サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 上から眺めたバーバンクの実 | トップページ | 恵比寿笑いの抜け殻 »

コノ カルクルスの透明な薄皮

夏眠中のコノフィツム カルクルスConophytum calculus)は、表皮に皺が寄りだし、割れたり、褐色になったりしています。

2007_20200725103401

その割れた表皮は、二層ぐらいに剥がれていました。

新球は剥き出しではなく透明な薄い内皮に包まれています!

2007_20200725103501

三年前、カルクルスの旧皮内側から覗いた写真を撮り、褐色斑点を確認したことがありました(クチビル様は割れ目部分)。

1711

今回、楕円形の褐色斑点と内膜との位置関係がおぼろげながらわかりました。

なお、隣の一番大きい苗には、薄っすら線状の影。 内部が凹んでいる感触!

「コノフィツム全書、conocono/須藤 浩著、主婦の友社、2020年」によると、”・・・1~2年おきに分球して十数頭の群生株となる”とのこと・・・いよいよかな

以上

この六年前の実生苗、まだ花も咲きませんが、今秋は違った姿になるかもしれません。

<追記>、上記コノフィツム全書は自生地の様子や園芸品種のこと、栽培のことなど、第一人者が書かれたことだけあって、大変判りやすい内容でした。

☔ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

« 上から眺めたバーバンクの実 | トップページ | 恵比寿笑いの抜け殻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・コノフィツム属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上から眺めたバーバンクの実 | トップページ | 恵比寿笑いの抜け殻 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ