サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

リトープス琥珀玉はクリアすぎて可愛い♪

リトープスの花紋玉系・琥珀玉C143Aの花、現在満開中です。

1911_20191130172301

* Lithops karasmontana subsp. bella C143A、2014年実生

黄褐色の窓に黒褐色の太い枝模様、其処に光る白花と黄色の雄しべ・・・目立ちすぎます!

それが魅力なんです😃

なお、"bella"は可愛いの意味とのこと、その通りですね!

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

青磁玉黄花にツヤヒラタアブ

今日の快晴。リトープスで清々しく咲き誇り・・・

初花の青磁玉にはハナアブが訪問中😃

1911_20191129191402

* Lithops helmutii EH65、2014年実生

接近しても逃げずに、花粉を食べていた。黒艶の胸部からツヤヒラタアブのようだ。

1911_20191129191401

L. dinteri C206、2014年実生

気分も穏やか・・・隣りの鉢、神笛玉の血赤色の斑点にも目が止まりました。

規則正しく並んでいるところが魅力です😃

以上

久しぶりの快晴なので、リトープスの水やりもしました。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

コノフィツム 最後の花

コノフィツムの花はルゴサが咲きだし、いよいよ終盤となってきました。

1911_20191128175801

鞍型の落ち着いた緑に薄紫花です😃 最後なんで群開してくれないかな~

1911_20191128175803

こちらの足袋型は宝殿玉。遅れて蕾が出始めてきました。

1911_20191128175802

同じ姿の苗は桃園。花色も同じで、混同しそうです。

1911_20191128175901

最後はラツム(latum)の二輪。朝まで開いていたので撮ったもの。

ということで

コノフィツムの花もこれにて終わり。ありがとうございました😃

☔ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

アルブカ スピラリスの発芽 100%

10月初めに播いたケープバルブのアルブカ スピラリスは黒い種を付けて、本日全て(20粒)発芽しました。

1911_20191127165402

Albuca spiralis, 2019年10月2日播種

一月間は音沙汰無く焦りましたが・・・

何とか茶色の用土は、ほんの少し緑色となりました。

1911_20191127165401

* Albuca spiralis 'Frizzle Sizzle'

こちらは改良種のフリズルシズル。球根から新芽が3,4本伸びだしています。

先端は少しおじぎ・・・天候不順ゆえ、巻たいのに巻ききれません・・・ 

ということで

当初の発芽不安も2か月経って解消。現在は空の方を気にしています。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

リトープス コールオルムと青磁玉、紫宝翠玉の黄花

お気に入りだけど対照的な姿のリトープス、コールコルムと青磁玉そして紫宝翠玉の初花です。

1911_20191126112001

*Lithops coleorum SH1500, 2014年実生

茶褐色、卵型のコールオルム。

身割れして歪に開花してしまった。 

1911_20191126111901

L. helmutii EH65, 2014年実生

同期の青磁玉は中心部が白い黄花一輪。花の香りが強いらしい・・・これから

頂面の模様や色合いは良いものだと思いますが、人気薄が不思議。

私は大分前に腐らせたリト種だけに力入れてます。 

1911_20191126111902

* L. divergens v. amethystina SH1323, 2014年実生

このY字型は紫宝翠玉(むらさきほうすいぎょく)。

頂部は紫ではなく、日焼けした青色。 生長は個々バラバラ、ワイルド感あり。

以上

色も形も異なる同期のリトープス、めでたく黄花でした。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

オリーブ玉色々 初めて群開

今季、リトープスのオリーブ玉 C055が初めて群開しましたので、オリーブ玉系の様子を2,3。

19115

* Lithops olivacea C055

仲間入りした9年前の単頭から増えて6頭になりましたが、一斉に開花したのは初めてのこと😃

1911_20191125174601

* L. olivacea nebrownii C162B ,2012年実生

ネブロウニーは実生7年経って開花株になってきました。

1911_20191125174801

* L olivacea ’Red Olive'、2017年実生

この小苗は実生2年のレッドオリーブ。

今年の実生苗ともども、ネブロウニーより赤いのがあれば良し。

あと2,3年じっくり育成です。 

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村へ

ディンテランタス幻玉 全てに蕾

花盛りのリトープスにつられてか、ディンテランタスの幻玉にも蕾が見えてきました😃

1911_20191124172201
* Dinteranthus wilmotianus、2012年実生

来月には黄花😃 

開花株となって、一区切りとなります。

*幻玉の前回記事(今年3月、脱皮中)は、こちら

☁ご訪問、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村へ

 

リトープスの実生 碧賜玉の顔

実生鉢がひっくり返り、帰属不明になってしまった苗の顛末・・・三年経ち、窓模様や色の特徴がでて、名札が戻ってきたという話。

1911_20191123181001

初めて実生した碧賜玉(へきしぎょく、Lithops Vallis-mariae 'margarethae' C166)と思われる苗は、薄ピンク色で灰色の斑点模様の小苗二つ。

カタログだとビスケット色と記載されていましたが・・・また、中型~大型になるタイプのはずですが、控え目。

一方、淡褐色の色合いから碧賜玉と思っていた苗は、今季白花・・・花紋玉系でした。

19113

ま~こんなこともあるかな、これもご縁。

ということで

リトープスの顔は、種によっては三年待たないと特徴がでません・・・そして、目的通りにならなくても、それはそれと割り切らないとストレス溜まりますね~

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープスの花弁 ほんのりサクラ色

さくら色が差している白花リトープスを見つけ、LEDで照らして撮ってみました。

1911_20191122141402

これは不明種リト。全開すると白色ですが、閉じている花びらの先端や隙間は微かにピンク。

1911_20191122141401

この琥珀玉C143Aの蕾、ほんのり先端部分が・・・目では確認できるのですが(-_-;)

以上

朝から雨ゆえ、閉じた花びらの色でした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村へ

 

リトープス 今年の斑入り

華やかな白花、黄花の傍で、地味な斑入りリトープスを見つけました。

昨年実生した澄青玉(ちょうせいぎょく)トランスルーセンス C236。

1911herrei

* Lithops herrei 'translucens' C236,2018年実生

緑色が抜けて、ピンク色になっていました。

ただし、このタイプの斑入りは、育った試しがなく不安です。

1911_20191121211501

* L.bromfieldii v. mennellii C283、2016年実生

この雀卵玉C283は、灰色の側面に明るい筋模様が浮き出ていました。

このタイプの斑は脱皮を重ねて、消滅するはず。

以上

これからどうなるかな? この秋の斑入りリトでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村へ

初めてのケープバルブ 発芽中

ケープバルブ二種、アルブカ スピラリスとコンコルディアナの種を先月播き、・・・やっと発芽・・・1,2個ですが

1911concordiana

* Albuca concordiana, 発芽5日目

2週目で発芽したアルブカ コンコルディアナ。

1センチの粘り腰、黒い種が重たそう。

1911spiralis

* Albuca spiralis、発芽2日目

こちらのアルブカ スピラリスは、発芽に1月半。

目印の白砂を盛り上げている段階。 白い極細芯です。

何とか、冬になる前に発芽して一安心😃

・・・一方、発芽ゼロ事態のレスキューとして事前入手の球根も発芽。

1911frizzlesizzle

Albuca spiralis cv 'Frizzle Sizzle'、発芽4日目

アルブカ スピラリスの園芸品種、フリズルシズル。オランダで改良された葉の巻が強く、一回り大きな花が咲く苗。

依然として、広すぎ、静かすぎる鉢なんですが、少し希望!

以上

初めての南アフリカ原産の球根植物の栽培、アルブカの様子で楽しんでいます。

* アルブカ種の前回記事は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

メセン四種の実生 一月半

10月初めに実生したメセン4種の幼苗は、赤と緑色が良い具合になってきました。

1911_20191119110901

緑の羽を伸ばしているのはメストクレマ マクロリズム(Mestoklema macrorrhizum)

細い葉の表面はトゲトゲ様です。

1911_20191119111001

モニラリア モニリフォルシス(Monilaria moniliforme)は、水滴様の本葉が伸びています。

生長が遅く、緑色が濃いタイプもあるようだ。

1911_20191119111101

これはリトープス 紅大内玉(Lithops optica "Rubra"、 自家採種由来)、赤く、プックリした姿で順調。

1911_20191119111002

これはリトープス レッドオリーブ(L.olivacea v. nebrownii "Red Olive")。

日を浴びて赤くなっている苗も

生長が遅いので、ジックリ待ちます。

以上

実生苗にもストレス少ない気候になってきました。

*これらメセン四種の前回記事(一月目)は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

プレイオスピロス カヌスの蕾と脇芽

プレイオスピロス カヌスの蕾が順調に膨らんでくる一方、葉の間から新葉が伸びだす苗も出てきたので、その様子です。

二年前に実生した一株に蕾、形がはっきりしてきました。

1911_20191118170601

Pleiospilos compactus ssp canus , 2017年実生

1911compactus

一方、こちらの苗は花芽らしき中央部分の生長が停止。代わって葉の間、三か所から脇芽が出てきました(写真では二カ所)。

これって、もう群生状態になるということかな!

ところで、穏やかな昨日は、ご当地ブランド”四ッ溝柿”の収穫や渋抜き、干し柿体験のボランティア活動してきました。

1911_20191118170602

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

コノフィツム ウィッテベルゲンセ 挿し木順調

コノフィツムのウィテベルゲンセ(Conophytum wittebergense)の不調な苗を三週間前、六個に株分けし、挿し木した現況です。

細かい皺も無くなり、全て発根しているようです。

1911wittebergensecocolog

しかも、蕾が見え出した苗もあります😃

1911wittebergensecocolog_20191117072001

ということで

増えすぎたので、地区バザー用に育成します。

*ウィテベルゲンセの前回記事(挿し木)は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

フェネストラリアの小窓 こんな所に!?

失敗続きのフェネストラリアの実生で経験した生命力について。

昨年末、懲りずに急遽、群玉を実生しました。

1911_20191116124701

しかし、苗は秋口に萎れ、グッタリ横たわった二株のみに😞

こちらもトホホ状態・・・

1911_20191116124702

・・・・・・あれれ? 緑の小窓 発見!😃

それも葉の途中から! 新たな芽吹き! 葉挿しということかな~

なよなよしていると思ったら、逞しい生命力! 感激です😃

*群玉の前回記事(今年8月の状態)は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

多肉の表情 紅葉と彗星

めっきり秋らしく、朝晩冷え込んできました。

1911_20191115102501

パキポディウム ホロンベンセは鮮やかに紅葉していました。

この後、落葉して休眠です。

1911_20191115102502

一方、リトープスはこれからが本番。毎日、蕾が発生中。

写真の大津絵は、代わりに彗星! 星雲も!?

群生株隙間からの朝日です。

ということで

秋本番の今朝、多肉の表情でした。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

コノフィツム ラツム(latum) 突然動く

一週間前は、静かなコノフィツム ラツム(latum)、きょうは元気な姿。

蕾が二つ見え出しました。

1911latumcocolog

緑の玉に黄色の雄しべ。

花びらがもう少し伸びてきたら開花かな(夜です)。

*ラツムの前回記事は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

カルクルス 大玉になる

コノフィツムのカルクルス、脱皮後大きく膨らんできました。

玉も歪んでいます。

1911calculuscocolog

Conophytum calculus、2014年実生

もう1円を越して100円玉サイズ!

分頭するんだろか?花は何時なんだろうか? いつもニコニコです。

写真は水滴が付いていた大玉(^o^!

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープス小型二種 黄花満開です

好天気ゆえリトープスの蕾も結構開きだしました。きょうは小型種の黄花です。

1911_20191112171301

Lithops dinteri v.brevis C84、2015年実生

血赤点が疎らな神笛玉系惜春玉、小さい苗にしては黄花全開です。

1911_20191112171401

L.schwantesii v. marthae C299、2012年実生

こちらの小苗は赤血色線模様の招福玉系絢爛玉。

ポツポツと咲き始めてきました。

それぞれ、多頭の小型苗を目指していますが、実生5年で2頭。

丈夫が取り柄、当分、寄せ植えの群開です。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

楽寿園の菊まつり

きょうは富士山宝永山火口まで真っ白、秋晴の好天気。近くの楽寿園内の郷土資料館まで散歩。

ここは旧小松宮別邸で、三島溶岩流上の樹林や名勝・小浜池、どうぶつふれあい広場、のりもの広場などもあって、市民のふれあいの場です。

1911_20191112155702

写真上は、楽寿館と小浜池(こはまいけ、国指定天然記念物)。溶岩の間からの湧水も溜まってました。

1911_20191112155701

菊まつりは今月いっぱいまで開催されています。園ゆかりの寺院ということで、菊で彩られた仁和寺です。

幼稚園生からお年寄りまで、結構な人出でした。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

コノフィツム ムンダム 空中の花!!!

コノフィツム ムンダムの花を撮ったら、空中の楼閣の花! という話題。

1911_20191111095701

* Conophytum obcordellum 'mundum' BM7923、2014年実生

明るい時は筆のようで寂しい過ぎ・・・何時もこれではと、昨夜7時に見ると揃って満開状態😃

1911_20191111093101

? それにしても紫の苗が怪しく映えています。

今朝、分頭した苗の古皮を剥ぐと、下は枯れた芯のみ!

1911_20191111093001

昨秋には無く、萎れた萼片が残っていたので花殻から発生したのかも? 水分や養分は?・・・疑問だらけ

とりあえず

花が終わったら、挿し木してみます。・・・紫色はそのままでいいんですが・・・

*このムンダムの昨年12月、花終盤時の様子は、こちら。二輪咲いているような(右手前苗)

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ケイリドプシス ペキュリアリス 新葉と新芽に感激!

メセンのケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)実生二株に新芽が伸びてきました。

植替えてから、旧皮が破れて羽が大きく展開中です。

1911_20191110102201

* Cheiridopsis peculiaris 、2015年実生

そして、薄緑色の隙間から次の葉! 順調!

1911_20191110102202

こちらの未開化株では、新たな芽吹き。

少しづつ風格が!

ということで

毎年、着実に生長する苗を見ていると元気出ます。

次は日焼けし、そして蕾発生というステップかな

*翔鳳の前回記事(10月、脱皮中)は、こちら

*追記:上の苗の新葉の陰に、夏葉が見え出しました(11月11日)。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープスの模様を隠す白花

リトープスの黄花に続いて、白花の蕾がでてきました。

1911_20191109165003

写真のリトは頂面の模様に特徴のある不明種、多分寿麗玉系。

これでも実生12年、消滅しなければ良いんです。

1911_20191109165002

太くて渋い線模様(左)と、赤い?網目模様(右)が気に入っています。

1911_20191109165001

こちらも実生12年の花紋玉系白薫玉。

こちらは窓模様の無い苗、のっぺらぼうの窓付きに一輪です。

以上

ポツポツと蕾が見え出し、あ~このリトも動いた!と楽しんでいます。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

晩秋の恵比寿笑い、色それぞれ

最低気温は10度を下回る秋晴れの日、暦では立冬です。

外に放置のパキポディウムは紅葉と落葉が始まり、夜間だけでも室内に取り込みたい時期になりました。

1911_20191108111201

写真の恵比寿笑い(径20センチ超)は、仲間入りして10年。 落葉中で白い肌が現れてきました。

1911_20191108111102

この小苗達は2,3年前に実生した恵比寿笑い(種々の栽培場由来種子)。

大苗に従って、冬越し体勢に入りました。

1911_20191108111101

* 恵比寿笑い、2017年実生

しかし手前の、大きく育った写真の恵比寿笑いだけは、つやつやの緑のまま!

元気なだけに、返って不安。

ということで

晩秋の恵比寿笑いの姿でした。

一年前の今日、突発性難聴で入院したけど、これも急に調子崩さないよう注意しています。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

アルブカ コンコルディアナの苗、仲間入り

とうとうケープバルブのアルブカ コンコルディアナ(Albuca concordiana)の苗を購入してしまった。

先月播いたスピラリスは全く音沙汰無し。コンコルディアも実生を試みましたが・・・何時になったら発芽するのか・・・

じっくり待つ余裕もなく、手っ取り早く小苗を入手。

1911cncordianacocolog

これで、くるくる巻の葉を楽しみ、また癒されることになります。

実生鉢は、芽が出るまでのチラチラ確認するだけ、ストレス溜まらなくなりました。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

コノフィツム ラツム(latum)、プックリ二玉

コノフィツム ラツム(latum)の緑がテカテカしていましたので、三年振りに登場。

仲間入りしてから、もうすぐ九年。

1911_20191106133601

Conophytum latum

その間、二頭になりましたが、夜咲きだし本当に控え目。

緑の玉、もっとあっても良いんですがね~

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープス微紋玉C278は、お花畑

現在、リトープス微紋玉C278の花が真っ盛り。

1911_20191105165301

Lithops fulviceps C278

手前の鉢は、九年前”おまかせセット”で購入した一頭由来。 今回初めて一斉に開花しました。

奥の二鉢も岡本氏由来で、12年前に混合種子を播いて出てきた微紋玉。ここもお花畑😃

ということで

ごく普通の苗と花ですが、咲き揃うとイキイキ感満載、眩しいです😃

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

大津絵アクアマリーンの島に穴!

リトープス大津絵は、現在膨らんでイキイキとしています・・・黄花咲いていませんが😅

1911_20191104140402

*Lithops otzeniana 'Aquamarine' C128A, 2013年実生

写真上は色と姿がバラバラのアクアマリーン。二頭立て3苗、三頭立て1苗、5頭立て一苗です。

このうち5頭立ては、今春3頭立てが分頭して増えた結果ですが、何かおかしい!

分頭しなかった1頭の窓に注目!

1911_20191104140401

島に穴が開いています!こんな形、初めて見ました!

アクアマリーンに穴? 

そうか、サンゴ礁にブルーホールということか😃

*アクアマリーンを含めた大津絵の前回記事(今年3月、脱皮中)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

古絵葉書”鮎壺の滝”を地区文化祭に出品

マニアックな地元ネタ。伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”の古い絵葉書を地区文化祭に出品しました。

区民には身近な滝を、明治・大正・昭和時代の観光絵葉書を使って紹介したものです。

タイトルの滝名(藍壺、富士見、鮎壺)、名所(三島、沼津、東海)、発行所(三島、沼津、東京)や撮影ポイントも色々。

1911_20191104123901

ということで

個人的には面白いと思って、コツコツ蒐集した古絵葉書をA4に拡大し、額装(百均)。

まだ120年しか経っていませんが、何時かは文化財級かな😃

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

プレイオスピロス コンパクタスの花芽!

二年前に実生したプレイオスピロス コンパクタス五株は、植替えによるダメージは無く、生長を開始しています。

しかし、出てきたのは余りに小さな葉! なんでかな~

1911canusc3ocolog

* Pleiospilos compactus ssp canus,  2017年実生

覗き込むと、その奥に蕾のような・・・こんなに早く咲くの?

1911canuscocolog

初めての実生ゆえ、戸惑うことばかり!

これから脇芽が出て生長するのかな~とか、いろいろワクワク感あります。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

メセン各種の実生 一月経ったけど

今秋実生し、一月経たリトープスやモニラリア等数種の現状報告です。

1911cocolog_20191102175602

最初はリトープス紅大内玉。自家採種だけあって元気に生育中です。

横になった苗は、砂を蒔いてまっすぐにしています。(こうする方が、生長良いみたいなので)

1911cocolog_20191102175601

こちらはレッドオリーブ。小さい苗ですが順調です。これから赤くなる予定。

1911-cocolog

この双葉は、発芽良好のモニラリア モニリフォルミス。 そろそろ本葉かな~という段階。

1911cocolog

おまけのメストクレマ マクロリズムは、双葉の間から1ミリほどの葉が!

何枚撮ってもピンボケ!? 虫眼鏡で確認すると、表面は水泡状でモヤっと・・・、なるほどとガッテン。

一方、ケープバルブのアルブカ スピラリスは全く音沙汰なし・・・

どうしてかな~と・・・コンコルディアナ(オルニソガルマ コンコルディアナム)を先日蒔いてみました。

ということで

発芽して順調の苗がある一方、発芽するのかな~という段階もあります。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

フィシフォルメとムンダムの淡い緑色が良いです

コノフィツム フィシフォルメの淡い緑色が結構映えていたのでご報告😃

1911
*Conophtum ficiforme ' fossulatum'、2014年実生

実生以来、4苗を一鉢に植え込んでいましたが、もう一杯になりました😃

その一玉には、初の蕾😃

1911_20191101185801

Conophytum obcordellum 'mundum' BM7923、2014年実生

同期のムンダムも鉢一杯、苗それぞれ、微妙に異なる色合いです。

以上

これから更に膨らむ前、薄緑色が魅力的なコノ二種の表情でした。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ