サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

サボ実生苗、それぞれの緑色

昨年はレブチア、スルコレブチア以外に、エビサボ2種、アカントカリキューム1種も蒔きましたので、その現状報告です。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 まず、アカントカリキュームのグラウカム(和名 黒鬼玉)は、前回報告(半年前)より大きくなっていますが、玉の姿は、そのまま。
 
硬くて丈夫そうな雰囲気です♪ 渋い色です♪
 
Glaucum1708cocolog
* Acanthocalycium thionanthum v. glaucum FK620(Catamarca 1829m Arg)
 
 
 こちらの苗は麗光丸の亜種Echinocereus reichenbachii ssp. nova JRT224
 
背が高くなり徒長気味です。
 
軟弱ですが元気で色鮮やかな緑♪ その内太くなると思います。
Nova1708cocolog
 
 
こちらもエビサボ、宇宙殿の変種E. knippelianus v. reyesii
 
滑らかな緑肌と少ない稜が特長です。
 
小型種ですが、小さすぎる苗もあって心配です。
 
放置しすぎたので、大きさ別に分けて管理しようと思っています。
Reyesii1708cocolog
 
 
以上、皆、それなりの色と姿になってきましたが、一層の生長を目指して植え替えなどしたい。
 
* これら実生苗の前回記事は、種名をクリックしてください。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

明石丸の平たい子

今日は、一月半ほど経った現況報告です。
 
その子は、丸いボタン(3.5センチ径)のようにくっ付いて生長してます。
 
玉のようになると思っていましたが違いました。
 
1708
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
横から見ると、下方が膨らんでいるので、これから上向きになるようです。
 
なるほどと感心していますが、 それにしてもバランス悪いです
 
1708_2
 
1年後は、また違った姿。 元気に!
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

唯一の実生苗達です

先月、光虹丸(アラクナカンサ)の変種トレシラセンシスの植替え時に気が付いた花芽は、赤色に生長してきました。
 
数が少ない実生苗の場合は、どうしても見過ごしてしまうので、今回それらを主役として登場してもらいました。 
それも発芽後、気がついたら1個になっていた苗です。 
 
育種年数の若い順に★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
まず、昨年のスルコレブチア ロベルト バズクエジイSulcorebutia roberto-vazquezii LH1424
 
暗黒色に白刺、魅力的になりました。 
大変珍しい種のようですが、順調に膨らんでます。
Sulco1708cocolog
* Sulcorebutia Roberto-vazquezii LH 1424(Monteagudo, Bolivia)
 
次は実生3年のマツカナ オレオドクサMatucana oreodoxa KK1591A
 
今年かなり生長しました。 カールしている刺がポイントです。
 
この変種ロゼイフローラの後輩に負けないように。
Oreodoxa1708cocolog
* Matucana oreodoxa KK1591A Hauri 1800m heavier spines
 
次は実生6年になったアカンソカリキューム チオナンタム Acanthocalycium thionanthum
 
魅力的な色合いです。黄花待ち遠しいですが、生長はゆっくりなので、気長に!
Thopnanthum1708cocolog
* Acanthocalycium thionanthum (黄冠丸)
 
 
こちら、トゲトゲのエビサボも実生6年を経ています。
 
小指ぐらいで、細々と生育してます。 気難しそう!
Barthelowianus1708cocolog
* Echinocereus barthlowanus SB1661 Magdalena Island incredible pink fl
 
 
最後は実生7年になるツルビニ アロンソイ
 
こちらはもっと小さく、小指の先程度。しかし萎れずに疣出しています。
 
いろいろ試みているのですが・・・思うようにいきません。
1708
*Turbinicarpus alonsoi
 
 
以上、フレーム内にある控えめの一本苗です。 
 
次の登場は花になればと願っています。
 
* 種名のリンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

銀紐の株立ち

先月、エビサボ銀紐の植替え時、伸びすぎた枝の切り戻し剪定を行いました。 その後の様子です。
 
1年に2,30センチも伸びてしまうので、枝を10センチ程度に切って挿しました。
 
 
 1707_2
 
現在、写真のように新芽が2,3本出てきました。
先端部が枯れたり、齧られて芯がむき出しという事態もありましたが、頑丈ですね。
 
写真右の枝では、用土中から4本ほど新芽が伸びています。
 
ここはじっくり来年まで養生です。
 
ともあれ、株立ちが現れたので、ヒョロヒョロ一本の姿から卒業できるかもしれません (^0^)
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

摺墨、子吹きから花!?

春に花が咲き、ついで子が吹いてきたエビサボの様子を、先月報告しましたが、その続編となります。
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
☆ まずは前座。
 
四か月前、エビサボの衛美玉の”花芽か子吹きか”、位置からして判断できなかったものは、結局、紫の大輪、美花となりました♪
 
1707_3
 
そのエビサボから、再び出てきたものが写真下。 
 
時期からして、今度は子吹きでしょう (^o^)
 
1707
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
次は、面妖な真打です。
 
 1707_2
 
先月、摺墨上部から出てきたものは、形態から子吹きと紹介しました(写真左)。
 
その後、大きくなりつつ変形し始めてしまいました(写真中、2週間前)。
 
そして、、とうとう花弁が伸びだし、下向きに開花!(写真右)
 
 
通常ではないので変な気分ですが・・・ レブチアでも、このような変則的な動きを経験してますので・・・
 
花殻のこれからの行方に、興味をスイッチしました。
 
1707
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

梅雨明けで、グッタリも元気もあり

当地は梅雨明け。 暑い上に無風! 
しかし、サボテン達は移動も出来ず、耐えるのみ。 そんなサボの様子です。
 
エビサボのチソエンシス変種フォベアヌスは蕾が開きだしました。
例年通り遅い開花ですが、タイミング悪いです。
 
薄い花弁は蒸し暑さで縮れてしまいました。 
 
Fobeanus1707cocolog
* Echinocereus chisoensis v. fobeanus HK303
 
一方、夏歓迎のフライレア”豹の子”が、午後の強光線を浴びて咲いていました。 
外に放置状態ですが、雨水で膨らんでおり、今が一番良いかも。
1707
 
また、一月前から咲き続けていたマミのブーリーは満開状態です♪
 
開花日のズレで二色になっている花弁。良い感じです(^0^) 
 
暑い陽気が大好きという感じで咲いてます。
 
1707_2
 
蛇足・・・
 
早朝から草むしり。 バタバタしていたクマゼミを救出しました。
 
直射日光を浴びている軒下サボが調子良いようなので、フレームに寒冷紗を被せるのを控えております。 
 
通風に気を付けて、夏を乗り越えたいです。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

白花銀紐の緑色♪

一月前に気が付いたエビサボのレウカンサス(Echinocereus leucanthus)の蕾が開きだしました♪
 
1706
 
午後には小さな白花♪ 証しの緑色の雌しべ付です。
 
心が落ち着く色合いです~♪ 小花の雰囲気も良いです♪
 
1706_2
* Echinocereus leucanthus(Wilcoxia albidiflora)
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
実生3年での開花は申し分ないのですが、心配も多々。
 
例えば ・・・
銀紐に比べて塊根は細長い芋なので全体パワー不足を感じています。
枝が長すぎる(徒長?)ので、切り戻しして新芽をださせた方が良いのか?
・・・等、写真には写っていないところです。
 
梅雨明け後も要経過観察です。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

花も子も嬉しいエビサボ3種

花が美しいエビサボテン3種(摺墨、明石丸、三光丸)に子吹きが始まってきた話題です♪
 
最初は、花びらをひらひらさせて咲いていた摺墨
その花が終わってから、今年伸びた刺座から子吹き。 今は、たん瘤のようで格好悪いです。
下部には6年前? 同じように出てきた子が下に降りて丸く収まっています。
 
購入してから11年間、こんな風に世代交代して育っています。
 
1706
 
 
次は、購入して7年目、今年初めて子吹きして驚かせました明石丸です。
 
2か月前は2度群開していました。元気なのが嬉しいです♪
1706_2
 
 
最後は、丸々太った三光丸。9年前、購入した時の細身から大変身です。
豪華な大輪花を毎年1,2輪咲かせていましたが、昨年からは?
 
今は子育てに忙しいようです。 
1706_3
 
ということで、花(リンクで代用)も子も嬉しいエビサボの最近の話題でした。
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

銀紐、伸びすぎても伸びなくても心配

先月、花後に剪定して植え替えたエビサボテンの銀紐は、すぐ生長を開始してきました。
 
1706
 
写真の苗は、伸びすぎてバランスの悪かった苗を4本にした際、塊根のついている主枝です。   
剪定ばさみが必要なガチガチの枝でしたが、8個の新芽が発生してきました。 
なお挿し木した残り3本の枝も順調です。 
 
伸びすぎると・・・なのですが、それは来年のことになります。
 
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
また、先月末気が付いたエキノケレウス レウカンサス(白花銀紐)の初蕾は、徐々に膨らみ(現在1.5センチ長)、ハッキリ花弁が見えるようになってきました♪
 
 1706_3
 *Echinocereus leucanthus(Wilcoxia albidiflora)
 
しかし、50センチほどに伸びた細枝は生気がなく、この蕾のみが生きている証拠となってます。
 
小さくても良いから早く咲いて、新芽を出してもらいたいというのが本音です。
 
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry

よろしければ、”応援ポチ” お願いします (^人^)

シワシワのマルソネリとレウカンサスに赤い花芽!

サボテンの花が真っ盛りの一方、シワシワ、色が悪いサボも幾つか。
 
 
その一つは、ロビビア マルソネリ(変種)イリデッセンスLobivia marsoneri v. iridescens(実生5年)。  一度は訪れたい世界遺産、アルゼンチン・ウマワカ渓谷が自生地。 
 
吸水もせず、新刺もなく、心配で毎日様子をチェックしています。 それが一昨日、刺座に赤いものを見つけました。
 
これは、花芽でしょう!、多分。 軒下での放置管理が刺激になった!
Marsonerii1705cocolog
* Lobivia marsoneri v. iridescens WR38 (Humahuaca, 3500m, Arg)
 
 
次は、白花期待で3年前に蒔いたエキノケレウス レウカンサスEchinocereus leucanthus(旧 Wilcoxia albiflora)。
 
 針金のように細く、真直ぐに自立できまできません。しかも白茶色。 地中に小さな塊根が生きている証拠でした。
 
それが今週になって、赤い花芽らしきものが上向きに。・・・・・・白花なのに赤? まあ、葉芽でも、動けば良いんです。
 
バックは白花Rebutia leucanthema。
Leucanthus1705cocolog
* Echinocereus leucanthus (Wilcoxia albiflora)
 
ということで、まだ蕾になるかどうかわからない段階・・・・・・とはいっても、少し動いて心配が期待に代わりました。
 

heart ご訪問ありがとうございました。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ