サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 紫太陽の花、内部の秘密! | トップページ | 何と呼べば良いのか?ニグロストマの大輪美化 »

3年前の実生リト 巴里玉4種

リトープスの脱皮が完了し、今年の顔が明瞭になりました。今回は三年前に実生した巴里玉4種(C98,C119, C375,C87)の様子です。

最初は、赤褐色の頂面のオクラケアがお気に入りなので、別コールナンバーC98はどうかな?と実生。

2006ochraceacocolog_20200610210401

* Lithops hallii ochracea C98 windows with red lines, 2017年実生

窓の赤い線が入っている?全窓タイプや網目や茶褐色も・・・思惑と違い、まだ掴み切れていません。

4月末頃は脱皮中(下)。横から出たりしてましたが、大きくなりました。

2006ochraceacocolog

外縁が赤というのはどうかなと実生したのが巴里玉C119。

2006c119cocolog

* L. hallii C119 greyish bodies,red margins,2017年実生

赤っぽいけど、単に日焼けしているだけかも・・・秋まで待ちたい。

細かい線模様が特長のC375は、まさに線刻されたハンコ! 丈夫そうだ。

2006cc375ocolog

* L hallii C375 exeptionally fine patterns, 2017年実生

最後は網目李夫人C87。頂面の模様が色々あります。地味なんですが見飽きません。

脱皮前(1月末)は真っ黒だったのが不思議。

2006c87cocolog

以上

線模様と渋さが魅力の巴里玉、初々しい3年生の顔でした。

*丁度1年前に紹介した先輩の巴里玉5種の姿は、こちら

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

« 紫太陽の花、内部の秘密! | トップページ | 何と呼べば良いのか?ニグロストマの大輪美化 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫太陽の花、内部の秘密! | トップページ | 何と呼べば良いのか?ニグロストマの大輪美化 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ