サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ツルビニ長城丸のさくら色

昨日今日と寒い日が続いており、開き始めたソメイヨシノも戸惑っているかも。

フレーム内ではツルビニ 長城丸の蕾が多数伸びて、三輪開花し始めました。

2203_20220323192901

もう十年以上のお付き合い。ホッとする色合いです。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

バラ丸 満開です

久しぶりにサボテン。この頃大分暖かくなってきました。

ツルビニカルプスのバラ丸も満開、春です。

2203_20220316162401

花付きの良さは、毎年、感心するほど。

小さいけど実生12年、まだ元気です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

この異様なサソリは何だ?

フレーム内のツルビニの昇竜丸が開花しました。

もうお馴染み、今年最初のサボテンの花です。

2201cocolog_20220118201501

今晩は氷点下になりそうなので、少し心配です。

ところで昼頃、歩道に変なものが落ちていました。

この歳になって初めて見る異様さ・・・

2201-cocolog_20220118201501

垣根越しのソテツから・・・雌花の花弁らしい。

この時期、こんな生き生きしているのが不思議

ということで、良いもの見ました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

実生ツルビニカルプス二種が咲きだしていた

日は短く、気温も徐々に低くなりだしたので、現在、リトープスの植替えを始めています。

作業の合間にサボテンフレームを覗くと、ツルビニカルプスの蕾が伸びだしていました。

2109

実生10年、たった一つのアロンソイalonsoiの花、と言っても、タイミングずれた!

2109_20210910193001

隣には、同期三株のフラビフローラスflaviflorus。蕾が伸びていた。

親指位の太さでも、少しづつ立派になってくるのが嬉しいです

以上

遅々とした生長でも咲きだした小サボの様子でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ディスコカクタス ギガンティア 急に一輪

暖かい今朝はフレーム内サボテンの水やり。ディスコカクタスへも今季初の潤い。

すると夕方、金子ギガンティアが開花していました。

2103_20210331185602

そういえば、水やり時、花座の綿毛が盛り上がっていたな~・・・あっという間の変化に驚きました!

開花時期としては、実生以来一番早いものでした。

おまけ、ツルビニ アロンソイ実生苗、濃赤紫の小花、しっそり開花中です。

2103_20210331185601

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ツルビニ烏丸 7輪開花中

実生11年目になるツルビニカルプス 烏丸、7輪開花し始めました。

下は咲き始めの姿

21037

小ぶりの玉に、今までになく数多く咲きました。

集まると中々良い景色と思ってます

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ツルビニ バラ丸満開状態になる

先月末に一輪開花したツルビニのバラ丸は現在、満開状態になってきました。

2103

実生同期の苗ですが、大きさや花色などの違いがあります。

これにより、一層華やかに感じられます。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございます。

ツツビニ二種に春 中筋の花です 

フレーム内ではツルビニカルプスの長城丸とバラ丸が開花してきました。

長城丸、数株が一斉に蕾が膨らんでいます。

2102cocolog

このほんのりした色合いは、春の訪れ。

バラ丸実生苗の黒い蕾も膨らみ、きょう先行して一輪。

しかも、この苗だけ白い花びら・・・中筋のピンクが目立ちます

2102cocolog_20210227193701

以上、10年以上のお付き合いの苗、早春の雰囲気となりました

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ツルビニ長城丸には蕾

きょうは西風が強く、富士山では東側で雪煙が舞っていました。

見事なアーチ!

21028

当然、当地も肌寒い。

一方、フレーム内では、マミラリアの内裏玉やカルメナエやツルビニの昇竜丸等が開花中。

2102_20210208173801

長城丸には大きな蕾が見え出し、いよいよ早春の雰囲気になりつつあります。

2102_20210208173802

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問どうもありがとうございました。

出てきました冬の蕾

無加温フレーム内のマツカナ ウエベルバウエリMatucana weberbueriのこと。

2101-cocolog

トゲトゲの本体から綿毛無しの黄色の蕾が発生しだしました、今のところ、この苗だけ、どうなるかな

2101-cocolog_20210121202901

こちらもトゲトゲ、ツルビニの昇竜丸の蕾を見つけました。例年真っ先に開花していたのに、少し出遅れました。

以上、サボテンの冬の蕾の様子でした。

より以前の記事一覧

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ