サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

休眠中のパキポを艶っぽく

六年前初めて実生したパキポディウム四種の休眠し始めた様子報告です。
 
落葉し、白い幹メインの姿ですが・・・内にエネルギーを秘めている気がしました。
 
1812_2
* Pachypodium saundersii
 
これは今春枝抜きし、幹が太くて雰囲気良いサウンデルシー(白馬城)です。
 
新刺の褐色も良いし・・・最後の緑の一葉、艶っぽいですね~
 
1812_4
* pachypodium lameri v. ramosum
 
 
そろそろお荷物になりつつある金棒です。
 
無愛想で、けれんみのない刺の配列が良いんです♪
 
緑の二枚、いいアクセントになりました。
 
1812_5
*pachypodium rosulatum
 
これはマダガスカルが故郷のロスラーツム。 
 
トックリタイプのグラキリスでは無く、多数分枝した幹が魅力の一つです。
 
飴色の刺、立派です!
 
1812_6  
 
* Pachypodium succulentum
 
最後は葉が落ちたサキュレンタム(天馬空)
 
毎年、少しづつ上に出している塊根からも枝が出ています。
 
主枝を抜いて二年、傷口も小さくなり修復されてきました。
 
以上
 
個性ある初冬のパキポディウムの様子、力強い雰囲気と色気の一葉でした。
 
*リンク先は、この四種の前回記事になります。 
 
sun ご訪問、どうもありがとうございました(^0^)
 
 


にほんブログ村

恵比寿笑い小苗から出てきた!

気温が10度を下回ってきているので、夜間室内に取り込んでいるパキポディウム。
 
葉が枯れ落ちだし、幹だけの姿になってきました。
 
そんな一つ、恵比寿笑いの小苗は乾燥しすぎて萎れていないかチェック。
 
1811_cocolog
 
心配をよそに、一昨年の実生苗(写真右上)に薄緑色の蕾が出ている!!!
 
しかも、三か所全て・・・こんなに早くて咲くの?・・・ 変調来たさないか余計心配です。
 
1811_cocolog_2
 
一方、同バッチで2倍ほど大きく育っている苗は静か。
 
2列の刺の姿が良い感じです。
 
ということで
 
これから冬なのに、小春日和を春と勘違いした小苗の様子でした。
 
 
sunhospital ご訪問どうもありがとうございました(^0^)
 

パキポの白馬城、満開♪

春に枝抜きした実生パキポディウム サウンデルシー(白馬城)の花が満開になってきました♪
 
普段より遅い蕾発生だったので、この寒さで萎れるかと気掛かりでした。
 
葉は未だ少し残っていますが、パワーありますね~
 
1811
 
写真奥はホロンベンセの枝。 こちらは冬ごもりに入りました。
 
ということで
10日間ほどで、様変わりした白馬城でした。
 
*白馬城、ホロンベンセの前回記事(10月下旬、蕾の紅葉)は、こちら
 
cloudsprinkle ご訪問どうもありがとうございました。

冷え込んでパキポディウムは紅葉

パキポディウムは夜間、家に取り込んでいますが、今朝は一番の冷え込み、10度を下回ってきました。
 
冬越し中でも、もっと暖かく保温しているのに・・・、急激な気温低下に驚いています。
 
モミジの葉はまだ青々していますが、 さすがパキポは黄葉や落葉してます。
 
そんな様子のロスラーツム、緑、黄、、橙、赤など色々。
 
細葉の紅葉、いいですね~
 
1810_2
 
これは分枝し過ぎて大きいホロンベンセ
 
西向きの葉が、早めに色付きました。
 
1810_2_2
 
これはサウンデルシー(白馬城)の蕾。 日焼けして更に赤くなってます!
 
早く咲かないと、落蕾・・・冷え込みが気になります。
 
1810_2_3
 
以上、 この一時のパキポの魅力的な姿です。
 
リンク先は、それぞれの前回記事になります。
 
sun ご訪問、どうも有難うございました。

恵比寿笑い、整然とした刺の列

購入してそろそろ二年となるパキポディウム・恵比寿笑いの姿に驚いたことを御報告。 
 
冷え込んできたこの頃、落葉した小苗(七センチ径)、丸々として形良いです。
しかも、刺が二列、整然と放射状に並んでいました♪
1810_2
* 真上から撮影
 
同じ購入先の恵比寿笑いも覗き込むと、同じように刺が並んでます!
(こちらは未だ葉が生き生き)
 
1810_3
 
他の恵比寿笑い・・・このようなパターン化までは・・・
 
ということで
 
ショウガ様の塊茎に整然とした刺の列、葉が落ちて魅力倍増となりました。
 
1810_4
* 真横から撮影
 
* これらの恵比寿笑いの前回記事(今年1月の姿)は、こちら
 
sun ご訪問、どうもありがとうございました。

恵比寿笑いの花茎!

戸外のパキポの葉、気温が低くなるとともに少なくなってきました。
 
この実生7年になる恵比寿笑いも、白い本体を晒しだしました。
 
順調に大きく丸々♪
 
1810
 
この苗、今年初めて自然に結実。 
 
蒔いた時期が遅かったのですが、その小苗は元気に光ってます。
 
1810_2
 
 
ところで、
 
萎れるはずの親の花茎は、未だ元気なんです。
 
今頃色艶良くなってます・・・来年、ここから芽が出てくる? ・・・という勢い!
 
ともあれ、わが家三代目の真珠、これからの冬、萎れずに!!
 
 
1810_5
 
* この恵比寿笑いの前回記事(一年前、紅葉中)は、こちら
 
 
cloud sunご訪問、どうもありがとうございました。

パキポ白馬城の蕾も赤くなってきた♪

今日は暑い日差しもなく、サボタニの鉢を洗ったり、後かたずけしていました。
 
庭では葉枯れした藤袴やホトトギスが咲きだし、やっと秋らしく♪
 
1810
 
パキポディウム サウンデルシー(白馬城)の枝先の蕾も赤く色づいてきました。 
 
これが咲けば、いよいよ晩秋ですね~・・・そんな気分ではないんですが。
 
1810_2  
 
 
* 白馬城の前回記事(蕾発生?)は、こちら
 
cloud ご訪問、どうもありがとうございました。

パキポディウム本の購入と近況

今朝は台風24号接近に伴う雨が降り続いており、恵比寿笑い等のパキポを避難させましたので、この話題。
 
今週、サボテン・多肉植物本の販売店・英国K社から、注文していたリトープスを含むメセン古書と「Pachypodiums in Madagascar, Walter Roosli, 2018」が届きました。
 
1809pachypodiumsccocolog
* 表紙写真はPachypodium inopinatum
 
すでにマダガスカルのパキポに関する旅行記は手元にありますが、今回の本は23種別に分布と現地の様子を紹介していたので購入。
 
持ち運びの良いB5版、172ページ。 気軽に眺められるところが有難いです。
 
なお不評の白黒写真版もあるようですが、この本は全てカラー写真。
 
気になる価格は£18。 今年購入した白花恵比寿笑い小苗より安かった!
 
1809
 
写真上は、ここ1,2年に購入した恵比寿笑いの黄花(右)と白花(予定)苗。
 
順調に太ってきました♪
 
ということで
このごろ茶褐色になって落葉しだし、淋しくなった恵比寿笑いですが、マダガスカルの自生風景を見て楽しんでいます。
 
*2年前に購入した当時の恵比寿笑いの姿は、こちら
*実生も含めた白花恵比寿笑いの前回記事は、こちら
 
 
rain ご訪問、どうもありがとうございました(^ ^♪
 

疑念は残る白花恵比寿笑い

五か月前から始めた白花恵比寿笑いの栽培は、今のところ順調に進んでいます。
 
台風の接近に伴う長雨が心配のため、取り込んだその姿を見て、ますます疑念が!
 
1809
* Pachypodium brevicaule ssp. leucoxanthum 
 
写真は入手先が別々の白花恵比寿笑い、二鉢(左、中央)は今年蒔いた苗、左は購入した苗。
 
左鉢の苗は立ち上がって棒状に。側枝も発生! これって普通の姿? おかしいのでは?
 
この様なこともありうるので、保険(三か所から入手)を掛けたのですが、まさかね~・・・
 
右苗は幾分薄肌の玉苗なので期待していますが・・・
 
もう黄花でも、クリームでも、白花でも良いから恵比寿笑いの姿になってください!
 
 
ということで
 
恵比寿笑いの黄花苗は多数あり、少しは変わったものということで始めましたが、変わりすぎだったかも。 先は長いです。
 
 
* 白花恵比寿笑いの前回記事(一月前の姿)は、こちら
 
 
cloudtyphoon ご訪問、どうもありがとうございました。

青々、恵比寿笑い実生苗

依然として猛暑日が続いておりますが、8月も最終週となりました。
 
ダウンしているメセンやサボ達と違って、元気一杯のパキポの話題です。
 18081
 
昨年蒔いた自家採種の恵比寿笑い実生苗は、緑の葉一杯。 中の玉の様子もよくわかりません。
 
これからは葉を伸ばすというより、苗が充実する時期になってくると思います。
 
 
1808
 
サウンデルシー(白馬城)も元気に枝を伸ばしましたが、主枝を抜いたので花は無理かも・・・
 
それでも緑の蕾らしきものが見える枝もあり、秋には白花が期待できるかも・・・
 
以上
日は早く暮れだし、虫の声も聴こえてきましたので、そろそろ季節の変わり目かな~
 
cloud ご訪問どうもありがとうございました。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ