サボテンの華

  • Lobivia schieliana v. leptacantha
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

狐のお面で稲荷神社へ

いよいよ大晦日となりました。1年間どうもありがとうございました。

暖かい今日は手作りした狐のお面を持って、ガイド経験のある割狐塚稲荷神社へ出向きました。

この神社は伊豆半島ジオパークの一サイト、およそ一万年前富士山から流れ出た溶岩の塚の上に鎮座しています。

江戸時代、溶岩の割れ目から大きな狐が飛び出してきたという伝説もあります。

こだわりのお面は、怒り目、たれ目などに表情変化する可動式で、77本の鳥居も張り付けております。

1912_20191231122201

そして、溶岩の割れ目の小苗と、へたれ狐バッチです(黒い溶岩なので磁石にくっつきます)

1912_20191231122101

ということで

年寄りの手慰み。初詣、豆まき、カルタ大会、そしてガイド用のグッツでした。

それでは、皆さん良いお年を!

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リト赤花朝貢玉のルビー色の疣の表面

リトープス朝貢玉頂面にあるルビー色の疣(red pimples)の表面を撮ってみました。

顕微鏡モードで見ると、まず頂面の表面はデコボコした細胞に覆われ、うろこ状!

溝にある疣は、その表面の内側から盛り上がっています。

内側にほんのり赤味がさしている所も!

1912_20191229113102

* Lithops verruculosa 'Rose of Texas'、2012年実生

さらに、赤い疣も、うろこ状!

1912_20191229113101

宝石ではないので、当たり前ですが・・・

そういえば、脱皮直後はルビーの疣はなく、寒くなるとともに目立ってくるので・・・内側から生長してくるのですね

ということで

なにげなく見逃してしまうミクロの世界、少し判りました。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

アルブカ コンコルディアナの日食

今期新入りのケープバルブについて。

スピラリスに比べるとアルブカ コンコルディア ナは、今一ピリッとしていません。

用土が乾いていたので水やり、すると水滴がクルクルに!

1912_20191228131601

* Albuca concordiana

そよ風にゆらゆらするクルクル巻き良いんです♪

1912_20191228132801

しばらくすると、三日月に!

一昨日見れなかった日食のプレゼントかな~😃

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

チタノプシス天女扇 蕾と疣のキモサ加減

チタノプシス天女扇の蕾が大きくなり、蕾のイボイボも見えるようになってきました。

例年の事なんですが、このキモサと赤紫色の葉は見飽きませんね~

1912_20191227194901

* Titanopsis hugo-schlechteri SB1342、2014年実生

ということで

キモカワイイ、魅力的な姿でした。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

年度末の黄花リトープス 

クリスマス後のリトープスの花、しかも黄花二種です。

青磁玉の初花、こんなに寒くなってきても開花中です。

1912_20191226211302

* Lithops helmutii EH65,2014年実生

こちらのノーリーニアエは元気一杯、咲き始めの黄花です。

この調子では、来年まで咲いているかも

1912_20191226211301

* L. naureeniae ,2014年実生

ということで

冬至、クリスマスを経てのリトープスの黄花でした。

なお、きょうは一日中、老狐のお面作りをしていました。

🐱 ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

クリスマスケーキにラズベリーかな

きょうはクリスマス、テーブルにはケーキ・・・

イチゴではないけれど、ラズベリー? サクランボ?

1912texas-rose

リトープス赤花朝貢玉のルビーです。

 

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

幻玉の表面を新カメラで見る 

趣味のサボタニ写真を更に深めたいと思い、カメラを新調。

といってもコンデジ! 顕微鏡モードでミクロの世界を覗きたいためです。

早速、開花中のディンテランタス幻玉へ

1912-cocolog_20191224163901

花終盤の雄しべ、雌しべ、この空気感がたまりません。

ブルーの斑点のある表面に近寄って接写。

1912-cocolog_20191224163801

多角形で覆われた表面と穴、少し盛り上がった斑点部分、滑らかなキール部分など、微細な仕組みが新鮮!

以上

極ありふれたサボタニ栽培しかしていませんが、

これからは気が付かなかったミクロの世界、その深みを楽しみたいと思う。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

メストクレマ実生苗を植え替えた

10月初めに実生した塊根メセン メストクレマ マクロリズムMestoklema macrorrhizum、密集しだしたので急遽植え替えました。

脇芽も発生し、鉢底からは根も伸び、結構生長盛んです!

1912_20191223190701

塊根になるのですが、まだ細長い直根でした!(ほんの少し期待していましたが)

1912_20191223190601

粗目用土の100均鉢に15苗。

1912_20191223190702

ということで

元気は良いんですが、当面寄せ植えで対処したい。

* メストクレマ マクロリズムの前回記事(12月初旬)は、こちら。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

冬場の癒し アルブカ スピラリス

10月初めに実生したケープバルブ、アルブカ スピラリスの小苗は、脱落することなく順調。

2本目の葉も伸びだしてきました。

1912_20191222194601

一月遅れ、球根で仲間入りしたフリズルシズルは葉も増え、クルクル巻いて・・・癒されています。

1912_20191222193901

* Albuca spiralis 'Frizzle Sizzle'

ということで

癒しのフリズルシズルを地区バザー用に提供すべく育成中です。

* アルブカ スピラリス フリズルシズルの前回記事(12月初め)は、こちら

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

ケイリドプシス 翔鳳の翼

ケイリドプシス ペキュリアリス翔鳳の新葉は、9センチ角の鉢からはみ出し伸び伸び😃

脇芽にも花芽😃(ちなみに中央の葉から蕾が伸びだす予定、中央左は夏葉)。

1912_20191221200601

* Cheiridopsis peculiaris ,2015年実生

こちらの苗は初花となるかもしれない花芽が二つ😃
1912_20191221200602

今秋出てきた脇芽(左下)は、まだ嘴・・・順調です。

ということで

私にとっては惚れ惚れする翔鳳の翼、これからじっくり褐色に日焼けします。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

メセンの鳥害です!

ディンテランタス 幻玉が、午後の日を浴びて三輪満開中です😃 

1912_20191220190601

*Dinteranthus wilmotianus near Augrabies Falls blue spots, 2012年実生

気分良く隣の同期、稜耀玉を見ると・・・上部が突っつかれた痕!

ヒヨドリのいたずらと直ぐ判った😠

1912_20191220190501

* Dinteranthus vanzylii Poortsberg ivory rocklike top,red lines、2012年実生

棚上のリトープスは・・・赤花朝貢玉も啄まれていた😠

1912_20191220190502

* Lithops verruculosa Rose of Texas great pink flowers、2012年実生

そういえば・・・紫大津絵の窓の穴(三か所)も、ヨトウムシではなくヒヨドリが犯人ということに!

1912_20191220190401

* L. otzeniana Czesky Granat pink-red form, dark pink body、2014年実生

早速、100均ネットで防御しました

去年は紅大内玉・・・初花を待っている貴重種を狙ってくるとは質が悪い💢

目を惹くんだろうか

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

モニラリアの葉 水泡の列

寒いため室内窓際に移動しているモニラリア モニリフォルミスMonilaria moniliformisを毎日眺めて。

私もモニラリアの実生・・・と始めて二か月半。 

19122

二対目の本葉(これは伸びるらしい)も出始めてきました。

1912_20191219170501

そして、表面の水泡様細胞(water cells)は、規則正しく縦列に並んでいる様子が判りました。

キラキラ輝きすぎてカメラではボケますが、肉眼ではラインくっきり。

行儀の悪い苗や小さすぎる苗も混在し、何とか生育中です😃

*モニラリアモニリフォルミスの実生(前回記事)は、こちら

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

この時期はリトープスの花殻

師走も半ば、リトープスの花は終盤。

当然、咲き誇った花の後を眺めることとなり・・・その束の間の姿です。

1912_20191218100501

* Lithops schwantesii 'grey' C250、2014年実生

グレー招福玉の赤い花殻は、拳を突き上げて、それなりの美しさ😃

1912_20191218100502

L. naureeniae 、2014年実生

ノーリーニアエの白い雄しべは、フワフワ感満載となっています😃

以上

ひっそりとした最後の輝きに目をとめてみました。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

夜にリトープスの花

タイトル通り夜中のリトープスの花を激写しました。 リトの花は夕方開花し、日が落ちると閉じてしまいますが・・・

ちょっと気になっていた白薫玉の白花を、夜中に見ると未だ開花中!(とは言わないかもしれませんが)

1912_20191216215902

* リトープス白薫玉の花、12月16日 21時16分撮影

花弁にLEDライトを当てて、花火のような姿!

1912_20191216215901

*12月16日 16時31分撮影

夕方の姿は、こんな感じ。あまりにも整然とした花弁と雄しべの姿が印象的でした。

ひょっとすると、この花1週間も開花しっぱなしだったかも? ・・・と思ってしまうほど、まん丸😃

1912cocolog_20191216215901

* 12月3日、13時53分撮影

ということで

花は毎夜閉じ、終盤では乱れた姿になるという変化の例外があるかも・・ということを経験しました。

1年後、再確認したい。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ロスラーツムにヒメクダマキモドキ

師走も半ばにバッタを発見。

白いロスラーツムの幹にとまっていたのは、緑のヒメクダマキモドキの雌であった。

冬場に南方系の虫を知った・・・不思議な感覚です?

1912_20191215181101

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

カヌスの流星群

今夜はふたご座流星群のピークとのこと。

そのイメージで、プレイオスピロス コンパクタス カヌスの流星です。

1912_20191214181601

満開の花弁から夕陽がこぼれていました。

以上

イキイキとした花の雰囲気を流星のイメージで😃

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

今年もチタノプシス、アロイノプシス

コノフィツムやリトープスに続いて、チタノプシス天女扇とアロイノプシス天女舞に蕾が膨らんできたこと。

葉が膨らんで展開し始めたばかりで、まだ本格的成長は始まっていませんが・・・

1912_20191213213802

* Titanopsis hugo-schlechteri SB1342, 2014年実生

アロイノプシスは夏越しに失敗し、数が少なくなりましたが、なんとか。

1912_20191213213801

Aloinopsis villetii,2015年実生

小さな黄花は来年の事、例年通りですが、待つ楽しみができました。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

これが最後の一輪 コノ御所車

コノフィツムの花はもう終わりと、先月末に宣言したら、御所車に花😃

去年の初花に続いての一輪です。

1912_20191212210001

巻花タイプなんですが・・・小さな苗なので、これで精一杯かも

🚙 ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

コノフィツム ペルシダムを急遽株分けした。

花が終わったコノフィツム ペルシダム ’パルディカラー’の鉢一杯状態を見て・・・

株分けして、春のバザー用にと思い立ちました。

1912pardicolorcocolog

寄せ植え二株の一つをバラバラにした。 

簡単に剥がれたのは意外!

1912pardicolo8rcocolog

リトープス用土に市販サボタニ用土を混ぜて、すぐ丸鉢へ

1912pardicolo8rcocolog_20191211204401

さくら祭りまでには、しっかり新根をだすだろう。

ということで

八年前、三頭で仲間入りしたパルディカラー、なんとか地区バザーに提供できるまでに増えました😃

なお、コノフィツム ウィテベルゲンセのバザー用挿し木も順調に生育中・・・こちらも早めに移植しよう!

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

パナマのドラゴンフルーツ

中南米パナマ共和国からフルーツ切手7種が発行されました(2019年6月7日)。

そこには見慣れたドラゴンフルーツ、ということで趣味のサボテン切手に関する話題です。

2019panama7

公用語はスペイン語なので、ドラゴンフルーツはピタハヤPitahaya。黄色のピタハヤHylocereus triangularis と赤いピタハヤ H. ocamposisとなっていますが・・・

ドラゴンフルーツ切手は、既にベトナムやフィリピンなどで発行されてますが、中南米では初。

さて、その他六種は? 

上段のパパイヤ(Papaya)とカシュウアップル(Maranon)はOK

下段、コロゾCorozoは羽状ヤシの実。マメイMamey、これもヤシの実。グアバGuaba)はマメ科、別名アイスクリームビーン。

グアナバナ(Guanabana)は英名サワーソップ、和名トゲバンレイシ。

以上

パナマは熱帯フルーツの宝庫らしいのですが、食したことありません。 これも縁、見かけたらチャレンジしたい。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

青磁玉と幻玉の黄、白、赤、緑、そしてベージュ色

先月初花や初蕾となったリトープス青磁玉とディンテランタス幻玉の色合いに感心😃

1912_20191209201902

一番花は既に赤褐色の花殻!、中央には緑色の蒴果(さっか)😃 

緑、赤、黄、白、色々あって爽やかさ満載です。

1912_20191209201901

ベージュのディンテランタス幻玉はブルーの斑点、オレンジのキールと小さな黄花。

どっしりした姿、落ち着いた色合いです😃

以上

印象に残ったメセンの色合いでした。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

眠れない白花恵比寿笑いとグラキリス当歳苗

風もなく、陽気の良い今朝、夜間取り込んでいたパキポを外に出し、タップリ日光浴させた。そんなパキポ小苗の話題です。

今春、レモンイエローの初花が咲いた白花恵比寿笑い(パキポディウム レウコキサンツム)は、もう花芽が見え出しています(中央3カ所)。

1912_20191208173901

しかし、焦っても特別扱いされず、皆と一緒の管理です。

1912_20191208173902

これはグラキリス当歳苗3本。 細くてグラグラなのに、細葉は未だしっかり。

ということで

もう冬眠中のパキポもあるなかで、眠れない小苗二例の様子でした。

*白花恵比寿笑いの初花は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

すもう寺の稀代/珍花 龍舌蘭

趣味のサボテン、多肉植物切手に関するマニアックな話題です。

最近、”稀代/珍花 龍舌蘭”の絵葉書を入手しました。袋井驛在笠西村・明香寺(みょうこうじ、現袋井市愛野)で大正九年に開花した姿です。

Photo_20191207113901

花茎を一丈九尺(5.7mほど)伸ばし、花数は数千、樹齢約百年とかの説明文付き。

左上に”東京角力恊會恊歴代横綱木像安置祈願所”。 御本尊は雷電為右衛門の子授け伝説があるとかで、大正五年(1916年)に相撲協会の祈願所となり、力士の木像を安置し、別名“すもう寺”と言われているとのこと・・・

令和の龍舌蘭は?・・・ 画像ヒットせず。

ということで

龍舌蘭の古絵葉書で百年前の雰囲気を感じ、ネットで現在の明香寺の様子を知りました。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リト身割れしても花

リトープスの黄花、白花の蕾は、まだ発生中です。 今日は身割れしながらも白花の様子です。

ベージュ色の綺麗な実生リトープスなんですが、二頭とも身割れ!

1912-cocolog

しかも、横脇からも伸びています!

なぜだ?・・・素直に咲けばいいのに・・・

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ツルビニのバラ丸に蕾発生してきた

ツルビニカルプスのバラ丸(Turubinicarpus valdezianus)に蕾が見え出してきました

黒ゴマが、それぞれ二つ三つ

1912_20191205112601

もう初春の香かな

それにしても実生10年、毎年嬉しい便りを一番に届けてくれる小苗、大変ありがたい😃
*バラ丸の前回記事(今年春の花)は、こちら

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

プレイオスピロス カヌス 実生二年で初花

プレイオスピロス コンパクタス カヌス(Pleiospilos compactus ssp canus)が、夕日を浴びて開きだしました。

1912_20191204173602

葉は肉厚で、パワーある感じ。

1912_20191204173601

初花なので、その黄花を日を透かして横からも。

一週間前に花びらが見え出し、それからがなかなかでしたが・・・

実生二年での初花は意外に早かった。

1912jpg

ということで

午後二時半ごろの初花でした。

蛇足ですが、花芽が萎れた苗は、その分、脇芽が伸びだしています。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

良いな~と思ったリトープスの白花、黄花

今日は快晴。リトープスは満開。良い雰囲気だな~と思った瞬間を記録しました。

1912cocolog_20191203180501

白花は白薫玉(購入種子に混入)の初花。まん丸の大輪♪

1912cocolog_20191203180601

この群開の黄花はオリーブ玉。爛熟した終盤の花。

1912cocolog

こちらはネーブロウニーの咲き始め。雄しべの基部が丸く締まっています😃

1912cocolog_20191203180603

こちらのネーブロウニー、ハナアブが雄しべに頭を突っ込み、慌ただしく漁っていました。

以上

日が落ちる間際のリトープスの花、良いな~と思った姿でした。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

アルブカ フリズルシズルのリング

ケープバルブの改良種”アルブカ スピラリス フリズルシズル”の葉が巻いてきました。

やはり真直ぐだけでは愛嬌ありません。やっと本来の味に😃

1912feizzlesizzle3

* Albuca spiralis 'Frizzle Sizzle'®

こちらは伸びてすぐ日に当たり、小さな輪。

今日の豪雨、雫つきです。

1912feizzlesizzle5

このリングは3日間続いた快晴のお陰、その曲がる様子です(11月27日から12月2日まで)。

1202frizzlesizzlecocolog

どのように曲がるのか?

伸びた葉の裏(凹んだ部分)を内側にして巻いているに見えます。

なるほどね・・・コンコルディアナの方は?・・・反対の外向きだった!?

まさに珍奇植物。

まあ~それぞれ仲間入りしてまだ一月、ゆっくり楽しく。

☔ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

モニラリアとメストクレマの実生 新葉の表面

2か月前実生したモニラリア モリニフォルミスとメストクレマ マクロリズムの新葉をデジタル顕微鏡(x60)で覗いてみました。

モリニフォルミス(Monilaria moniliforme)の葉は水泡状の丸い細胞のみ!別世界です😃

1912_20191201121002

鉢の中では、1センチぐらいの幼苗です。

硬い茎は未だ先の事。

1912_20191201121001

この表面に突起があるのは、塊根性のメストクレマ マクロリズム(Mestoklema macrorrhizum)。

1912

鉢底覗いたら白い根が伸びていました。小さくても逞しい感じ。

はるか遠いインド洋上のレ ユニオン島固有種とのこと。

1912_20191201121003

以上

偶々実生したメセン二種の新葉表面がこれほど違うとは!当然といえば当然ですが

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ