サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

明石丸 紛らわしい所に出てきた!

エビサボ明石丸は花後植替えし、これから生長・・・すると、頂部と子から怪しいもの三個!
 
生長点がつぶれた!? 子に子ができた?・・・・・・様子見して・・・
 
やっと、蕾ということに!
 
紛らわしい・・・調子くるっているのかな~
 
1806
 
* 明石丸の今季の花と、一年前出てきた子の記事です。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

サボテンの華 紫太陽の花殻

エビサボ紫太陽の初花も一週間経つと萎れ・・・・・そして昇華。サボテンの華になりました。
 
 
 
赤紫の刺や綿毛が朝日を浴びて光ってました。
 Photo
 
以上、 散り際も見事だった紫太陽でした。
 
* 紫太陽の初花美花は、こちら
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

期待の蕾、サボテンの華色々

今期、めでたく初花を迎えるのではないかと期待している、同期軒下サボの華、いろいろです。
 
黄花のエキノケレウス大仏殿の蕾が膨らんでいると同様、軒下の黄花タヨペンシスEchinocereus tayopensisの方も少し大きくなってきました。
 
不愛想なサボに色気でてきました♪ 
赤い蕾? 黄花の初花になる予定です。
 
Photo
* Echinocereus tayopensis
 
 
ロビビア ラテリティアLobivia lateriteia の初蕾は、こげ茶色。 
蕾の色同様、刺や肌色からも原産地の厳しい環境が漂いま~す。
赤紫系の花になるようです。
 
Photo_2
 
 
三つ目は、まだ白い綿毛、ひげジイ状態のロビビア ハエマタンタ。 
軒下放置で初めて変化しました・・・ので、実生六年にして初デビュー
こちらの花は赤橙色です。 
 
Photo_3
* Lobivia haematantha v. amblayensis ' albispina' WR239 (Amblayo, Arg)
 
以上、
未だか未だかと注目しているサボ、初蕾(花芽)段階の様子です。
 
 
* リンク先はそれぞれの前回記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

紫太陽実生苗 やっと初花です♪

エキノケレウス 紫太陽が目出度く初花を迎えました。
 
実生二年の時は皆プックリしてましたが、その後、植え替える度に拗れだし
・・・もういい加減にしてくれとストレスが溜まる五年目にして、やっと一輪です。
 
皆さんが言われるように、紫の美花。そして、光る太陽の影には、こじれ苗。
1805
*  Echinocereus rigidissimus rubispinus L088 bright pink spines
 
ともあれ、雌しべの濃い紫と雄しべの赤い斑点模様は他にはない魅力かな。
まさにサボテンの華♪
 
Photo
 
*リンク先は、前回記事(花芽発生)になります。
 
追記: 今朝は、当地特産・四ツ溝柿の芽欠き作業のボランティアに行ってきました。来月は摘蕾です。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

金鯱と銀紐 仲良く花かな?

エキノケレウス銀紐実生苗の花が咲き誇っています。特に簡易温室内の実生苗は枝先それぞれに♪  
開き始めの花が、チャーミングに撮れました(^ 0 ^)
 
隣の金鯱に、もたれ掛かって咲いてます。
 
1805
 
昨年、挿し木した枝にも! まだ芋も出来ていないはずですが・・・ 小さいので上から撮れました♪
1805_2  
 
 
こちらの金鯱君にも、白い綿毛が五個くらい目立ってきました。
 
1805_3
 
写真手前、三年前の花殻が落下する前に、今年こそ・・・といっても相手まかせですが。
 
 
*リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

エキノケレウス モリカリーの下で

脈絡のないタニサボの日常の話題です。
 
1805perrbelluscocolog
* Echinocereus reichenbachii v perbellus
 
フレーム内では、エキノケレウス ぺルベルスの大輪が咲き始めました。濃い紫、黄色と緑のバランス、何時も変わらない美しさです♪
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1805  
 * Echinocereus viereckii ssp morricalii
 
一方、軒下では蜂がサボテンを跳ねながら移動!、蕾が伸びだしたモリカリー(Echinocereus viereckii ssp. morricalii)で一休みしました。
 
そこには、蜘蛛のお尻をくわえていたベッコウバチ!  厳しい世界です。
 
1805_2
 
隣のパキポ、恵比寿笑いでは結実した初花、一対の鞘の片方が外れていました。
実が出来なかったんだろうな~
 
以上、 サボタニ、普段の姿でした。
 
 
*リンク先は、それぞれの前回記事です。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

サボの表情、刺の星

今朝も五月晴れ、サボテンは気持ちよく開花中です。 一方、こんな表情の花殻もありました。
 
1805
 
エビサボの摺墨では、三つの花殻跡と新たな蕾、そして一年前の花殻。 
現在、丸く膨らんで、子になりつつあります。 (左下には生長中の子)
 
1805_2
 
上の写真は、大輪の花が咲いたエビサボ 衛美玉の花殻。 
湿気のためカビが発生していますが、太い緑の軸は今も生き生き。白い刺も映えています。
 
 
1805_3
 
こちらの写真は、小さなエビサボ(Echinocereus pectinatus v. wenigeri 'octenoides' SB1536)に、三光丸から零れた刺の星。
実生4年の子エビ、この姿で初デビュー。 迷惑そうだけど、うん、いいな~
 
 
 
*リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

エキノケレウス、エキノプシス、ロビビアの赤花です

エビサボテンのセン刺蝦(Echinocereus triglochidiatus)が初花を迎えました。
実生八年にして赤花一輪。 軒下放置、良かったな~ 長かったな~
 
記念写真は、1週間ほど咲き続けている軒下仲間の白花コッキネウスと。
 
1805triglochidiatusflcocolog
* Echinocereus triglochidiatus SB1067
 
紅白の初花は目出度い♪ ということで、同時に咲いていた赤花も登場させます。
 
このエキノプシス オブレパンダ ミズクエンシスは真っ赤な大輪花二輪。 本体が隠れて見えません。
 
1805obrepandacocolog
* Echinopsis obrepanda v. mizquensis
 
 
こちらはロビビア サルテンシス、何時も咲く姿が決まっている花です。 
本体は未だ縮んでいて、冬場の影響が残っています。
 
1805multicostatacocolog
 
以上
長年待っていたエビサボ実生苗は軒下放置で、やっと花を見ました♪ 
その記念に、それぞれの赤花でした。
 
*リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
応援よろしく downwardleft(ポチ)
 
 

雨天避難中の白花コッキネウス

昨日今日と長雨が続くため避難させていた軒下サボテンが、開花していました。
 
1805coccineusfl2cocolog
 *Echinocereus coccineus JRT 593
 
エビサボテン コッキネウス実生苗も予定通り白い初花を迎えました♪ 
ローマ蝦くらいかなと思っていたら、結構大きな花でした。 
 
薄緑色の幹に白花、なるほどねという雰囲気♪。
 
なお、密かに期待した雄花、雌花ではなさそう。
 
1805coccineusfl1cocolog
* これは二日前の開き始めの様子。
 
以上
雨のためサボタニの植替え、庭木の枝払い等の作業は後回し。 白花眺めて気分を静めたい。
 
* リンク先は、前回記事になります。
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

明石丸の愛嬌♪

エビサボの明石丸が、今年も咲きだしました。 例年と違って蕾が一斉に開き、桃色が華やかになりました。
 
開き始めの花は初々しい♪  花粉が花びらに付着しているところ、愛嬌ありますね~
 
 
1805
 
 
一種間前の蕾は毛むくじゃらの子アザラシ風、 これまた可愛いです♪
 
1805_2
 
 
* 明石丸の前回記事(花芽予兆)は、こちら
 
 
clover ご訪問どうもありがとうございました clover
 
 

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ