サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

多肉の表情 紅葉と彗星

めっきり秋らしく、朝晩冷え込んできました。

1911_20191115102501

パキポディウム ホロンベンセは鮮やかに紅葉していました。

この後、落葉して休眠です。

1911_20191115102502

一方、リトープスはこれからが本番。毎日、蕾が発生中。

写真の大津絵は、代わりに彗星! 星雲も!?

群生株隙間からの朝日です。

ということで

秋本番の今朝、多肉の表情でした。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

リトープス小型二種 黄花満開です

好天気ゆえリトープスの蕾も結構開きだしました。きょうは小型種の黄花です。

1911_20191112171301

Lithops dinteri v.brevis C84、2015年実生

血赤点が疎らな神笛玉系惜春玉、小さい苗にしては黄花全開です。

1911_20191112171401

L.schwantesii v. marthae C299、2012年実生

こちらの小苗は赤血色線模様の招福玉系絢爛玉。

ポツポツと咲き始めてきました。

それぞれ、多頭の小型苗を目指していますが、実生5年で2頭。

丈夫が取り柄、当分、寄せ植えの群開です。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープスの模様を隠す白花

リトープスの黄花に続いて、白花の蕾がでてきました。

1911_20191109165003

写真のリトは頂面の模様に特徴のある不明種、多分寿麗玉系。

これでも実生12年、消滅しなければ良いんです。

1911_20191109165002

太くて渋い線模様(左)と、赤い?網目模様(右)が気に入っています。

1911_20191109165001

こちらも実生12年の花紋玉系白薫玉。

こちらは窓模様の無い苗、のっぺらぼうの窓付きに一輪です。

以上

ポツポツと蕾が見え出し、あ~このリトも動いた!と楽しんでいます。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープス微紋玉C278は、お花畑

現在、リトープス微紋玉C278の花が真っ盛り。

1911_20191105165301

Lithops fulviceps C278

手前の鉢は、九年前”おまかせセット”で購入した一頭由来。 今回初めて一斉に開花しました。

奥の二鉢も岡本氏由来で、12年前に混合種子を播いて出てきた微紋玉。ここもお花畑😃

ということで

ごく普通の苗と花ですが、咲き揃うとイキイキ感満載、眩しいです😃

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

大津絵アクアマリーンの島に穴!

リトープス大津絵は、現在膨らんでイキイキとしています・・・黄花咲いていませんが😅

1911_20191104140402

*Lithops otzeniana 'Aquamarine' C128A, 2013年実生

写真上は色と姿がバラバラのアクアマリーン。二頭立て3苗、三頭立て1苗、5頭立て一苗です。

このうち5頭立ては、今春3頭立てが分頭して増えた結果ですが、何かおかしい!

分頭しなかった1頭の窓に注目!

1911_20191104140401

島に穴が開いています!こんな形、初めて見ました!

アクアマリーンに穴? 

そうか、サンゴ礁にブルーホールということか😃

*アクアマリーンを含めた大津絵の前回記事(今年3月、脱皮中)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

メセン各種の実生 一月経ったけど

今秋実生し、一月経たリトープスやモニラリア等数種の現状報告です。

1911cocolog_20191102175602

最初はリトープス紅大内玉。自家採種だけあって元気に生育中です。

横になった苗は、砂を蒔いてまっすぐにしています。(こうする方が、生長良いみたいなので)

1911cocolog_20191102175601

こちらはレッドオリーブ。小さい苗ですが順調です。これから赤くなる予定。

1911-cocolog

この双葉は、発芽良好のモニラリア モニリフォルミス。 そろそろ本葉かな~という段階。

1911cocolog

おまけのメストクレマ マクロリズムは、双葉の間から1ミリほどの葉が!

何枚撮ってもピンボケ!? 虫眼鏡で確認すると、表面は水泡状でモヤっと・・・、なるほどとガッテン。

一方、ケープバルブのアルブカ スピラリスは全く音沙汰なし・・・

どうしてかな~と・・・コンコルディアナ(オルニソガルマ コンコルディアナム)を先日蒔いてみました。

ということで

発芽して順調の苗がある一方、発芽するのかな~という段階もあります。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

今日はリト雲映玉の薄墨

今朝は珍しく濃霧。沼津アルプスや天城山の麓、函南平野は一面雲海の下!

1910_20191030205102

*中央奥は天城山、手前は沼津アルプス、ここは愛鷹山。

それゆえ・・・夕方出迎えてくれたリトープスの雲映玉(^-^;

薄墨色もいいな~

1910_20191030205101

Lithops werneri C188, 2015年実生

⛳ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープスの黄花にアシブトハナアブ

リトープスの黄花に大きなハナアブ!

黄鳴弦玉C362の花紛を独り占め。

アシブトハナアブのようだ。

1910cocolog_20191028201901

とうことで

リトのお花畑で食事中の夕方、和やかな一シーンでした。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープス黄花三種、雀卵玉C44の初花など

夕方まで日が差していたため、開花中のリトープス、黄花の紹介です。

1910_20191027173403

雀卵玉C44に初花一輪、ハナアブ付き。頂面の褐色と模様に特色があるため5年前に実生しました。

分頭しての開花です。

1910_20191027173401

これは同期の柘榴玉。渋い頂面を隠すほど黄花一杯です😃

黄鳴弦玉も咲き続けており、5年前に播いた柘榴玉系リト全てが開花したということになりました😃

1910_20191027173402

この大輪の黄花は富貴玉。12年前実生した、混合種の名残です。

以上

黄花定番の日輪玉の蕾も伸び、少しづつ賑やかになってきました。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

リトープス アミコルムの白花など

昨日やっと夕日を浴びて、リトープスの蕾が開きだしました。初花となったのはアミコルム、招福玉グリエルミーの実生苗。

1910-cocolog_20191024090602

Lithops amicorum TS67, 2014年実生

白花とは知らなかったアミコルム、実生5年目にして一輪。 

気品のある頂面ですが、気難しくて二重脱皮のまま開花。

1910-cocolog_20191024090601

*L. schwantesii 'gulielmi' C184,、2014年実生

この初花は招福玉グリエルミー。 頂面は期待に反して地味色なんですが、丈夫なところが良いです。

1910-cocolog_20191024090501

L. bromfieldii v insularis 'sulphurea' C362, 2014年実生

こちらは、今季三頭立てになった黄鳴弦玉。濃い緑に映える黄花。なかなか😃

以上

月末まで日照時間が少ない日が続きそうです。蕾が開くか、軟弱にならないかと心配事多くなりそうです。

*リンク先は、それぞれの前回記事になります。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ