サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

マツカナ アウランティアカ一輪で、ランサムウエアを知る

フレーム内のマツカナ アウランティアカ(Matucana aurantiaca。2013年実生)が珍しく開花した。

典型的なマツカナスタイルのオレンジ花。

2007maurantiacacocolog

実生当時はカタログに"multicolored"、”500cacti"に掲載されたような二色の花を期待していたんですが・・・”aurantiaca"自体がオレンジ花の意味だった。

味気ないので、ペルー旅行記” A Cactus Odyssey"で自生地カハマルカCajamarcaの様子をみると、苔のなかでイキイキとしていました。

そして、当地は1532年、ピサロがインカの最後の皇帝ワタワルパを身代金目的に拘束した所と・・・

更に、ランサムウエアのランサムは身代金rannsomだったと・・・全くの無知(-_-;)

以上

旅行に出かけず、手元の本で拾い読みするのも知の冒険だった。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

丸い花弁に刺激されて、マツカナ四種の花

フレーム内のマツカナ四種が一斉に開花しだしました。

嬉しいことに、紫花の小苗オレオドクサ・ロセイフローラに、丸い可愛い雰囲気タイプが出現しました。

ちょっとした変化でも、受ける印象は大分違いました。

2006_20200601125902

* Matucana oreodoxa ssp. roseiflora GC 1084.04, 2015年実生

この白花のマジソニオルムはお休み中と思っていたら、あっという間に一輪。

その豪華さに、こんにちは!

2006

*Matucana madisoniorum, 白花 2015年実生

一方、先輩たちも同時に。 

インターテクスタは、スッキリ美人。

2006_20200601125801

* Matucana intertexta, 2009年実生

同期のウエベルバウエリは群開中、

ゴチャゴチャした雰囲気を、斜め上から覗いてみました。

2006_20200601125901

 Matucana weberbaueri, 2009年実生

以上

開花は毎年のことですが、受ける感動はその機会毎に違う・・・その記録です。

* 画像はクリックで拡大します。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

白花奇仙玉 一番花です♪

マツカナの一番花として、白花奇仙玉が咲きだしました😃

緑の小さな玉から一輪。

木漏れ日が当たった白花を真正面から撮ってみました。

2004-cocolog_20200422195701

* Matucana madisoniorum pure white flowers, 2015年実生

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

マツカナ ファーガレンシスの初花

10月になっても30度越え、蒸し暑いです。 フレーム内では、マツカナ ファーガレンシスが初花を迎えました。

春先から何回も花芽が出るのですが、やっと一輪。

奇仙玉より結構、赤黒いです。

1910huagalensiscocolog

*Matucana huagalensis、2015年実生

同期の小さな奇仙玉も白花!

偶に、ひっそりと咲く雰囲気が良いな~

1910madisoniorum-cocolog

* Matucana madiosiorum, pure white flowers (2015年実生)

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

季節外れのサボの花 三種

今日も蒸し暑い猛暑。サボの象牙丸やブーリー、紅鷹等は元気に開花中ですが、どうも眺めるだけでも暑苦しい気分。

そこで、春先に咲くサボの花・・・季節外れに一輪咲きだした姿です。

1908_20190819104502

エビサボの明石丸、最後の一輪です。 親の生長点が潰れて出てきた子、その頂部に出ていた蕾が今日開きました。

モンスター姿に変貌中ですが、花は変わりません。

1908_20190819104401

こちらはロビビアの桃輪丸、例年春一番に咲きだす花なんですが・・・ 

桃の季節の始まりということで、ご勘弁。

1908_20190819104501

こちらは、マツカナ ロゼイフローラの涼しげな一輪。

しかし、調子悪そうなので、猛暑が一段落したら植え替えをしたい。

以上

猛暑の中、春先に咲くサボの花で気分転換しようと思いましたが・・・調子が悪くて咲いていることに気が付きました・・・冷や汗。

*リンク先は、それぞれの前回記事になります。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ロビビア ニグロストマ三輪 独り占めはできません

ロビビア ニグロストマの大輪花が早朝から咲きだしていた。

初めての三輪同時開花! まだ植え替えていないけど、どうした?

1905nigrostomacocolog

* Lobivia jajoiana v.nigrostoma MN30( E Tilcara ,Arg)、 2011年実生

二年ぶりの登場なので、開花中の他種(橙色系ですが)も一緒に

1905flavistylacocolog

*Rebutia flavistyla BLMT769.07 (NE Tarija, Bol) 、2016年実生

この黄花はレブチア フラビスティラ。 冬の間萎れていましたが、暖かくなるとともに膨らみ、今では緑の疣。

多花性ゆえ愛くるしい姿が続きます、

1905intertaxtacocolog

 Matucana intertexta 2009年実生

こちらはマツカナ インターテクスタ。 丸い玉と共にスッキリした姿(杏色なんですが)。

以上

目力強烈なニグロストマの三輪でした。ただこれだけではと、いつも思ってしまう・・・多様な花があってこそお互い引き立ちます。

*リンク先は、それぞれの前回記事になります。

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

小さなサボに薄紫

今朝も快晴、サボテンは赤や黄と色鮮やかに咲いています。

一方、雑草の陰でヒッソリ咲いている雰囲気・・・マツカナの小花も魅力的でした。

昨日の白花奇仙玉と同期の実生4年苗。マツカナでは珍しいピンク系の紫色と花びらです。

1905_2

* Matucana oreodoxa ssp. roseiflora GC1084.04 

こちらは、ご存知マミラリア姫春星、昨年親から外した小苗です。

フレーム内の親はもう花は終わりましたが、冬も戸外に置いていた小苗は、やっと可愛い二輪となりました。

1905_3

*姫春星、Mammillaria humboldtii

以上

*このマツカナ オレオドクサ ロゼイフローラの前回記事は、こちら

*姫春星とかけて、ペンギンと解く、そのこころは・・・こちら

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今朝のマツカナ 白い初花

朝から肌寒い雨のなか、フレーム内のマツカナを見に行く。

なにしろ、待望の白花奇仙玉の蕾が開き始める日なんです。

1904_29

* Matucana madisoniorum 2015年実生

実生四年目の初花、同時に二苗です。 

先日まで、玉は調子悪そうに縮まっていましたが、水やりでふっくらしてきました。

1904_30

こちらの花弁は先端が尖って、スッキリした雰囲気。

ともあれ、初冬から見え出してきた蕾が寒さに耐えて、立派に開花! 素直に嬉しい😃

1904_31

* Matucana intertexta 2009年実生

祝日に同時開花して応援したのは、マツカナ インターテクスタの杏色。

以上、一風変わった花姿、フレームの華の一報でした。

* 白花奇仙玉の前回記事(今年1月の蕾)は、こちら

☔ご訪問ありがとうございます😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

マツカナ ファーガレンシス小苗に蕾発生♪

風もない絶好の日より、フレーム内のサボの様子点検。 マツカナの小苗に動き発見!
 
4年前に蒔いたマツカナ ファーガレンシスMatucana huagalensisに初蕾です♪
 
1902mhuagalensis_cocolog
 
光沢のある緑肌が魅力ですが(今は冬なのであしからず)、アカダニ被害もあるので油断なりません・・・
肝心の花色?、赤系の蕾なので、そうなるかも。
 
”ニュー カクタス・レキシコン”では薄紫の魅惑的な雰囲気でしたが、そうなるかな~
 
ともあれ、
 
これで、同期マツカナ三種(白花奇仙玉、オレオドクサ・ロセイフローラ)、4年待って願いがかなうことになりそうです。(もっと長く待っている先輩マツカナありますが
 
* Matucana huagalensisの前回記事(1年半前、同期三種とともに)は、こちら
 
 ご訪問どうも有難うございました(^o^)
 

フレーム内のサボ、咲くかな?この蕾

今朝は一段と厳しい冷え込みでした。

無加温フレーム内のサボの蕾(少々出てます)は大丈夫か心配になりました。

1901cocolog

寒さで真っ赤な紅鷹の蕾・・・この状態で冬ごもり中です。 

イキイキしているので春には咲くかも。

1901_cocolog  

これはマツカナ白花奇仙玉の初蕾、こちらも停止中。

毛羽だっているけれど・・・恐ろしくて触れません。

なお、奇仙玉は例年通り数個の蕾が越年中です。

1901_cocolog_2  

これは縮玉に見えてきた蕾♪

やはり良いな~ 安心して眺められます。

以上

これから更に寒くなりますが、持ちこたえてくれれば春には花かな!

ご訪問どうもありがとうございました(^o^)


にほんブログ村

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ