サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

光るサボテンの花

今朝も肌寒く、天候不安定。まだあるコタツのスイッチ オン。

太陽が欲しいので、先日、まぶしく光っていたサボテンの花です。

1906_4

これは紅小町。最近、米国のフォーエバー切手に登場した黄花です。

ギラギラしています。

1906_6

この紅鷹の開きすぎた花弁も、反射した光でまぶしいです。

1906_5

これは、軒下サボテン金晃丸の薄黄色の花。

日を浴びると、薄い花弁が何枚なのか・・・目が眩みます。

以上

梅雨寒にギラギラした花びらは良いな~と、無い物ねだりでした。

*リンク先は前回記事になります。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

今日のサボテンの小花四種、それぞれ

今日も咲いているサボテン四種(マミラニア、ツルビニ、パロディア)の小花です。
 
小さい方から、マミラリア内裏玉。 紫の花を大きく撮りました。
 
1902  
 
この白花もマミラリアのカルメナエ。 沢山咲いてますが、大きく一輪。
 
1902_2  
 
この黄花は珍しいパロディア セントピエアナ。 この一輪、2週間ほど咲き続けています。
 
1902_3
 
最後はツルビニの昇竜丸。何輪目か? 紫の中筋、クッキリ爽やか!
 
1902cocolog
 
以上
見慣れた花を、少しアップして撮りました。 そういえば、それぞれ個性ある刺でした♪
 
 ご訪問どうもありがとうございました(^o^)

サボテンの蕾、早春定番!

立春を過ぎ、サボテンの蕾が少しづつ膨らんできたような気がします。
 
わが家で代表的な実生三種、雪晃、縮玉、バラ丸の様子です。
 
1902_cocolog  
 
雪晃の赤い蕾、暖冬にしては少し遅れ気味。 
 
蕾の数は少ないのですが、赤と白は目立ちます。
 
1902cocolog  
 
こちらはフレーム内の縮玉。
 
あっというまに蕾が一斉に! 巣から嘴だしているような!
 
1902_cocolog_2  
 
これはツルビニ バラ丸。 
 
小さいけど、春の雰囲気満載の花…待ち遠しいです。
 
以上
 
例年通り、今年も元気に蕾を上げてきました♪
 
ご訪問どうもありがとうございました(^o^)
 

パロディア セントピエアナ 早々と咲きそう

この寒い時期、無加温フレーム内のパロディア セントピエアナが早々と蕾を伸ばしていました。
 
写真のように色艶悪く、冬は縮んで用土に埋もれているのですが!
 
1901saintpieanacocolog
* Parodia saintpieana DH183
 
このパロデイア、結構鮮明な黄花を数多く咲かすので気に入っています。
 
子吹き盛んな小苗、実生(2015年)以来、消滅した苗は無く大変丈夫!w(゚o゚)w
 
ということで
耐寒中でも春を感じたアルゼンチン サルタ州の子サボでした。
 
*セントピエアナの前回記事(昨年三月、初花)は、こちら。 ・・・シワシワ姿ではない夏姿もアップしたい。
 
 ご訪問、どうもありがとうございました(^o^)
 

今年の総括、サボタニの華 

 サボタニ画像の整理を行い、今年のサボタニの華を総括。
 
一様に美しい花以外で、印象に残った華やかなものをいくつか。
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1.蕾: 蕾の形や生長の仕方は、それぞれ。  
 
 
雨ざらし下、覆っていた白い綿毛が洗い流されてあらわになった様子です。
 
Photo_6
 
②エビサボのタヨぺンシスの蕾
 
 透明な赤い刺が魅力的。 
 黄色の初花咲く一歩手前で、アブラムシで萎れてしまった。
  
Photo_4
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
  2.花と虫: 花に集まる虫に気が付けば撮っています。
 
 パキポのロスラーツムにミツバチ?が陣取っていて、その表情がおもしろかった。
 結実するかと期待したが、そうならなかった。
 
Photo_3
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
3.結実
 エビサボ衛美玉の燃えるような赤い実です。花も刺も魅力的です。
 
1807_2
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
4.花殻
 
 エビサボ紫太陽の花殻
 初花だし、次もあるので放置していたら、赤紫のカラになっていました。
 見事な散り際。
 
1806
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
5.葉っぱ
 
 パキポのラメリー変種ラモスムの最後の二葉。 
 不愛想な木と思っていましたが、緑の葉が映えてました。
 
1812
 
以上、タニサボ、華やかな表情でした。
 
今一度見直すと、エビサボやパキポの話題となっていました(*^-^)
 
 
  一年間、応援どうもありがとうございました(^o^)
 
*リンク先は、関連する記事になります。
 


にほんブログ村

ロビビア・フェロックス 白花とともに

今週、ロビビア・フェロックス実生苗に白花が出現しました♪
 
1806feroxflcocolog  
* Lobivia ferox HUN179 (W Tafna, Jujuy 3765m,Arg, heavy spined plants with mixed flower colours)
 
やはり、刺ものには白と言いたいが、この苗は先日の桃色花と違って、刺は並・・・
いろいろ出てくる実生苗・・・それが楽しい♪
 
1806lateritiaflcocolog
* Lobivia lateritia v. WR500a (Yunchara, Bol)
 
一方、こちらのラテリティア(秀麗丸)は、予想通り小ぶりな赤い初花!
厳しい姿なのに、可愛い♪
なお、先日の白花(JK380)とは、フィールドナンバー違いです。
 
 
ということで、軒下に赤、白なので、黄色。
 
1806
 
厳選して地久丸の五輪。
雌蕊パーの四輪より、数でグーの勝ち!
 
ということで、気ままに
 
* リンク先は関連する前回記事になります。
 
 ご訪問どうもありがとうございました 
応援よろしく (ポチ)
 
 

雪晃の刺リング

今朝は梅雨入り前の快晴。 咲き終わった軒下のサボ達も、そろそろ新刺だして生長してもらいたい時期です。
 
植替えが終わったパロディア 雪晃は、盛り上がっていた頂部の刺がリング状に広がっていました。
 
写真の実生苗の頭には、取り損ねた実がポツンと一つ!
刺は白く映ってませんが、生長開始時の面白い姿が撮れました♪
 
1806
 
* リンク先は前回記事になります。
 
 ご訪問どうもありがとうございました 
応援よろしく (ポチ)
 
 

パロディア金晃丸の蕾と花

軒下サボテンのノトカクタス(現パロディア)金晃丸の蕾が開きだしました。
薄黄白色の花びらは、反射光で眩しすぎ。 写真は開き始めの姿にしました。
 
1805
 
 
 二か月前、ゴミと見まがう毛むくじゃらが現れ、一昨日色付き始めたらあっという間の開花でした。
なお、金晃丸は太陽の方に幹が傾くため、鉢回しをして矯正しています。
 
1805_2
 
 
一方こちらも、外に放置状態の地久丸
雨で膨らんできましたが、頂部の白い綿毛は流れています。 
このことで、平たい茶色の蕾、一つ一つがクッキリ。 これはこれで春らしい姿、 もうすぐです。
 
18052
 
以上
元気な軒下サボの様子でした。 
なお、カテゴリー:ノトカクタスは終了し、これからはパロディアとして投稿いたします。
 
*リンク先は前回記事になります。
 
 
 ご訪問どうもありがとうございました 
応援よろしく (ポチ)
 
 

今日の椅子 4月3日

今朝も快晴。 門先の椅子に放置されているデロスペルマが開きだしました。
 
放置といっても、株分けと植え替えだけはしていますので、昨年より花数は増えました。
 
記念に軒下で開花中のサボタニと写真。
 
43
 
アロエと雪晃と偉宝丸と桃輪丸です。
 
軒下だと肌は痛みますが、花は相変わらずの美しさ。
 
 
ということで、
 
これから時々、玄関先の様子を報告します。
 
 
 

パロディア セントピエアナのダイダイ色

ロビビアやエキノケレウスなどのサボ花の片隅で、パロディア セントピエアナParodia saintpieana DH 183の蕾が開きだしました。
 
実生三年、半分以上の子苗(2,3センチほど)に黄色の蕾が見え出し、驚いています。
 
しかも、いくつあるのか判らないほど子付きして、シワシワで縮こまっております。
  
1803
 
体調悪そうな色艶ですが、花は鮮やかな橙色。
 
1803_2
 
消滅する危惧もなくなり、このままで良いんだと・・・・・・ほっとガッテン。
 
* このパロディアの前回記事は、こちら
 
 

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ