サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

アルブカの蒴果、中は種子ビッシリ!

ケープバルブのアルブカの果実の事です。

スピラリスとコンコルディアナの花は終わり、すぐ実が膨らむが・・・

殆ど結実するので、種子は恐ろしい数・・・摘果して葉の巻き方が気に入った苗の一個だけにしています。

2104_20210410191703

スピラリスの乾燥した蒴果、怪しい殻模様の三部屋です。

ビッシリ黒い種子!

2104_20210410191702

フリズルシズルの方はこれから。太い花茎に蕾が整然と控えています。

2104_20210410191701

結実しないので、こちらは分球で急ぐことも無し。

以上、アルブカ栽培2季目でようやく全体が判りだしました。

なお、種子は秋に希望者があれば配布したい。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

アルブカ コンコルディアナ 満開中

現在、ケープバルブのアルブカ コンコルディアナ(Albuca concordiana)が次々開花しています。

2103_20210325202101

下は開き始めの朝、蕾が上向き時の表情です。

昼になれば下向きへ

2103cocolog_20210325202101

暖かい日中は、ホソヒラタアブが訪問。

2103cocolog_20210325202102

昨年は授粉作業で二鞘結実しましたが。受粉するかな・・

なお、スピラリス実生苗の花は終了し、鞘が充実中。フリズルシズルの方は、まだ花茎は伸びていません。

それぞれのペースがあるんですね(当然ですが)

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

実生アルブカ スピラリスは満開中

一昨年に実生したアルブカ スピラリスAlbuca spiralisの花が、満期状態になりました。

2103_20210308185601

花茎を20センチほど伸ばし、それぞれに4,5個の蕾・・・合計100個ほど。

昼になると開き、チョコレート様の香が漂います。

なお、奥にチラッと見えるフリズルシズルは未だ花茎は伸びていません。

アルブカ コンコルディアナは伸長中です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

アルブカ スピラリス 二本目の花茎発生

ケープバルブのアルブカ スピラリスAlubuca spiralisが開花し始めてきました。

2102_20210223184001

細い葉なのに元気だな~と眺めると、株元から二本目の花茎が発生していました。

しかも、20苗全て!

21022

1年前は2,3本の葉しかなかったのに、目覚ましい生長力です。

ア! 花の匂いを嗅ぐのを忘れた

*アルブカ スピラリスの1年前(実生4か月)の姿は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

アロイノプシス天女舞 満開中

ここ一両日、暖かい日が続いています。

実生六年になる天女舞Aloinopsis villetii は、黄色の小花七輪です。

初めてのこと、気分晴れやか。

21027

*クリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

アルブカ コンコルディアナ 青虫に齧られた

前回、アルブカ スピラリス実生苗が早々と蕾が発生したことを報告しました。

他にはと注意していたら、コンコルディアナ一株が青虫に齧られていたのを見つけてしまった。

2102_20210207173301

クルクル巻きの葉を集めて巣つくり!

奥の初蕾も少し穴!

1センチほどの青虫がいた・・・以前、リトープスが齧られたものと同じものと思われます

冬でも虫が動いているんですね、こまめのチェックが欠かせません。

追記:昨夜、金色に輝く国際宇宙ステーション「きぼう」が、しずかに通過するのを眺めました。なかなかいいもんです。

*画像はクリックで拡大します

*花紋玉系リトープスが齧られていた様子(4年前の冬)は、こちら

☀ご訪問どうもありがとうございました

 

アルブカ スピラリス、実生翌シーズンに花茎!

肌寒い風が吹いていますが、ケープバルブのアルブカにタップリ日を当てました。

もう生長は一段落しだした実生アルブカ スピラリスAlbuca spiralisは、皆元気で密集状態です。

21011

葉数をと、下を見ると・・・膨らんだ花茎が伸びていました!(矢印)

2101_20210129172701

それも同期20苗、全て!

一昨年の10月に初めて実生し、翌シーズン! 早すぎです。

ということで

こんなに早く一人前になるのかと驚いております・・・そうです、メインに栽培しているリトープスを基準にしていたからです。

なお、同時期実生したアルブカ コンコルディアナは、葉が3枚程度の小苗、まだ数年かかります。

*画像はクリックで拡大します。

☀ご訪問どうもありがとうございました。

紅大内玉と天女舞の一番花

無風快晴の暖かい今日、リトープス紅大内玉とアロイノプシス天女舞(Aloinopsis villetii)の蕾が開きだしました。

2101_20210114184201

咲初めゆえ小さい花弁ですが、シワシワのリトープスばかりなので有難い。

2101_20210114184001

こちらは天女舞のレモンイエロー、久しい振り。清々しい花です♪

なお例年、チタノプシス天女扇も華を添えていたのですが、中心部が軟弱になってしまい、現在挿し木で療養中です。

以上

☀ご訪問どうもありがとうございました。

アルブカの小苗達の姿で思ったこと

久しぶりにケープバルブ。アルブカ スピラリス実生苗20株は2年目となり、葉も10枚に増えて、順調に生育中です。

20124

秋頃は奔放だった葉はクルクル曲がりだし、全体コンパクトになりました(右上)。

フリズルシズルはコイル状にクルクル、園芸種さすがです。 球根も一段と大きくなりました(左上)。

コンコルディアナの昨年の実生苗2株も小さいながらもクニャクニャ(左下)

一方、昨年購入したコンコルディアナから分球した小球四個も元気に生長中(右下)。

2012_20201229163001

姿が良いこの小さな親株から株分けすれば、時間短縮・・・そうだよな~、大きくて巻が弱い親株もあるので、実生はどうなるか分からない。

ということで

来春のバザーも難しいそうだな~と雑念しつつ、増えた鉢の世話をしております。

*クリックで拡大します。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

モニリフォルミス 良くわからないけど動いた!

秋に植え替えてから、停止状態だったモニラリア モニリフォルミスMonilaria moniliformis小苗に動きが見られてきました。

昨年実生した同期は既に長い葉を伸ばし、更に節を増やす勢い・・・朝日を透過する緑色、目に優しいですね~

2012_20201228104501

さて、肝心の小苗は手前。生長点が褐色で、つぶれたままだったんですが・・・

最近、そこが割れて盛り上がりだしました!

ウサギ耳ではない玉。何か分からないけれど、なんとか生長が始まったようだ♪

以上

*クリックで拡大します。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

より以前の記事一覧

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ