サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

真逆だった恵比寿笑い実生鉢

昨日は、羽生市民プラザで開催されていた“サボネットオフ会”、さぼたに愛好家の集まりに初参加しました。
 
競りは100円から始まる気安さとともに、和やかな雰囲気が漂っていました。
 
そして、自由時間の合間に、諸先輩から栽培状況やコツを丁寧に教えて頂き、早朝から出かけた甲斐がありました。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
さて、
今回、恵比寿笑いの夏の栽培管理について教えて頂き、なるほどとガッテンした点を少し。
下の写真は、そのポイントを咀嚼して実行した今日の様子です。
 
1708
 
それは鉢を熱くしないよう工夫したことです。
 
 
夏場、黒プラ鉢は直射日光で触れないほど熱くなります。 これが良いのだと万遍なく鉢回ししていたのは、余計なお節介でした。
 
 
そういえば1。 植替え時に腐った苗は、根が蒸れていました。  
 
根が発根しないうちから、鉢を熱くすれば熱中症状態になりますね~・・・ 
今年は、植替えストレスに上乗せして負荷をかけてしまったのだと反省。 
 
そういえば2.
 今年は六回実生をしましたが、 一番元気そうなのが先月、駄温鉢に蒔いた苗です。
 
 実際、壁からの水分蒸散によって、熱がこもらないようです。
 黒プラ鉢の苗は暑さにまいって双葉も傷み、新葉の出方が遅いです。
178
 
そういえば・・・子苗を寄せ植えする際、 鉢壁から離して植えていた。 残暑の時期、蒸れるような午後の日光が苦手のような気がする等々、今回に関連する点が・・・
 
そして、とりあえず
 発砲スチロールや段ボールで遮光して、温度上昇しすぎない工夫をしたということです。
 
 黒プラのリトープスでは、すでに段ボールで遮光して、午後の日光で鉢が熱くならないようにしていましたが、 まさか恵比寿でとは・・・
 
 
以上、
赤羽より以遠、初めて電車で出かけましたが、それなりの収穫と、栽培の壁を少し取り払うことが出来ました。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 

サキュレンタムの株立ち

昨日は、雨で濡れたパキポの緑肌の表情でした。 
 
まず、初めに濡れた塊根の様子。細根が緑色になるくらいで、芋はどっしりしてました。
1708
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
上の苗は、実生時から 5本立でしたが、以降はこの姿を目指して主枝をスパット切った苗の様子です。
 
ひょろひょろ伸びた一本の主枝を切って2か月、6月頃には枝が出そろい若葉が綺麗でした。
561708
 
それから2か月経た現在の姿。5本立となり、生長も止まってまずまずです。
51708
 
別の苗もこんな風に6本立ちになってます。 塊根から出た新芽二つも立派な枝になりました。
 
まだ伸びている枝が、気になります。
61708
 
結局、苗5個の枝8本を切った結果、28本(1苗当り3本から9本)の株立ちの姿になりました。
 
但し、 現在30センチくらいに伸びている枝もあり、来年以降更に枝抜きして形を整えなけれならないようです。
 
水のやりすぎかな~
 
以上、実生以来初めて手を加えて、それなりの姿になってきましたが、毎年手入れをしないといけないという当たり前のことが、判ったという次第です。
 
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

 

パキポの濡れた緑肌

当地は昨夜雨が降り、サボタニには良い湿り気となりました。
 
また、パキポの幹がしっとり濡れ、良い色合いになっていました。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
まず、ホロンベンセの根元。 
 
濃い緑色肌、気根、刺、枝抜きの跡など、実生から八年の風雪の跡です。
 
1708
*Pachypodium horombense
 
つぎは、ロスラーツム、実生五年の幹。 
 
細かい縞模様の緑肌が飴色の刺を際立させていました。
Rosuratum1708cocolog
* Pachypodium rosulatum
 
こちらはラモスムの整然と並んでいる刺。 
 
新しい白肌と古い緑肌に分かれているのが面白い。
Ramosum1708cocolog
* Pacypodium lamerei v. ramosum
 
最後はサンデルシーの根元。 
 
細長い刺は邪魔なので切り取られ、ツルンとした緑肌になっていました。
Saundersii1708cocolog
 * Pachypodium saundersii
 
 
幹の上部には白い花。
Saundersiifl1708cocolog
 
朝ドラ見終われば、セミが鳴きだし、普段の白肌。
 
以上、 濡れた緑肌の色々でした。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

 

昨年仲間入りの恵比寿笑い

今朝早くからクマゼミが騒々しく鳴きだし、蒸し暑いです。 しかし、この時期はパキポが一番元気。 
 
今日は直射日光を浴びて、新葉が勢いよく伸びている恵比寿笑い、それも昨年仲間入りした苗の現状報告です。
 
1708
 
鉢数として四。 実生苗と購入した小苗です(+ホロンベンセ一鉢)。
 
国内と海外産種子で実生した苗は、春先から2倍以上に膨らみ、脇芽もでてきました♪
 
振り返って、植替え直後腐敗した苗は・・・根が蒸れて腐っていたこと。 発根段階での通気性確保がポイントと思ってます(リンク先に、三か月前の五鉢が写っています)。
 
Hc1708
 
また、昨年末ホムセンで初購入した二苗は、順調に膨らんで、でっぷり体形になっています♪ 
 
雨水で緑肌になる様子は可愛いもんです。
 
Hc1708_2
 
以上、暑さでグッタリしている時、新葉に爽やかさと元気を頂いている報告でした。
 
 
なお、昼過ぎから台風五号の影響が出てきますので、これからサボタニたちは避難となります。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

恵比寿笑い 再び花芽?

梅雨明け後の蒸し暑さで、パキポ達は元気になってきました♪
 
特に、実生4年になる恵比寿笑いは新葉が密集して、植替え後の調子が大変良いようなので、今日の主役です。
 
 
 41707
 
密集している細長い葉の中心部を点検すると、花茎が伸びているような脇芽がありました(手前)。
 
以前、真夏に恵比寿笑いが開花したことがありましたので、この調子では多分そうでしょう。
(1年に2回咲くかも、違う結果になったらゴメン)
41707_2
 
なお、今春、この苗は初花となり、しかも結実しました(リンク先写真、左側二つ目)。
 
その種子を一月ほど前に蒔いた実生苗が下の写真(今朝の雨に濡れた姿)です。 
 
今の所、親に似た細長い本葉が伸び、小さい玉になってきています。
 
なお、直射日光に当て続けていますが、玉がシワシワにならないよう用土の湿り気には注意を払ています。
 
冬を越せるよう早く大玉になってもらいたいのですが、ここはじっくり。
1707_2
 
 以上、恵比寿笑いから元気をもらっている現状報告でした。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 

白馬城で一休み

今朝は幾分涼しくメセンには良かったのですが、すぐクマゼミが暑苦しく鳴きだしてきました。
 
今回は元気なパキポ達を眺めていて、新鮮な驚きを受けた事のご紹介です。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
現在、夏が大好きなパキポ・白馬城(Pachypodium saundersii)は、テカテカした葉を茂らせていますが、その葉陰にクマゼミが潜んでいるのを見つけました。
 
一体どうして?
 
まさか樹液を吸っている!・・・というわけではなく、直射日光を避けて休んでいる雰囲気でした。
 
1707_4  
 
実はこれ、早朝、近くの軒下で脱皮していたセミと思います。 
 
幼虫は軒下サボ用スノコ下を這いずって、ここで脱皮。  頑張りましたね!
 
こんなところにセミ! というわけで、住民・日章旗とのツーショット♪
 
1707_6
 
・・・二つ目の驚き・・・
 
セミが休んでいた白馬城の隣では、側枝の先に蕾がでていました!
 
昨年の初花は秋に咲いたのですが、どうしたことでしょう。 
 
吉兆かな・・・
 
1707_5
 
実生5年経ちますが、まさかセミが! もう蕾が! 
 
・・・ということで、朝の小さな出会いでした。
 
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry

 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

生き物、サボタニとともに

この季節にはサボテンや多肉植物にいろいろな虫が訪れてきます。そんな虫達の姿を撮りました♪
・‥…☆ほとんどサボタニにとっては害虫というのが残念ですが。
 
最初は無難に。
パキポのロスラーツムの葉上で日光浴しているショウリョウバッタ。 
 
随分と大きくなっています。
バッタ類に葉を齧られたことは無く、高所での一休み結構です。
1707_3
 
次は花鏡丸にピンと伸びていた小さなシャクトリムシ。
 
こんな細くても大食漢。 近くに齧られた跡が!
すぐ退治しました。
 1707_4
 
次は、パキポのサキュレンタムの茎にいたアオバハゴロモ幼虫。
 
ピョンと飛び跳ね、白いワックス?跡だけが写っています。
パキポの有毒な樹液吸っても大丈夫なのかな?
1707_2_2
 
 
最後は極め付け、ロスラーツムの葉裏に一塊の卵が産みつけられていました。
 
独特の模様から、カメムシの卵とわかりました。
 
内側にカーブしている分厚い葉なので、雨風を防ぐためにはちょうど良かったのかもしれませんが、不運でした。
1707_6
 
梅雨の時期、一休みするのは構いませんが、飲食や宿泊などしないでもらいたいです・・・
 
 
 
* サボタニに訪れる生き物の姿を、その都度撮りためております。 ご興味ございましたら、左マイフォトを閲覧ください。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

恵比寿笑いの種子の裏表上下

今季、6年ぶりに結実した恵比寿笑いは、鞘全てが開裂し、およそ100粒採種できました♪
 
私にはめったにない機会なので、種子の様子をしげしげと点検してみました。
写真は種子の上下と表裏です(学術的な視点ではありません)
1706
 
根は尖った茶褐色の部位(写真下方、羽がついていた部位、hilum)、 葉の出る部分は幾分丸い部分(写真上部)と確認できました。
 
鞘の中では、羽を上にして収まっています(写真とは上下逆さまです)。
 
今回、このような種子を多数採種できましたので、先着希望者10名の方に10粒単位でお分けしたいと思います。
 
・コメント欄に氏名、宛先を記載してお申し込みください(コメントは非公開です)。
・無料。 勝手ながら返礼無しでお願いいたします。”さぼらん”のみで送付いたします。 
・締め切りは先着10名、今月末までといたします。
 
どうぞよろしく。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
<参考までに>
 
・今回の種子は国内産恵比寿笑い由来。 花と苗は小さめ。予め試した発芽率は約90%。   採取後冷蔵庫保存中です。
 
写真下は6年前に実生した苗の現在の様子(4号SN鉢)。
 
・ この時期の実生は糸状菌対策をしてください。 あらかじめベンレートなどの殺菌剤で用土を消毒することをお勧めします。
 
・種子を数時間吸水させたのち、茶褐色の尖った部分を用土に半分埋まるように挿しておくと、発根が先に始まり、数日後持ち上がってきます(Hilum down)。
用土に横にしたままだと葉が先に出て、殻から根が出にくい場合があります。
 
以上、人数の制限はありますが、ご遠慮なくお申し込みください。
 
61706
 

 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

恵比寿笑い種子が飛び散る瞬間

昨日夕方、パキポディウムの恵比寿笑いの鞘が弾けました♪
自家受粉処理し、結実を確認した日から丁度二か月目でした。
 
今回偶々、弾ける瞬間に出会いましたので、撮りました。
1706
 
 鞘は上から徐々に開き、風に煽られて開いた羽が飛び出していました。 
一鞘に種は十五個ほど。 とりあえず明日蒔くつもりでいます。
 
 
1706_2
写真上は、先月蒔いた国内産種子の様子(右上は昨年の苗)。 まだ双葉の状態ですが、丸くなりつつあり順調 (^^♪
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
なお、採種は六年振りになります。 
種子の発芽率・生育状態を確認したのち、五本の鞘の種子をプレゼントに回したいと思っています(弾けるのは今月末頃かな、その後案内します)。
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry

よろしければ、”応援ポチ” お願いします (^人^)

恵比寿笑い すでに一つ消滅の危機

気温も上昇し、パキポの恵比寿笑い達は、写真のように気持ちよく新葉が出ております(8鉢)。
大苗の鞘も種子の膨らみが分かるようになってきました(残念ですが写真枠外)。 そろそろ、ネットの準備段階です。
 
1705
  
しかし昨日、昨年の実生苗の一つが萎れてしまいました。葉の中心部が円形に褐色になり、菌に侵されたような・・・
これは、何でしょうか! 例年、こういう症状で突然退場する若い苗が現れ、困っています。 
 1705_2
 
ところで、今年度も3カ所から種子を購入し、実生を済ませました。
写真は前日にベンレート薬液をしみ込ませたガーゼの中で、吸水と殺菌をしております。
国内産種子なので糸状菌は発生しないと思いますが、念のためです。
どうか今年も元気に発芽いたしますように・・・
1705_3
 
ご訪問ありがとうございました。
 
 

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ