サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

翔鳳の蕾が見えだしてきた

ケイリドプシス翔鳳(Cheiridopsis peculiaris)に蕾が見えだしてきました。 といっても先端部だけですが(手前)。

2201-cocolog

今春も大輪花が期待できそうです。

2201cocolog

一昨年の実生子苗は大きさに違いはありますが、夏葉が出ています。

もうこれで、生長はおしまい。後は如何に肉厚になるかだけ。

ということで

冬本番ですが、数が月後の準備態勢に入っている翔鳳の姿でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

ケイリドプシス翔鳳 親と子の様子

実生六年目になるケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)に花芽が伸びだしてきました(左の新葉)。

2111_20211125173302

蕾はこれから、横の新葉は夏葉・・・下には丸い小さな脇芽が発生していました。

2111_20211125173301

変身の始まりです。

2111_20211125173201

昨年の実生苗の生長は、ゆっくりとなりました。閉じた新葉(夏葉)が出ているものや、開いた新葉のまま(これから夏葉でるかな)など色々。

六年前の二株は、開花株に生長しているので、気長に放置です。

*開花時の姿は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ケイリドプシス翔鳳の親と子

ケイリドプシス ペクリアリス(Cheiridppsis peculiaris 翔鳳)の現在、新葉の様子です。

大きく展開した葉の間から、蕾が伸びる予定の葉が見えだしました。

2110_20211027211001

いよいよ変身の始まりです。

2110-2

昨年の実生子苗の新葉からも次の葉が伸びだしています。

子苗なので、この葉が大きくなって夏を迎えます(予想)。内部には来年度の新葉を包んでいるので、脱皮の一形態かな。

但し、2枚目の新葉が大きく展開している苗(右上)もあるので、どうかな?

ともあれ、現在が大切な時期、丈夫に育ってもらいたいところ。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

やっと、リトープスの実生、そして残余種子

自家採種のリトープスの実生を昨年より10日遅れで行いました。

コールオルム、雲映玉、赤花朝貢玉と紅オリーブ玉など。

それぞれ形や頂面の色合い、花色などに特色がある小型種です。

2109_20210926182801

少し種子が残っておりますので、皆さんへの感謝の意味で、希望者にお分け致します。

① コールオルム SH1500

② 雲映玉 C188

③ 赤花朝貢玉 Rose of Texas 赤花とサーモンピンク花

④ ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳):添付写真は昨年の実生苗と大きな蒴果です。

☆ 申し込み方法:コメント欄に宛先、希望種子記載し送信してください。内容は公表しません(秘密厳守)。無償。返礼不要です。

なお、Rose of Texasの花色は様々で、固定されておりませんのでご了承ください。

数に限りがありますので、なくなり次第終了します。

*リンク先は、それぞれの開花時の様子です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

ケイリドプシス ペキュリアリスの子苗

昨秋に実生したケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳、Cheiridopsis peculiaris)を植え替えて1週間目。

昨年の本葉は薄汚くなり、その古皮を破って、薄緑色の新葉が現れてきました。

21091

既に2枚目も見えるものもあります。

発芽良好、生育も順調過ぎて妙味は今一歩ですが、これから開花株までの変身が楽しみです。

以上、

一段落したら、南ア・リトルナマクアランドの特異植物、翔鳳の種子も配布リストに加えたい。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ケイリドプシス翔鳳、実生子苗の夏姿

ケイリドプシス ペキュリアリス(Cheiridopsis peculiaris、翔鳳)の実生子苗の夏姿です。

と言っても夏眠中なので、褐色斑点のある皺だらけ。

21081

膨らんだ内部には、新葉の緑色も微かに。

昨年9月に実生し、ほぼ1年。脱落することなくここまで。 

朝晩涼しく感じられる頃に受け替え。そして変身の始まりです。

以上、地味過ぎ、一回きりの夏姿でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープス実生子苗、初試練中です

昨年秋に実生した自家採種のリトープス4種とケイリドプシス翔鳳の様子報告です。

先月の紹介から一月ばかりですが、30度近い気温と強い日差しになり、栽培に一層気を付けなければならなくなりました。

2106_20210614092001

この紅大内玉。二重脱皮も順調で、少し親顔になってきました。

子苗は乾燥気味に育て過ぎると、脱水症状で萎れてしまうので。偶に鉢底からの水やりと夕方の霧吹きをしています。

2106_20210614092002

麗紅玉ゾロ由来は動きが少なく、二重脱皮せず。 白く茹で上がって、退場した苗は、ありました。 

2106_20210614092301

花紋玉トップレッドは、同じように育てても徒長してしまいます。二重脱皮するものもあり。

2106_20210614092401

福寿玉も二重脱皮と徒長に注意していますが、元気なら良しとしてます。

なお、強い日差し(特に西日)でダメージを受けたこともあって、この時期から黒寒冷紗を被せて管理しています。

2106jpg

このケイリドプシス ペキュリアリス翔鳳は、もう様変わり。

緑豊かだった本葉は萎れ、薄皮一枚で夏眠中です。

ということで

梅雨から夏、冬型多肉の幼苗にとっては厳しい季節。遮光・通風に一層注意しなければならなくなりました。

*これら子苗の一月前の様子(同じ配置で撮っています)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

柴褐色に萎れだしたケイリドプシス翔鳳

開花から一月後、ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)の花は結実中? 

そして大きな葉は柴褐色に変色、今が一番良い色合いですが、シナシナ状態になっています。

2105cocolog

そろそろと、夏越し準備に入っています。

奥の多肉はプレイオスピロス ボルシー(鳳卵)。こちらも旧葉が萎れだしています。

三か月前に発生した新葉は、もうドーンと真ん中、当主ずら。

2105_20210503211501

翔鳳の昨秋の実生苗は、充実した夏葉のみになっています。

こちらも、そろそろ表皮が萎れだし、夏眠体制に入ります。

以上、 5月初旬の様子でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

多肉と生き物、それぞれの表情です

恵比寿笑いの花にハナグモ。じっとしていて、ハナアブを狙っているのかも

2104_20210412202801

こちらは葉にチュウレンジバチ。家ではサツキが被害に会うので・・・もういました!

2104_20210412202703

ケイリドプシスの翔鳳の花にはハナアブ。熱心に花粉団子つけてます

授粉は必要ないかも

2104_20210412202701

夕方、パキポディウム サウンデルシー(白馬城)の刺にはハナアブが就寝中

室内に取り込むときも一緒でした

2104_20210412202702

以上、 多肉に集まっていた生き物たちの表情でした

*ご訪問ありがとうございました

*画像はクリックで拡大します。

ケイリドプシス ペキュリアリスの花びら、開き始め

今日、ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)の蕾が開き始めてきました。

朝、折りたたまれた花弁の黄色が見え出し、

2103-cocolog_20210329184501

夕方には、沢山の花びらが展開し始めました。

2103-cocolog_20210329184401

実生6年目で4度目の開花、今年は二苗で5個の蕾が伸びています。

苗は珍奇な形態だし、丈夫で大きくなるので、もっと人気がでるはず・・・

*画像はクリックで拡大します

*ご訪問ありがとうございました。

より以前の記事一覧

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ