サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

リトープス・紫李夫人の実生苗です

今年蒔いたリトープスの発芽と生育は、例年になく順調♪  その一例報告です。
 
写真は紫李夫人Litops salicola " Bacchus"の実生2か月の様子。
 
1711
 
一袋蒔いて12個の小苗、揃って大きくなりました。 発芽率120%?
 
昨年蒔いたバッチは、生え揃わず、生育も不要で、結局消滅。 正直、驚いています(種子の新鮮さ?)。
 
 
41711
 
四年前に蒔いた苗(写真上)に花が咲いて結実でもすれば良いのですが、その兆候は全くなし。
 
 
とういことで、
 
理由は不明なんですが、今回の実生は今のところ順調。 いつか増殖という希望が湧いてきたところです。
 
 
*紫李夫人の前回記事(2年前、発根の様子)は、こちら
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いしますcherry
 
 

紅大内玉実生苗の植替え、大変な作業でした

九月に蒔いたリトープス紅大内玉の植え替えを、急遽昨日行いました。
 
何しろ、自家採種ゆえ種子量が多く、また発芽率が良かったため窮屈になってきたためです。
1711
 
写真は、今年蒔いたリトープス鉢の様子。 緑色が濃い鉢は、自家採種(紅大内玉、トップレッド、白薫玉)由来の鉢です。
 
 
1711_2
 
紅大内玉の1鉢をひっくり返すと、根は長く伸びてまずまずの状態です。
 
これを解いて、一つ一つ等間隔に実生用土へ植え込みました。
 
途中、根が切れてしまうこともありましたが、気にせず作業。
 
その数243、8鉢になりました。
 
1711_3
 
 
ということで、
 
大変細かい作業を、一つも残さず完遂しました。
 
種子を爪楊枝で一つ一つ、スペースを考えて蒔いた方が余程楽だな~と思いながらの作業でした。
 
密集している自家採種由来の花紋玉などは、試しに来春まで放置するつもりです。
 
 
 
*紅大内玉の前回記事(実生二週間ほど)は、こちら
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いしますcherry
 
 
 

琥珀玉 ボヤっとした一瞬

今朝、雲間からリトープスに日がこぼれ、琥珀玉が浮き上がっていましたので、この話題です。
 
写真は横から見た琥珀玉C143Aの薄い橙色。
 
ぼやけた寝顔のようです。
 
 31711
 
しかし、上から見れば、カメラ目線のゼブラ模様。
 
実生3年、黒褐色の線模様は、ますます魅力的になってきました。
1711
* Lithops karasmontana  bella C143A striking zebraic pattern
 
 
こちらは、9月下旬に蒔いた琥珀玉C295。
 
より太い線模様になるはずですが、今はみな同じ。
 (名札傍に、三面体の小苗)
 
1711_2
 *Lithops karasmontana bela C295 very wide jagged windows
 
以上
 
今年も、花より模様が魅力の琥珀玉の現況報告でした。
 
*琥珀玉の前回記事(今年3月、脱皮中)は、こちら
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いしますcherry
 
 
 

この赤と緑色がステキ!

11月も中旬、やっとコノフィツム ”浅間の虹”に蕾が出てきました。
 
丈夫で、よく増えるのですが、植え替えや水やりのタイミング、日照の具合で遅いのでしょうかね~
 
ともあれ、五つほど ♪
 
1711
 
 
一方、 軒下サボにも蕾が膨らんでます。
 
ロビビア マキシミリアナの赤い蕾。 寒くなっても萎れず、緑肌に映えています。
 
1711_2
* Lobivia maximilliana R202
 
ところで
 
外出中の昨夕、水たまりができるほど雨。外に置いていたリトープスは、ずぶ濡れになってしまいました。
 
今朝見ると、肌が綺麗になったように感じました。
 
写真は、これでも実生10年苗。 蕾は出てきませんが、魅力的な花紋、福来玉と思ってます。
 
1711_3
 
 
* ”浅間の虹”の前回記事(4年前は4頭)は、こちら
* Lobivia maximilliana R202の前回記事(先月の別苗。この蕾は萎れた)は、こちら

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いしますcherry
 
 
 

多肉の白花、勢ぞろい

この頃の安定した日照により、やっとリトープスの蕾が上がってきました。
 
1711
 
しかし例年に比べ、いまいちの成績ですが、やはり日に光る花びらは良いですね~
 
写真は花紋玉や福来玉の白花です。
 
 
 1711_4
 
こちらは、咲き続けているコノフィツムのパルディカラー。
 
昨年より多く開花し、苗は充実しているようです♪
 
 
1711_5
 
こちらも咲き続けているパキポディウム 白馬城の花束です♪
 
薄紅が艶めかしい。 
 
 
ということで、
 
やっとリトの白花、しかし、白馬城とパルディカラーは終盤、つかの間の勢揃いです。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

地区文化祭に出品

この三連休の日曜日、地元公会堂では文化祭が開催されました。
 
今回、日頃栽培している南アフリカの多肉植物、”生ける宝石 リトープス”を12鉢ほど展示しました。
 
花紋玉、福来玉、微紋玉、招福玉、日輪玉、オリーブ玉、大津絵、紅大内玉、寿麗玉、李夫人、不明種など、色彩や形が異なる実生苗達。
1711
 
人様に見せるほどの出来栄えではありませんが、お話しするキッカケになれば・・・ということです。
 
反応は・・・
 
・ これ何? 粘土とかの作り物? キノコ?
・ 10年!気が長くないと! 
・ 水やり少ないので、手間がかからないでしょうね。旅行するにも・・
・ 子供がいるので、トゲのない多肉を始めてます~
・ 可愛い! これヤバいです。 
・ なかなか手に入らないのよね~、どこから?
・ 購入したらブヨブヨになってしまって・・・
・ これからブームになるかも。
 
リトープスを初めて見る人が殆どで、その生態(脱皮、分頭、自生地の様子)や、多様な模様・色合いに皆さん驚かれておりました。
 
 
ということで、
 
午前午後、付きっ切りで説明。 終了後の薄暗い中、自宅の棚にまで訪れてくれた熱心な人もいて、なんとか交流をはかることができました。
 
来年も、にぎやかしで行こう!
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

リトープスの火傷

10日ほど前、外出中に西日で茹で上がってしまったリトープスの、その後の様子です。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
雀卵玉実生苗6個の緑色になった変色部位は、現在白く凹んできました。
 
傷の進展がこのままで落ち着けば、生き延びるかもしれません。
 
基部の新芽まで及んでいれば、✞
 
1711  
 
・・・・・・
 
そういえば、この種のガチガチの火傷跡は、大きく膨らんだ開花株でも有りました。
 
病気が虫害かもと思っていましたが、’太陽の子’でも強い日差しを真面に受ければたまりませんね。
 
 
自生地では土中に埋もれて、暑さや日差しから保護されているので、軽石をもっとかぶせる必要があるのかも等・・・
 
 
ともあれ、
 
快晴で無風の日の西日は危険!と改めて思った次第です。
 
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

昨日の失敗

今日も快晴。 リトープスには、待ち望んでいた日差しが続きました。
 
しかし、雨が続いていた後なので、少し強すぎたようでした。
 
昨年蒔いたリトの雀卵玉C283の半分ほどが、茹で上がった症状になり、緑色に変色していました。
 
C2831710kokorogu
 
西側側面が軟弱となっていましたので、不在だった昨日午後の日差しがまずかったようです。
 
油断していました。
 
 
幸い、同じ棚に置いていた、ほかの実生小苗達は大丈夫なようです。
 
また、一月前に蒔いた雀卵玉GM463も元気です。
Gm4631710kokorogu
 
 
ということで、
 
リトープスには晴れの良い日と思っても、トホホの事態発生。 
 
昨日の失敗は今日の糧、次の苗たちに活かさなければ。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

初雪化粧の富士山

昨日は一日中雨でしたが、今朝は秋晴れ。 久しぶりに伊豆の方に遊びに・・・その時のスナップ写真です。
 
まず、山頂付近が雪化粧で輝いていた富士山です。さらに南アルプスにも白いものを確認できました(富士山手前山塊は愛鷹山です)。
 
いよいよ冬の訪れかな。
 
1710
 
そして、足元には毒キノコ。傘が開いていたものも多数。
1710_2
 
帰宅すると、リトの寿麗玉の白花が咲いてました。
1710_3
 
以上
とりとめのない話題でした。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

リトープス ポツポツ黄花

昨日午後、日差しが戻り、リトープスの蕾が開きました。
 
しかし、今朝はまた雨。 それも台風が控えているので、これから室内に避難させます。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
ということで、 一瞬の晴れ間に咲いた黄花三種です。
 
これは麗虹玉の丸い黄花。 
 
昨年状態が悪かった小さい苗に小さい花です。 他は不発(トホホ)。
 
1710
 
 
こちらは、紫勲系の弁天玉。 こちらも病み上がりでの開花です。 
 
紫勲系は大きくなる前に痛んでしまい、苦手です。
 
これからどうなるのか? 
 
1710_2  
 
こちらは富貴玉。 
 
大型種ですが、せいぜい二頭どまりでガチガチになってしまいます。
 
1710_3
 
 
以上
 
今月の日照不足で蕾の発生が芳しくなく、やっと三輪でした。
 
早く秋晴れが欲しいです。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ