サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

紅オリーブ玉の実生苗、これから

リトープスの紅オリーブ玉の脱皮後の様子です。

2006_20200630203101

三年前に実生したレッドオリーブは、今期の脱皮でやっと一人前の顔になってきました。

しかも、いくつか濃紫色保持♪

20062_20200630203101

一方、昨秋蒔いた国内産レッドオリーブは、やっとコメ粒ほど。

先月、強い日を浴びて白く溶けてしまったこともありましたが、何とか生き延びてます。

・・・あと二年、じっくり見守るしかありません。

なお大きな苗は同期の紅大内玉。生長具合の差、一目瞭然です。

節分の頃、ヒヨドリに突かれて転がり、居候しています。

*リンク先は前回記事(昨年11月脱皮前)です。

* 画像はクリックで拡大します。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

タヨペンシスの花、ハナアブ! タッチアンドゴー

昨日から蕾がほころび始めてきた軒下エビサボ タヨペンシスの花と虫のこと。

傘をさして眺めた昨日は、花弁の蓋が緑の柱頭を隠していました。

2006_20200629174602

* Echincereus tayopensis,2012年実生

晴れの今日は全開、見事な大輪花! 花びらは、ひらひら折れ曲がっていた。

2006_20200629174601  

そのカメラ視界に入り込んだのが、ハナアブ! タッチアンドゴーの一瞬撮りました。

ということで

蜜を吸いに来たけど、止めてしまった瞬間の一枚でした。

蛇足:実生タヨペンシスの花に集まる虫について二報続けましたが、これまで果実が出来たという事はありません。

*前回記事(大輪花の葯を運ぶ蟻)は、こちら

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

子吹き盛んな軒下ロビビアの貴重な一輪

昨日から避難していた軒下ロビビアが開花😃

傘を差しながらサボの花を眺めるのも、乙なものです。

2006violaceacocolog

* Lobivia maximiliana v. violacea WR735

写真はマキシミリアナ ヴィオラセアの一輪ですが・・・注目は緑の子

春分の頃、多数の子を全部外して植え替えたんですがね~

この勢いで、蕾も多数発生するわけではありません・・・貴重な一輪です。

* 画像はクリックで拡大します。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

アカントカリキウム グラウカムの肌、粉を吹きだした

四年前に実生したアカントカリキウム グラウカムAcanthocalycium thionanthum v. glaucumの肌が白っぽくなり、粉を吹いてきました。

まだ小苗なのに、一丁前の姿かな。

2006_20200627205601

*Acanthocalycium thionanthum v. glaucum FK620, 黒鬼玉、2014年実生

実は三年振りの登場。その時はイキイキした緑の小苗で、すぐ大きくなるかと思ったら・・・以後こじれてしまったのです。

今も茶色の苗もあり苦難中・・・

ということで

小苗でも貫禄ある姿、苦労が染み出ている・・・という感じなので一枚。

*三年前の姿は、こちら

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

大輪美花ゼケリの花粉媒介者

軒下ロビビア ゼケリLobivia zecheriの大輪花に訪れてきたハナバチの様子に焦点を当てた。

2006_20200626185402

朝には開いている花に小さなハナバチ、雄しべにぶら下がりながら一心不乱、葯をかき集めています。

2006_20200626185401

後肢には花粉団子をつけて一段落、飛び立っ寸前のホッとした表情?

20063

半分閉じている昼頃も、花糸のバリアーの中に潜入して花粉集め。

20064_20200626185401

大きなハナバチも花園荒らしに訪問!

こんなに訪れるから、実がたくさん出来るはずだ!

ということで

曇り空の下、花粉媒介者の挙動を観察しました。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

この大窓濃褐色の大津絵は、太古玉似なのか?

脱皮完了したリトープス大津絵の頂面の色について思ったこと。

2006towscopie

*Lithops otzeniana Towskoppie, Loriesfontein windows with fine lines, 2014年実生

秋の緑と違って濃褐色! 狙った線模様が無い大窓タイプ・・・これも大津絵、結構なインパクトです!

自生地・大津絵の写真を見ると、全て日焼けして褐色!

2006c128

* L. otzeniana C128 large open jagged windows, 2012年実生

しかも、全窓タイプを太古玉似と記載していた・・・自生地の太古玉(L. comptonii)の頂面も同じ濃褐色!

へ~、太古玉は栽培していなかったんですが、近縁とはね!

ということで

現在の濃褐色の大津絵は自生地と同じ色合いで、この渋さが魅力と気が付いた。

* リトープス自生地の写真集”WILD LITHOPS、HARALD JAINTA著"の記事は、こちら

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

マミラリア ブーリー晴れやかです

今年もマミラリア ブーリー(Mammillaria boolii)二株が開花してきました。

パット明るくなります。

2006boolii6

この株は花束

2006boolii

こちらは直線

それぞれの表情、楽しいです。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

三色の黄裳丸系、元気になる

今朝、軒下ロビの黄裳丸系シャフェリが開花。相変わらずの豪華な大輪花です!

2006_20200623120801

* Lobivia aurea v. shaferi R151, 2013年実生

2006_20200623115801

さらに同期のシャフェリは初花。・・・しかし、大きさ半分! 

同じバッチの種子なのに・・・まあ~刺は一番長いけど

・・・鉢一杯なので植替えて、来期は思いっきり発散してもらいたいところ。

2006_20200623115802

* L. aurea v. dobeana TB454.1、2014年実生

軒下仲間のドベアナの赤花は豪華すぎず、幹も小玉で堅実感満載。

2006_20200623115803

* Lobivia aurea v. albidiflora GC950.06、2014年実生

植替えとともにフレーム内に移動した白花苗は、飴色肌から緑色へ、新刺も発生して生き返りました!

再びフレーム内に戻して良かった😃

ということで

蒸し暑くなってきましたが、黄裳丸系ロビビア三種、それぞれのペースで元気です。

* 画像はクリックで拡大します。

* 今日でシャフェリ全三株は、開花株になりました。先月開花した別苗の花は、こちら

* 4月まで調子悪く、ギブアップ寸前の白花苗の姿は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

タヨペンシスの葯を運ぶ蟻

昨朝、軒下エビサボのタヨペンシス二株の蕾が同時に開花。その際、珍しい光景を目撃した。

2006855

蕾がほころび、緑の柱頭が見え出しました(8時55分)・・・もう蟻がウロチョロ! 蟻がいること自体驚き!

2006_20200622105801

三輪の内、この花だけに集まって何をしているのか?・・・・葯を食いちぎって巣へ(9時7分、速足ゆえ、やっと一枚)

2006914

ハナバチも飛び込んで、花糸の中まで侵入してましたが、7分後飛び立った(9時14分)

日が内部まで差し込んできたころ(9時20分)、蟻は一匹もいなくなっていた。

20061952

それから1時間半後、黄花大輪花(写真は別株)

ということで

タヨペンシスの花に蟻が侵入し、しかも葯を運んでいたとは驚き! 

この株の蕾だけにアリマキが集っていたので、蟻も誘引する物質が発散していたんだと勝手に想像した。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

赤花アルストニーの花を注目しすぎた

昼頃、赤い花弁が見え出してきたアボニア クイナリア、たっぷり日光に当てるため場所を移動し、ついに開花しました♪

何しろ、一番花は開かずに垂れて終わりだったので・・・つききりで観察、そして午後4時頃開花

2006_20200621212401

薄赤紫色の花弁、黄色の葯、そして白い柱頭を撮るため、フォーカスに苦労した一枚です。

そして、会合へ・・・ピンク色に染まった夕焼けが見事だった!

そうだった・・・夕日に映える花ばかり注目し、部分日食を見逃した!

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ウチワサボテンの花と実、完熟は何時

鉢植えの小さな実生ウチワサボテンが開花。

2006_20200620192302

意外に大きい! 群開すればもっと華やかでしょうけど、芒刺があって危険!

2006_20200620192301

今年は二つ。写真は紫の実と蕾です。

ところで

2006_20200620192303

花は今一だったバーバンクウチワ、果実は6センチ程に膨らんできました。

まだ緑色・・・赤色になる完熟はいつかな~

ということですが

順調そうに見えるバーバンク、実は先日の豪雨で傾き、結局一株切り詰めました。・・・30センチほどの茎節、結構な重さでした

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

エビサボ タヨぺンシスの光輪

軒下エビサボテンのタヨペンシスEchinocereus tayopensisの蕾が、やっと膨らみ色付いてきました。

2006_20200619161301

雨に打たれているので、明日以降晴れれば黄色大輪花

さらに、上から眺めていると下にキラキラするリング発見!(写真上手前の輝点)

2006tayopensis

幹に刺さった棘と雨滴による作品だった。

晴れたら抜いてやろう。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

分頭したリト美梨玉の色

リトープス美梨玉が、実生6年目となる今季分頭しました。

頂面の緑色が特長なんですが、新葉は少しくすみ、小苗は赤色になり変調した感じ。

20064

* Lithops viridis SH388,2014年実生 (2020.04.29撮影)

底水で元気づけをしていたら・・・(西日の影響?)

一苗が腐って、茶褐色😿

2006_20200618213201

*今日の様子

一番緑色のリトとか、実生は簡単ではないとか本に書いてあったけど・・根が太く丈夫そうと思ったが、いじり過ぎた。

失って判った大切さ、残った赤い小苗などは、秋まで静養させておこうと思った。

ということで

一昨日は脱皮完了後、一月で開花した曲玉・宝貴玉、今日はその間に腐ってしまった美梨玉のトホホでした。いろいろあるね。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

恵比寿笑いの採種と配布(幻玉も)案内です

パキポディウム恵比寿笑いの鞘が弾けて、ネットは綿毛が充満していました。

羽があるので、均等に分散してキラキラ。

2006_20200617183401

およそ90粒、 昨日二株の実生を済ませていたので、これも?

というわけで、種子の無料提供したいと思います。

①パキポディウム 恵比寿笑い種子(一人10粒ほど)

国産栽培場由来種子の、実生4年(2016年)の径7センチ、高さ4センチほどに育った優良株由来。自然交配種子。

2006_20200617183402

② この機会に、ディンテランタス 幻玉(Dinterantus wilmotianus)の種子も希望者に配布したい(一人2,30粒か?)。

MESA由来実生苗同士での交配種子。

2003-cocolog_20200617183201

*記事下段のコメント欄に、住所、氏名、希望種子記載の上、送信してください(秘密厳守します)。

返礼など必要ありませんので、お気軽に!・・・・・申し訳ありませんが、応募締め切りとなりました。幻玉は初秋に再開する予定です。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

リト曲玉・宝貴玉 待ち続けた黄花!

今朝、リトープス宝貴玉に黄花が咲いていたことに気が付いた。蕾が出ていたことも気づかず(-_-;)

2006volkii

* Lithops pseudotruncatella ssp volkii C69、2013年実生

曲玉は夏咲なので、脱皮後の水やりや日照等を特別に配慮していた成果です♪

これは昨秋の植替え時、生長停止した蕾の痕跡があり・・・今まで秋咲きリトと同じように管理したため、蕾生長期に水不足だったと気が付いたためです。

ということで、実生7年目の初花写真です。

2006volkii_20200616174801

失敗ばかりだった曲玉の実生、再チャレンジしたい気分になったが・・・生長が遅いので熟慮中。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

蟻がたかるアカントプレグマの花

今日の晴れ間を予期したように軒下サボテン、ロビビア アカントプレグマ(Lobivia acanthoplegma)が咲きだしました。

2006acanthoplegmacocolog

* Lobivia acanthoplegma JK10, 2011年実生

奔放の花弁は濃赤紫色、雄しべの向きもあちこっち・・・こんなところに野性味

ところで、開花してすぐ花粉を求めて虫が飛び込んでいました。

さらに、蟻も

前日の蕾の時はアリマキが発生し、飼い主の蟻もいた。

う~ん、

私も好みの花なんです😃

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

雨の中、サボタニで遊ぶ

昨日今日と雨が続いて引きこもり状態ですが、サボタニは動いていた。

2006_20200614105701

軒下ロビのバッケンベルギーの可愛い丸花です。

本来、白いリングがスポットライトを浴びて光っている所ですが、健気に一輪。

2006_20200614105201

室内に取り込んでいたパキポ”恵比寿笑い”小苗(2017年実生)の鞘が、割れてきました。

湿気のため、種子の羽は展開せず・・・飛散防止ネットのほつれに焦点!邪魔でした

そして、先日落下した紫太陽の花殻を調べ直した。

2006_20200614105101

チュウブ状の先端には棘がついていたことが判明

なるほどね、他のエビサボなども表皮を溶かせば、こんな形になるんだと・・・当たり前のことで納得

以上

雨の日曜日のお遊びでした。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープス棚に雨が吹き込んで、色鮮やかになる

昨夜の雨に打たれて、薄汚れていた頂面がサッパリしたリトープスです。

避難し、寒冷紗を被せていても、びっしょりになってしまった。

一年に一回あるかないかの機会、午後の様子です。

2006_20200612191202

* Lithops helmutii EH65 ex TL, 2014年実生

普段乾燥気味で、白っぽくなっている青磁玉は、色鮮やかになりました。この色合いが良いんです。

2006_20200612191301

L. naureeniae、 2014年実生

ノーリーニアエは暗褐色! 日焼けの影響? この濃色を期待していたんです。

2006_20200612191201

* L.dinteri C206, 2014年実生

この神笛玉は、血赤色の斑点やベージュの外縁部が目立っていました。

2006_20200612191203

* L. schwantesii 'gulielmi' C184、2014年実生

招福玉系グリエルミーの線模様も明瞭になり、色々あります。

以上

雨に打たれた六年前の実生苗をピックアップ。 一昨年から分頭あるいは単頭など、それぞれです。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

何と呼べば良いのか?ニグロストマの大輪美化

梅雨入りのため、避難させていた軒下サボが予定通り開花。

プシスの日章旗は赤紫の花。花弁が細く姿は勲章。

生長遅く、体調悪そうなので、明日以降植替えします。

2006_20200611170901

一方、フレーム内ではロビビア ニグロストマの大輪花!

相変わらず豪華な黄花です。

2006_20200611170801

ところで

種名は? jajoiana(業者カタログ他)なのか jajoana(The New Cactus Lexicon)。

ヤヨイアナ? ヤヨアナ?

自生地はアルゼンチンのティルカラ村で、花も明瞭なのに、名前はフニャフニャ、なんかハッキリしないな~

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

3年前の実生リト 巴里玉4種

リトープスの脱皮が完了し、今年の顔が明瞭になりました。今回は三年前に実生した巴里玉4種(C98,C119, C375,C87)の様子です。

最初は、赤褐色の頂面のオクラケアがお気に入りなので、別コールナンバーC98はどうかな?と実生。

2006ochraceacocolog_20200610210401

* Lithops hallii ochracea C98 windows with red lines, 2017年実生

窓の赤い線が入っている?全窓タイプや網目や茶褐色も・・・思惑と違い、まだ掴み切れていません。

4月末頃は脱皮中(下)。横から出たりしてましたが、大きくなりました。

2006ochraceacocolog

外縁が赤というのはどうかなと実生したのが巴里玉C119。

2006c119cocolog

* L. hallii C119 greyish bodies,red margins,2017年実生

赤っぽいけど、単に日焼けしているだけかも・・・秋まで待ちたい。

細かい線模様が特長のC375は、まさに線刻されたハンコ! 丈夫そうだ。

2006cc375ocolog

* L hallii C375 exeptionally fine patterns, 2017年実生

最後は網目李夫人C87。頂面の模様が色々あります。地味なんですが見飽きません。

脱皮前(1月末)は真っ黒だったのが不思議。

2006c87cocolog

以上

線模様と渋さが魅力の巴里玉、初々しい3年生の顔でした。

*丁度1年前に紹介した先輩の巴里玉5種の姿は、こちら

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

紫太陽の花、内部の秘密!

先月下旬に咲いたエビサボ紫太陽の花殻が落下していた。

相変わらず豪華な花なんですが・・・紅白の棘と綿毛で包まれた花殻には独特の美が漂い、静かに鑑賞できます。

2006_20200609104501

その透けた内部を覗いてみて(これが、この花殻の特徴)、ビックリ!

2006_20200609103901

導水管らしき痕跡! 見事なつくり!

この花の中心部には、こんな秘密が隠されていたんだと感嘆

2006_20200609104502

* Echinocereus rigidissimus v.rubispinus L088, 2013年実生

ところで

花後の植替えは未だだと気が付き、早速今日の作業。来年も再開できますように!

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

一大事! モンシロチョウとホロンベンセ

今朝、パキポディウム ホロンベンセの黄花にモンシロチョウがパタパタしていました!

2006_20200608135702

サボテンや多肉の蜜を吸う蝶の姿は、大変珍しい!と近寄ると・・・

なんと、口吻が挟まって、抜けない状態になっています。

2006_20200608135701

鱗粉散らしていますが・・・あるがままに。

サボテンや多肉の受粉に蝶も仲介しているはずですが、初めて出会いました。

結実したら、実生してみたい。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

サキュレンタム、やって良かった春の剪定

今春パキポディウム サキュレンタム実生苗の各枝先端に、新葉が数枚伸びていました。・・・しかし、このままでは上に長くなるだけという不安

が沸々と・・・

休眠期に細枝を切り詰めていなかったためなんですが・・・やらない後悔よりはと、すぐハサミでパチン、パチン

2006_20200607143501

* Pachypodium succulentum , 2012年実生

そして現在、一枝に数個の新芽が動き、一株では20程度新葉発生中です。

これだと生長力が分散し、短枝になるのではないかな。

いままで、冬場に剪定すると、先端部の芽だけに新葉が出て、ひょろ長くなっていました。

それを、新葉発生中に行うと、下の芽も同時に動きだすという事を経験しました。

20062_20200607143501

ということで

花は犠牲にして、塊根と枝ぶりを楽しむ方をとりました。やってよかった!

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

休眠前のアルストニー、群玉、ボルシー

今日は蒸し暑かったので、そろそろ休眠準備かなと思っている冬型多肉3種の現状報告です。

最初は、栽培歴3か月の赤花アボニア アルストニー

2006_20200606205601

水やりや日照など判らないまま6月になり、蕾らしきものが膨らんできました。

この時期に咲くのかな~

20062

フェネストラリアの群玉実生苗は、生き延びた二苗の葉が増えました(最大数)。

これから鬼門、2回目の夏、ヒャヒヤ。

20066

3か月ぶりのプレイオスピロス ボルシー(鳳卵)。この間2倍、7センチほどに生長しました。

いつの間?という感じ・・・(昨秋13苗のままだったら、どうなっていたか)

以上

今が一番大きく、元気な状態の記録でした。

* リンク先は、それぞれ前回記事(今年3月)になります。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

草木角の花後、特有な姿になりました

軒下エビサボ草木角(Echinocereus scheeri)の花後、その姿が魅力的でしたのでご報告。

パステルカラーの花が咲いてから一週間後、萎れましたが、垂れ下がることも、色あせすることもありません。

2006_20200605195301

チョコンと伸びた緑の柱頭はイキイキ

群生株の親株上にツンと立った姿・・・まだまだ楽しめます。

* パステルカラーの花の姿は、こちら

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

パキポ恵比寿笑いに囲まれて

今期多数開花した戸外のパキポ恵比寿笑いの現況です。

鉢一杯になった苗は、一回り大きなプラ深鉢に植替えました(残りは9月頃予定)。

この鉢だと溝や突起物が無いので、植替え時に根が切れることが少ないため使ってます。

殆ど10年ほど前からの実生小苗。恵比寿笑いに囲まれるのが夢でしたが増えすぎました・・・現在106苗(今年バザーでの放出が出来なかったため)。

それでも、国内外の栽培場や自家採種由来種子ゆえ、花や葉、姿に個性があり楽しんでいます。

2006_20200604182001  

この時期ゆえ、自然交配の鞘が伸びています(水切りストッキングネットを被せています)。

そろそろ弾け、そして種まきです。

2006_20200604182002

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

サボテン花の寝床、決定的瞬間だった・・・

早朝、軒下サボテンの花で出会った一場面のこと。

エビサボ モリカリーの前日開花した花びらに、ハナアブが休んでいました。

2006_20200603211101

* Echincereus viereckii ssp. morricalii, 2012年実生

お!この姿は珍しい! サボテンと生き物を写す瞬間!・・・

近寄って・・・気づかれて、飛びて立たれた😞

決定的瞬間は・・・ピント外れ😞😞

ゆっくり考えると、雄蕊はもっと中央だし、動き回る時間帯ではないので・・・花弁の隙間が寝床!だったかも

・・・ともあれ

花弁に囲まれているハナアブの、ほほえましい姿は捉えた。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

バーバンク ウチワの花、順繰りに

庭のバーバンクウチワが咲きだしました。

待ちに待った初花ゆえ、じっくり観察。

2006burbankfl1cocolog

蕾の先端(花弁)が少し膨らみだし(前右)、翌日には黄花となり二日間(前中)、その翌日、赤味を帯びて(前左)、花弁は萎れだした(奥右)。

一輪ずつ順繰り!

ヒラヒラ風に舞うような花弁では無く、意外にこじんまり・・・先端が千切れた武骨感

すでに、雌しべには花粉

2006burbankfl2cocolog

大きな果実ができそうだ😃・・・・・・ さてどうかな。

* 画像はクリックで拡大します。

☀  ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

丸い花弁に刺激されて、マツカナ四種の花

フレーム内のマツカナ四種が一斉に開花しだしました。

嬉しいことに、紫花の小苗オレオドクサ・ロセイフローラに、丸い可愛い雰囲気タイプが出現しました。

ちょっとした変化でも、受ける印象は大分違いました。

2006_20200601125902

* Matucana oreodoxa ssp. roseiflora GC 1084.04, 2015年実生

この白花のマジソニオルムはお休み中と思っていたら、あっという間に一輪。

その豪華さに、こんにちは!

2006

*Matucana madisoniorum, 白花 2015年実生

一方、先輩たちも同時に。 

インターテクスタは、スッキリ美人。

2006_20200601125801

* Matucana intertexta, 2009年実生

同期のウエベルバウエリは群開中、

ゴチャゴチャした雰囲気を、斜め上から覗いてみました。

2006_20200601125901

 Matucana weberbaueri, 2009年実生

以上

開花は毎年のことですが、受ける感動はその機会毎に違う・・・その記録です。

* 画像はクリックで拡大します。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ