サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« マミラリア ブーリーが突然開花 | トップページ | バーバンクウチワの実を上から眺める »

今年蒔くメセン候補

八月も下旬、そろそろ来月に播くメセンについて考え始めた。

まず、リトープス紅大内玉。今年も数個結実したので播きます。

20081

写真上は昨年蒔いた苗。なんとか元気に育っています。

2008_20200824190901

また、初めて採種できたリトープス福来玉系(と推察している)苗由来も。

徒長しやすいのが難点ですが、頂面の外縁が明色になるので増やしてみたい。

20083

そして、三株同時開花し、初めて結実したディンテランタス幻玉。

その他、癒しのケープバルブ、アルブカ コンコルディアナ、昨年購入した苗二株が結実しました。

それぞれ、来期の希望の星です。

*蛇足ですが、格子状の影は、寒冷紗越しの撮影によるものです。なお、種子二種の配布も予定しています。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

« マミラリア ブーリーが突然開花 | トップページ | バーバンクウチワの実を上から眺める »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

多肉・その他」カテゴリの記事

多肉・ディンテランタス属」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
以前メールした者ですが、6月にリトープスの種をまいて実生しているのですが、
高さが1センチ以上もあり、仙人さんや他の方のリトープス苗の様に丸く丈夫そうではない外見になっております。
溶けたりはしてませんが、徒長なのでしょう。このままでも脱皮はするのでしょうか?
室内窓際に置いてます。
涼しくなったら、外で管理するつもりです。

inaさんへ

実生2か月頃の様子や窓際栽培から、ご推察のとおり、日照不足による徒長が考えられます。
 春先の脱皮に備えて、置き場所を明るい日陰から始め、体色が濃緑色や赤褐色になるよう、徐々に日にならすことをお勧めいたします(直射日光は秋以降)。 

リトープスは太陽の子、日の光と風通しが一番の栄養と思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マミラリア ブーリーが突然開花 | トップページ | バーバンクウチワの実を上から眺める »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ