サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

ギムノ新天地古株、最後の花かも

軒下サボテンの実生新天地に発生してきた蕾、一月経って開花しだしました。

2004_20200430174402

老体なのに、ありがたいことです。

そして、被っていた不織布を外し、直射日光にさらしました。

もうダメかと思っていた古株2は、予想外の開花・・・これが見納めかも

2004_20200430174401

もう一つの古株3は部分的な腐りが進行し、黄色くなって枯れ木寸前です😞 当然、蕾はありません。

ということで 

花だけ見れば、変わりはないんですが・・・これも寿命と

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

今日の椅子、多様な形態

今日は祝日、好天ゆえ、久しぶりに門扉前の椅子。10か月振りだった!

直射日光OKのパキポディウム 恵比寿笑いを中心に、メロカクタス、リトープス、アルブカ、ロビビアです。

2004-cocolog_20200429151501

ケープバルブのアルブカ スピラリス フリズルシズル以外は実生苗。

アフリカや南米の植物、多様な形態を楽しんでもらいたいな~

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

金子ギガンテアの昼夕朝

ディスコカクタスの金子ギガンテア実生苗、一番花の18時間の様子です。

2004_20200428191301

昼過ぎ、フレーム内では蕾二つ!

この冬は防寒などせず、さらに水やりもしていないのに動いていました!

2004_20200428191201

夕方、開き始めの微かな香り

開花中の夜、灯の下では、白い花弁のしっとり感でず、ボツ

朝日に輝く花弁はキラキラ、まだイキイキ♪

2004_20200428191101

ということで

今期初めて、ディスコカクタスに注目した18時間でした。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープスのキール!かな~

リトープスの頂面の形について、平面、膨隆、凸凹状とは違った魅力的な形状報告です。

2004_20200427134201

* Lithops julii v. rouxii SB2149, 2016年実生

外縁の細線が特長の福来玉系ロウクシーSB2149、頂面に島がない苗にキール状の盛り上がり! 新発見?

脱皮前(今年1月)の様子を見直すと、微かに線状の盛り上がりを確認できました。

凸凹の島が無いので、線状に盛り上がった? 他のリトに見られず、不思議です・・・

ところで、先月の脱皮段階では、パッチワーク様の分頭で注目したロウクシー。

順調に生育中です。

2004_20200427134601

以上

リトープス ロウクシー、渋い色彩、細かい線模様のほかに、キールも魅力になってきました。

* 画像はクリックで拡大します。

* リンク先は関連する記事になります。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

この感じが良いペントランディの花

昨日のロビビア ペントランディの蕾は、予定通り朝早くから開花中。

2004pentlandii

この二色の花! 斜めから見た、はかない感じが良いです😃

・・・昼には崩れてしまった。

2004caineana

頂部かからのカイネアナ、豪華すぎますね~

隙が無さすぎます!

ということで

雰囲気の違うロビビア美花の今日でした。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

夜中に咲くサボ花でした

今朝、ロビビアの蕾が少し綻んだが・・・その後、長いお休みタイム!

2004pentlandiicocolog

* Lobivia pentlandii JK481, 2011年実生

1年振りだったので、フェイントに引っかかった。 ロビビア ペントランディは夜に開花するのだった。

2004caineanacocolog

L. caineana R197, 2011年実生

一方、こちらのロビも同じような姿!

カイネアナは早朝に開花しだすので期待しましたが・・・このままの状態で、明日に持ち越し。

じれったいな~

2004violaceacocolog

* L. maximiliana v. violacea WR735,2011年実生

ということで、マキシミリアナ ビオラセアの一番花です。

これが精一杯、青紫の小花です。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

パキポお花畑で危機一髪

日中、軒下に置いてある実生恵比寿笑いのお花畑で珍事を目撃。

実生数年の小苗達は元気に開花中、そこに蜜を吸いにくる虫!

2004_20200424151302

気に入らないと、途中で引き返すのですが・・・長時間蜜を吸っている花を覗くと・・・

出るに出られず、もがいていた。

2004_20200424151303

やっと抜け出たら・・・今度は伸びきった口吻を収めることができず、花弁の上でもがいていた。

なるほどね、これで受粉したかも。

2004_20200424151301

これは同じ種子由来株、結実したような鞘。

ここでも同じドラマがあったんだろうなと想像。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

アルブカ コンコルディアナの結実かな

今期初めて栽培したケープバルブ、 アルブカ コンコルディアナの花茎が枯れだしてきました。

先日まで開花していたので、あっという間の変化です。

20043

* アルブカ コンコルディアナ、2週間前の状態(4月10日)

その成果、二鞘は4センチ位の長さになり、どうやら結実しているようです。

これは別苗の花とタイミングが合い、受粉をした結果です。

2004_20200423212601

* アルブカ コンコルディアナ、 今日の様子

一方、隣の花茎二本目にも鞘が膨らんでいますが、受粉処理してませんので、種子があるかどうか?

ということで

初めてのアルブカ、今秋も種まき出来そうな気がしてきました😃

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

白花奇仙玉 一番花です♪

マツカナの一番花として、白花奇仙玉が咲きだしました😃

緑の小さな玉から一輪。

木漏れ日が当たった白花を真正面から撮ってみました。

2004-cocolog_20200422195701

* Matucana madisoniorum pure white flowers, 2015年実生

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

パキポの花は五角形

現在、数多くのパキポディウム恵比寿笑いの実生苗が、開花し続けています。

花の大小、形は、同じ由来の種子でも微妙にが異なっているんですね。 

例えば、この交雑種では・・・左の小花には、可愛いさがあります

2004_20200421160001

花に訪れるハナアブの方は、大きく、色鮮やかな花に惹かれているようです(写真では蟻ですが)

あれ、大中小の五角形が見えます!

2004_20200421162701

パキポ新芽の三角形以外に、五角形の幾何学文様が隠れていたとは!(5枚の花弁なんで、当然かもしれませんが)

以上

ハナアブが飛び交う間に気が付いたことでした。

*画像はクリックで拡大します。

*リンク先は関連する記事になります。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

レブチアの花の魅力に気が付いた

この時期はレブチアの蕾がほころび出し、多彩な表情を見せています。

しかし、毎年撮っていると視点が固定し、1年振りの晴れ舞台であるという出会い、感激が出せません。

・・・そして、自分なりに気が付いたこと・・・

レブチアの花は、そっくり返るということ(全てではありませんが)・・・雄しべ、雌しべが花弁より立ち上がるということ、ここも魅力なんではないかと。

いままで、咲初めのシャキッとした方が良いな~でしたが・・・ぐたっとした昼姿は、他種ではあまり見かけない表情・・・そこが特長なんだということ!

2004pg

* Rebutia pygmaea 'rosalbiflora' FR1115, 2012年実生

肌色の花弁が垂れて、雄しべ、薄緑の雌しべが、伸びています・・・対象に近寄っていず、甘いのですが

2004_20200420094101

*R. pygmaea 'haagei' v. canacruzensis WR642, 2012年実生

花の中心部は良い感じなんですが、・・・そこに焦点をあてれば、独特の空間が広がるはず。

2004_20200420094102

*R. leucanthema WR305, 2012年実生

この白花は従来どおり真正面・・・昼頃になると、そっくり返るので、そこが狙い目かな

花弁がリング状に光るところも魅力です。

ということで

今日は雨ゆえ、昨日撮った写真を見て、・・・

あえて全体を撮らず、レブチアの花の魅力を引き出す、立体感のあるショットをサボテンの華にしたいと思った。

なお、今迄に撮った”サボテンの華”は、左上のフォトアルバムをクリックすれば閲覧できます。

*画像はクリックで拡大しまs。

 ☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

今年のリトープス、数比べ

リトープスの脱皮が進み、新葉の頂面が現れだしたので、何頭立てになったかチェック。

群生株の頭数ベスト5の結果報告です。

ベスト5は繭形玉C163の10頭、この脱皮で倍増しました。

200410

ベスト4は、グレー招福玉(2014年実生)の11頭(+2頭)

小型で着実に増えていますが、同期苗とは違って、黄花は未だです。

200411

ベスト3以降は古参(2007年実生)の不明種です。

この花紋玉系不明種は14頭(+6頭)、白花が偶に咲きます。

なお、茶褐色の線模様は、秋には黒紫色へ変化します。

200414

ベスト2は小型の大津絵15頭立て(+4頭)。

花は咲きませんが、秋には明るい緑色になります。

200415

ベスト1は4頭増えた21頭のリト。

黄色の塊が結構美しいです。

200421

以上

脱皮中でゴチャゴチャしていますが、分頭の様子が良くわかるため生長の記録です。

水やりは、もう少し待ってからにしたい。

*クリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

荒天にレブチア美花

昨夜からの豪雨、突風も15時頃には止み、日が射してきました。

フレーム内では、少し開いたレブチアの美花😃

肌色、色気ありますね~ 早速一枚

2004paliidacocolog

*Rebutia pygmaea 'haagei' v.pallida WR645、2017年実生

それから散歩。 

昼頃に氾濫注意水位を上回った黄瀬川の”鮎壺の滝””です。水煙が舞っていました!

20040418cocolog

川岸のタンポポ、綿毛が風で飛ばされ花床や総苞の内片が露わ・・・はじめて見るような新鮮さ! 

2004-cocolog_20200418201701

以上

荒天明けの景色でした。

*クリックで拡大します。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

化粧しすぎ!ロビビア美花です

暖かい今日はフレーム内の清掃。 雑草やナメクジを駆除、トカゲ3匹を追い立て、新しい人工芝を敷いた。

鉢を一つ一つ戻した後、今日の一輪です。

2004simplex

*Lobivia hertrichiana v simplex ES142、2012年実生

濃赤や緑、黄、白などの原色! 化粧しすぎ!なんですが、個性的。

ま~、この一輪で満喫・・・次の蕾さん、ゆっくりで良いですよ

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

メストクレマ マクロリズムの白い花弁

メストクレマ マクロリズムは何時咲いたのか気づかないうちに結実するというので、注視していました。

そこで今日は、実生半年でもう咲いている花の構造をチョット覗いた。何しろ蕾はたくさん。

2004_20200416174903

上から眺めると、蕾に1ミリの穴、中央奥に黄色が見え、周囲は白い花弁。

萼片が白いのかと思って、剥ぐと長さ4ミリほどの花弁が壁を作っていました。その数30数枚。

2004_20200416174902

花弁の内側には雄しべ、黄色の葯も! その中央は、大きな子房。

2004_20200416174901

なるほどね

この蕾は、ち密な種子製造カプセルだった・・・という当たり前のことが判りました。

*クリックで画像は拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

実生恵比寿笑い色々、春の姿です

背中が熱くなるくらい日差しが強くなり、パキポの恵比寿笑実生苗は、現在元気に開花中です。 

ハナアブも、忙しく飛び回って蜜を吸っていました。

2004cocolog_20200415213101

そこで今回、印象に残った若い実生苗の姿を!

2004_20200415214001

そろそろ丸三年になるトッピン苗です。長径8センチほど、自家採種苗より二倍ほど大きいです(プレステラ90深鉢を使用)。

この苗は今年一月まで、青々とした葉が残っていた苗でした。

2004-cocolog

こちらは海外種子由来(2016年実生)、脇芽がたくさん発生して扁平です・・・将来、ゴツゴツした姿かな。。

2004-cocolog_20200415213401

こちらも同じ由来苗ですが、昨年初花ゆえ頭が丸く、お饅頭。

姿が二極化してきました。

以上

花や葉が出始める頃は白と緑に黄色、さらに形ときて、見飽きません♪

*クリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ギブアップ寸前、三色の黄裳丸

一昨日はロビビア シーリアナの橙色花でしたが、今朝赤花が咲きだし、赤白黄花が揃いました😃

2004_20200414190801

*Lobivia schieliana v. leptacantha ES144, 2011年実生

また、ロビビア黄裳丸の大輪花も・・・、

そこで、数年前、黄裳丸系で三色の花!を目指した現況です。

黄花大輪花となるシャフェリ群生株は花芽発生中です!(丸印)

花数は少ない一方、子吹きは盛んで直ぐ鉢一杯です。

2004_20200414190802

*L. aurea v. shaferi R152, 2013年実生

赤花のドベアナは丸々と太って、花芽が見え出してきました。

2004_20200414190701

* L. aurea v. dobeana TB454.1, 2014年実生

白花の苗は、荒れた褐色肌で機嫌悪そう・・・元気な姿、見たことあったかな~

寒さと乾燥の影響かな~

2004_20200414190702

* L. aurea v. albidiflora GC950.06, 2014年実生

ということで、

軒下で黄裳丸系の赤白黄色、揃い踏みを狙ったんですが、今年も不発、何時になることやら・・・

*リンク先は、それぞれの花記事です。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

脱皮終盤、埋もれるリトープス

今日は雨ゆえ、リトープスの脱皮中の様子です。

色鮮やかでなく、軽石に埋もれている姿は自生地の雰囲気かな~と、リトープス本「WOLD LITHOPS」を眺めています。

何しろプクプクして、立ち上がって入ませんからね~

200

* Lithops ruschirum, 2013年実生

白い頭をチョコンと出ている留蝶玉。擬態しているような気分・・・

2004_20200413171401

*L. helmutii EH65 ex TL、2014実生

黄緑色になって潜んでいるのはY字リトの青磁玉。

2004sh531

* L. otzeniana SH531、2012年実生

茶褐色の大津絵も縮んで、水を待っています。

青白色になるはずの苗(右上)は、分頭してました。

2004_20200413171402

* L. naureeniae, 2014年実生

頂面が膨隆するノーリーニアエも待機状態。

以上

脱皮終盤、縮こまっているリトープス、一時の姿でした。

*青磁玉とノーリーニアエの黄花は、こちら

*大津絵SH531の姿は、こちら。留蝶玉の前回記事は、こちら

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

熱いです!ロビビア豪華大輪花

昨日とは一転、天気が悪くなってきました。そこでロビビアの熱い花で気分をアップ。

2004_20200412171703

* Lobivia  pampana WR433, 2012年実生

このパンパナ、花弁中筋の赤橙色と柱頭の薄緑色が、適度にバランスをとっています。

2004_20200412171702

* L. schieliana V. leptacantha ES144, 2011年実生

この赤橙色の花は、先の白花シーリアナの色違い。

蕾もたくさんあって、豪華!重いです!

2004_20200412171701

* L. schieliana V. leptacantha ES144, 2011年実生

この黄花も色違い。 落蕾して、この一輪のみ。 

少し押され気味ですが、美しいです!

以上

豪華な花は見飽きるので、この位。

*リンク先は、シーリアナとパンパナの色違いの花の記事になります。

☁☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

春ラララ、レブチアの花

暖かい陽気で咲きだしたレブチアを眺め、春の気分を満喫しています。

サクラ色のレブチア、群開一歩手前の様子・・・咲き始めが一番スッキリ。

2004_20200411140301

*Rebutia spec. Lara & Aguilar, 2014年実生

色鮮やかな黄花のフラビスティラ、今年も多数開花。

緑の疣もお気に入りです。

2004_20200411140302

* Rebutia flavistyla BLMT769.07、2016年実生

以上

サクラ満開の週末、レブチアの花見で自粛中。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープス黄鳴弦玉の透明点と、一挙四倍増

脱皮中のリトープスを眺めると、萎れた旧葉も目に入り、へ~そうなんだと気が付いたこと。

2004_20200410191503

* Lithops bromfeldii insularis 'sulphurea' C362, 2014年実生

写真は脱皮中の黄鳴弦玉4苗。花殻が3個ついて薄汚れた感じです。

左上の旧葉は褐色の斑点が結構目立ちます。今まで暗緑色で気が付かなかった透明点が褐色になったんだと。

黄微紋玉も同じ褐色の斑点ありましたが、・・・他種は良くわからず。

2004_20200410191502

右下苗の膨らみを見ると、旧皮一枚から4頭発生!

どうして4倍増・・・色々推測し、昨年10月下旬の様子で!

2004_20200410191501

右苗は割れ目が少し開いていました・・・この時期に脱皮が進行中でした。そして今年、元気な旧葉から小さな新葉が発生したものだと。

ということで

それぞれ、当時は主役・黄花とハナアブの脇役でしたが、今回は主役になりました。

余談:それにしても良く増えるな~・・・ハマーの本には、”Plants tend to cluster readily"と・・・これも、今だから目に留まった。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

もう一押し、トリグロチディアツス

軒下サボテンのエキノケレウス・トリグロチディアツスEchinocereus triglochidiatusの刺座が膨らんで、割れだしてきた。

この段階で昨春は冷たい雨に打たれ、ストップしてしまったので注意したい。

2004triglochidiatus2cocolog

* Echinocereus triglochidiatus SB1067、2010年実生

他には・・・あれ?

2004triglochidiatus1cocolog

刺にハナアブ!・・・逃げる様子もなく、初めて見る姿です。

その後,体力尽きて落下、♰

以上

小さなサボでの、普段は気づかない出来事の紹介でした。

*トリグロチディアツスの一昨年の赤花は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

モニラリア実生幼苗がへたる、そして

生長が止まっていた幼苗モニラリア モニリフォルミス、植え替えずそのままにしていたら・・・

葉が萎れだしダウン、腐ったか!😞

2004_20200408130601

*Monilaria moniliformis、2019年実生

そういえば、この変化は先輩たちの言っていたことかもと・・・ 

見直すと・・・下部の両脇が膨らんでいた!・・・分枝です😃

2004_20200408130701

この秋には、深鉢で間隔をあけて植え替えてやりたい

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

*モニリフォルミスの前回記事(三か月前)は、こちら

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

エビサボテン、それぞれの赤色

軒下のエビサボテン ローマ蝦に一輪。

2004_20200407212001

10個程の蕾、今年はナメクジに齧られず順調に膨らんでいます。

緑に赤い蕾と花、目を惹きます😃

2004_20200407212201

* Echinocereus coccineus JRT593, 2013年実生

このコッキネウスは赤い蕾が発生してきた段階。

これが赤花ではなく、白花になります!

2004_20200407211901

*E, viridiflorus RP65, 2011年実生

これは赤刺の青花蝦RP65。太陽光下、フレーム内での開花の様子です。

結構いい感じだと思ってます。

以上

フレーム内は種々咲きだしていますが、ローマ蝦の赤色繋がりで引っ張り出した三種です。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

*リンク先は、コッキネウス開花時の花色変化です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ケイリドプシス翔鳳の大輪花にアブ

予定通り実生ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)二株、4輪が咲きだしました😃

何しろ一番大きい葉物メセンに花茎は10センチ超、それも方向バラバラゆえ、集合写真はあきらめた。

調子に乗って水やりをし過ぎてしまった・・・来年は辛目になるだろう

その花に1センチほどのヒメヒラタアブ! 花粉をなめて(食べて)いた。

2004_20200406222101

*Cheiridopsis peuliaris, 2015年実生

この対比で大輪花とわかるかな~

*翔鳳の前回記事(今年3月13日)は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

香っているかな青花蝦の花等

開花中のサボテンの花写真三種です。

最初はエビサボ青花蝦。明るい場所だと花弁が輝過ぎて・・・

玄関内では金属光沢!

2004_20200405180401

* Echinocereus viridiflorus SB213,Taos Co, NM lemon scented fl, 2011年実生

同じようにテカテカした兜丸の花を撮ると、花弁の薄さ!(そこだけに注目してくださいね)

2004_20200405180402

* 大白点兜、2007年実生

エリオシケも一輪、花弁の空気感、あいかわらず良いな~

2004_20200405180301

*Eriosyce subgibbosa v. nigrihorrida FK22、2012年仲間入り

以上

毎年恒例の花も、偶には違う雰囲気、自己満足の世界です。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

恵比寿笑の白花は、どこ?

現在、三年前に実生したパキポの恵比寿笑い小苗は、次々黄花を咲かせています。

それと同時に、白花恵比寿笑いも一輪(右手前)、といってもレモン色ですが・・・

2004_20200404201701

右奥、三年前の実生恵比寿笑いに比べればという程度。

写真左側の二鉢は、二年前に実生した白花恵比寿笑い(レウコキサンツム)。

それぞれ種子購入先は違うけれど、今一の姿。

新葉発生中で、来年に持ち越しだけど・・・もう、白花ならばラッキーというあきらめ境地です。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

サボテン蕾の棘

フレーム内サボテンの花の種類も増えてきましたが、個人的には蕾の段階が一番ワクワクしています。

今日は、そんな感じの蕾4種の様子です。

2004_20200403191802

* Echinocereus viridiflorus RP65、2011年実生

これは、エビサボテン青花蝦、蕾の緑と白トゲそして本体の赤トゲ。

この瑞々しさが一番!

2004_20200403191801

これは、ノトカクタスすみれ丸の蕾。茶色の綿毛のフワフワ感を狙った。

細い黒トゲも生えているんですね~

2004_20200403191701

*Echinocereus papillosus、2012年実生

これはエビサボテン華山の蕾、地味な色に白トゲ。

これが、メリハリのある豪華大輪花になるんです。

2004_20200403191803

* Echinocereus viereckii ssp. morricalii、2012年実生

最後は、日焼けした刺なしサボテン・モリカリーから見え出したトゲのある蕾。

これも紫の大輪花となります。

以上

日に日に生長する、瑞々しい蕾の1シーンでした。

* リンク先は、それぞれの花の姿です。なお、青花蝦の花は当たり前すぎて、未登場でした。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

きょうのサボテンの華、ウチワサボテンかな

昨日までの雨が止み、今朝は気持ち良く快晴。

大きなバーバンクウチワには、細かい水滴がビッシリ!

そういえば・・・こういう姿は見たことがなかったな~・・・ 記念に一枚。

2004

一方、フレーム内では、実生ロビビアの美花!

2004cocolog_20200402200201

*Lobivia maximiliana intermedia KK784, 2011年実生

中央の雌しべ、雄しべを囲む赤橙色の花弁に焦点をあてました

ということで

対照的な色彩!きょうのサボテンの華でした。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

サボテンの花と刺の華

サボテンの白花も良いけど、白い刺は一層良いな~と思ったこと。

雨天の中、フレーム内で咲いている花を玄関内で撮ってみました。

2004cocolog

* Lobivia schieliana v.leptacantha ES144,2011年実生

ロビビアの白花三輪は、爛熟した豪華さに変身。

引き立て役は薄紫の萼片でした!

このネオポルテリアの紫も、しっとり感。

2004cocolog_20200401204801

*Neoporteria taltalensis KK1199、2011年実生

こげ茶のネオカピルスの花も撮ろうとしたが、白刺の方が華でした😃

赤刺も浮き出ています!
2004cocolog_20200401204701

* Echinocereus russanthus neocapillus SB1039

ということで

薄暗い室内での自然光によって、魅力再認識しました

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ