サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

リトープスには厳しい夏、でも元気な姿も

やっと梅雨明けし、日差しが戻りましたが、一転厳しい暑さ。

そんな異常気象なので、日照不足のリトープスはバテ気味。特に、実生1年の苗は、旧皮だけとなってしまったものが多数。 

そんな様子を載せても後の祭りなので、元気なリトの姿を。

1907olivacea

* Lithops olivacea  SB1998

実生5年になるオリーブ玉は縮んで、窓だけ出している姿です。

褐色気味の窓もありますが、秋には全て緑色になる予定。

1907_20190730185501

* Lithops ruschiorum

こちらは久しぶりに登場。実生6年の留蝶玉です。

分頭している小苗も、縮む、皺が寄るということも無く、脱皮直後の様子を維持しています。

1907vanzylii

* Dinteranthus vanzylii 

こちらは、実生7年のディンテランタス バンジリィ(稜耀玉)。

前回、脱皮中の面白い姿を報告しました。三か月経つと、旧皮は吸収され、かなりのボリュウムの感でてきました。

以上

夜も蒸し暑い日で体力消耗しますが、あと一月。このままで。

*オリーブ玉の前回記事(今年3月、脱皮後のイキイキ姿)は、こちら

*留蝶玉の前回記事(昨年1月の脱皮中の姿)は、こちら

*稜耀玉の前回記事(4か月前の脱皮中の姿)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

梅雨のリトープス、ピンクのベルト出現

今朝も雨。日が欲しいエビサボ タヨぺンシスの花、昨日同様、半開きで停止中。

湿気もあるのでリトープスの様子も気がかりです。 そんななか、良い色合いに発色している苗もありました。

1907halliicocolog

この小苗は、名無しリト(巴里玉と推定、2014年実生)。 今春のバザー時、他の半分以下の大きさだったため手元に残したもの。

日を浴びて灰色になった側面にピンクのベルトが現れました・・・斑入りで小さかったのだとガッテン。

1907kennedyicocolog

*Lithops villetii kennedyi C229A、2014年実生

こちらは、麗典玉系ケネディー。 今回の脱皮で頂面が歪んでしまいました。

その割れ目にピンク! 渋い頂面や灰色の内面と良いコントラスト。

割面が広がると出現するようですが、かなり目立っています。

そのほか、例年通り、頂面外縁部が色鮮やかになった植福玉や福来玉も。

以上

日焼けした側面に浮かび上がった華やかなピンクのベルトでした。

*リンク先は、その種の前回記事になります。

☔ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

昨年の実生リトープスの生長

今日は朝から雨。ゆっくりと、黒の寒冷紗を被っている昨年の実生リトープスを眺めました。

半透明の緑の玉?になっているのは澄青玉。

模様に邪魔されず、緑色でスッキリ、気持ち良し。 

見すぎて、生長のバラツキや夏越しの心配・雑念が湧いてしまった。

1906herreicocolog

 Lithops herrei 'translucens' C236, clear green windows

花紋玉系トップレッドは、何回目かの脱皮中。ネット購入した種子を蒔きました。

まだ1年も経っていませんが、元気な赤い頂面です。

1906topredcocolog

下の苗は花紋玉系栄玉(Sumitatum)。 三年前の苗は赤褐色の頂面でしたが、今回は黄褐色が主かな。

トップレッドと共に、今年2月時点から見違えるほど大きく生長しました😃

1906sumitatam-cocolog

* L. karasmontana 'Summitatum' pale brown body, big humps

以上

澄青玉の澄んだ姿とともに、期待されている赤褐色の小苗たちでした。

*澄青玉の前回記事(実生4日目)は、こちら

*トップレッドと栄玉の前回記事(今年2月)は、こちら

☔ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

脱皮後のリト 巴里玉五種ぞれぞれ

脱皮後の新葉の生長も一段落したリトープス・巴里玉五種、それぞれの様子です。

1906halliochracea-cocolog

*Lithops hallii ochracea Stinkwater very nice,2013年 実生

この赤褐色はオクラケア(褐巴里玉)

テカテカした頂面と分頭した姿、今が旬という感じです。

1906halligreensoapstonecocolog

*L. hallii ’Green Sorpstone' C111A pale green freak, 2013年実生

この黄緑色二苗はグリーンソープ ストーン(黄巴里玉)。 

この六年間、増えも腐りもせず、花も咲かずヒッソリしています。

五年前購入したピンク色の巴里玉も、大きくなりもせず現状維持。

1906halliigeelkop-cocolog

* L. hallii Geelkop,subtle blue-grey milky hue、2015年実生

一方、ヒールコップ(L. hallii Geelkop)は、鉢一杯に生長しました(なぜかこの鉢だけですが)

窓には微かにブルーの色合い。

次期は分頭かな。

1906halliiklippunt-cocolog

*L.hallii Klippunt, Upington,wonderful bluish reticulate form、2015年実生

細かい網目を刻んだ頂面が特長のクリプント(L hallii Klippunt)。

ブルー系の網目というほどでもなかった。

以上

数年前に実生した巴里玉の現状でした。画像から判るように、開花したのは二株、数も二頭立て・・・それゆえ現状、頂面の模様が命です。

* リンク先は、それぞれの前回記事になります。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

久しぶりにカルクルス、ペルシダム、そして紅大内玉健在

皮を被ってインスタ映えしないコノフィツムの現状を久しぶりに

・・・この静かにお休み期間は、次の生長には大切なステップなんですが、6月登場は初になってしまった。

1906cocolog

緑色がまだ残っているカルクルス実生苗、白色の小苗は、何時も早く土色になります

1906-cocolog_li

たくさんの白花が咲いたペルシダム パルディカラー、少し薄皮破れて濃い緑が見え、今年も増えそうです

・・・・・・赤紫、なに?紅大内玉の小苗が転がっていました(写真では、白い名札との間に挟まれて旧皮しか映っていません)

・・・この冬、ヒヨドリに紅大内玉がいたずらされましたが、その時のもの!

抜き苗のまま脱皮したということになります!

早速、同期の紅大内玉の鉢へ(右下小苗)。啄められて直ぐ植え替えた苗(左2苗)に比べると小さいのですが、気長に

1906-cocolog_1

* 紅大内玉、2017年実生

以上

偶にはコノフィツムだったんですが、大切なリトの救済につながりました

*リンク先は、関連する前回記事になります。

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

リトープスの一斉分頭 実生五年目

夜半の雨も上がり、今日も暑くなりそうです。 日差しが高くなり、万遍なく日に当てるためリトープス鉢の上下の移動を行いました。

そこでリト、脱皮が完了し、一斉に分頭してきた鉢もありましたので記録しました・・・秋には植え替えもありますので。

今回は五年前(2014年)に実生した八種です(ABC順)。

1905_37

*Lithops bromfiedii Welgevonden very very nice

初めは、テカテカした暗褐色の柘榴玉、渋さにボリューム感が加わりました。

1905_35

* Lithops bromfieldii insularis 'sulphurea' C362 green monster

一回り小さい柘榴玉系の黄鳴弦玉、今年初花、秋になるとしっとりした緑色になるのではないかな。

1905_36

* Lithops bromfieldii mennellii C44 grey brown top, red lines

こちらは柘榴玉系雀卵玉。太い線模様が特徴です。頂面の色で印象大分違います。

1905coleorumcocolog

* Lithops coleorum SH1500 TL beatiful new dwarf

小型で独特の姿をしているコールオルム、眺めるだけで嬉しくなります。

1905_38

*Lithops helmutii EH65 ex TL, n steinkopf streaking windows

これは青磁玉。清々しい色合いが好みです。 水やりすれば大きくなりますが、立ち上がる(間延びする)のが嫌で、秋までこの体勢維持です。

1905elisaecocolog

* Lithops marmrata elisae C251 coase ivory spots

大型の繭形系エリーザエも分頭してきました。模様が薄いので、肌色が命。少し立ち上がってます。

1905_34

* Lithops naureeniae Goraap Farm dark speckled green

これは暗褐色の頂面に島が浮かぶノーリーニアエ、初花が結実しているようです。これも立ち上がるので、軽石に埋もれさせてます。

1905_39

* Lithops otzeniana Towskoppie, Loriesfontein window with fine lines

最後は大津絵。特徴の細かい線(島)模様が褐色の窓に映えています。

以上

実生五年目、この時期しか眺められない一斉に分頭した姿でした。そして、努力が報われたという記録でした。

*リンク先は、その種の前回記事になります。

☀☁ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

のっぺらぼうのリト白薫玉

肌寒い朝となりましたが、これから暑くなるようです。 強い日差しもあってリトープスの点検は怠れません。

その際、不思議な姿におや?と思った花紋玉系白薫玉をご紹介。

1905_27

*2007年実生

何しろ、頂面一つの丸顔。しかも模様が薄いので・・のっぺらぼう! 

いつも調子が悪く、脱皮に変調きたしたようです。

お気に入りのリトゆえ、幾度か購入種子で実生を試みてきましたが、発芽後の生育率はゼロ。

このままでは消失しかねないため受粉し、実生しました。

それから二年、数は減りましたが、白い頭となってきています。

1905_28

*2017年実生

ということで、

お気に入りのリトを早めに実生していて正解でした。 

* 一年前の白薫玉の姿は、こちら

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

リトープス 脱皮で三,四頭

脱皮後のリトープスの生長は少し進んできました。 今回は脱皮で単頭が三、四頭立てになり、少し得したような例を。

1905_23

Lithops bromfieldii insularis 'sulphurea' C362、2014年実生

 写真上は、一挙に三頭に増えたのは黄鳴弦玉。 旧葉から、小ぶりの新葉二つが脇から現れてきました

水やり頻度が多い小苗では偶に発生していますが・・・今まで静かにしていた苗がいきなり三倍です!

・・・・・・

四頭立ては、二重脱皮後に分頭し、さらに旧葉両脇からも二頭出てきた例です

1905_22

Lithops otzeniana green attempts、2014年実生

写真の緑大津絵では二例出現。 腐るかもしれなかった二重脱皮を乗り越えました!

花は咲かずに、増え続けるということを暗示している?

密集した苗の並び方、どう変化するか興味あります

以上

*リンク先は、それぞれの前回記事になります

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

あか抜けてき渋い和風のリト 寿麗玉フスカス

日中暑くなり日差しも強いため、脱皮が完了したリトープスの棚(上面と西側)を30%ほど遮光しましたので、久しぶりに現況報告します。 

それも私の好み、渋い和風の寿麗玉系フスカスを。

1905fuscouscocolog

*Lithops julii 'fuscous' mottled milky grey brown top、2015実生

これは4年前に播いたフスカス。 赤褐色の模様や窓一面などを完全アップしました。

灰褐色というか白銀の光などもあり、他にはない渋さと思います。

1905superfuscouscocolog

* Lithops julii SB2157 SW Karasburg, Nam. super fuscous pattern,2017年実生

こちらは、それに続けと三年前に播いたフスカスのアップグレード?、スーパーフスカス苗です。

窓一面が濃い赤褐色の苗。色の変化ぐらいしか楽しめませんが、この温かい渋さが特長です。

以上

個性的な渋い和風のリト、脱皮するごとに垢抜けしてきた様子でした。

*寿麗玉フスカスの前回記事(昨年3月)は、こちら

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープス麗虹玉ゾロ、脱皮前後の様子

リトープスの脱皮は、ほぼ完了。苗の様子(数、模様、色など)が判るようになってきました。

その中で、お気に入りのリト、麗虹玉”ゾロ”(2015年実生)の様子から。

1904zoro11

*left: Lithops terricolor 'peersii', right; L. dorotheae 'zorro'

上の写真は昨年11月末の脱皮前の姿。 ごく普通の苗、下中央の苗の模様がどうなるかなという程度。

 

1904zoro3

写真上は今年3月末の様子。みな行儀よく脱皮してます。 

注目苗(下中央)の線模様が鳥足風に変化して、明るい感じに!

 

1904zoro1cocolog

更に一月経って脱皮完了、現在の様子。 右下苗も脱皮で模様が大きく変わり、線も細くなっていました!

この間、大きく育っていませんが、それぞれ少し垢抜けしてきたように思う。

いつも一緒の碧瑠璃系麗春玉は多数の透明点のみですが、ほんのりピンク色に!

以上、ここ5か月間の、それぞれの変わり様でした。 

ということで、脱皮の都度、楽しみのネタはつきません。

* 麗春玉と麗虹玉の前回記事(1年前、華はこれから)は、こちら

☔ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ