サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

赤花アルストニー 今のところ開かず

塊茎植物 赤花アルストニー(Avonia quinaria ssp.quinaria)は、順調に蕾を発生してきましたが・・・

赤い花びらが見える段階で萎みだしてしまいます。

2106_20220623182601

夏至の夕方、タップリ陽を浴びればと思うんですが、梅雨空では期待できません。

ということで、精一杯の姿です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

レブチア一輪 ひっそりと輝く

春先は種々のレブチアが咲いていたけれど・・・見つけました一輪。

2206_20220621212501

ライラック色が良いな~と10年前に実生した苗(Rebuchia xanthocarpa v. lilacinosea)でした。

緑と白に映えていました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

今朝の美花 シャフェリ他

朝早くからロビビア黄裳丸系シャフェリ(Lobivia aurea v. shaferi  R151)に薄黄色の花が開いていた。

2206_20220618130402

均整美の黄裳丸とは違って、薄い花びらがヒラヒラ~

年に一輪ほどしか咲かない、実生シャフェリの一株(群生株)です。

2206_20220618130401

こちらはロビオプシス紫黄丸、スッキリした美花です。

ところが昼頃、この軒下の美花達も急な雨に打たれてしまった。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

撮影失敗!サボテンの花

久しぶりに開花したサボテン2種だけど、撮影に失敗してしまった

2206_20220617171001

マツカナの実生奇仙玉の花は濃淡がなく、張り付けたような雰囲気になってしまった。

2206_20220617170901

こちらの紅鷹の大輪花も、反射光もあってノッペリ

どんよりした梅雨空ゆえか、難しいな~

清々しい朝日を浴びる姿は良いんだけれど、開花のタイミングもあるしなと色々・・・

*この2種の私なりのベストショットは、こちら(奇仙玉の初花紅鷹の病み上がり

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

早朝のイースターリリー

軒下サボテンのイースターリリーの大輪花です

2206_20220614064001

スッキリした姿で気分も爽やか

朝一番に眺める花です

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

«ひっそりツルビニ 二種

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ