サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 久しぶりに黄裳丸系の赤、黄、白種 | トップページ | 夏の赤花アルストニーの姿 »

大雨で”鮎壺の滝”のシンボル岩が落下

伊豆半島ジオパーク””鮎壺の滝”のマニアックな地元の話題です。

梅雨前線停滞に伴う7月3日の大雨で黄瀬川は増水し、避難指示が発令されました。 沼津市では住宅の流失、黄瀬川大橋の橋脚が落下被害。熱海市伊豆山では大規模土石流が発生しました。

1週間後、”鮎壺の滝”は依然として普段より水量が多いのですが、岩が東側に集まり川筋が変化。滝上では、溶岩が剥がれ落ちていました。

今回は、個人的に注目していた滝涯上の溶岩が、半分に割れて落下しまった話題。

Cocoog

*滝横から左(20/8/4)、大雨後は右(21/7/11)

上の写真は、滝横から眺めた景色、大雨前後の様子。 黄丸印の稠密な岩が、ひび割れに沿って落下しました!

Photo_20210712192901

鮎壺の滝の絵はがき(「伊豆三島 富士見の瀧」 明治43年11月28日押印実逓便)

この絵葉書は、同じ場所からの110年前の姿。この三角形に張り出した岩が目立っています

Photo_20210712192702

これは滝下から仰ぎ見、張り出している姿を撮ったもの(2018年3月)

Photo_20210712195001

そして現在、真正面からの姿です。黄褐色部分の剥がれた跡が痛々しいです。

この無残な割れ口が滑らかになるのは何十年、何百年後?

ということで

大岩も動いた大雨被害の様子を、これからも報告したい。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

« 久しぶりに黄裳丸系の赤、黄、白種 | トップページ | 夏の赤花アルストニーの姿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

伊豆半島ジオパーク」カテゴリの記事

鮎壺の滝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに黄裳丸系の赤、黄、白種 | トップページ | 夏の赤花アルストニーの姿 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ