サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

柴褐色に萎れだしたケイリドプシス翔鳳

開花から一月後、ケイリドプシス ペキュリアリス(翔鳳)の花は結実中? 

そして大きな葉は柴褐色に変色、今が一番良い色合いですが、シナシナ状態になっています。

2105cocolog

そろそろと、夏越し準備に入っています。

奥の多肉はプレイオスピロス ボルシー(鳳卵)。こちらも旧葉が萎れだしています。

三か月前に発生した新葉は、もうドーンと真ん中、当主ずら。

2105_20210503211501

翔鳳の昨秋の実生苗は、充実した夏葉のみになっています。

こちらも、そろそろ表皮が萎れだし、夏眠体制に入ります。

以上、 5月初旬の様子でした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

プレイオスピロス ボルシー 今度は中央に出てきた

プレイオスピロス ボルシー(Pleiospilos bolusii  鳳卵)の新葉から、新たな芽が見え出してきました。

2102_20210213183401

実生2年半程度の若い苗なのに・・・花芽?(見たことありませんが)

一方、先に脇から出てきた小さな芽、僅かに生長。

2102_20210213183402

初夏までにどんな形になるのか? 初めて実生なので、読めません

☀ご訪問有難うございました。

紫帝玉の実生、紫の小玉です

窓際でのメセンの実生、経過報告です。

プレイオスピロス 紫帝玉P(leiospilos nelii 'Royal Flush')の実生は、そろそろ2か月目。

本葉が見え始めてから半月、濃紫の小玉となってきました。

2101_20210128183901

大きさにバラツキ有りますが、これからの楽しみです。

* 紫帝玉一月目、前回記事(本葉見え出す)は、こちら

*クリックで拡大します

☔ご訪問どうもありがとうございました。

 

プレイオスピロス ボルシー 何が出てきた?

昨秋からプレイオスピロス ボルシー(Pleiospilos bolusii、鳳卵)は、ゴツゴツした新葉を順調に伸ばしています。

それが、実生2年を過ぎて雰囲気様変わり、可愛いから厳ついに変身中なんです。

2101_20210125152502

しかも最近、隙間から新たな葉が見え出しました。

2101_20210125152501

もう脇芽?

調子良いのは良いんだけれど・・・また変身?

最後は、この冬、初めて真っ白になった富士山です。これは癒されます。

2101_20210125171301

*ボルシー(和名 鳳卵)の前回記事(昨年11月)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問どうもありがとうございました。

 

長い開花期間のディンテランサス 幻玉他

先月中旬、遅れて開花したディンテランサス 幻玉は、いまだに午後になると蕾が開きだしています。

痛んだ花びらですが、これでも暗くなると閉じてきます。

稜耀玉もリトープスに比べて開花期間が長かったので、ディンテの性質かも知れない。

2101_20210115212301

また、暖かかった日が続いた影響で、プレイオスピロス コンパクタスの花も開きだしました。

といっても、こちらも時期的に終盤で、乱れた花びらとなっています。

2101_20210115212302

ということで

昨日は清々しい一番花、今日は長生きな花の様子でした。

☀ご訪問どうもありがとうございました。

実生経過報告:紫帝玉と翔鳳

きょうは風も無く暖かい! 数日間玄関に取り込んでいた実生苗達に日光浴。

2101_20210113110001

自家採種由来のケイリドプシス ペクリアリス(Cheiridopsis peculiaris, 翔鳳)は実生三か月。植替え後一月経過し、本葉に張りが戻ってきました。

今が一番イキイキしている時期・・・そろそろ双葉の萎れかな。

2101_20210113110101

こちらはヤフオク由来のプレイオスピロス属紫帝玉、実生一月経過。

室内窓際、ガラス越しに直射日光を当て始めてたら、双葉が少し赤味・・・そして紫色の本葉が見え出しました。

わかりやすいな~

以上

先は長く、気長に。

☀ ご訪問どうもありがとうございました

プレイオスピロス紫帝玉の実生10日目

師走だけれど、急遽、プレイオスピロス紫帝玉の実生を始めました。

発芽は三四日で始まり、10日目の今日全て出そろいました(但し1個は糸状菌が発生したので処分)。

2012_20201212172901

夜だけ玄関に取り入れるだけなんですが、生長早そうです。

一つ一つ確認すると、子葉が赤いのがありました(白矢印)。

遅れて発芽しているし、どうなるかな~

以上

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

リトープスの花粉を食べるハナアブ達

リトープスの花に三種のハナアブが訪れていましたので、その表情を。

琥珀玉、オリーブ玉とプレイオスピロス カヌスの花にはホソヒラタアブです。

2011_20201128142901

2011_20201128142801

 

2011_20201128143001

そして夕方、カヌスの花はフタホシヒラタアブが独り占め。

羽を閉じて、じっくり食事していました。

20114_20201128172701

オリーブ玉と白薫玉にも・・・フタホシと腹部の模様と色が違うハナアブが訪問

2011_20201128142802

2011_20201128142902

以上、無風快晴、暖かい今日の微笑ましい光景でした。

*画像はクリックで拡大します

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

帝玉、紫帝玉や鳳卵など、堅そうな新芽

新芽が発生中、あるいは開花中のプレイオスピロス四種の現況です。

2011_20201123195601

*帝玉(Pleiospilos nelii )と紫帝玉(P.nelii `Royal Flush')

この三月Webシャボテン誌より帝玉と紫帝玉を購入しました(初デビュー)。

夏越しと植替えをクリアー。一回り大きくなって新芽が見えました。ツヤツヤで順調そうです。

2011_20201123195602

*P.bolusii, 2018年実生 奥の花びらはカヌス

大きな1対の葉だけのボルシー(鳳卵)は実生二年、大きくなりました。もう他を圧するほどの貫禄!

ゴツゴツした堅そうな新芽がでています。

2011_20201123195603

* P.compactus ssp canus, 2017年実生 

実生三年経過したカヌスは夕方になると大輪花。花付は良く、しかも脇芽の発生も活発で、群生株になるようだ。

葉色は緑色、日照不足ゆえか、カタログ表記の赤褐色とはなっていないのが残念。

以上

なんだかんだで増えたプレイオスピロスの元気な姿です。

*画像はクリックで拡大します

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

プレイオスピロス カヌス、花に誘われた!

葉物メセンのプレイオスピロス コンパクタス カヌスが開花してきました。

2011_20201110105902

* Pleiospilos compactus ssp canus, 2017年実生

普通に大きい黄花なんですが、順調に咲いてくれたことが(^^♪

実生三年で二輪目かな・・・

今朝、隣の蕾を見たらガ~ン

2011_20201110105901

齧られて孔!・・・あれ?、横たわっているのはヨトウムシ!

黄色い花ビラで満腹、そのまま眠っている!

即退場してもらった。

油断ならないな~

*画像はクリックで拡大します。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ