サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

恵比寿笑い 冬の蕾

冬の晴れた朝は恵比寿笑いなどのパキポディウムの移動(玄関内~戸外)が一番の運動。

苗に陽をたっぷり当てるためです。

先月気が付いた恵比寿笑い(七年前実生)の1センチ程の蕾は・・・

2401cocolog

日焼け、寒さ焼けか・・・赤褐色になって様子見状態。

これから寒さ本番ですが今の所順調、エネルギーを貯めこんでいます。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

アオサギの若鳥かな

小雨であったが何時も通りの散歩。

河原でサギ三羽が岩の上に、アオサギとダイサギと普段見かけないサギ!

2401_20240128211101

ダイサギより幾分小振りで、羽が未だ茶褐色なアオサギ・・・若鳥であった。

繁々と観察した後、ダイサギに注目すると、これまた肩の部分がふっくら盛り上がった姿が見事!…ふくらダイサギ!

ということで、私には珍しいツーショットでした。

*アオサギの前回記事は、こちら

*ダイサギの前回記事は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

コサギが小魚を捕まえた!

川沿いの遊歩道を散歩中の一コマ。

浅瀬でカワガラスが幾度となく潜ってトビケラを捕食していた。

2401_20240123151502

結構、餌が豊富なんだな~と眺めていると、今度は川エビを捕まえた。

2401_20240123151501

その上流では、コサギが脚を震わせながら餌を探していた。

すると、小魚を見つけたのか、動きがバタバタ。

2401_20240123151401

逃げ回る小魚を素早い動きで捕まえ一飲み。そして、〆の水を一飲み。

以上、朝の野鳥の採餌風景でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

愛鷹水神社の達磨石、御座石

愛鷹水神社の古い絵葉書(8枚組、1/2罫線*)を参考に、境内の石探しの記録です。

本堂前には紙垂が掛けてある苔むした大岩が鎮座してます。

2401_20240120124001

特異な姿から由緒ある石と思いますが、説明版がありませんでした。

じっくり観察し、これが絵葉書”本堂前の石は達磨石”と同じ石と・・・何かありがたい雰囲気が漂ってきました。 

2401_20240120123901

もう一つの大岩、”滝の上の石は妙法雨大菩神の御座石”を頼りに女滝・男滝上を探すと、紙垂が掛かっている大岩が。

2401_20240120123902

なるほど、これかな・・・

2401_20240120123903

次回は爽やかな新緑の頃に訪れてみたい。

*1918年(大正7)4月1日~1933年(昭和8)2月14日 発行。

*愛鷹水神社の前回記事(潜龍橋)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

オナガガモ 久しぶり

川沿いの遊歩道を散歩しながら野鳥観察をしていて、二年ぶりに冬鳥オナガガモ(Pintail)に出合いました。

僅かオス一羽だけれど・・・

240119

黒くて長い尾羽や白い胸、そして特徴的な頭部を再び撮ることが出来て、ありがたかった。

*オナガガモの前回記事(2021年3月)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

愛鷹水神社”潜龍橋”の今昔

伊豆半島ジオパークの一サイト、愛鷹水神社に出かけた。目的は100年程前の絵葉書の写真と現在を様子を比較確認すること。

まずは今年の干支”龍”にちなんで、境内入口の”潜龍橋”の今昔。

2401_20240118160002

絵葉書タイトルは”桃澤水神潜瀧橋”・・・桃沢川の水源近くなので、瀧が潜っているとの表現かな。一方、現在の橋名は“潜龍橋”、水の流れを龍に見立てているのだろう。

2401_20240118160001

さて現在の石橋は意外に古く昭和八年八月(1931年)竣工。古絵葉書は大正七年から昭和八年発行ゆえ、丁度一世代前の木橋の姿ということになりました。

以上

*愛鷹水神社の前回記事(男滝、女滝)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

一度見たら忘れない!ウシカメムシを見つけた

普段の散歩コースで、やや珍しいというカメムシ、ウシカメムシを見つけました。

2401_20240115160101

大きく張り出した突起物が特徴なので直ぐ同定できました。

チョコチョコ歩いていた手すりを叩いてみると一瞬立ち止まったので、すかさず真正面からも撮ることが出来ました。

2401_20240115160102

ということで、この散歩でカメムシ18種と遭遇したこととなりました。

*前回のカメムシ(アカヒメカメムシ)についての記事は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

迎春 イソシギと矢穴石

今年もよろしくお願いいたします。

正月も毎朝の散歩は欠かせません。今朝、イソシギが滝壺の石で餌を漁っていました。

2401

写真は矢穴のある石(石材として利用しようとして途中であきらめた矢穴跡)とのツーショット。

ということで、今朝の珍しい自然風景です。

*他の矢穴石とイソシギの姿(2021年7月)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ