サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

サボタニ、これからの黄花応援

平昌五輪での更なる活躍を願って、黄金色の花が咲くサボタニから応援です。
 
まずサボテン界からは、マツカナ ウエベルバウエリとロビビア黄裳丸の花芽です。
 
手前のサボは黄金紐、まだ音沙汰無し。黄裳丸は寒冷ストレスで赤くなってます。
 
1802
 
 
多肉界からは、そろそろ黄色のメダルとなりそうなケイリドプシス翔鳳とチタノプシス天女扇です。
 
1802_2
 
左下写真はパキポの恵比寿笑い、早々と花芽が見え出しましたが、まだ寒いので油断できません。
右下はリトープスの大津絵C350、黄花を逃しました。 植え替えと開花時期のタイミングがずれたためです(反面教師です)。
1802_3
 
ということで、
 
これらの花芽が順調に生長し、それぞれの黄花になってもらいたい。
 
 
 

ビオラセア、三者三様の冬姿

サボテンの置き場所で右往左往し、分散していた苗の冬姿が独特の風情でしたのでご報告。
 
 
軒下放置のロビビア マキシミリアナ ヴィオラセア(Lobivia maximiliana v. violacea WR735,に蕾が出てきました(白丸)。
直射日光で赤黒く、少ない雨水でシワシワになっていますが、これで至って元気。
 
201802
*Lobivia maximiliana v. violacea WR735
 
 
こちらも軒下サボ、同期のトッピン苗(一昨年迄フレーム栽培。そのため歪な恰好、特に子が徒長してしまいました)。
 
この冬、マキシミリアナに特徴的なカーブした飴色の中刺が発生。荒々しくなりました!
 
201802_2
 
一方、青々とした緑の玉は、軒下放置由来のカキコ。 
 
冬の間は日当たり悪く、雨水はたっぷりの庭放置。
 
ボリビア産なので寒波にもへこたれず、夏姿と変わりありません。
 
201802_3
 
ということで、
 
ビオラセア、三者三様の冬姿でした。 春になれば青紫の小さな花が咲きます。
 
 


にほんブログ村

目覚めたロビビア三種

昨日は、地元神社での豆まきやカルタ遊びのお手伝いでした。
 
今朝は、風もない穏やかな雰囲気。 これに呼応するかのように、蕾のあるサボ達が増えてきました。今日はその一例です。
 
 
201802kk788aocolog
* Lobivia wrightiana KK788
 
軒下放置のロビビア・ライティアナ(桃輪丸)に赤い花芽が発生してきました(白丸)。
 
私のサボの中では二番に刺が長く、荒々しい姿です。日焼けして赤鬼のこん棒!
 
高地のサボなので、寒波も影響なかったようです。
 
今月中に、可愛いピンクの花が開くかも。
 
201802schielianacocolog
 * Lobivia schieliana v. leptacantha ES144
 
こちらはペルーのロビビア・シーリアナ  レプタカンタ。 倒れかかっていますが、踏ん張っています。
 
結構きれいな花を咲かせます(この苗は黄色)。
 
201802nigristomaocolog  
 
こちらはアルゼンチンのロビビア ニグリストマ(ニグロストマ)。 
 
早々と花芽が出てきています。 目元パッチリ、黄色の美花です。
 
以上
耐えていた冬場、フレーム内で根腐れしたロビがある一方、花芽が出てくるものもあって
一喜一憂してます。 
 
今日は立春、いよいよ動き本番です。
 

ロビ・マキシミリアナ厳寒でも中刺伸びる

当地は昨日に引き続いて水道が凍結するほどの寒さでした。
 
しかし、戸外放置のロビビア・マキシミリアナは新刺を伸ばし、へこたれてません。
 
写真のロビビア・マキシミリアナ ミニアティフローラは実生7年で、なんと中刺が発生してきました。
 
1801intermidia
* Lobivia maximilliana miniatiflora WR452 (Inquisivi, La Paz, Bol)
 
それも途中の幹では、南西部分の日がよく当たる部分に局在して発生しています。
 
1801intermedia
 
・・・ボリビア ラパス由来なので、今の気候が現地を思い出したのかもしれません。
 
草色のひょろ長いサボテンだったため、昨年春にフレーム内から戸外に移動した成果?かも
 
・・・やはり”こうならなくては”と思った次第です。
 
それにしても、飴色と赤黒い刺! いいな~
 
Lobivia maximilliana miniatiflora WR452の橙色の花は、こちら

ロビ黄裳丸系シャフェリの群生

寒さ厳しくなるとともに、軒下サボテンも一段と縮み、褐色に変色してきております。
 
その一方、ロビビア マキシミリアナ種は飴色の刺を伸ばして気持ちよさそうです。
 
今回は、その隣の鉢、黄裳丸系のシャフェリが主役です。
Shaferi1712cocolog
* Lobivia aurea v. shaferi R152  (赤花はマキシミリアナ)
 
春と夏に植え替えしていますが、現在は更に一回り大きな群生状態に!
 
実生して四年間は貴重な三株でしたが、これからは子吹きで悩みそう。
 
ともあれ、
 
先ずは稜数が少ない苗もあるので、来春の初花です。
 
*シャフェリの前回記事(7月の姿)は、こちら

ロビビア・ラウシー 黄金色の刺発生中

今朝はこの冬一番の冷え込みとなりました。  
 
この寒さでも元気になのが、外に放置中のボリビア産のサボ達です。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
実生5年を経たロビビア ラウシーLobivia raushii WR635の群生株は、黄金色の刺を出しています。 
 
水やりなどしていませんが・・・
 
Rauschii21712cocolog
* Lobivia rauschii WR635 (South of Culpina , Chuquisac, Bolivia)
 
 
ナメクジに齧られても、日焼けしてしまっても構わずに厳しく育てて、生き生きとしている。
 
鉢増しする以外、何もすることありません! 
 
 
栽培する人少ないとかの記事を読んだことありますが、栽培し甲斐のないサボと捉えられているのかな~
 
雑草のようなボリビアのサボテン一塊、私にはイメージ膨らみます。
 
 
*ラウシーの前回記事(群生状態のサボ達、三か月前)は、こちら
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft のクリック、よろしくお願いしますcherry
 

サボの刺 長さ比べ

もう12月、サボテンの生長や花は期待できませんので、今日は刺比べ。
 
一番長い刺のサボテン探しです。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
最初は三位タイから。五センチ長の金鯱とマキシミリアナ。
 
金鯱の刺は、短そうに思いましたが、意外。 
ロビビア マキシミリアナ インターメディアは、二本だけ長い刺が伸びていました。
 
71
*Lobivia maximiliana intermedia KK784
 
 
第二位は、ロビビア 桃輪丸の六センチ。 
 
棘の密集度には個体差があり、写真の苗は、今にも折れそうな細い刺が伸びています。
 
1712
 
 
第一位は、ロビビア ダウシパウリの七センチ。
 
外に放置した今年、荒々しい刺が密集してきました。
 
1712_2
*Lobivia ducis-pauli
 
 
* それぞれのリンク先は前回記事になります。
 
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いしますcherry
 

晩秋に一輪 昇竜丸

先日、蕾が伸びてきたツルビニカルプス昇竜丸が咲きだしました。
 
刺が邪魔してますが、一輪です。
 
ハウエルニギーやディキソニアエの花と1年ぶりの再会となりました。
 
1711_2
 
一方、軒下ではロビビア マキシミリアナR202 の真っ赤な花。 
 
刺は伸びておりますが、これが最後の花となります。
 
1711_2_2
 
以上
 
これから春先まで咲く花と、これが最後となる花の話題でした。
 
* それぞれのリンク先が前回記事(蕾)となります。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いしますcherry
 
 

この赤と緑色がステキ!

11月も中旬、やっとコノフィツム ”浅間の虹”に蕾が出てきました。
 
丈夫で、よく増えるのですが、植え替えや水やりのタイミング、日照の具合で遅いのでしょうかね~
 
ともあれ、五つほど ♪
 
1711
 
 
一方、 軒下サボにも蕾が膨らんでます。
 
ロビビア マキシミリアナの赤い蕾。 寒くなっても萎れず、緑肌に映えています。
 
1711_2
* Lobivia maximilliana R202
 
ところで
 
外出中の昨夕、水たまりができるほど雨。外に置いていたリトープスは、ずぶ濡れになってしまいました。
 
今朝見ると、肌が綺麗になったように感じました。
 
写真は、これでも実生10年苗。 蕾は出てきませんが、魅力的な花紋、福来玉と思ってます。
 
1711_3
 
 
* ”浅間の虹”の前回記事(4年前は4頭)は、こちら
* Lobivia maximilliana R202の前回記事(先月の別苗。この蕾は萎れた)は、こちら

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いしますcherry
 
 
 

イモムシ、トゲに挟まる(グロ写真付き)

イモムシが嫌いな人は閲覧注意! ショッキングな写真なんです!
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
今朝も秋晴れの良い天気となりました。
 
外で栽培しているサボを点検していて、異様な光景に遭遇しました。
 
ロビビアのフェロックスの長い刺に、なんと! 大きなイモムシがグッタリもたれ掛かってました。
 
どうしてこんなところに? 大迷惑なんですが!
 
以前、新天地のトゲトゲに迷い込んだカミキリムシがイライラして、幹に噛みついていたことがありましたが、・・・長い刺山で踏み違えたのかな?
 
1711_2
 
とういことで、
 
フレーム内の世界と違って、厳しい外の環境に晒されたサボとイモムシの姿でした。
 
*白黒写真にしています。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ