サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

同じような子サボ 三種

フレーム内では、マツカナが元気に蕾を伸ばしております。 華のない時期に、ありがたいことです。
 
ということで、マツカナとロビビア白麗丸の小苗達の現状報告をします。
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
まず、そのマツカナ ウエベルバウエリ(Matucana weberbaueri)。
 
アンズ色の蕾がたくさん。元気が出ます♪
Weberbaueri1710_2_2
 
 
下は子サボ達、白い刺で覆われた姿が似ているマツカナ2種と白麗丸です。
 
1710_13
 
 
白麗丸(手前左)は、5年前の親株からの子。順調に生長中です。
 
その上の角鉢苗は、実生4年のマツカナ アトリスピナ(Matucana haynei atrispina KK530)。
刺の先端は黒いらしいのですが、目立ちません。
 
 
周りの白い小苗は実生3年のロぜオアルバ(Matucana roseo-alba)。
未だひよっこです。
 
なお、右上はマツカナ3種です(ウエベルバウエリの黄花が咲きそうです)。
 
 
以上
 
ひっそり控えている同じ姿の白刺小苗達、特徴ある花が咲く予備軍の報告でした。
 
*リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

平らな景清

今日はフレーム内で光っているサボの様子です。
 
 
最初はマミラリアの景清
1710
 
この頃、疣腋の綿毛が束になり、蕾を抱えているような雰囲気。
 
横からは真っ平。 暗緑色の疣もいい感じ。
 
 
その奥にはノトカクタスの紅小町
 
11710  
 
最近では大きなトラブルもなく生長し、真っ白。
 
といっても、今年の花は空振り、この機会に登場。
 
 
最後は、外のロビビアのマキシミリアナLobivia maximiliana R202。 
 
 1710_2
 
棘が長くなってきました。
 
そして、花芽! ネオポルテリア似の凛とした美花、 期待してます♪
 
以上、
 
今日も秋のサボテンの表情報告です。
* リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

ハエマタンサの白い綿毛 動じず

今朝は快晴、暑くなりそうです。 
 
玄関脇のパキポの白馬城の白花が沢山咲いてきました。他の株の蕾も膨らみだし、いよいよ盛大に!
 
1910
* Pachypodium saundersii
 
ということで、白いもん探しました。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
コノフィツムのパルディカラー。 植替え後、真っ先に咲きだしました。
 
今年は根や旧皮などあまりいじらずに植えたのが良かった? 私には良い成績です♪
 
1710
* Conophytum pellucidum 'pardicolor'
 
 
サボの白花は?  今日は久しぶりにハエマタンサ(Lobivia haematantha v. rebutioides WR585a)。
 
花ではなく、上部の綿毛です。
 
実生5年、遅々とした生長ゆえ、恨めしく眺めている白いもんです。
 
願っても動じず、いつも白い点。
 
Haematantha1710cocolog
* Lobivia haematantha v. rebutioides WR 585a
 
以上
白花にひっかけて、なかなか主役になれないサボを引っ張り出してきました(実生5か月以来でした)。
 
同期の細長いハエマタンサ ヤシマネンシスが初花迎えましたが、どうぞ腐らずに!
 
 
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

サボを愛でる静かな秋

ロビビアのマキシミリアナ インテーメディアは、秋になって子吹きが盛んになってきました。
 
久しぶりに横から眺めると、ひしゃげてお疲れのようです。
 
太った単幹でしたが、実生五年を経て五つ子、変身の一番乗りです。
 
なお、形の整ったオレンジの大輪が咲きます(先月、別苗の花はこちら)。
 
Intermedia1910cocolog
* Lobivia maximiliana intermedia KK784
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
景気づけにロビビア・バッケベルギー ララエの薄紫の花です。
 
春は多数咲くのですが、咲きすぎると見飽きてしまい、一年半ぶりの登場となってしまいました。(前回の花は、こちら
 
偶々、秋に一輪。  元気づけです。
Rimg0037_2
*Lobivia backebergii v. larae WR264
 
以上
 
落ち着いてサボテンの姿や花を愛でる秋となりました。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

今朝の赤、白、黄色の花

今日はヒンヤリ、静かな朝を迎えました。
 
久しぶりにロビビアのニグロストマの大輪が咲いていましたので、赤花、白花、黄花の今朝の出会いです。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
まず赤花、秋になっても咲き続けているロビビア ゼケリLobivia zecheri K838の美花。 
 
Photo
 
 
白花は、今週になってから開きだしてきたパキポの白馬城です。
 
開花二年目となって、三輪同時開花となる。 体力ついてきた?
 
 1709_2
 
 
ニグロストマの黄花Lobivia jajoiana v. nigrostoma、何時も見ても華やかです。
 
目元パッチリしすぎ。 秋の雰囲気には、なじんでいませんね~
1709_3
 
 
ということで、
 
見慣れた美しい花の秋の出会いでした。
 
 
ところで、Lobivia krahn-juckeri BLMT798.03の初蕾は、場所に移動した影響ゆえか落下してしまいました。 失敗しましたが、良い教訓を得ました。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

ダウシパウリ 刺が長くなってきた

今年から軒下サボテンとなったロビビア ダウシパウリLobivia ducis-pauliの現在の姿です。
 
小苗を購入して5年、それ以来生長点が癒着したりしてスンナリ生長してくれない苗です。
 
1709
 
それが、今年は長い刺が密集しだし、今までの短い刺とは様子が異なってきています。
 
この斑模様も荒々しいです。
 
若草色の肌は似合わないので、早く細くて長い刺で覆ってもらいたいところです。
 
 
* 前回記事(この7月、まだ動いていない状態)は、こちら
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

初蕾のロビビア種♪

猛暑時に日焼けし、現在は木陰で栽培中のロビビア、秋の日を浴びてテカテカ光っていました。
 
その全身草色の小苗の脇に黒い蕾が出ていました♪
Krahnjuckeri1709cocolog
 
実生三年になるLobivia krahn-juckeri BLMT798.03です。
 
蕾や苗の様子はエキノプシスそのものなんですが、まだ珍しい種のようです。
 
どんな花色が出てくるか楽しみで蒔きましたが、もうすぐです。
 
 
* Lobivia krahn-juckeri BLMT798.03の自生地や花色、実生1年目の姿は、こちら
 
*前回記事(植替え不調の苗)は、こちら
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

少し非対称の花

今朝は一転、薄曇り。
軒下では、ロビビア マキシミリアナ ビオラセアの小花が開きました。
 
青紫色、落ち着いた雰囲気です。
 
Violacea1709cocolof
* Lobivia maximiliana v. violacea WR735
 
でも、この花、少し変わってます。
 
開き方が非対称なんです。
 
Violacea21709cocolog
 
蕾の段階で、片方が膨らんでいたので、どうなるか見ていましたけれど・・・
 
言われなければ気が付かないほど、微妙なアンバランス
 
これはこれで良い表情です。
 
 
以上、
静かな朝に、ひっそり咲いていた青紫の美花。 お騒がせしました。
 
<追記>
翌日、左側も全開しました。 柱頭の数が増えて横に広がっていたいました。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

千成ひょうたん模様

台風一過、暑い晴天となっております。
 
フレーム内ではロビビアの赤花が朝から開いていました。
 
 1709
これはデンシセタLobivia arachnacantha v. densiseta.
 
購入して八年、子も十数個になって、最近では上に伸びだしてきました。
 
休みなく咲き続けていて、少し痩せたかな~
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1709_2
 
同じフレーム内では、マツカナ奇仙玉の蕾が伸びてきました。
 
綿毛が光ってましたので、上から見ると・・・
 
お~、 千成瓢箪(せんなりびょうたん)! 
 
意外な所に、隠れていました。
 
 
以上
 
今日は地道に咲き続けている美花種を取りあげました。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

マキシミリアナの小さな赤花

今日は台風が接近する前に、早々に選挙の投票に出かけました。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
まだ薄暗い中、避難していたサボ、ロビビア マキシミリアナの一種が開花していました。
 
キュウリのようなシクアニエンシスLobivia maximiliana v. sicuaniensis、小さな赤花です。
 
小指の先ぐらいです。
Maximilianasicuaniensis1709cocolog_
* Lobivia maximiliana v. sicuaniensis
 
台風にくじけそうなので応援です。
 
昨日から咲いている赤橙色のマキシミリアナ インターメディアです。
Maximimilianaintermedia1709cocolog
* lobivi maximiliana v. intermedia KK784
 
 
なぜこんなに曲がるんだと思いつつ、
 
実りの秋、どうか被害が発生しないよう祈るのみです。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ