サボテンの華

  • Lobivia schieliana v. leptacantha
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

数より花のリトープス

脱皮進行中のリトープスの様子です

2020cocolog

*Lithops verruculosa 'Rose of Texas' ,2012年実生

ルビーの疣が特長の赤花朝貢玉(2頭立)は、身割れしながら分頭

これで4頭、だが赤い花が咲いてくれません・・・

2020cocolog_20200229170401

割れ目を覗くと、萎れた花芽がそれぞれに・・・なんでかな~😞

こちらの緑大津絵も、分頭するけど一度も開花せず・・・

2020cocolog_20200229170101

*L. otzeniana green attempts, 2014年実生

以上

こういう増えるだけの苗が結構あります

へそ曲がりの苗?も偶には欲しいです

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

癒しの渦巻きに滴

蕾も見え出したアルブカ スピラリス フリズルシズルに水やりし、棚上でタップリ日を浴びさせました

すると、クルクル巻の葉上に水滴三つ! 

2002_20200228120401

その水滴の中にも渦巻き😃

他の水滴にもクルクル! そして微毛😃

2002_20200228120402

和みと緊張感!

以上

これも開催危惧される春のバザール品・・・この癒しのクルクル巻をどうかして提供したいところ

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープス麗紅玉は脱皮優等生♪

リトープス麗紅玉は脱皮が進み、色鮮やかな新葉の様子が判りだしてきましたので、三種をご紹介します

2020f357-cocolog

まず、お気に入りの麗紅玉F357、実生5年目にして分頭してきました

特長的な赤の線(点)模様が一層華やかになるのではないかと期待

2020-cocolog

同期の麗紅玉 "zoro"も分頭中、どんな線模様が現れてくるのか興味あります

2020c124-cocolog

単頭で仲間入りして10年、麗紅玉C124も分頭中

五頭立てになる予定・・・頂面の黄色がより鮮やかに映えるのではないかな

ということで

脱皮優等生・麗紅玉は色や模様で存在感を一層アピールすると予感しました

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

ロス・カルドネス国立公園のカルドン

趣味のサボテン切手の話題です。 アルゼンチン サルタ州のロス・カルドネス国立公園Los Cardones National Parkの通常切手が昨年発行されました(2019年5月22日)

標高2700-5000m、面積650㎢の公園には、切手画像のように名前由来の大サボテン”Cardon Grande Cactus"が林立しています

Argentine219

十数年前、写真集”サボテン幻想”にてカルドンを知って以来・・・

Echinopsis(Trichocereus) terscheckiiかEchinopsis atacamensis subsp. pasacanaかどうかは別にして、高さ10メートルにもなる大サボテンのある雄大な風景、一度は拝みたいと思っていましすが、なかなか・・・

今回の切手は、その一部代替です

*ロス・カルドネス国立公園Los Cardones National Parkのグーグルアース上の位置は、25°14'S 65°55'W附近。大サボテンの写真が掲載されています。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

調子良い初花の小苗の行方?

パキポディウム恵比寿笑いの一番花は、小苗の初花となりました

2002_20200225125601

* パキポディウム 恵比寿笑い、2017年自家採種実生苗

暖冬の影響? 今だ落葉していない軒下放置のホロンベンセに見習った結果と思いたい

ひたすら日に当て続ける、寒い日・風が強い日は戸外に出さず、玄関に取り込んだ夜も加温せず・・・急な温湿度変化に注意する

さらに、枯葉も保温に良いかなと、そのまま・・・その結果、脱落することなく、多数の苗に蕾発生しました!😃2002_20200225121201

ところで、これら同期実生苗を披露する春のバザール、開催できるかどうか?

縁起良い名前のビザールプランツ、これからどうなる?

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ちょうどいい軒下サボテンに蕾

長年、軒下に放置中のエビサボテン ローマ蝦に、今年も赤い蕾が見え出してきました

2002_20200224122801

南側からの雨水頼みだけですが日はタップリ、丁度良いみたいです

今日は無風の快晴、暖かい日差しを受けて、さらに数を増やしそうです

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

円筒様リトープスの脱皮は?

どう変身するか注目している”割れ目の無いリトープス”の現状です。

円筒様の花紋玉系白薫玉?は、一応シワシワに・・・(片割れは白花開花)

内部の膨らみは? まだ微妙・・・0か1、早く知りたいな~

Photo_20200223170801

ところで、スカッと晴れ上がった今日は天皇誕生日、そして当地は富士山の日。

散歩コースの河津さくらは、満開でした。

2002_20200223170801

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

見るほど、知るほどに引き込まれた 二色の花

葉物メセンの天女扇と天女舞の花数が増えてきました。昼過ぎの強い日を反射し、光っていた

2020_20200222082302

チタノプシス天女扇はリング状にオレンジの濃淡!

さらに葯の雪白、雌しべの透明感!

2020_20200222084701

 *Titanopsis hugo-schlechteri SB1342 , 2014年実生

華やかな空間です・・・ハチも飛び込むわけだ ?

ということで

キモカワイイ疣もそうだったけど、小さな花も見るほどに惹かれました・・・

ところで、チタノプシスの本を眺めると、雄しべは触ると反応するらしい(bending wave)!

象牙丸やウチワサボテンでは確かめたことあるけど、午後試してみたい

*リンク先は関連する記事になります。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

今日の蕾:バラ丸、紅大内玉とコンコルディアナ

ツルビニカルプス バラ丸の蕾が一斉に膨らみ、明日にでも開花しそうです♪

2002_20200220172501

他は? 

紅大内玉C81Aの蕾も午後には、開花!

2002_20200220172502

ケープ バルブのアルブカ コンコルディアナは蕾の形がはっきりしてきました!

良い季節になりましたね~😃

2002_20200220172503

以上

姿形はバラバラだけど、それぞれに春を感じたタニサボでした

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

続き、リトープス果実の斑点

昨日は、自然界の幾何学文様・五角形の切手から、サボテン、リトープスの果実(蒴果、Seed capsules)、そして青磁玉の斑点(dark spots)に話題は流れてしまいました

今日、改めてリトの果実を眺めると、ノーリーニアエにも同じような斑点!(ひび割れ箇所にも)

2002_20200219132301

コール氏の本にも同じ記述。そしてオリーブ玉系ネブロウニーにも!

2002-cocolog_20200219132101

一方、萼片にも赤褐色斑点が認められることから、転写されたものかもしれません

神笛玉には斑点が無いので、花色(黄色)由来ということでもなさそう

ということで、

リトも色々、完熟前の果実を眺めても不思議なことがありました

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

自然の幾何学文様、サボタニの五角形を知る

ベルギーから自然の幾何学シリーズ切手として、今年は五角形文様が取り上げられています(1月27日発行)

シートは黄鉄鉱、シャボン玉、オクラ等の4種の切手と、各種5角形画像の切手(下画像)で構成されています

20205

見慣れた五稜のサボテン!(人の手も写っている!)・・・これエビサボの宇宙殿かな~

2002reyesii

*Echinocereus knippelianus v. reyesii, 2016年実生

あいにくフレーム内サボは六稜・・・そこで、宇宙殿変種実生苗レイェシイです

さらに、果実カプセル様の画像もあり、それではとリトープスの蒴果(さっか)探しをしました

花紋玉、福来玉、神笛玉、オリーブ玉、青磁玉等。 殆どこの時期はツルツルした黄褐色の5室でしたが・・・

2002_20200218140801

* Lithops helmutii EH65, 2014年実生

この青磁玉は果実の盛り上がった蓋と褐色斑点文様!が極めて特徴的でした

(コール氏の本でもcell-lids edgesとかdark dots(tanniniferous idioblasts)の記述)

初花でしたので、初めて気が付いた次第・・・白い斑点も完熟すると暗色になるんだろう

ということで

幾何学文様シリーズ切手をヒントに、サボタニの姿を知ることとなりました

* リンク先は関連する記事になります。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

朝日に輝く花殻と蕾

朝日を浴びて輝いていた花殻と蕾の話題。

金鯱の茶色の花殻と綿毛が、窓の隙間から漏れる朝日に照らされていました

2002_20200217174501

こんなに、リング状に盛り上がっていたことに初めて気が付きました

今春は客土をしてあげよう(植替えは出来にくいので)

2002-2

一方、こちら雪晃のテカテカした赤い蕾、一月掛けて、やっとここまで

ツンとした様子も今だけなので・・・

以上

早朝の一コマでした

なお、金鯱の種子、希望者があれば配布いたします(コメント欄に住所氏名記載して送信してください。マル秘順守)

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

隙間の内裏玉 蕾たくさん

マミラリア内裏玉、紫の蕾が見え出してきました。

何もしていないけれど、沢山咲きそう😃

金160円程のサボでしたが、律儀、健気! 

2002_20200216080301

以上

豪華花サボと競合しないところ、ありがたい😃

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープスの新顔 こんなところに

きょうもリトープスの脱皮、なんでかな~という姿です

カラカラ用土に、イキイキとしたリト?

どうやら、親の側面を突き破った脱皮でした

2002-cocolog_20200215070001

*Lithops hallii , Klippunt, Upington, 2015年実生

探すと・・・麗紅玉の”ゾロ”も!

徒長している親の中よりは、マシと思うしかない

2002zoro-cocolog

* L. dorotheae 'Zorro' ex Storms, 2013年実生

この美薫玉も、早々と顔を覗かせてきました

2002cocolog_20200215070101

そんなに早く世に出る必要もないのですが・・・

頂面が日焼けしガチガチとなる、形が崩れるとかのトラブルが無いよう見守ってます

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

吉報!の美梨玉、黄巴里玉、稜耀玉

静かに脱皮進行中のリトープスとディンテランタスの吉報です。

緑一色だった美梨玉の割れ目を覗くと、分頭してました!

実生六年を経ても咲かず、少しづつ大きくなるだけでしたので、大変化!

2002-cocolog_20200214085102

* Lithops viridis SH388, 2014年実生

この黄巴里玉(グリーンソープ ストーン)二玉は七年間、花は見たことなし

それが揃って分頭! 

2002-cocolog_20200214085101

*L. hallii 'Green Soapstone' C11A, 2013年実生

さらに実生八年の稜耀玉も、鉢内四頭中三頭が同じように分頭していました

リトより脱皮は上手、身割れせずに世代交代する予定

2002-cocolog_20200214085201

*Dinteranthus vanzylii , 2012年実生

ということで

花が咲かないメセン達、数でアピールすることになりました😃

*美梨玉の前回記事(一昨年七月)は、こちら

*黄巴里玉(昨年六月)の前回記事は、こちら

*稜耀玉の前回記事(今年1月)は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

こちらはヒッソリ 天女舞と縮玉の一番花

今週から河津さくら祭りがスタート。散歩道筋も濃いピンク一色となっています

それと同時に、サボタニの花も!

2002-cocolog

アロイノプシス 天女舞の黄花。まん丸の小さな花です

フレーム内では縮玉、中筋の二輪

2002cocolog_20200213090101

普通のタニサボですが、一番花の同時開花!目出度いです😃

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

アルブカ フリズルシズルのラセン

昨日はアルブカ スピラリスの報告。今日は球根を購入した園芸品種フリズルシズル(Albuca spiralis 'Frizzle Sizzle'®)4か月目の姿

夜は玄関内、昼はタップリ直射日光浴させた結果、丈は短く、葉はクルクル巻

2002f4

徐々に肉厚になる葉の巻く姿は、それぞれ・・・見飽きません

朝日を浴びた緑のラセン、自然の幾何学文様・・・素直に美しいと思った

2002_20200212063901

そして、桜の頃には蕾がのびて、香り付き・・・

リバーサイドマーケットにて、ビザールプランツとして手に取ってもらえれば良しです

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

初めてのアルブカ 実生4か月目

ケープバルブのアルブカ スピラリスとコンコルディアナの実生を始めて4か月。

生育率100%のスピラリス、葉はクルクル巻いて、鉢内の緑が増えました。

そして、三本目の葉が伸びてきました😃
2002cocolog_20200211084101

コンコルディアナは2本(生育率20%)、葉は増えず、巻かず・・・

勢いがな~と思っていたら、小さな球根が出来ていました!

2002cocolog_20200211084102

以上

それぞれのペースで順調なようです。一安心

* アルブカ スピラリスの前回記事(実生3か月)は、こちら

* アルブカ コンコルディアナの前回記事(実生一月目)は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープスの脱皮、複雑だな~

脱皮の初期段階のリトープス、これからは一喜一憂。今回は非正常な脱皮となる二苗の紹介。

2002_20200210055702

4頭立て茶福来玉・・・、見ての通り二重脱皮の徒長苗😞

数か月間の暑苦しい姿から、お別れするはずですが・・・

身割れした古い葉には、小さな新葉! 

2002_20200210055701

* Lithops dinteri v. brevis C84, 2015年実生

小さな惜春玉も同じような姿・・・もう驚きません。

分頭と小さな新葉構成で、一挙に三頭立てに。

ということで

親が元気な二重脱皮は見苦しい。普通が良いな~

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

モニラリア ピシフォルミス これも遅れて分枝!

窓際で生長中のモニラリア ピシフォルミス、また三本に分枝する兆候が現れてきました。

2002_20200209065501

写真の三本立の苗は、今年も分枝!

生長していた2対目の新葉の脇から、薄~い脇芽の発生です(水色の矢印部分)。

一方、今期初めて分枝した苗はというと・・・脇芽二本はすくすく

2002_20200209065502

しかし、中央の太い葉は依然として、先端部が外れず苦戦中です(水色矢印部分が葉の先端部)

以上

あるがまま、見守っています。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

軒下サボにも蕾です

今週は寒かったのですが、今日は一段と暖かく快晴となりました。

軒下サボテンを眺めると、ロビ桃輪丸やフェロ緋翔竜(写真下)の蕾に気が付いた。

2002cocolog_20200208110902

無加温のフレーム内では、ツルビニの長城丸や

2002cocolog_20200208110901

ステノカクタス縮玉の蕾も膨らんできました。

2002cocolog_20200208110903

それぞれ、ごく普通の花サボテンですが、今年も春の彩

・・・有難いことです。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

シャボテン動物公園のリスザルが行方不明

シャボテン動物公園内(伊東市)のリスザル12頭が、先月中旬から行方不明とのこと、当地のニュース番組で知りました。

盗難の可能性もあるので、懸賞金100万で情報提供を呼び掛けています。

リスザルは、55年ほど園内で放し飼いにされ、樹木の虫退治で活躍されているとのこと。

2002_20200207211801

添付のオリジナル切手にもあるように、園内の人気者(金鯱、ハシビロコウ、チンパンジー、カピバラ、リスザル)、早い解決を望んでいます。

* このオリジナル切手は伊豆シャボテン公園となっていることから、2016.10以前の発行となります。

* 切手シートの”シャボくん”の以前の記事(2016年10月)は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

プレイオスピロス 群生株に変貌中

実生3年のプレイオスピロス カヌス、現在新葉が大きく生長しています。

例えば昨年11月中旬、写真の苗は中央の花芽が生長しませんでした。

1911compactus_20200206152101

* pleiospilos compactus ssp canus, 2017年実生(2019.11.18現在)

その代わり、すぐ脇芽が4つ発生し、群生株に変貌してきました。

2002_20200206152101

*2020.02.06現在

それはそれでいいんですが、次は花も・・・と言いたい(ないものねだり)。

以上

葉物メセンの生長力に驚いています。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

アロイノプシス天女舞、今ここだけの色

昨日はチタノプシスの蕾の色。今日は実生5年のアロイノプシス 天女扇が色づいてきた様子です。

天女扇は、いつも青白色の葉で変わり映えしませんが、ここだけ赤紫色😃

2002_20200205193801

* Aloinopsis villetii, 2015年実生

冬の日差しを浴びて、花茎のみが日焼けしたようです。

ということで

このシーズンだけの出会いでした。

*天女舞の前回記事(昨年12月)は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

チタノプシスの蕾、チラッと赤紫

葉物メセン、チタノプシス天女扇の蕾がほころび出しました。

10程ある蕾一つに赤紫の線!

いよいよ開花シーズン間近です(なお、花色は黄褐色)

2002cocolog

* Titanopsis hugo-schlechteri SB1342 , 2014年実生

ところで、蕾の萼片一枚が、葉っぱと同じイボイボ状に変身してました(中央)。

こんなこともあるんです!

ということで、

見れば見るほど、怪しい魅力満載の天女扇でした。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

赤紫小花一輪、姫春星

マミラリアの姫春星が開花し始めました。

例年通り先行して、赤紫の小さな花が一輪。

これから続々と咲き始めると、もう春の雰囲気です😃

2002_20200202143701
ところで、私も”ビザールプランツ 冬型珍奇植物最新情報”を購入しました。

今期仲間入りしたケープバルブやコノフィツムの事を知ること、その道のパイオニアたちの考え方や行動力、そして栽培ノウハウを知るためです。

ネットで得る情報にくらべて、ナルホドな~とより身近に感じる力がありました。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープス紅大内玉 開花しはじめ

快晴の今日、リトープス紅大内玉が開花しはじめました😃

花弁は小さく、しかも白、初々しい初日です。

2001_20200201173301

* 紅大内玉、2012年実生

これから、今秋用の受粉作業。

以上

リトの花シーズンは終わり・・・いよいよ新葉へ

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ