サボテンの華

  • Lobivia variispina
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

色とりどり、嬉しい分頭(続き)

3月中旬、予想外に分頭してきたリトープスとディンテランタス5種を紹介しました。その後の様子になります。

2005chesky  

この鉢は、紫色の大津絵キスキーグラナット(Lithops otzeniana 'Cesky Granat')。

濃色の窓が目立ち、縁は春の日焼けで白っぽくなっています。

2005peersiicocolog

碧瑠璃系麗春玉(L. terricolor ' peersii')、暗色の斑点が目立ちますが、桃色もわかります。

2005geelkopcocolog

巴里玉(L. hallii Geelkop)、窓のブルーの発色が特長なので、このまま保持祈願!

2005_20200506104501

模様が命、福来玉系菊章玉はメリハリ効いた線模様・・・だんだん、怪しい雰囲気になってきました。

2005vanzylii

今期揃って分頭したディンテランタス バンジリー(Dinteranthus vanzylii)は、上手に完了。

まだ遠慮がちな姿・・・秋までには、ふっくら生長するはず。

以上は2か月前紹介した苗ですが、色が今一なので

2005greensorpstonecocolog

緑の巴里玉(L. hallii v. ochracea 'Green Soapstone',C111A)も分頭しました。

赤い巴里玉はマイペース。静観しています。

以上

脱皮完了し、今後1年間お付き合いする新葉の初お目見えでした。

* 画像はクリックで拡大します。

* 脱皮中の前回の姿は(3月中旬)は、こちら

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

色とりどり、嬉しいリトープスの分頭

脱皮進行中のリトープス、それも数が増えて嬉しい気分になった苗の様子です。

2003_20200312124403

*Lithops otzeniana 'Cesky Granat', 2015年実生

まず最初は、紫色の大津絵キスキーグラナットの分頭。

この色が魅力、少し華やになるだろう

2003_20200312124401

* L. terricolor ' peersii'、2015年実生

透明点が多数あるテリカラーの麗春玉、桃色は結構目立ちます。

桃園に少しでも近づくといいな

2003geelcopcocolog

* L. hallii Geelkop, 2015年実生

この苗は巴里玉です。ブルーの窓とはどんな色?と蒔いたもの。

網目、褐色の巴里玉とは違った青紫色の大きな窓、こんなタイプもありかな。

2003_20200312124402

こちらは福来玉系の菊章玉。今回初めて四頭立てになります。

扇型の明瞭な線刻が、ますます目立ってくるだろう。

2003_20200312124301

* Dinteranthus vanzylii 、2012年実生

最後はディンテランタス バンジリー・・・この鉢では全て分頭してきました。

大きい苗なので、ますます白さが目立ちます。

以上

分頭して、更に特長がアピールされるであろう苗の報告でした。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ディンテ幻玉の蒴果、充実中です

昨年末は満開中だったディンテランタス 幻玉三苗、現在そろって結実し、脱皮中です。

2003cocolog_20200305190401

*Dinteranthus wilmotianus, 2012年実生

脱皮の様子、リトープスとは違って、独特の表情がありますね~

2003-cocolog_20200305190401

一番花の蒴果は紫褐色になって、盛り上がっています。

ところで、

ディンテランタスの幼苗は小さすぎて、管理がしんどかったので止めていたのですが・・・自家採種できれば再度実生かな~

かなり種子がありそうなので播ききれないし、これから7、8年待たなければ・・・

その際は、よろしく

追記 :蒴果も描かれていた幻玉の南アフリカ切手(1988年発行)です。

Rsa35

😃 ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

吉報!の美梨玉、黄巴里玉、稜耀玉

静かに脱皮進行中のリトープスとディンテランタスの吉報です。

緑一色だった美梨玉の割れ目を覗くと、分頭してました!

実生六年を経ても咲かず、少しづつ大きくなるだけでしたので、大変化!

2002-cocolog_20200214085102

* Lithops viridis SH388, 2014年実生

この黄巴里玉(グリーンソープ ストーン)二玉は七年間、花は見たことなし

それが揃って分頭! 

2002-cocolog_20200214085101

*L. hallii 'Green Soapstone' C11A, 2013年実生

さらに実生八年の稜耀玉も、鉢内四頭中三頭が同じように分頭していました

リトより脱皮は上手、身割れせずに世代交代する予定

2002-cocolog_20200214085201

*Dinteranthus vanzylii , 2012年実生

ということで

花が咲かないメセン達、数でアピールすることになりました😃

*美梨玉の前回記事(一昨年七月)は、こちら

*黄巴里玉(昨年六月)の前回記事は、こちら

*稜耀玉の前回記事(今年1月)は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ディンテランタス稜耀玉 割れ目の奥に希望あり

今日は久しぶりのメセンの水やり時に気が付いたこと

一月前ヒヨドリに突っつかれた稜耀玉の割れ目に何やら見えます

2001cocolog_20200115175401

*Dinteranthus vanzylii , 2012年実生

・・・小さな蕾のようです。これから伸びる?・・・残念ながら生長できずに萎れた蕾だと思います

さらに、新葉に囲まれています・・・新葉の真ん中に蕾だとすると・・・、更に目を凝らすと分頭!

2001-cocolog

ということで

災難にあって傷つき、しかも一花咲かすことできなかった苗・・・脱皮で心機一転、初の二頭立てとなる予定です😃

めでたし、めでたし

*リンク先は関連記事です。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

幻玉の表面を新カメラで見る 

趣味のサボタニ写真を更に深めたいと思い、カメラを新調。

といってもコンデジ! 顕微鏡モードでミクロの世界を覗きたいためです。

早速、開花中のディンテランタス幻玉へ

1912-cocolog_20191224163901

花終盤の雄しべ、雌しべ、この空気感がたまりません。

ブルーの斑点のある表面に近寄って接写。

1912-cocolog_20191224163801

多角形で覆われた表面と穴、少し盛り上がった斑点部分、滑らかなキール部分など、微細な仕組みが新鮮!

以上

極ありふれたサボタニ栽培しかしていませんが、

これからは気が付かなかったミクロの世界、その深みを楽しみたいと思う。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

メセンの鳥害です!

ディンテランタス 幻玉が、午後の日を浴びて三輪満開中です😃 

1912_20191220190601

*Dinteranthus wilmotianus near Augrabies Falls blue spots, 2012年実生

気分良く隣の同期、稜耀玉を見ると・・・上部が突っつかれた痕!

ヒヨドリのいたずらと直ぐ判った😠

1912_20191220190501

* Dinteranthus vanzylii Poortsberg ivory rocklike top,red lines、2012年実生

棚上のリトープスは・・・赤花朝貢玉も啄まれていた😠

1912_20191220190502

* Lithops verruculosa Rose of Texas great pink flowers、2012年実生

そういえば・・・紫大津絵の窓の穴(三か所)も、ヨトウムシではなくヒヨドリが犯人ということに!

1912_20191220190401

* L. otzeniana Czesky Granat pink-red form, dark pink body、2014年実生

早速、100均ネットで防御しました

去年は紅大内玉・・・初花を待っている貴重種を狙ってくるとは質が悪い💢

目を惹くんだろうか

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

青磁玉と幻玉の黄、白、赤、緑、そしてベージュ色

先月初花や初蕾となったリトープス青磁玉とディンテランタス幻玉の色合いに感心😃

1912_20191209201902

一番花は既に赤褐色の花殻!、中央には緑色の蒴果(さっか)😃 

緑、赤、黄、白、色々あって爽やかさ満載です。

1912_20191209201901

ベージュのディンテランタス幻玉はブルーの斑点、オレンジのキールと小さな黄花。

どっしりした姿、落ち着いた色合いです😃

以上

印象に残ったメセンの色合いでした。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

ディンテランタス幻玉 全てに蕾

花盛りのリトープスにつられてか、ディンテランタスの幻玉にも蕾が見えてきました😃

1911_20191124172201
* Dinteranthus wilmotianus、2012年実生

来月には黄花😃 

開花株となって、一区切りとなります。

*幻玉の前回記事(今年3月、脱皮中)は、こちら

☁ご訪問、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村へ

 

リトープスには厳しい夏、でも元気な姿も

やっと梅雨明けし、日差しが戻りましたが、一転厳しい暑さ。

そんな異常気象なので、日照不足のリトープスはバテ気味。特に、実生1年の苗は、旧皮だけとなってしまったものが多数。 

そんな様子を載せても後の祭りなので、元気なリトの姿を。

1907olivacea

* Lithops olivacea  SB1998

実生5年になるオリーブ玉は縮んで、窓だけ出している姿です。

褐色気味の窓もありますが、秋には全て緑色になる予定。

1907_20190730185501

* Lithops ruschiorum

こちらは久しぶりに登場。実生6年の留蝶玉です。

分頭している小苗も、縮む、皺が寄るということも無く、脱皮直後の様子を維持しています。

1907vanzylii

* Dinteranthus vanzylii 

こちらは、実生7年のディンテランタス バンジリィ(稜耀玉)。

前回、脱皮中の面白い姿を報告しました。三か月経つと、旧皮は吸収され、かなりのボリュウムの感でてきました。

以上

夜も蒸し暑い日で体力消耗しますが、あと一月。このままで。

*オリーブ玉の前回記事(今年3月、脱皮後のイキイキ姿)は、こちら

*留蝶玉の前回記事(昨年1月の脱皮中の姿)は、こちら

*稜耀玉の前回記事(4か月前の脱皮中の姿)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ