サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

昭和天皇巡行時の三島駅(現下土狩駅)駅舎のこと

マニアックな地元ネタです。

手元にある大正から昭和の初めの東海道線三島駅(現御殿場線・下土狩駅)の古い絵葉書(一部拡大)を見て調べたことです。

その時代の昭和5年6月3日(1930年)、昭和天皇は静岡県行幸時、三島駅を乗降したことが知られているので、駅舎の写真は?と・・・

8

 行幸第7日目は、午前10時沼津御用邸を出発し、15分に沼津駅から東海道線に乗り、25分に三島駅に着いている。三島神社参拝後、県立三島高等女学校、野戦重砲兵第2、第3連隊を視察し。正午に三島駅を出発し、午後2時55分東京駅着となっていた(#1)。

その行程を地図(昭和8年発行)上の赤線、視察場所は赤丸で示した。なお、現東海道線は開通していませんので、白抜き二重線になっています。

7

*2万5千分一地形図(三島、昭和8年5月30日発行、大日本帝国陸地測量部)。

肝心の駅舎は? 帰路、三島駅乗車時の写真(#2)に、出入り口が写っていました!

S_20201201133101

冒頭の絵葉書の写真と比べると入口の屋根の様式が異なっていた。 むしろ三島駅三十周年記念写真(昭和3年)と昭和40年代の下土狩駅写真(#3)の屋根とそっくりでした。

ということは、絵はがきの駅舎は、それ以前の古い建物ということでした。

そうか・・・明治の文豪は、絵はがきの駅舎を眺めながら伊豆へ出向いたという事かな~

#1; 静岡県行幸記念号、静岡県教育臨時号、静岡県教育委員会 宮崎寛、1931年より
#2; 静岡県行幸記念写真帖、静岡県教育会、1930年
#3; ながいずみクチコミガイド3、下土狩駅の歴史、ながいずみ観光交流協会

*画像はクリックで拡大します

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

久しぶりにコノフィツムの薄紫

今季は、なにゆえかコノフィツムの開花が少ないです。

2011_20201130175701

とうとう、例年最後となるルゴサの花の番になってしまった。

こちらは、日焼けしても花つきは良好でした。

2011_20201130175702

桃園も巻花となって数輪・・・うん、なかなか良いな~

以上、咲き続けていた白花黄花のリトープスと違って、紫系の可憐な花に新鮮さを感じました。

*画像はクリックで拡大します

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

一葉、一輪、一鞘の白馬城

落葉中のパキポディウム サウンデルシー(白馬城)は、とうとう最後の一葉になりました。

咲き続けていた白花も、てっぺんの一輪を残すだけ。

そして、晩秋にもかかわらず枝先に付いている一対の鞘・・・ということで、珍しい光景を一枚に。

2011_20201129120701

*上に一輪、中央に一葉、下は一鞘です。

明後日は師走。まだ瑞々しい120°に開いた鞘、萎れる前に弾けて欲しい!

*画像はクリックで拡大します

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

リトープスの花粉を食べるハナアブ達

リトープスの花に三種のハナアブが訪れていましたので、その表情を。

琥珀玉、オリーブ玉とプレイオスピロス カヌスの花にはホソヒラタアブです。

2011_20201128142901

2011_20201128142801

 

2011_20201128143001

そして夕方、カヌスの花はフタホシヒラタアブが独り占め。

羽を閉じて、じっくり食事していました。

20114_20201128172701

オリーブ玉と白薫玉にも・・・フタホシと腹部の模様と色が違うハナアブが訪問

2011_20201128142802

2011_20201128142902

以上、無風快晴、暖かい今日の微笑ましい光景でした。

*画像はクリックで拡大します

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

落葉中のパキポに緑を見つけた!

室内、戸外へと毎日、移動しているパキポディウムの緑色を見つけたということ。

2011_20201127140001

この実生三年の恵比寿笑いでは、新芽部分が幾分緑色になっていました! 

花芽が既に動き出しているようです。

2011_20201127140101

この白馬城の枝には、まだ緑の葉が残っています! 他は落葉しているのになぜ?

ところで、この苗の幹下部には大きな傷(長さ13センチほど)があります。

昨年春先、幹と塊根まで達した腐敗部分をえぐり取った跡です。

2011_20201127140102

現在、黄白色の肉が盛り上がって、表面が部分的に緑色になってきました!

表皮が再生したということだと思います(^^♪

以上

晩秋、落葉のパキポでも、イキイキした緑をあったという報告でした。

* 白馬城の腐敗した様子と傷口(昨年2月)は、こちら

*画像はクリックで拡大します

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

 

«リトープスの白花、雄しべ雌しべの姿

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ