サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

ディンテランサスとリトープスの黄花

12月の第二週になりディンテランサス 幻玉(Dinteranthus wilmotianus, 2012年実生)が咲き始めてきました。

2112_20211205191401

今年も、ディンテ三種が開花し、ホットしているところです。

2112_20211205191801

先月から咲き続けているリトープス、終盤の現在は遅咲きのノーリーニアエ(Lithops naureeniae, 2016年実生)が満開中です。

ヒラタアブ系のハナアブが訪れていました。

以上、寒くなって縮こまってしまいがちですが、ここはポカポカしています。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ディンテランタス妖玉 開花しだす

ディンテランタス妖玉(D. microspermus ssp.puberulus)の蕾も順調に伸び、開花し始めてきました。

薄いピンクも混じった白花。

2110_20211023160701

非対称の花ゆえ、弱弱しい感じを受けますが・・・

そのうち、ピンク色が濃くなって、結構長く開花し続けます。

今季は三本伸びていますので、当分鑑賞することができます。

なお、同期の稜耀玉も開花中です。

*妖玉の前回記事(蕾発生)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ディンテランタス妖玉、蕾蕾蕾です

リトープスと同様に植え替えた、ディンテランタス妖玉(D. microspermus ssp.puberulus)に蕾が伸びてきました。

薄っぺらで弱弱しい蕾なんですが、三頭すべてに発生しました!

2110_20211009191301

九年前に実生して、昨年初花。

今期も白花からピンク花に変化する様子を眺めることができるかも。

ということで、最後の一苗、今期頑張っています。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

リトープスとディンテランサスの固く閉じた蒴果

朝日を浴びて、リトープス麗紅玉の蒴果Seed Capsulesの星が浮き上がっていました。

2104_20210427192402

堅く締まった5室、

小苗を購入してから7年目、4頭の一人前になりました。

6室は? ありました。源氏玉系花輪玉、十分乾燥してます

2104_20210427192401

*Lithops gesineae v. annae C078,2014年実生

他には・・・初花だったディンテランサス 稜耀玉の蒴果8室。

2104vanzylii

*Dinteranthus vanzylii, 2012年実生

以上、しっかり結実している姿は美しいです

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

長い開花期間のディンテランサス 幻玉他

先月中旬、遅れて開花したディンテランサス 幻玉は、いまだに午後になると蕾が開きだしています。

痛んだ花びらですが、これでも暗くなると閉じてきます。

稜耀玉もリトープスに比べて開花期間が長かったので、ディンテの性質かも知れない。

2101_20210115212301

また、暖かかった日が続いた影響で、プレイオスピロス コンパクタスの花も開きだしました。

といっても、こちらも時期的に終盤で、乱れた花びらとなっています。

2101_20210115212302

ということで

昨日は清々しい一番花、今日は長生きな花の様子でした。

☀ご訪問どうもありがとうございました。

リトープス黄花の終わり、花殻です

当地でも結氷が続き、一段と寒くなっています。

風よけ対策をして避難中の外のリトープスは、水やりしていないこともあって、シワが寄りだし、新葉が見え出すものも出ています。

そんな時期に花の名残、花殻の様子です。

2101_20210111170501

初花のオリーブ玉はオレンジ色に緑です。

2101_20210111170401

ノーリーニアエは蒴果の上に柱頭、立ってます!

2101_20210111170402

ディンテランサス幻玉は、真っ黒と白い葯。なかなかの渋さ!

以上

花園は終わり、何もない殺風景と思う時期でも、それぞれの姿ありです。

*クリックで拡大します。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

ディンテランサスの実生、 幻玉、南蛮玉の幼苗

今朝、富士山に笠雲がかかり、午後には山頂付近で降雪が見られました。

どんよりした寒空の下、実生したディンテランサス(Dinteranthus)二種の様子です

2012_20201224172901

実生三か月になった幻玉(ウイルモチアヌス、wilmotianus)は脱落することも無く、僅かづつですが生長しています。

薄緑色が抜けた苗も出始めました。

これからの長い年月を考えると・・・ついでに他種も撒いてみようかと

2012_20201224171901

一月前に播いた南蛮玉(ポール-エバンシー、pole-evansii)は、ピョンと頭が一つ伸びました。

幻玉と同様、発芽ピークはこれからだと思うので、気長に静置します。

来年は、結実しているバンジリー(vanzylii、稜耀玉)の番となります(種子配布も)

以上

*クリックで拡大します。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

ディンテランタス幻玉 最後の一輪

今朝は初氷。一番の冷え込みでした。玄関先のメセンの様子が心配でしたが、昼には黄花(⌒∇⌒)

蕾が引っかかって順調に伸びなかったディンテランタス幻玉も開花してきました。

同鉢の苗に比べて、一月遅れたけれど障害をクリア出来て良かった。

2012_20201218172201

咲き誇っていたリトープスの最後の花はノーリーニアエの黄花。中白がくっきり。

こちらは例年通り、開花時期は遅いようなので・・・改めてハマー氏*の本を開くと”appearing very late in the autumn"と記載されていた。

2012_20201218172202

以上

初氷の時期でも、元気なメセンの様子でした。

*LITHOPS TREASURES OF THE VELD, Steven A.Hammer , 2nd edition 2010 

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

やっと解放された妖玉の蕾

ディンテランサス妖玉の引っかかっていた蕾が午後になってやっと解放されました。

まだ蕾の先は曲がっていますが、ゆったりした気分になりました。

あとは開花するだけです。

なお、開いた割れ目から新葉が見えました。

・・・そうか!蕾が引っかかった原因は、新葉が早く生長開始し、脇に追いやられてしまった結果なんだ。

2012cocolog

以上

*画像はクリックで拡大します

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

ディンテランサス幻玉 蕾どうした?

ディンテランサス 幻玉は、現在二株開花中。もう一苗の遅れて出てきた蕾は、月初から引っかかって難渋しています。

2012_20201207210301

*Dinteranthus wilmotianus, 2012年実生

それでも昨日より少し盛り上がってきたので、もう少し。頑張れ!思わずリキんでしまいます。

2012_20201207210001

ところで、今秋行った実生は、2か月半経過しました。

極めてゆっくりしたペースで発芽し、70個ほどになりました。

1ミリほどの薄緑の玉も少しずつ大きくなりました。

以上

*画像はクリックで拡大します

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

より以前の記事一覧

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ