サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ロビビア桃輪丸 もう咲きそう

明々後日は12月、寒くなってパキポディウムなどの夏物多肉は夜間玄関先に取り込んでいます。

一方軒下サボテンは、雑草など摘んで冬越しに備えていたところ・・・

2111_20211128175801

ロビビアの桃輪丸(Lobivia wrightiana KK1545, 2011年実生)に蕾が伸びていて、明日にでも開きそうです。

水も控えているし、日焼けし縮んでいますが・・・狂い咲き?

今年は1月に、真っ先に開花した苗だけど、元気良い証拠ならいいけど。

ということで、放置状態の軒下サボテンは、コントロールできません。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

グレー招福玉の花弁

リトープス グレー招福玉の子苗が群開しています。

2111_20211126204901

* Lithops schwantesii   'grey' C250, 2014年実生

同じ黄花でも、花弁の先が上にカーブし、良い雰囲気。

普段は地味の(渋い)灰色ですが、今が華です(赤い花殻も良いです)。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ケイリドプシス翔鳳 親と子の様子

実生六年目になるケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)に花芽が伸びだしてきました(左の新葉)。

2111_20211125173302

蕾はこれから、横の新葉は夏葉・・・下には丸い小さな脇芽が発生していました。

2111_20211125173301

変身の始まりです。

2111_20211125173201

昨年の実生苗の生長は、ゆっくりとなりました。閉じた新葉(夏葉)が出ているものや、開いた新葉のまま(これから夏葉でるかな)など色々。

六年前の二株は、開花株に生長しているので、気長に放置です。

*開花時の姿は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

”鮎壺の滝”上にイカルチドリ

伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”に訪れる野鳥についての、マニアックな調査活動です。

黄瀬川沿いに散歩していて、チドリ三羽に気が付いた。

2111_20211124182001

チョコチョコあるいて、河原で採餌中でした。

シロチドリ?、コチドリ?、イカルチドリ? 

先日、この三羽を上流で見かけた際は、肩翼を伸ばす動作をしていた姿を撮っていたので、調べ直すと・・・

2111_20211124182002

翼に白線模様が見えるので、イカルチドリだと素人判断した。

ということで、鮎壺の滝付近の黄瀬川に集まる野鳥調査、第一歩継続中です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

河原にチョウゲンボウ 現れた

きょうは天気が悪そうだから、伊豆半島ジオパークの”鮎壺の滝”へ早めに散歩。

上流ではコガモやオオバンがのんびり遊泳しており、さらに行くと、河原に初の猛禽類!

2111_20211122171601

ハヤブサの仲間のチョウゲンボウだった。

脚を水につけて何している?

飛び立つと、烏や小鳥に追いかけられていた・・・。

ともあれ、黄色の目の周りや嘴、太い脚、さすが猛禽類でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

«今季のリト実生 紫李夫人

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ