サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

ロビビア シャフェリの華2

黄裳丸系ロビビア シャフェリ(Lobivia aurea v. shaferi R151)、二株目が今朝、開花しました。

昨日とは花弁の姿が異なるレモンイエローの大輪花です。

2105_20210531182501

実生八年の大きな群生株なんですが、花は出し惜しみ・・・後一つ

本日限り、軒下サボテンの美花で目の保養です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ロビビア シャフェリの華

ロビビアの黄裳丸系のシャフェリ三株の蕾が伸び、今朝一輪。

昨年初花になった群生株に、淡い黄白色の花です。

215shaferi

*Lobivia aurea v. shaferi R151, 2013年実生 

Photo_20210530203301

葯と花糸の遠慮がちな雰囲気、いいな~ ”サボテンの華”に

以上、今朝の軒下サボテンの表情でした。

* "サボテンの華”は、PC版左・マイフォトに掲示しております。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープス レッドオリーブの実生子苗です

一昨年の実生リトープス レッドオリーブと居候の紅大内玉の様子です。

レッドオリーブはヤフオク由来種子。まだ小さいのですが、順調に赤い顔も現れています。

2105_20210529181201

同期の紅大内玉は昨年二月、ヒヨドリに引き抜かれたため、急遽お邪魔して、そのままズルズル・・・

今季、二重脱皮し、さらに旧葉からも新葉が発生し(陰になつて写っていません)、二頭立てに。

オリーブ玉と比べると、結構な大きさ!

ということで

リトの混植は基本していないのですが、偶々のヒヨドリの悪戯でこんな組み合わせが続いています(今秋まで)。

*レッドオリーブと居候の紅大内玉の姿(昨年6月)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

エビサボテン蕾の綿毛

エビサボテンのタヨペンシスの蕾が大きくなってきました。しかも、珍しく三株!

例年、アリマキに集られるのですが、どういうわけか発生はなし。

2105tayopensis_20210528172301

* Echincereus tayopensis,2012年実生

そこで、真上から見た蕾の様子です。

赤系の花びらですが、黄花になります。トゲトゲ感が良いな~

2105tayopensis

こちらは、三四日遅れかな。多角形の白の縁取りが見えました。

2105tayopensis_20210528172302

さらに遅れた暗色の蕾、刺が覆ってます・・・その割には周りが白い

昨日の雨でも流されなかった綿毛・・・顕微鏡で覗いてみました

やはり、節があって捻じれているタイプであった

2105_20210528172301

以上

偶々、生長段階が異なる蕾があったので遊びました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

鮎壺の滝に”キアシシギ” 

昨日避難させた軒下サボテン、ロビオプシスの"伊豆の踊り子"が開花しました。

一日中雨ゆえ、シットリした色合い保っています。

2105_20210527164201

さて、伊豆繋がりで”鮎壺の滝”と野鳥の話題へ。

週初め、普段見かけないシギが中洲で採餌中でした。

2105_20210527164001

逆光ゆえ黒ぽいのですが、足が黄色のキアシシギと推測しました。

旅鳥ゆえ、北へ帰る途中に立寄ったと思います。

この一瞬だけでしたが、伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”の自然を記録する貴重な一枚となりました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

おすすめレブチア種です

フレーム内ではレブチア フルビセタ、艶やかな花盛りとなっています。

2105_20210526125601

Rebutia fulviseta WR319、2017年実生

しかも、スッキリ、清々しい感じも。

小さな花ですが、結構な存在感です

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

軒下サボテンの女王、三輪

軒下サボテンのロビビア ヤヨイアナ(紅笠丸)変種グラウカ、花の女王様です。

21053

Lobivia jajoiana v. glauca WR218, 2012年実生

今年は三輪、一斉に咲きました。

2105_20210524202401

トマト色の花びらに、黒いリング、緑の柱頭などが怪しい雰囲気発散しています。

今日一日の華やかです。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

軒下サボテンの花粉団子集め

昨日から一転、今朝は快晴。軒下サボテンの蕾が開きだしています。

早速、レブチアにハチ!

2105-cocolog_20210523173001

* Rebutia. einsteinii v. aureiflora 'kesselingiana'、2012年実生

いい加減にしろと言いたくなるくらい、ぐるぐる回って、花粉団子一杯です。

それでも、飽き足らず・・・今度はロビビアへ

2105-cocolog_20210523173002

 * Lobivia acanthoplegma JK10, 2011年実生

小さなハチも近寄って花粉を集めていましたが、中には入れず・・・

ハチも結構お気に入りの花があるようです。

*ご訪問ありがとうございました。

*画像はクリックで拡大します。

 

カワガラス、滝しぶきを浴びる

悪天候ゆえ、趣味のサボタニはお休み。

伊豆半島ジオパークの”鮎壺の滝”で、撮り続けている野鳥シリーズ、マニアックな話題。

溶岩の隙間に棲みついているカワガラスの1ショット、

2105_20210521110301

滝壺の大岩で、お休み中でした。

白隠禅師が詠まれた、鉄、雷、狂浪、旋風などとは無縁。

当然のように受け入れる、静寂感漂うカワガラスの姿となりました。

*白隠禅師の偈頌(げじゅ)は、こちら(荊叢毒蘂、けいそうどくずい、1756年)

*カワガラスと鮎壺の滝、前回記事(巣作り中)は、こちら

*画像はクリックで拡大します

*ご訪問ありがとうございました。

 

増える緑色の大津絵

脱皮したリトープスには様子を見ながら、水やりして新葉を膨らませております。

写真は実生大津絵のいろいろ。

さらに水やりすると、上に伸びるだけなので、このレベルで打ち止め。

2105_20210520170401

この時期はまだ色がくすんでいますが、緑色は生き生きした雰囲気で結構目立っています。

例えば、写真下右から二鉢目、一応、緑大津絵タイプ(Lithops otzeniana green attempts、2014年実生)。

小さいながら増えだしています(同鉢左上)。

同じようなタイプは、その斜め左上。

210519

花は咲かないけれど、増え続て19頭になりました(2007年実生、昨年は15頭)。

以上、同じ種子由来でも、顔色(窓)がそれぞれ。やってみて、わかる楽しさです。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

恵比寿笑いの花、4弁と5弁

パキポディウム恵比寿笑いの花で、初めて4弁タイプを見つけた1週前の続き。

蕾の様子でもしやと思っていましたが・・・

次に開花した2輪の花弁は、4と5に分かれていました!

2105cocolog_20210519103501

一つの花茎に!珍しいこともあるものです

しかし、今年の恵比寿の花は、もう終わり。

再会は1年後になります。

*1週間前の花の様子は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

花サボで、エネルギーを感じた

雨風に晒しているサボテン、ロビビア ヴァリイスピナが早朝から三輪開花。

朝日を浴びて、まるで炎

2105variispinafl-cocolog

* Robivia variispina HR19025a, 2011年実生

くすんだ姿からは想像できない鮮やか!

ただ、夕方には萎れてしまった。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

パキポ エニグマ実生苗を植え替えた

一年前に実生したパキポディウム 恵比寿笑いとエニグマチクムの子苗を深鉢に植え替えた。

実生用土は細かいので、水はけのよい用土にした。

2105_20210517092701

エニグマチクム(Pachypodium enigumaticum)は一鉢(画像中下)。

葉が重ならないよう余裕をもって植えましたが、窮屈になるくらい育ってもらいたい。

そして再来年ぐらいには、大きな花! 期待したいんですがね~

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

アボニア クイナリア 蕾が伸びてきた

赤花アボニア アルストニー(クイナリア、 Avonia quinaria)が、今春も茶色の蕾が沢山見え出してきました。

仲間入りしてから2回目。赤い小花、ソロソロかな。

2105_20210514213201

同時に短い葉では茶色になるものもあって、スカスカ状態が気になりますが。

ま~、塊根部が生き生きしているので安心してます。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

芽が出すぎです!バーバンクウチワ

今春のバーバンクウチワは調子良いようだ。

初めて新芽が二十程、一斉に発生しています。

2105_20210512192501

昨年まで重みや風で倒れていましたが、根が張りだしたのか真直ぐ立ってます。

しかし、これでは葉が重なり、充実しないので、一、二の茎節程度にするつもりです。

切り落した葉は、サラダとかステーキ用かもね

*画像はクリックで拡大します

*ご訪問ありがとうございました。

恵比寿笑いの花びら、四角形

パキポディウム ブレビカウレ(恵比寿笑い)の開花も終盤で、オヤ?と気が付いたこと。

21054cocolog

黄色の花弁が四枚でした。同じ種子由来でも花の大小、形には違いがありますが、まさか枚数の違いがあったとは!

五角形が標準だと思いますが・・・!

2105_20210511185201

真正面から、花筒や葯の様子を覗くと、四角形になっています。

葯の外膜(outer surface of anchther cone)も四枚

なるほどね、自然の仕組みに感嘆しました!!

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

今春も一輪、エビサボ トリグロチディアツス

軒下エビサボテンのトリグロチディアツス(Echinocereus triglochidiatus)が開花してきました。

2105triglochidiatuscocolog

*Echinocereus triglochidiatus SB1067,Fremont Co,CO,very small stems, 2010年実生 

ローマ蝦や草木角似、微妙に姿や色合いに差がありますが、典型的なエビサボの花。

群開すればいいのですが、一昨年から一輪づつの再会です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

昨秋の実生リトープス小苗、二重脱皮中

自家採種し、昨年九月に実生したリトープス四種、春の様子です。

2105_20210509212301

花紋玉トップレッドは、小さいなりに頂面が赤くなっています。 

水やりを継続してますので、二重脱皮進行中です。

2105_20210509212401

この紅大内玉のプックリした小苗も二重脱皮中。

ほんの少し親顔に。

2105_20210509212402

一方、麗紅玉ゾロ由来の小苗は、赤い線が目立ちだし、端正な姿へ。

じっくり生長を見守るしかありません。

2105_20210509212403

この福寿玉、どんな頂面かはまだ分かりませんが、赤っぽい小苗も有って期待している所です。

以上、これから夏のハードルがあると思いますが、元気な様子です。

*これら小苗の前回記事(二か月前)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

”鮎壺の滝”のネッシー

伊豆半島ジオパークの1サイト”鮎壺の滝”に訪れる野鳥シリーズ、マニアックな話題です。

今週、滝下の黒い大岩にぶつかり、ほとばしる水の様子を眺めていたら、ここに訪れる水鳥の生々しい様子を撮ることができました。

2105cocolog_20210508195901

カワウが、この激流に潜り・・・ついに大きな魚を捕まえました。

あまりに大きすぎて、首が棒のように・・・まるでネッシーです。

2105cocolog_20210508195902

3,40センチほどの鯉?鱒?を捕まえてから、胃袋に収まるまでの数秒間。

尾が開いているのは興奮している?バランスをとっているのか?

以上

カワウが大魚を捕らえた、私なりに貴重な瞬間でした。

*画像はクリックで拡大します

*ご訪問ありがとうございました

 

エビサボ草木角の葯

軒下のエビサボテン、草木角が今年も一輪開きだしました。三株の群生株であっても、何故か毎年一輪のみ。

草か木かという、特長の無いサボテンですが、この時期のみ華です。

2105cocolog_20210507174901

*Echinocereus scheeri L091,2012年実生 開花二日目

エビサボテン特有の花色ですが

雄しべの葯の赤い線と透明な花粉の粒、雰囲気最高です。

2105-cocolog

上の拡大画像は開花初日、色鮮やかです。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

”鮎壺の滝”にセキレイの幼鳥

伊豆半島ジオサイトの”鮎壺の滝”と野鳥シリーズ、マニアックな話題です。

滝傍の箱根用水路で、セキレイの幼鳥二羽に遭遇しました

2105_20210505191902

一月前に滝崖で営巣していたキセキレイの子かな・・・と思たけれど

セグロセキレイ? ハクセキレイ?

2105_20210505191901

雨覆の軸班、頬の白い班、喉の白さなどから、ハクセキレイの幼鳥かもしれない・・・

ともあれ、鳥が少ない今の時期にセキレイの幼鳥。

祈、元気に育つことを。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

花サボテンの雄しべに囲まれて、ぬくぬくと

ポカポカ陽気で、花サボテンが次々開花しています。フレーム内ではロビビア ペントランディー

淡い色で、雄しべもフワフワ感。

2105_20210504205903

軒下のロビビア シンプレックスは真反対。

雄しべや柱頭など、強いイメージ発散中です。

2105_20210504205902

下のロビビア マキシミリアナ インテーメディア、

整然とした花糸に丸く並んだ葯、統一感ありますね~

2105_20210504205901

円形の窓の奥を覗くと・・・?!

なんと青虫!3センチ程の大きいのがいました!(写真省略)

今朝開いたのに、何ということだ! 少しヒンヤリした個室で一休みとは!

全く油断ならない

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

柴褐色に萎れだしたケイリドプシス翔鳳

開花から一月後、ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)の花は結実中? 

そして大きな葉は柴褐色に変色、今が一番良い色合いですが、シナシナ状態になっています。

2105cocolog

そろそろと、夏越し準備に入っています。

奥の多肉はプレイオスピロス ボルシー(鳳卵)。こちらも旧葉が萎れだしています。

三か月前に発生した新葉は、もうドーンと真ん中、当主ずら。

2105_20210503211501

翔鳳の昨秋の実生苗は、充実した夏葉のみになっています。

こちらも、そろそろ表皮が萎れだし、夏眠体制に入ります。

以上、 5月初旬の様子でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

レブチアの橙色花です

昨夜は雷雨、今日は強風ですが、フレーム内ではレブチア、ロビビアの花盛り。

レブチアでは、この橙色の花が目立っていました。

2105

* Rebutia archbuningiana BLMT775.3, 2017年実生

癖のない玉も魅力です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ