サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

仲秋に元気な子サボ

未明に接近した台風も過ぎ、風はあるものの一転青空となりました。
 
秋分の日も近くなったこの頃、元気になっている子サボ二種の様子です。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
Davisii1709cocolog
* Echinocereus davisii SB426
 
まず、エビサボのダビシーEchinocereus davisii SB426、緑肌が艶々膨らんできました。
 
なぜ? 実生六年になっても生長サイクル、今一判りません。
 
花より紅白の刺、一番待ち遠しいです。
 
 
 
Luethy1709cocolog
 
こちらも依然としてよくわからない子サボ、マミラリアのルエッティMammillaria luethyi。
 
カキコの二苗が俄然膨らみ、白くなっていました(今春の姿はこちら)。
 
今春、花が咲かなかった分、大きくなってもらいたいところです(来年に期待)
 
 
ついでに
 
昨日の小さい赤花、ロビビア マキシミリアナ シクアニエンシスLobivia maximiliana v. sicuaniensis。
 
今朝、花びらが少し開き、親指の先ぐらいになりました。
 Sicuaniensis1709
 * Lobivia maximiliana v. sicuaniensis bright pastel flowers
 
 
以上
 
お気に入りの子サボ二種は良くわからないまま、この頃は元気になっているというメモです。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

秋空にサボの塊

今回の主役は、小さなサボテンの群生株
 
・・・とはいっても、この時期は花は無いし不愛想のサボの塊です。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
エビサボテンでは、草木角(Echinocereus scheeri )。 
 
実生5年目の今年、子がさらに増え17頭になりました。  
 
フリルのある可憐な花は何時咲くんですかね~
1709
* Echinocereus scheeri L091(Sierra obscura Long frilly flowers)
 
 
 
群生株に仕立てている最中、現在30個ほど。 
 
昨年前フレーム内に置いていましたが、今年は雨さらしにしています。
1709_2
 
 
こちらは、マミラリアの姫春星。 
 
春先の花として新たに仲間入りした箱入りサボです。
1709_3
 
 
 
寄せ植えを一本植えにしました。52の子持ち。 
 
これからひっそり花が咲く予定です。
1709_5
 
 
最後は実生5年、トゲトゲのロビビア ラウシーLobivia rauchii WR635。 
 
鉢を大きくする毎に子が増えて約60。 
 
赤花ですが、これこそ何時咲くのか? 
1709_6
 
 
以上、
 
外に放置されても媚びず、塊だけが魅力のサボたちを秋空に映えさせてとりあげました。
 
*それぞれのリンク先が、前回記事になります。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

ヒェ~ サボの毒蛾が足に

7月下旬、子吹きと思ったら花が咲いたエビサボの摺墨、 その後の様子です。
 
 
花弁は枯れているのに、付け根(子房?)はイキイキ。やはりおかしいです。
 
そのうち刺座から子、でてくるか見ものです。
 
1709
 
 
そして?     ギンウワバらしき蛾!
 
ピンセットで摘まもうとしたら、バタバタして飛んでいってしまった。
 
7年前にも同じようなことが・・・ ギンとギンで相性があるんでしょうかね~ 困るんですが。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
さらに、レブチアに黄色のドクガらしき蛾がくっ付いていました。
 
追い払うと~~~足元に、  ヒェ~
 
秋になると、こんな虫が出てくるんですね。
1709_2
*Rebutia spec. KK1517 'residua n.n' (Narvaez-Pilcomayo, Bol)
 
 
以上
サボテンの生き物たちの秋の姿でした。
 
 
*それぞれのリンク先が関連する記事になります。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

突如、銀杯の美花が登場

9月になって、すっかりフレーム内は落ち着いてきました。
 
そこに突然、紫の大輪美花! 
 
Sciurus1709
* Echinocereus sciurus SB1258
 
先週、ネオカピルスの写真脇に蕾が写ってたエビサボEchinocereus sciurus(和名 銀杯)です。 
まさか、ここまで順調に咲くとは!
 
気温が幾分低目でしたので、花びらは全く傷んでいません。
 
その分、ゆっくり眺めることができました・・・・・
 
 
以上、
ツルビニの小さな白花が似合う秋の季節に、突如、1年に一度の美花が出現したということです。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

すぐ垂れるワルディシー

今朝は予想外に小雨。静かで肌心地よく、猛暑で参っていたサボも助かりました。
 
ところで昨日の朝、エビサボのワルデイシーEchinocereus waldeisii RH119の枝が垂れ下がっていたので、水やりしました。
すぐ立ち上がる反応の良さに感心しましたので、ご報告。
 
Waldeisii1708cocolog
* Echinocereus waldeisii RH119 Tula  5cm pale yellow fl.
 
 
早朝、今年伸びた一本の枝が斜め、不自然な姿(7時前)。 数日来の猛暑の影響と排水性良い用土なので水不足。 サインどうりに水やり!
 
二時間後にはムクっと立ち上がり、10時頃には、他の枝と同じ姿に回復!
 
 
一昨日の白花銀紐同様、水不足だとすぐ垂れるので判りやすいのですが、 実生4年になるので、ヘナヘナせず、しっかりしてもらいたいところです。
 
 
* 前回記事(昨年1月、この時も曲がった冬姿)は、こちら
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

ネオカピルスの空しい縞模様

今朝は幾分、涼しくなりました。 
 
フレーム内では、マツカナや象牙丸の開花が続いていますが、今回は上に伸びるだけのエビサボの話題です。
 
 Neocapillus1708cocolog
* Echinocereus russanthus v. neocapillus SB1039
 
 
その一つ、ルサンタス変種ネオカピルスは実生以来六年間、蕾も出ず状態。
 
刺は綺麗な紅白です。
 
毎年、数センチづつ生長し、ハッキリした縞模様が空しいです・・・
 
今更、1,2,3,と上から数えてもね~
 
生きている証し、年数を経た美しさかなと納得してます。
 
 
* 前回記事(4年前の若々しい姿)は、こちら
 
*  隣の蕾付き苗はEchinocereus sciurus SB1258です。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

エビサボ レウカンサスの小枝

エビサボ、レウカンサス(Echinocereus leucanthus)の刺が日に映えていましたので撮りました。
 
 Leucanthus1708cocolog
 
実生三年の今年、小さな白花が枝先に一輪咲きました。
 
その後、弱弱しい枝先は枯れてしまいました。
 
それでも開花2か月経つと、数本の小枝が可愛らしく。
 
 
以上
昨日同様、生きていてよかった。 枯れ枝に新芽、希望を見た話題でした。
 
 
* 前回記事(白花銀紐の開花)は、こちら
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

サボ実生苗、それぞれの緑色

昨年はレブチア、スルコレブチア以外に、エビサボ2種、アカントカリキューム1種も蒔きましたので、その現状報告です。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 まず、アカントカリキュームのグラウカム(和名 黒鬼玉)は、前回報告(半年前)より大きくなっていますが、玉の姿は、そのまま。
 
硬くて丈夫そうな雰囲気です♪ 渋い色です♪
 
Glaucum1708cocolog
* Acanthocalycium thionanthum v. glaucum FK620(Catamarca 1829m Arg)
 
 
 こちらの苗は麗光丸の亜種Echinocereus reichenbachii ssp. nova JRT224
 
背が高くなり徒長気味です。
 
軟弱ですが元気で色鮮やかな緑♪ その内太くなると思います。
Nova1708cocolog
 
 
こちらもエビサボ、宇宙殿の変種E. knippelianus v. reyesii
 
滑らかな緑肌と少ない稜が特長です。
 
小型種ですが、小さすぎる苗もあって心配です。
 
放置しすぎたので、大きさ別に分けて管理しようと思っています。
Reyesii1708cocolog
 
 
以上、皆、それなりの色と姿になってきましたが、一層の生長を目指して植え替えなどしたい。
 
* これら実生苗の前回記事は、種名をクリックしてください。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

明石丸の平たい子

今日は、一月半ほど経った現況報告です。
 
その子は、丸いボタン(3.5センチ径)のようにくっ付いて生長してます。
 
玉のようになると思っていましたが違いました。
 
1708
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
横から見ると、下方が膨らんでいるので、これから上向きになるようです。
 
なるほどと感心していますが、 それにしてもバランス悪いです
 
1708_2
 
1年後は、また違った姿。 元気に!
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

唯一の実生苗達です

先月、光虹丸(アラクナカンサ)の変種トレシラセンシスの植替え時に気が付いた花芽は、赤色に生長してきました。
 
数が少ない実生苗の場合は、どうしても見過ごしてしまうので、今回それらを主役として登場してもらいました。 
それも発芽後、気がついたら1個になっていた苗です。 
 
育種年数の若い順に★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
まず、昨年のスルコレブチア ロベルト バズクエジイSulcorebutia roberto-vazquezii LH1424
 
暗黒色に白刺、魅力的になりました。 
大変珍しい種のようですが、順調に膨らんでます。
Sulco1708cocolog
* Sulcorebutia Roberto-vazquezii LH 1424(Monteagudo, Bolivia)
 
次は実生3年のマツカナ オレオドクサMatucana oreodoxa KK1591A
 
今年かなり生長しました。 カールしている刺がポイントです。
 
この変種ロゼイフローラの後輩に負けないように。
Oreodoxa1708cocolog
* Matucana oreodoxa KK1591A Hauri 1800m heavier spines
 
次は実生6年になったアカンソカリキューム チオナンタム Acanthocalycium thionanthum
 
魅力的な色合いです。黄花待ち遠しいですが、生長はゆっくりなので、気長に!
Thopnanthum1708cocolog
* Acanthocalycium thionanthum (黄冠丸)
 
 
こちら、トゲトゲのエビサボも実生6年を経ています。
 
小指ぐらいで、細々と生育してます。 気難しそう!
Barthelowianus1708cocolog
* Echinocereus barthlowanus SB1661 Magdalena Island incredible pink fl
 
 
最後は実生7年になるツルビニ アロンソイ
 
こちらはもっと小さく、小指の先程度。しかし萎れずに疣出しています。
 
いろいろ試みているのですが・・・思うようにいきません。
1708
*Turbinicarpus alonsoi
 
 
以上、フレーム内にある控えめの一本苗です。 
 
次の登場は花になればと願っています。
 
* 種名のリンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ