サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ハエマタンサの白い綿毛 動じず

今朝は快晴、暑くなりそうです。 
 
玄関脇のパキポの白馬城の白花が沢山咲いてきました。他の株の蕾も膨らみだし、いよいよ盛大に!
 
1910
* Pachypodium saundersii
 
ということで、白いもん探しました。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
コノフィツムのパルディカラー。 植替え後、真っ先に咲きだしました。
 
今年は根や旧皮などあまりいじらずに植えたのが良かった? 私には良い成績です♪
 
1710
* Conophytum pellucidum 'pardicolor'
 
 
サボの白花は?  今日は久しぶりにハエマタンサ(Lobivia haematantha v. rebutioides WR585a)。
 
花ではなく、上部の綿毛です。
 
実生5年、遅々とした生長ゆえ、恨めしく眺めている白いもんです。
 
願っても動じず、いつも白い点。
 
Haematantha1710cocolog
* Lobivia haematantha v. rebutioides WR 585a
 
以上
白花にひっかけて、なかなか主役になれないサボを引っ張り出してきました(実生5か月以来でした)。
 
同期の細長いハエマタンサ ヤシマネンシスが初花迎えましたが、どうぞ腐らずに!
 
 
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

ホロンベンセ一同です

今週に入り一段と肌寒くなってきました。
 
白花が咲きだしている白馬城以外、新葉の発生が止まったパキポは冬に備えて充電中です。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
昨年まいたホロンベンセが早々と葉が赤くなってきましたので、ホロンベンセを一同にまとめました。
 
これは高さ八センチくらいで可愛いのですが、油断なりません。太る前に広がります。
 21710
 
こちらは、実生八年のホロンベンセ。 
 
樹冠五十センチほど、立派になりました(少し広がり過ぎですが、今晩は雨に打たれます)。
 
日当たりの良い、駐車場脇に置きっぱなし(冬は室内、どうなるか?)。
 
1710  
 
 
最後は挿し木のホロンベンセ、アンバランスで貧弱です。春先、上の株を枝抜きし、挿したためです。
 
この経験が役にたちました。
 
根腐れしたロスラーツム主幹から正常な枝を切り取って、救済できました(写真手前)。 
 
1710_2  
 
以上
 
地味なパキポ・ホロンベンセは年数が経つほど、それなりに立派になってきました。
 
赤くなる紅葉も良いのですが、それとともに室内に取り込む算段をしなければなりません。
 
 
*ホロンベンセの前回記事は、こちら
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

今朝の赤、白、黄色の花

今日はヒンヤリ、静かな朝を迎えました。
 
久しぶりにロビビアのニグロストマの大輪が咲いていましたので、赤花、白花、黄花の今朝の出会いです。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
まず赤花、秋になっても咲き続けているロビビア ゼケリLobivia zecheri K838の美花。 
 
Photo
 
 
白花は、今週になってから開きだしてきたパキポの白馬城です。
 
開花二年目となって、三輪同時開花となる。 体力ついてきた?
 
 1709_2
 
 
ニグロストマの黄花Lobivia jajoiana v. nigrostoma、何時も見ても華やかです。
 
目元パッチリしすぎ。 秋の雰囲気には、なじんでいませんね~
1709_3
 
 
ということで、
 
見慣れた美しい花の秋の出会いでした。
 
 
ところで、Lobivia krahn-juckeri BLMT798.03の初蕾は、場所に移動した影響ゆえか落下してしまいました。 失敗しましたが、良い教訓を得ました。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

朝日を浴びたサボタニ 元気になる♪

今朝はサボテンの水やり作業でした。
 
その際、朝日を浴びるサボタニの様子を見て、良いな~と思ったこと。
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
今が旬、ツルビニのハウエルニギーの蕾が見えだしてきました。
 
秋になって丸々と太り、このプクプク感がたまりません。 
1709
 
こちらは、パキポのロスラーツムの刺。
 
頂部のトゲトゲは見慣れてしまってチラっとするぐらいですが・・・
 
こちらも朝日を浴びて気持ちよさそうなので記念に。
 
1709_2  
 
 
 
同じような出方!の白馬城の蕾
 
勢いのある姿です。 こちらも元気になります♪
1709_3
 
以上
 
今日も普段どうり、サボタニの表情報告でした。
 
* 前回記事は、それぞれのリンク先を参照してください。
 
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

白馬城、秋の花に

今朝は台風18号の接近に備えて避難準備、もちろんタニサボです。
 
普段放置状態のパキポも風で傷まないよう、場所を移動しました。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 1709_3
写真上はパキポの白馬城(Pachypodium saundersii)の枝先の蕾。
 
昨年の初花時に比べて四倍、四十個ほどの蕾が主枝(4カ所)に密集しました。
 
側枝にも発生し、一段と株が充実してきたようです。
 
 1709_4
 
主幹も太くなり、4.5号PL鉢も窮屈状態です・・・・・・
 
元気なので、まあ良し。
 
 
 以上
 
白馬城の元気な蕾と清楚な白花、秋の季節の花として定着してきた気がします。
 
*盛夏に咲いた白馬城の花は、こちら
 
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

パキポ天馬空と雑草

今年枝抜きしたパキポのサキュレンタム(天馬空)、最近葉が痛みだし生長が止まってきました。
 
そんな隙を狙ってか、小さな雑草が!
 
この鉢には、コニシキソウ。 隙間の典型的な雑草、早めに抜きました。
 
1709
 
 
こちらの鉢には小さなブタナ。 
 
タンポポモドキなので黄色の花が咲き、たくさん種を付けるので厄介。この小さいうちにすぐ摘まんだ。
 
サボテンの鉢だと、ピンセットで抜くしかありませんが、塊根なのでスッキリと。
 
1709_2
 
 
カタバミとかスミレも小さいうちは可愛いですがね~
 
以上、 静かな秋の気配を感じましたので。
 
 *サキュレンタムのリンク先が、前回記事(株立ち姿)になります。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

シナシナ、イキイキのホロンベンセ 

実生七年、大きくなりすぎて駐車場脇に置いてあるパキポのホロンベンセのこと。
 
何時もより枝が広がりシナシナ、押すとペコペコ!
 
早速、たっぷり水やり。 
1709
 
さらに台風の影響で夜中に雨が降り、十分すぎるくらい吸わせました。
 
おかげで、翌朝は三本の太い枝が見えなくなるほど立ち上がりました。
 
排水性良い用土ゆえ、水不足には注意しているのですが・・・しかし、分かりやすいサイン。
 
1709_2
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
一方、写真下は昨年蒔いたホロンベンセ小苗4本。 頻繁に水やりしているので、背伸びしてます。
 
すぐ大きくなるので辛めの管理をしたいのですが、この葉を見ると恵比寿の残り水をあげたくなるのです。
 
11709
 
以上、
辛めの管理も難しく、甘やかしてすくすく育ちすぎているホロンベンセ達です。
 
 
* ホロンベンセそれぞれのリンク先が、前回記事になります。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

真逆だった恵比寿笑い実生鉢

昨日は、羽生市民プラザで開催されていた“サボネットオフ会”、さぼたに愛好家の集まりに初参加しました。
 
競りは100円から始まる気安さとともに、和やかな雰囲気が漂っていました。
 
そして、自由時間の合間に、諸先輩から栽培状況やコツを丁寧に教えて頂き、早朝から出かけた甲斐がありました。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
さて、
今回、恵比寿笑いの夏の栽培管理について教えて頂き、なるほどとガッテンした点を少し。
下の写真は、そのポイントを咀嚼して実行した今日の様子です。
 
1708
 
それは鉢を熱くしないよう工夫したことです。
 
 
夏場、黒プラ鉢は直射日光で触れないほど熱くなります。 これが良いのだと万遍なく鉢回ししていたのは、余計なお節介でした。
 
 
そういえば1。 植替え時に腐った苗は、根が蒸れていました。  
 
根が発根しないうちから、鉢を熱くすれば熱中症状態になりますね~・・・ 
今年は、植替えストレスに上乗せして負荷をかけてしまったのだと反省。 
 
そういえば2.
 今年は六回実生をしましたが、 一番元気そうなのが先月、駄温鉢に蒔いた苗です。
 
 実際、壁からの水分蒸散によって、熱がこもらないようです。
 黒プラ鉢の苗は暑さにまいって双葉も傷み、新葉の出方が遅いです。
178
 
そういえば・・・子苗を寄せ植えする際、 鉢壁から離して植えていた。 残暑の時期、蒸れるような午後の日光が苦手のような気がする等々、今回に関連する点が・・・
 
そして、とりあえず
 発砲スチロールや段ボールで遮光して、温度上昇しすぎない工夫をしたということです。
 
 黒プラのリトープスでは、すでに段ボールで遮光して、午後の日光で鉢が熱くならないようにしていましたが、 まさか恵比寿でとは・・・
 
 
以上、
赤羽より以遠、初めて電車で出かけましたが、それなりの収穫と、栽培の壁を少し取り払うことが出来ました。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

サキュレンタムの株立ち

昨日は、雨で濡れたパキポの緑肌の表情でした。 
 
まず、初めに濡れた塊根の様子。細根が緑色になるくらいで、芋はどっしりしてました。
1708
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
上の苗は、実生時から 5本立でしたが、以降はこの姿を目指して主枝をスパット切った苗の様子です。
 
ひょろひょろ伸びた一本の主枝を切って2か月、6月頃には枝が出そろい若葉が綺麗でした。
561708
 
それから2か月経た現在の姿。5本立となり、生長も止まってまずまずです。
51708
 
別の苗もこんな風に6本立ちになってます。 塊根から出た新芽二つも立派な枝になりました。
 
まだ伸びている枝が、気になります。
61708
 
結局、苗5個の枝8本を切った結果、28本(1苗当り3本から9本)の株立ちの姿になりました。
 
但し、 現在30センチくらいに伸びている枝もあり、来年以降更に枝抜きして形を整えなけれならないようです。
 
水のやりすぎかな~
 
以上、実生以来初めて手を加えて、それなりの姿になってきましたが、毎年手入れをしないといけないという当たり前のことが、判ったという次第です。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

 

パキポの濡れた緑肌

当地は昨夜雨が降り、サボタニには良い湿り気となりました。
 
また、パキポの幹がしっとり濡れ、良い色合いになっていました。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
まず、ホロンベンセの根元。 
 
濃い緑色肌、気根、刺、枝抜きの跡など、実生から八年の風雪の跡です。
 
1708
*Pachypodium horombense
 
つぎは、ロスラーツム、実生五年の幹。 
 
細かい縞模様の緑肌が飴色の刺を際立させていました。
Rosuratum1708cocolog
* Pachypodium rosulatum
 
こちらはラモスムの整然と並んでいる刺。 
 
新しい白肌と古い緑肌に分かれているのが面白い。
Ramosum1708cocolog
* Pacypodium lamerei v. ramosum
 
最後はサンデルシーの根元。 
 
細長い刺は邪魔なので切り取られ、ツルンとした緑肌になっていました。
Saundersii1708cocolog
 * Pachypodium saundersii
 
 
幹の上部には白い花。
Saundersiifl1708cocolog
 
朝ドラ見終われば、セミが鳴きだし、普段の白肌。
 
以上、 濡れた緑肌の色々でした。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

 

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ