サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« ケイリドプシス、この不定形が魅力とわかる | トップページ | 恵比寿笑い小苗から出てきた! »

リト微紋玉透明点の凸凹や4面体とか

まだ蕾が出てくるかなと捜しても、リトープスの花は終盤となってきてしまいました。
 
そんなリト達の頂面を眺めていて、気が付いたことなど。
 
1811
* Lithops fulviceps "Aurea” C363
 
黄微紋玉頂面の青緑色の透明点(warts)が朝日に反射して光っていました。
 
結構目立ちます・・・あれ!
 
 
1811_2
 
こちら、ごく普通の微紋玉の透明点は・・・それほど膨隆せず、表面滑らか!
 
一方、頂面が赤褐色の微紋玉(写真上)は頂面凸凹して、透明点が半分ほど盛り上がっています。
 
なるほど、いろいろあるね
 
18114
 
色々ついでに、分頭せずに4面体になっていまった微紋玉(写真上、左下苗)。
 
以前、異形の大津絵や紅大内玉が現れましたが、同じように次の脱皮で元に戻るになるのではないかな。
 
以上
赤花朝貢玉と同様にリトープスの色や模様以外に透明点の凸凹も魅力ということ、改めて気づかされました。
 
*リンク先は、前回の記事になります。
 
  ご訪問どうもありがとうございました(^0^)
 
 
 

« ケイリドプシス、この不定形が魅力とわかる | トップページ | 恵比寿笑い小苗から出てきた! »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケイリドプシス、この不定形が魅力とわかる | トップページ | 恵比寿笑い小苗から出てきた! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ