サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

エナガの目力と足技

伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”のマニアックな野鳥シリーズです。今朝も黄瀬川沿いに散歩をしていると、柿畑からメジロの囀り

振り向くと、エナガが採餌中、そして直ぐ、傍の槙の枝へ。

220

撮れた1枚には、上瞼?の黄色がハッキリ。へ~こんなこともあるんだ!

さらに枝先に頭を突っ込んで餌を探し・・・

2201_20220119193101

片足でぶら下がりながら、枯れた部分を足で掴み、虫を摘まんでいるような様子

へ~こんな行動をするのか!

ということで、散歩がてらの自然観察、少しづつ野鳥の生態を知ることになりました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

この異様なサソリは何だ?

フレーム内のツルビニの昇竜丸が開花しました。

もうお馴染み、今年最初のサボテンの花です。

2201cocolog_20220118201501

今晩は氷点下になりそうなので、少し心配です。

ところで昼頃、歩道に変なものが落ちていました。

この歳になって初めて見る異様さ・・・

2201-cocolog_20220118201501

垣根越しのソテツから・・・雌花の花弁らしい。

この時期、こんな生き生きしているのが不思議

ということで、良いもの見ました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ホロンベンセに蛹!

今朝、玄関内に取り込んでいたパキポディム ホロンベンセの実生大苗を日に当てようとしたら、あれ?

3センチ長ほどの枝らしきものが付いていた!

近くに痛んだところがあるので、常に気にしていたんですがね~

Photo_20220117184501

孔が空いているので、蛾の蛹だったかも・・・と思ったら、玄関先にギンモンシャチホコらしき蛾が転がっていた。

2201cocolog_20220117184501

怪しいな~と思いつつ、ムシ

色合いそっくりの殻の方が興味あった・・・ 剥がして観察しようと思う。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ヒメアマツバメだった

先日、いつもの散歩をしていると、黄瀬川上空で数匹のツバメが飛来していた。

富士山とのツーショットを狙ったが、あまりに早すぎて失敗。

Dscn6575-2

やっと撮った1枚、腰と喉の白さからヒメアマツバメと判った。

きょうは、意気込んで見回したが、空振り。

このアマツバメ、近年分布を広げているらしい。

ということで、野鳥観察をしていると、知らなかったことが少しづつ見えてきたのが嬉しい。

なお、現在”鮎壺の滝”上は、昨年7月大雨で破損した新井堰の修復工事が始まっております。流れも変わり、河原に大型重機が入っています。

*ご訪問ありがとうございました。

コフキメダルチイで広がった

観光客が"ワァー、すごい”と鮎壺の滝を眺めて第一声を上げる、その背後には溶岩塚があります。

そこに自生するアラカシ、樹幹の白い斑点のことです。

薄汚れた幹に、まん丸の4センチくらいの苔?カビ?・・・見事すぎるので、急遽調べました。

2201cocolog_20220115085001

梅の木に発生するウメノキゴケでもなさそうで・・・形状から葉状地衣類のコフキメダルチイ(粉吹メダル地衣)と判った。

本当!メダルそのもの。

さらに、その幹には1センチほど、鮮やかな黄色の地衣類もついていました!

2201cocolog_20220115085002

こちらは鮮やかすぎて、”ロウソクゴケ”と直ぐわかった。黄色のローソクの染料に用いていたらしい。

なるほどねと・・・日陰の苔の名前を知って、見える世界が広がりました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

«翔鳳の蕾が見えだしてきた

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ