のようにつぶれそうだったので、早めにホウ酸処理しました。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
 
Waterspieli1706
* Lobivia cinnnabarina v. walterspieli BLMT 56.01(Huari-Huari, Tomas Frias, Potosi, Bol)
 
こちらは、今春軒下サボテンとなったシンナバリナの変種ワルテルスピエリ(写真左)。
昨年夏頃は、稜間に真っ黒なカサブタが数カ所発生していました(写真右)。
 
そこで実生6年目で初外出。 カサブタは縮小し、白褐色となって一安心。 しかし、反対側に新たな黒墨(写っていません) 
 
何なんでしょう! しつこい!
 
まあ~いろいろ心配ですが、元気いっぱいの肌色となっているので、良しとしています。
 
 
゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
最後は、同じバット内で今朝開花したロビビア バリイスピナHR15025a。 
この初花で元気一杯といきましょう♪
 
Variispina1706cocolog
* Lobivia variispina HR19025a(Curque,Bol)
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry

よろしければ、”応援ポチ” お願いします (^人^)

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ