サボテンの華

  • Lobivia schieliana v. leptacantha
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

江戸時代の”鮎壺の滝” (2)

伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”の呼称について、マニアックな地元ネタです。

現在、鮎壺(AYUTUBO)と呼ばれている滝の江戸時代の呼称について調べました。

①藍壺の瀧について:享保20年(1735年)白隠禅師は、滝壺の藍色から”藍壺”の偈頌(ゲジュ)を詠んでいる(「荊叢毒蘂」)。

②鮎壷の地名について:滝傍の石造物に、鮎壷邨の地名が刻まれている(享和二(1802)年)。

③鮎壺の滝について:「駿河志料(文久元(1861)年、新宮高平著、橋本博校訂、歴史図書社1969年)」、藍壺瀑布の項に鮎壺の由来が記述されていた。

そこには「藍壺瀑布:村の西、藍壺新田にあり、足柄古道黄瀬川の上流にして・・・此川筋下流は鮎多し、・・・此瀧壺より上に登り得ず、故に鮎壺と云うなるべし」。 藍壺地区とか、鮎が群集するので鮎壺とも呼ばれていたと記述されていました!

友釣り発祥の地ともいわれる狩野川の支流ゆえ、当然遡上し、群集する鮎の姿が印象的であったのだろう。

ということで、古くから滝壺の藍とか鮎からそう呼ばれていたことが確認できました。

それが、明治になると藍壺の滝とか富士見の滝と呼ばれだし、鮎壺の滝は大正のころから再び登場し、昭和30年代には定着したという変遷を確認しました(書籍、地図、絵はがきなど)。

なお、富士山は変わらず眺められますが、環境変化に伴って藍色や鮎も見られなくなってしまったのは残念です。

(参考までに)

Photo_20200316120701  

* リンク先は、関連する記事になります。

☀ ご訪問どうもありがとうございました😃


江戸時代の”鮎壺の滝”(1)

伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”に関連したマニアックな地元ネタです。

周辺を散歩していて、鮎壺という地区名が刻まれた220年前の石造物を確認しました。

2003-cocolog_20200314122401

そこは鮎壺の滝上、本宿用水隧道入口の傍、「万霊塔」の銘文に”鮎壷”の文字!

「享和二太歳壬戌・・・三月鮎壷邨中」。1802年のことです!

観光客も通る道沿いの銘文が、身近に確認できる一番古いものでした!

なお、右の自然石(溶岩)から削り出された道祖神は、伊豆半島に特徴的な”伊豆型道祖神”です。

2003-cocolog_20200314122501

写真は暖冬の影響か?水量が多い、令和二年の鮎壺の滝。

ということで

すべての霊を供養する目的で万霊塔をたてられた村人に、一礼。

☔ ご訪問どうもありがとうございました😃


 

 

 

”冨士山北口全図”の富士見の滝

マニアックな地元ネタです。私は伊豆半島ジオパークの一サイト、”鮎壺の滝”の古い記録(本、写真、絵はがき、地図など)の掘り起こし作業を継続しています。

今回、明治34年7月10日(1901年)発行の古地図「富士山北口全図、中村月嶺著」に、鮎壺の滝の別称”冨士見ノ瀧”が名所旧跡として表示されていることを確認しました。私の知る限り一番古い(最初)地図となります。

この時代は、東海道線三島駅の開設, 伊豆方面への豆相鉄道(現伊豆箱根鉄道)の開業(明治31年6月)、旅行案内書「沼津繁昌記・沼津の華」(明治34年10月発行)も出版され、首都圏からの観光が活発になってきた頃です。

2001_20200130193401

添付画像は全図中の参考図 ”富士山里程略図”、赤丸部分が”冨士見ノ瀧”(クリックで少し大きくなります)。 

東京から富士山頂上への里程案内に、佐野ノ瀧(現五竜の滝)や白糸瀧とともに図示されていたことは、地元民として嬉しいものです。

その他、鉄道馬車とか富士八湖(現在の五湖と明見湖、志比礼湖、泉瑞)など120年前の時代背景を知る楽しみも、多々ありました。

以上

地元名勝の、人との関りの歴史を知る貴重な資料となりました。

* 鮎壺の滝の前回記事(絵葉書)は、こちら

⛳ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

狐のお面で稲荷神社へ

いよいよ大晦日となりました。1年間どうもありがとうございました。

暖かい今日は手作りした狐のお面を持って、ガイド経験のある割狐塚稲荷神社へ出向きました。

この神社は伊豆半島ジオパークの一サイト、およそ一万年前富士山から流れ出た溶岩の塚の上に鎮座しています。

江戸時代、溶岩の割れ目から大きな狐が飛び出してきたという伝説もあります。

こだわりのお面は、怒り目、たれ目などに表情変化する可動式で、77本の鳥居も張り付けております。

1912_20191231122201

そして、溶岩の割れ目の小苗と、へたれ狐バッチです(黒い溶岩なので磁石にくっつきます)

1912_20191231122101

ということで

年寄りの手慰み。初詣、豆まき、カルタ大会、そしてガイド用のグッツでした。

それでは、皆さん良いお年を!

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

楽寿園の菊まつり

きょうは富士山宝永山火口まで真っ白、秋晴の好天気。近くの楽寿園内の郷土資料館まで散歩。

ここは旧小松宮別邸で、三島溶岩流上の樹林や名勝・小浜池、どうぶつふれあい広場、のりもの広場などもあって、市民のふれあいの場です。

1911_20191112155702

写真上は、楽寿館と小浜池(こはまいけ、国指定天然記念物)。溶岩の間からの湧水も溜まってました。

1911_20191112155701

菊まつりは今月いっぱいまで開催されています。園ゆかりの寺院ということで、菊で彩られた仁和寺です。

幼稚園生からお年寄りまで、結構な人出でした。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

古絵葉書”鮎壺の滝”を地区文化祭に出品

マニアックな地元ネタ。伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”の古い絵葉書を地区文化祭に出品しました。

区民には身近な滝を、明治・大正・昭和時代の観光絵葉書を使って紹介したものです。

タイトルの滝名(藍壺、富士見、鮎壺)、名所(三島、沼津、東海)、発行所(三島、沼津、東京)や撮影ポイントも色々。

1911_20191104123901

ということで

個人的には面白いと思って、コツコツ蒐集した古絵葉書をA4に拡大し、額装(百均)。

まだ120年しか経っていませんが、何時かは文化財級かな😃

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

鮎壺の滝、台風19号の影響

2週間前の10月12日、当地に上陸した台風19号の影響で、ジオサイト”鮎壺の滝”の岩が一部、破損してしまいましたのでご報告。

下の写真は、東岸から見た鮎壺の滝、昨年夏と台風一過16日に撮った現場です。

191019

白矢印で示した2か所の岩が欠損してしまいました。

手前の岩(ひび割れた象の足状)の様子(欠損前)が良くわかる写真(2018年3月9日)を参考までに載せました(下半分が無くなりました)。

1910cocologjpgfiles

なお、松の根元もダメージ受けたようですが、耐えていたのが幸いです。

以上

伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”の現状報告でした。 

なお、今日から始まる町文化祭に、収集してきた明治時代からの「鮎壺の滝の絵はがき」を出品しました。

🌂ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

伊豆半島ジオ検定3級問題で遊ぶ

昨日は蒸し暑い中、ボランティアガイドの仕事。カップラーメンを食べるのも慌ただしかった。

1907_20190722191101

一転、今日は、お休み。ギムノの海王丸の花、伊豆半島ジオ検定3級の問題を眺めながらノンビリ。

3級といっても、大変マニアック過ぎて、一つ一つ調べなければなりません。 一方、地元の事は瞬時に回答できるので、じっくり勉強です。

例えば、こんな問題:井上靖の「しろばんば」中、”言葉で表せない美味しさ”と表した「黄色いゼリー」に使われている柑橘類はどれ・・・①甘夏、②たちばな、③日向夏、④温州ミカン。

検索すると・・・つい一月前、おいしいな~と食べていた柑橘であった。

受験勉強、試験はストレスになるけど、他の事と関連づけると、知ることは楽しいという感じ。

50問あるので、すぐには終わりません。急ぐことなし、ポツポツと。

蛇足:最近知った「しろばんば」のアクセント。「湯ヶ島」、「あすなろ」と同様、最初にアクセントをつけるんですね~

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

原分古墳と西一号墳の共通性

マニアックな地元ネタの古墳について。といっても世界遺産に登録間近な百舌鳥・古市古墳群ではなく、”原分古墳”・伊豆半島世界ユネスコジオパークの一ジオポイントについて。

古墳がジオパーク?   ・・・石棺が沼津市江之浦産の白色凝灰岩(伊豆石、海底火山時代の火山噴出物)で造られ、当時の地域交流が判ること、石室の天井石や閉塞石など全て(富士山からの)地元玄武岩を活用していたことがあげられると思います。

1906cocolog_20190628191701

古墳脇の説明版・採石場跡には、静岡市の賎機山古墳などの石棺も伊豆石が使われていたと。

駿河湾を横断したり、狩野川を遡上して運ぶ、あるいは総重量20トンほどの玄武岩を(人力で)運ぶ・・・当時では大変な労力! 被葬者の権勢が推測されます。

ところで

肝心の原分古墳の石棺は一部しか残存せず、代わりに下土狩西一号墳の刳抜式石棺が古墳脇に設置されています。

ただ、廃滅した下土狩西一号墳についての詳細な説明はありませんので、資料1の内容を表にまとめてみました。

Photo_20190629070501

築造時期、墳丘規模、石室、石棺、釘付木棺、副葬品等の類似点により、被葬者の経済力、職掌や地域社会の役割等に共通点が見られるとのことでした。     

原分古墳の被葬者は、金銅装馬具、装飾太刀などからは畿内中枢部とかかわり、鉄製馬具、二円孔鍔付太刀、金銅製飾り弓の面では東日本ともかかわりのある人物ということのようです。

その副葬品、原分古墳は静岡県埋蔵文化財センター、西一号墳は長泉町文化財展示館で見ること可能。

最後は、原分古墳の墳丘上から富士山方面の写真。移設前の古墳位置は、線路下を通すバイパス道路の工事が進行中です。

1906_20190628191701

資料1:静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第184集、”原分古墳” 調査報告編

これから、小学生ジオ講座のお手伝いに出かけます。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

バザー完売し、”カクタスハンドブック“届いた

今日は快晴、サクラも満開。リバーサイドマーケットでの出血サービス・サボテンや多肉植物は完売しました😃

ホロンベンセ大株で注意を惹き、次いでサボタニの魅力、自生地、花色など会話しながら楽しく販売。

更に、ユネスコ世界ジオパーク認定一周年記念イベントゆえ、”鮎壺の滝”のオリジナルグッズ・缶バッチ等も。

なお、カタバミ、スミレ、ホトケノザ等の雑草が茂る拙宅への来訪は御遠慮してもらいました。

1904_9

帰宅すると、さぼちゃんだいすきさんが先日紹介されていた「カクタスハンドブック、原種サボテンを楽しむ、山本規詔著、双葉社」が届いていた。

特徴が良く表現された多数の写真、栽培法や呼び名、偉人、自生地情報等も、なるほどな~とガッテンするところ多々ありました。

「珍奇植物ビザールプランツと生きる」も来月になると届くので、これらも読んで実践です。

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ