サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

リトープス コールオルムの花殻

きょうは小雨。リトープスの閉じた花や蕾などを眺めて気が付いたこと。

先日まで咲いていたコールオルム(Lithops coleorum)の花弁が、針状になっていました。

2110_20211031143801

花弁が大きく長いと、垂れてしまうのですが、小花なので、いい表情になりました。

咲いた後も楽しませる、しっかり者でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

最小型種フレデリッキーの 初花

実生4年目になる神笛玉フレデリッキーが初花を迎えた。

リトープスの最小小型種ゆえ、どれほど小さいかと思っていたら、

2110_20211029174201

*Lithops dinteri subsp. frederici 、2017年実生

・・・それなりに大きな黄花だった。

1バッチ、29苗の仲間が未だ健在なので、来年はお花畑かも。

*どれほど小さい苗か、昨年の8月の姿は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープスの花にセセリチョウ

リトープスの花にチョウ!という初めて見た光景。

セセリチョウがリトープス棚の花の蜜を吸いに忙しく飛び回っていました。

2110_20211028184701

柘榴玉や麗虹玉や招福玉、雲映玉などの黄花や寿麗玉、福来玉などの白花に次々訪れていました。

2110_20211028184702

あちこち飛び交うのは困りものだけど・・・こんな珍しいこともあるもんだと・・・カメラも忙しかった。

モンキチョウとかアサギマダラだったらカメラ映えも良かったが、ま~長い口吻で蜜を吸っている瞬間が取れたので満足。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ケイリドプシス翔鳳の親と子

ケイリドプシス ペクリアリス(Cheiridppsis peculiaris 翔鳳)の現在、新葉の様子です。

大きく展開した葉の間から、蕾が伸びる予定の葉が見えだしました。

2110_20211027211001

いよいよ変身の始まりです。

2110-2

昨年の実生子苗の新葉からも次の葉が伸びだしています。

子苗なので、この葉が大きくなって夏を迎えます(予想)。内部には来年度の新葉を包んでいるので、脱皮の一形態かな。

但し、2枚目の新葉が大きく展開している苗(右上)もあるので、どうかな?

ともあれ、現在が大切な時期、丈夫に育ってもらいたいところ。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

恵比寿笑い それぞれの紅葉

少しづつ気温が低くなり、パキポディウムの葉も紅葉や落葉し始めています。

この恵比寿笑い(白花、黄花)の葉も、それぞれ変化。

2110_20211026194901

中で目立つのは、右下の黄葉・・・レウコキサンツムとして実生したが、エブルネウムのような幹で、今季白花が開花。

この落葉の時期でも、違いが現れていました。

右上、艶々の葉を維持している苗は黄花だが、元気過ぎます。

これから更に落葉し、白い幹になると、個性的な姿が露になって・・・種々の場所から種子を購入した結果ですが・・・

もう一人前の姿で成長して欲しいと、なすがままの境地になっています。

*エブルネウム似の花は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

雑草かな?ラッパ状花のルコウソウ

ゴミステーション傍の雑草に混じって、赤いラッパ状の花が1輪咲いていた。

2110_20211025152201

10センチ丈位なのに、しぶとい!・・・ヒルガオ科のマルバルコウソウというものであった。

南米からの帰化植物で、江戸末期ごろ渡来したそうだ。

そういえば・・・ふた月ほど前、県道わきでも同じような花を見た!

2110_20211025152301

こちらは、葉が羽根状に裂けたルコウソウ、同じ仲間だった。

木にツルを絡んで繁茂していた。

結構目立つ花色で可憐な姿、しかし増えすぎそうだったので写真だけにした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープス弁天玉三輪開花中

紫勲玉系リトープス 弁天玉は、めでたく黄花三輪となりました。

暗緑色の大きな窓のマライシータイプ。

2110_20211024195901

単頭で仲間入りして10年程。

今季、三頭全て開花、やっと馴染んできたんだな~という気分になった。

その記念写真です

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ディンテランタス妖玉 開花しだす

ディンテランタス妖玉(D. microspermus ssp.puberulus)の蕾も順調に伸び、開花し始めてきました。

薄いピンクも混じった白花。

2110_20211023160701

非対称の花ゆえ、弱弱しい感じを受けますが・・・

そのうち、ピンク色が濃くなって、結構長く開花し続けます。

今季は三本伸びていますので、当分鑑賞することができます。

なお、同期の稜耀玉も開花中です。

*妖玉の前回記事(蕾発生)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

コールオルムとテキサスローズの花と子葉

そろそろ一月となる今年のリトープス実生。

気温が低くなるとともに、コールオルム(下左)やテキサスローズ(赤花朝貢玉、下右)は発芽し始めています。

2110_20211022175201

その親たちにも蕾が伸びてきています。

2110_20211022175202

これは、コールオルム。皆揃って卵型、そこに色づいた蕾です。

赤花朝貢玉には赤い花。

2110roseoftexascocolog

雲映玉の蕾も伸びていますが、実生の方は、小型種の割には大きな子葉が数個発芽している程度。

気長に待つことしかありません。

と言いながら、

じれったい面もあって、別のリト種を急遽追加して蒔きました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

最小型種フレデリッキーに蕾が見えた

神笛玉系リトープス フレデリッキー(Lithops dinteri subsp. frederici)に蕾が見えだしました

リトープス最小型種、実生4年目の大変化。

2110frederici

二重脱皮の形態ですが・・・黄花、どのくらい小さいかな~。

小さな頂面の斑点や赤い線などで個性を発揮。

集団の魅力、分頭はいつかな。

*実生以来3回目の登場、前回記事(クロヒラタアブが止まる)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*画像はクリックで拡大します

富貴玉の花とハナアブ

リトープスの花も徐々に増えてきました。

きょうは被せていた寒冷紗を取り除き、たっぷり日を浴びせました。

2110_20211020200102

夕方、実生14年の富貴玉は、大きな黄花満開。

香りも漂っていました。

2110_20211020200101

そこではフタホシヒラタアブ(多分)が花粉を食べていました。

ゆったりした、癒しの時間です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

カイツブリ 鮎壺の滝上流で漂う

いつのも散歩コース、”鮎壺の滝”上流の牧堰付近にカイツブリが一羽遊泳していました。

2110_20211019181602

対岸にゴミが漂っているのかな~とカメラを向けると、この場所で初めて見る姿であった。

カイツブリは撮る瞬間が無いほど頻繁に潜水するのだが、今回は羽繕いしたりして漂っていた・・・ゴミから幸運になりました!

2110_20211022081901

非繁殖羽の地味な色だけど、クリクリした目が可愛いです。

しかも、傍には、コガモ4羽やマガモ3羽も休んでいました!

ここが安全な場所ということか・・・今日は曇りだったので、晴れの日にまた来てみよう。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

アルブカの楽しい時間

先月末、植え替えたケープバルブは、現在新芽が伸びだしている状態になってきました。

中でもコンコルディアナには癒されますね~

2110_20211018212702

球根の大きさによって、新芽の幅や巻き方が違っていたりして、苗それぞれの表情は見飽きません。

右上一鉢はスピラリス。

2110_20211018212701

雲間からの朝日を浴びて、黄緑色が光っていました。

もう一段大きくなると、垂れたり、青虫に狙われたりして崩れだすのでね~

小さな苗の記念写真です。

*ご訪問ありがとうございました。

*画像はクリックで拡大します。

気に入っているリトープス、単頭のまま14年

きょうは小雨、玄関先で避難しているリトープスの棚を眺めています。

小さいまま、膨らんでいない苗が、まず気になります。

発根不十分なので、とりあえず上から少々の水。

2110_20211017194401

次いで単頭。 写真の不明種は実生14年。ず~と単頭。なぜかな~

頂面は平たく、網目模様の綺麗なリト。それも4センチほどの大きさ。

増えれば結構な明るさになるはず。 花も咲かず、思い通りにゆきません。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

デロスペルマ沙地桜のアンテナ突起

先月末、リトープス種子と同時に蒔いた、おまけ種子Delosperma sawdahense(沙地桜)の様子です。

2110_20211016094201

ほぼ発芽は終盤、早いものは、子葉から本葉が出始めています。

キラキラしている双葉を拡大してみると・・・水を貯めこんだ、初々しい突起が沢山!

ミクロの世界は新鮮、衝撃だった!

2110_20211016094202

花は薄紫美花のようで、来年はバザーに出せるかもしれない。

ところで、最近見つけられたとかで、”Mesembs of the world"には掲載されていなかった。

デロスペルマの生息地を見ると、大地溝帯のようにアフリカ大陸を横切り、イエメン、アラビアまで伸びていた。

私にとって初めて、端っこサウジアラビア原産ということになった。

あ!それで、”さうじさくら”なんだ。勉強になった!

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

リトープス実生、やっと発芽し始めた

自家採種のリトープスを蒔いて三週間、気温が低下し始めるとともに、少し動き始めました。

2110_20211015174601

写真はコールオルムSH1500。ポツポツと発芽し始めている様子です。

2110_20211015174602

親には蕾、いい季節になってきました。

さて、この遅い発芽は、10月になっても夏日が続いていたことと関係しているのではないかな~。

一方、同じような自家採種でも、遅れて蒔いた紅大内玉や、アミコルムTS67(写真下)などは、すぐ発芽。

2110_20211015174603

・・・種によって発芽温度が微妙に違うことを示しているかも。

今まで機械的に、9月下旬に蒔いていたけれど、来年は気温低下を確認してからにしよう・・・等と小さな子葉を見ながらブツブツ・・・楽しんでいます。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープスの多頭苗、ベスト1は20頭へ。

花が咲き始めた苗もある一方、数が増えてボリューム感一杯の苗も魅力。

きょうは、花はあまり期待できませんが、その群生状態を眺める苗の様子です。

2110_20211014173401

最初は10頭立て繭型玉C163(単頭から11年)。大型種ゆえ、鉢を考えるとこの程度で十分。

大きな白花をつけます。

21104

一方、同じ10頭でもグレー招福玉C250は小さくまとまってます(実生7年)。

日焼けして一部消失してしまった。小さな黄花。

21103

11頭のオリーブ玉C55は、今季分頭して大台へ(単頭から11年)。

黄花も偶に咲きます。

21106

ベスト3は14頭の花紋玉(実生14年)。濃い紫の枝模様が特徴です。白花。

21102

ベスト2は18頭の大津絵(実生14年)。花は咲かず、緑一色。

分頭一筋でも小型の苗なので管理しやすい。

21101_20211014173401

ベスト1は定位置の不明種(実生14年)。とうとう20頭になりました。

これも分頭一筋、花は咲かないが、黄色の山で満足。

ということで

増えたり減ったりしながら増えた多頭苗、上に伸びた今季の姿でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

暗色の実生日輪玉

五年前、暗色の窓という魅力的スペックに惹かれて実生した日輪玉’manyading’の様子です。

昨年初花そして分頭と順調に生長し、一人前になった現在、窓の色に変化が見られてきました。

2110manyading1cocolog

普通の暗褐色タイプ、暗黒色タイプ、そして予想外の暗赤色タイプも出現しました!

2110manyading2cocolog

頂面の内縁は明るい色合いで、個性的な姿になっています。

2110manyadin3cocolog

コロナ玉のような黒色大窓タイプも含めて、これからの変化を楽しみたい。

*Lithops aucampiae ’manyading'の前回記事(細い花びらの初花)は、こちら

*三年前の頂面の模様は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご連絡ありがとうございました。

 

初飛来のコガモ、羽繕い中

昨日、鮎壺の滝上の黄瀬川露岩でコガモの群れを見つけた。

今季初飛来・・・暑い日が続いていますが、いよいよカモの出番!とワクワクして眺めると。

2110_20211012125701

五羽全てが地味・・・雌だけの群れかな?

非繁殖羽(エクリプス)の雄も、同じように地味ということを知り・・・

今日、よく観察しようと思ったら、どこかへ!

ということで

今季初飛来は、のんびりと遊泳している姿ではなく、寝起き姿でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

軒下サボテンなど 秋の花

 10月中旬、暑い日が続いており、半袖で冷房!

それでも庭では秋の七草”フジバカマ”が咲き始めてきました

2110_20211012102201 

パキポディウム サウンデルシーに垂れていて、白花とツーショット

2110_20211011195903

パキポの恵比寿笑い大株の葉も紅葉しだし、色彩豊かに

2110_20211011195902

そして、軒下サボテンのロビビア マキシミリアナ インターメディア(Lobivia maximilliana v. intermedia KK784、2011年実生)も、鮮やかな赤!

これが最後の花、これからの花・・・季節の変わり目の色合いです。

*今朝(11日)、白馬城が開花し、画像差し替え。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

ゴイサギのストレッチ

”鮎壺の滝”に訪れる野鳥シリーズ、マニアックな地元ネタです。

この滝の河原では、季節ごとの野鳥を観察することができますが・・・絶対数が少なく、ゴロゴロした岩によって、中々見つけることは難しい。

この60センチくらいにもなる留鳥、ゴイサギでも餌場が分からないとなかなか。

2110_20211011093401

岩陰で、小魚が来るまで・・殆ど動きません。

今回は、捕(撮)るまで待って、やっと。満足顔。

2110_20211011093403

すると、急に動いたゆえか? 肩が凝った?のか面白ポーズ

2110_20211011093402

そして、また小魚を狙う。

ということで、嘴も黒くなり、少し大人になったゴイサギ、小魚捕まえた表情でした。

*ゴイサギの前回記事(アオサギと牽制しあう8月下旬)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リト黄鳴弦玉群開中

暑い日が続いておりますが、先月植え替えたリトープスは、ポツポツと開花し始めています。

真っ先に開花したザクロ玉系黄鳴弦玉、凸凹していた頂面も膨らみました。

黄花が濃い緑色に映えています。

2110_20211010204801

雀卵玉、微紋玉、富貴玉などにも黄花、いい季節になってきました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

ディンテランタス妖玉、蕾蕾蕾です

リトープスと同様に植え替えた、ディンテランタス妖玉(D. microspermus ssp.puberulus)に蕾が伸びてきました。

薄っぺらで弱弱しい蕾なんですが、三頭すべてに発生しました!

2110_20211009191301

九年前に実生して、昨年初花。

今期も白花からピンク花に変化する様子を眺めることができるかも。

ということで、最後の一苗、今期頑張っています。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

リトープスの黄花:テリカラー

先月植え替えたばかりのリトープス。すでに何株か開花し始めています。

昨年に開花株となり、殆どの苗が分頭したL.terricolor、C132(2015年実生)にも黄花。

2110terricolorflcocolog

頂面の暗褐色に黄花が映え、薄赤色の雌しべも中々。

夕暮れ時ゆえ、十分開いていませんが。

そこで、急遽実生することに・・・偶々、実生中のセル一つが空いていたので。

どうなるか分かりませんが、数年後の楽しみの種です。

*昨年の初花は,こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープスの実生苗、1年目

昨日は発芽待ち遠しいリトープスでした。

きょうは1年前に自家採取の種子を蒔き、先月植え替えたリト4種の様子です。

紅大内玉は大小まばらですが、皆一丁前の紫の姿になっています。

21101_20211007211702

花紋玉系朱唇玉(トップレッド)は、帳面の色や模様に差はありますが、親似の一面赤褐色の窓を期待。

今のところ順調なんですが、半分育てば良いぐらいに思っています。

21101_20211007211701

こちらの福寿玉系は、ヒョロヒョロ苗だけど丈夫そう。期待しているのは色が薄いタイプとか、帳面外縁が明るいリング状を示す苗。

それらしき様子が数個、次の脱皮が本番。

21101_20211007211704

こちらは麗紅玉ゾロ。ゆっくりだが、着実に生長しています。これからは脱皮の都度変化する窓模様が楽しみです。

21101_20211007211703

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

 

まだリトープス発芽していない!?

リトープスの種を蒔いて10日過ぎましたので、現状報告。

購入種子レッドオリーブ玉は、写真のように発し、緑の子葉。発芽100%順調。

2110redoliveseedlingscocolog

一方、自家採取の目玉種子、雲映玉、赤花朝貢玉、コールオルムは全く動きなし!

おかしいな~と、1週間前にアミコルムと紫李夫人(Bacchus)の新鮮種子と、昨年の紅大内玉保存種子を追加で蒔いた結果・・・

紅大内玉は2,3日後、アミコルムも現在発芽中。

昨秋は新鮮種子の紅大内玉、福寿玉系、花紋玉系種子はすぐ発芽したけれど、麗虹玉ゾロは一月位かかった。

未発芽の種子は痛んでいるわけではないようだし、じっくり待つつもり。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

ウサギ耳が見えだした

先日植え替えたモニラリア ピシフォルミスMonilaria pisiformisからウサギ耳が見えだしました。

可愛い小さな耳、今が一番!

2110_20211005180801

昨年蒔いたモニリフォルミスは全敗だけど、一昨年の実生苗の方は緑色の玉が現れてきたので、これから期待。

ということで

秋冬型多肉、いよいよ本番です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

双頭のスッポンかと焦った!

今朝も、伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”へカメラを携えて散歩。

定位置で小魚を狙っているササゴイや慌ただしく餌を探しているイゾシギの他にカワセミとかカルガモなどが飛来してきました。

他に・・・中州をチェックすると甲羅干しスッポンと・・・写真のスッポンが浅瀬にいた!

2110_20211004202401

? 双頭のスッポンか! そうしか見えないが・・・

よくよく考えたら、甲羅が見える一匹と、砂の中に潜って頭だけ持ち上げている個体ということだろう。

ということで、珍しいと焦ったが、こんなこともあり得るシーンだろうと納得した。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

絵はがき・富士十勝の”鮎壺の瀧”

地域の歴史研究、マニアックな話題です。伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”の古絵はがきについて。

鮎壺の滝は、”富士見の滝”と呼称されるくらい、ここから望む富士山は絶景なんです。

Photo_20211003095001

貼付、古絵はがき(1/3罫線)のタイトルは、これを裏付ける”(富士十勝)東海道三島驛鮎壺の瀧より見たる富士”。

さらに、”富士裾野演習記念 近衛歩兵第四連隊 大正五年六月”の記念印も!

以前、同構図の絵葉書(1/2罫線)を入手していたんですが、大正8年以降に発行されたコピー版ということが分かりました。

なお大正5年ごろは、滝を望むこの場所は遊興施設”三島園”から実業家・安生慶三郎氏管理に移っております。

他の”富士十勝”は、”東海道薩陀峠隧道より見たる富士”、甲州御林より見たる富士”、”大宮より見たる富士”、”甲州山中湖畔より見たる富士”、東海道足柄山より見たる富士”、”東海道田子の浦より見たる富士”、”東海道富士川より見たる富士”、”東海道吉原より見たる富士”、”東海道岩松村より見たる富士”となっていました。

ということで

東海道三島驛(現御殿場線下土狩駅)も記載されており、100年前の当地の雰囲気を感じさせる一枚でした。

* 同構図の絵葉書に関する話題と虹の架け橋(3年前)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

ケープバルブ3種、数増え過ぎた!

一昨年から仲間入りしたケープバルブも植え替え終了。

アルブカ コンコルディアナやスピラリスそしてフリズルシズルの三種のみだが…これが土の中は大変なことに。

昨年開花したコンコルディアナの球根は大きなりすぎ。小さな球根が沢山あるのは結構だが・・・。

2110_20211002192401

写真は実生2年のコンコルディアナの新芽、今期開花するのではないかな。

2110_20211002192402

一昨年実生し、昨年開花したスピラリスは、皆元気過ぎて間引きせざるを得なかった。

さらに、元々大きな球根のフリズルシズルも間引き、世代交代で対応せざるを得ません。

21101

写真は小さな球根からでた一本の新葉と雫。

ということで

バザーでもあれば良いんですがね~

数鉢程度が華と分かったアルブカでした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

エリーザエ、窓の色や模様が違う苗

リトープスの植替えも終わって一息、苗の膨らみ具合を眺めて気が付いたこと。

繭形玉系エリーザエ(Lithops marmorata v. elisae、C251)の鉢に、様子が違う苗があった。

2110_20211001163501

ベージュ色の大型種に混じって、緑色で島も少なく、影が薄い苗!

実生以来7年、初めて登場しました。

ということで

他苗より小さく、掴まえ所が少ない苗。分頭してやっと一人前扱いされました。

* リトープス繭形玉の前回記事(昨年3月 分頭)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ