サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« ケープバルブ3種、数増え過ぎた! | トップページ | 双頭のスッポンかと焦った! »

絵はがき・富士十勝の”鮎壺の瀧”

地域の歴史研究、マニアックな話題です。伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”の古絵はがきについて。

鮎壺の滝は、”富士見の滝”と呼称されるくらい、ここから望む富士山は絶景なんです。

Photo_20211003095001

貼付、古絵はがき(1/3罫線)のタイトルは、これを裏付ける”(富士十勝)東海道三島驛鮎壺の瀧より見たる富士”。

さらに、”富士裾野演習記念 近衛歩兵第四連隊 大正五年六月”の記念印も!

以前、同構図の絵葉書(1/2罫線)を入手していたんですが、大正8年以降に発行されたコピー版ということが分かりました。

なお大正5年ごろは、滝を望むこの場所は遊興施設”三島園”から実業家・安生慶三郎氏管理に移っております。

他の”富士十勝”は、”東海道薩陀峠隧道より見たる富士”、甲州御林より見たる富士”、”大宮より見たる富士”、”甲州山中湖畔より見たる富士”、東海道足柄山より見たる富士”、”東海道田子の浦より見たる富士”、”東海道富士川より見たる富士”、”東海道吉原より見たる富士”、”東海道岩松村より見たる富士”となっていました。

ということで

東海道三島驛(現御殿場線下土狩駅)も記載されており、100年前の当地の雰囲気を感じさせる一枚でした。

* 同構図の絵葉書に関する話題と虹の架け橋(3年前)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

« ケープバルブ3種、数増え過ぎた! | トップページ | 双頭のスッポンかと焦った! »

伊豆半島ジオパーク」カテゴリの記事

鮎壺の滝・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケープバルブ3種、数増え過ぎた! | トップページ | 双頭のスッポンかと焦った! »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ