サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

トルコから珍しく、サボテン切手

趣味のサボテン切手の話題です。7月24日トルコ共和国から、ウチワサボテンの切手が発行されました。

2008_20200813112701

ウチワの種類が気になったんですが、表記はOpuntia Mill.?

Millはオプンチアと1754年に命名したP.Millerの事だろう。種類は青緑色肌や薄桃色の蕾からバシラリスと思う。

しかし、北米ネバダやアリゾナ州などに自生するウチワを、わざわざ取り上げるのかな~?

2008-cocolog_20200813112701

トルコ内の遺跡に生えるウチワサボテンOpuntia ficus-indicaを表現した方が、もっと魅力的だろうと思います。

見慣れると、陳腐?・・・昨年、初めてサボテンに関する切手を発行したのにな~・・・気を付けなければ(自省)

2008_20200813112702

これは自生地のバシラリス、レイクパウエルの傍に生えていた。

草も枯れるカラカラの大地にイキイキしていた。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

”橫濱植木株式會社”の古絵葉書

趣味のサボテンに関する古絵葉書を入手した。といっても、古いめかしい園内の様子で、サボテンは見当たりません。

Photo_20200522101901

この横浜植木株式会社は大正6年1917(1917)、「仙人掌及び多肉植物名鑑」を発刊、著者は棚橋半蔵氏。

この辺りは「日本さぼてん史」、「サボテン今昔」にて平尾博氏が詳述しております。

絵葉書の発行年代は明治40年~大正7年ゆえ、この名鑑が発行された頃と重なります。

Photo_20200522101802

百年前のサボテン界の雰囲気として、自序(橫濱植木株式會社)とINTRODUCTION(HANZO TANAHASHI)を掲載しました。

Photo_20200522101801

ということで

これも縁、当時の貴重な記録と思ってます。サボテンの無い古絵はがきで、当時の様子を逞しく想像しています。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ロス・カルドネス国立公園のカルドン

趣味のサボテン切手の話題です。 アルゼンチン サルタ州のロス・カルドネス国立公園Los Cardones National Parkの通常切手が昨年発行されました(2019年5月22日)

標高2700-5000m、面積650㎢の公園には、切手画像のように名前由来の大サボテン”Cardon Grande Cactus"が林立しています

Argentine219

十数年前、写真集”サボテン幻想”にてカルドンを知って以来・・・

Echinopsis(Trichocereus) terscheckiiかEchinopsis atacamensis subsp. pasacanaかどうかは別にして、高さ10メートルにもなる大サボテンのある雄大な風景、一度は拝みたいと思っていましすが、なかなか・・・

今回の切手は、その一部代替です

*ロス・カルドネス国立公園Los Cardones National Parkのグーグルアース上の位置は、25°14'S 65°55'W附近。大サボテンの写真が掲載されています。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

自然の幾何学文様、サボタニの五角形を知る

ベルギーから自然の幾何学シリーズ切手として、今年は五角形文様が取り上げられています(1月27日発行)

シートは黄鉄鉱、シャボン玉、オクラ等の4種の切手と、各種5角形画像の切手(下画像)で構成されています

20205

見慣れた五稜のサボテン!(人の手も写っている!)・・・これエビサボの宇宙殿かな~

2002reyesii

*Echinocereus knippelianus v. reyesii, 2016年実生

あいにくフレーム内サボは六稜・・・そこで、宇宙殿変種実生苗レイェシイです

さらに、果実カプセル様の画像もあり、それではとリトープスの蒴果(さっか)探しをしました

花紋玉、福来玉、神笛玉、オリーブ玉、青磁玉等。 殆どこの時期はツルツルした黄褐色の5室でしたが・・・

2002_20200218140801

* Lithops helmutii EH65, 2014年実生

この青磁玉は果実の盛り上がった蓋と褐色斑点文様!が極めて特徴的でした

(コール氏の本でもcell-lids edgesとかdark dots(tanniniferous idioblasts)の記述)

初花でしたので、初めて気が付いた次第・・・白い斑点も完熟すると暗色になるんだろう

ということで

幾何学文様シリーズ切手をヒントに、サボタニの姿を知ることとなりました

* リンク先は関連する記事になります。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

シャボテン動物公園のリスザルが行方不明

シャボテン動物公園内(伊東市)のリスザル12頭が、先月中旬から行方不明とのこと、当地のニュース番組で知りました。

盗難の可能性もあるので、懸賞金100万で情報提供を呼び掛けています。

リスザルは、55年ほど園内で放し飼いにされ、樹木の虫退治で活躍されているとのこと。

2002_20200207211801

添付のオリジナル切手にもあるように、園内の人気者(金鯱、ハシビロコウ、チンパンジー、カピバラ、リスザル)、早い解決を望んでいます。

* このオリジナル切手は伊豆シャボテン公園となっていることから、2016.10以前の発行となります。

* 切手シートの”シャボくん”の以前の記事(2016年10月)は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

パナマのドラゴンフルーツ

中南米パナマ共和国からフルーツ切手7種が発行されました(2019年6月7日)。

そこには見慣れたドラゴンフルーツ、ということで趣味のサボテン切手に関する話題です。

2019panama7

公用語はスペイン語なので、ドラゴンフルーツはピタハヤPitahaya。黄色のピタハヤHylocereus triangularis と赤いピタハヤ H. ocamposisとなっていますが・・・

ドラゴンフルーツ切手は、既にベトナムやフィリピンなどで発行されてますが、中南米では初。

さて、その他六種は? 

上段のパパイヤ(Papaya)とカシュウアップル(Maranon)はOK

下段、コロゾCorozoは羽状ヤシの実。マメイMamey、これもヤシの実。グアバGuaba)はマメ科、別名アイスクリームビーン。

グアナバナ(Guanabana)は英名サワーソップ、和名トゲバンレイシ。

以上

パナマは熱帯フルーツの宝庫らしいのですが、食したことありません。 これも縁、見かけたらチャレンジしたい。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

おもてなしの花 ゲッカビジン

一月前、”沖縄の花 月下美人”の古い絵葉書を紹介しました。今回は、おもてなしの花としてのゲッカビジンです。

4月1日、日本郵便(株)より”おもてなしの花 シリーズ第12集”に、ゲッカビジンの82円シール式切手が登場しました。

2019

盛暑、残暑でも、まだ咲いているであろう南国の花。

香りは、現地で!

その他のおもてなしの花は、”カーネーション バラ”、”バラ”、”ヒマワリ、ケイトウ”、”アイリス”となります。

お手元に届いていれば幸運😃

* 月下美人の古絵葉書は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ベルギーから”自然界の幾何学”

趣味のサボテン・多肉植物切手の話題。ベルギーから自然界の幾何学として、星型の姿の切手が発行されました(2019年6月17日)。

添付切手シートを眺めると、サボテンの姿も!(中央上段)。 他にはヒトデ、星、イソギンチャク、蜘蛛の巣、カメの甲羅模様、トマト?のへた、名前不明の花や葉なども。

2019belgiumgeometry

シリーズもので、昨年のラセン形以外に五角形、丸、六角形なども予定されているようです。

サボタニでは、花や稜など均整のとれた星型は、多々あるのですが、どうして多角形の柱サボ?

とうことで、探しました。

2019monaco2002

ガガイモ科の花(Tridentea jucundaと推察)の星、モナコ2002年発行のクリスマス切手の一枚です。

このように生物の姿を幾何学模様を捉える切手を眺めるのも、私には楽しいものです。

蛇足:ベルギー切手には①EUROPEと表記されてます。ヨーロッパ向け用50グラムまでの切手という意味。

*前回のベルギー切手(特異な花粉媒介者)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

沖縄の月下美人とグラキリス

最近、レトロ感ある古い絵葉書”沖縄植物 月下美人”を入手しました。

大正中期から昭和の初め、およそ100年ほど前に発行されたもの。

今頃たくさん咲いているのではないかな~と

1908

沖縄関連でお邪魔します。

沖縄産種子由来、グラキリス(象牙宮)の実生二か月の様子です。

1908-cocolog

*Pachypodium rosulatum v. gracilis

一月前は心配だった手前小さな玉、今週になって分枝しました。

4苗とも浅黒く元気に新葉を出しています。

以上

猛暑なんですが、負けずに目いっぱい育ってもらいたいところです。

*グラキリスの一月前の様子は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

パリダカとディズニー切手

今朝、自動車のフロントガラスに弁慶柱が突き刺さった映像をニュースで見ました。アメリカで飲酒運転による事故でした。

ということで、飲酒運転はしないであろうパリダカとミッキーの切手。

Senegal1993

上はセネガルから1994年に発行された第16回パリーダカール ラリーの切手。ヤマハや三菱パジェロが活躍していたころです。

国花バオバブ脇をモト(二輪)、オート(4輪)とカミオン(トラック)が疾走。

バオバブに夕日と砂漠、絵になりすぎです。そして、いろいろあって現在は南米に変更されています。

Aamaldives1985s

こちらは、サボテンが生えている岩山で写真を撮っているミッキーとグーフィー、カメ。愛用車・トヨタ スープラ(1985)も。

カメさんの表情がいいですね~

以上

最近、高齢者により事故報道が多く、ナーバス。切手を眺めて観光気分にひたっています(想像の翼です)。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ