サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

”鮎壺の滝”で、ハートマーク岩

マニアックな地元ネタ。今朝は伊豆半島ジオパークの一サイト”稲荷神社”境内での清掃ボランティア。アラカシの実がずっしりと重く、ヘトヘトになった。

午後、鮎壺の滝へ散歩。滝直下の大岩の表情がいつもと違っていた。

2311

そう、岩にハートマークが浮き出ていました!

2311_20231123171701

普段、午前中に出かけているので全く気が付かなかった。写真を見直すと、うっすらと痕跡を確認。

23111122

傍の斜面では、紅葉のハート。記念に一枚撮った。

2311_20231123165601

ということで、そこに愛があった愛壺の滝、一歩近づいた。

*鮎壺の滝のハートマーク(植物編)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

”鮎壺の滝”の水生昆虫について

伊豆半島ジオパークの一サイト、”鮎壺の滝”の水生昆虫について。

春先、セグロセキレイが滝上の河原で、トビケラやカワゲラ等の川虫を啄み、雛の餌として巣に帰るところを目撃しました。

それならばと、川沿いの遊歩道を散歩の際、成虫がいるか注意していて、現在六種ほど確認してます。

その代表例をご紹介。

2309_20230915184101

これはシロタニガワカゲロウ亜成虫の雌。赤いゴーグル眼を初めて確認。

2309_20230915191501

こちらはシロタニガワカゲロウ、雄成虫。白目に周囲の赤褐色のリングを確認。

2309_20230915184601

こちらは、チラカゲロウの亜成虫。結構大きく、面妖な頭部にギョッとしました。

2309_20230915184901

蛾と紛う様に飛び、アラカシの樹に止まった姿が、分かりずらかったヒゲナガカワトビケラ。触角が結構長いです。

以上、この夏、滝付近の草地で目撃した水生昆虫の現況です。

*画像はクリックで拡大します。

*セグロセキレイとフタツメカワゲラの記事(今年5月)は、こちら

*ご訪問ありがとうございました。

”鮎壺の滝”の中州、1年後

昨年八月の豪雨以来、滝壺では丸石が溜まり、小さな中州が形成されていました。

その中州(黄、赤矢印の間)が、やっと消失しました。

2307_20230727111201

その間、小さくなったり、大きくなったりしてきましたが、六月三日の豪雨(水位4m以上)で底石が動いた影響かも。

現在の水位は-35cm(下流の観測所)、中央大岩の下部も以前と同じ姿になり、ホッとしています。

そして、今朝は藍壺。

*中洲形成時(昨年八月三日)の様子は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

鮎壺の滝と国際宇宙ステーション(2)

マニアックな地元ネタ。伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”と国際宇宙ステーション(ISS)のコラボ写真を試行錯誤中。

今週初め、方角、天候、時間帯も良好のようなので出かけた。

ところが、事前確認したカメラ位置を変更したため、肝心の滝が写らなかった失敗をしてしまった。

2212_20221207115901

・・・見直すと、光跡が滝涯の一本松と富士山とのセットになっていたのが救い。

これが事前にイメージできるようにしなければと反省。

一方、光跡をたどると、ミステリアスな写真となっていた。偶然、面白いな~

*”鮎壺の滝”と国際宇宙ステーションの前回記事は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

文化祭に”鮎壺の滝の恵み”を報告

マニアックな地元ネタ。

コロナ禍の二年間、”鮎壺の滝”への散歩中に撮りためていた動植物写真を、地元の文化祭でパネル展示しました。

地元人でも、富士山と三島溶岩流の滝姿、1万年前からの絵葉書的風景をサッと眺めて終わりですが・・・

そこに自生する植物や訪れる野鳥も知ると、イキイキしたジオサイトの滝景色となるのではないかな~と思って報告。

といっても、街中のジオサイトゆえ、固有種は皆無ですが、野鳥は渡り鳥、小鳥など50数種を確認できました。

2211_20221116192802

上写真は滝直下の岩、小魚を捕らえたカワセミ。小魚もいるんだ、清流なんだな~

こちらは、河原の溶岩床の水たまりで、水浴びするイソシギ。 頬が緩むな~

2211_20221116192801

というような、大きな景色の中に、溶け込んでしまいがちな生姿を例示しました。

なお現在、滝傍では公園工事や護岸工事が進行中のため、野鳥には厳しい環境になっています。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

”鮎壺の滝”の中州形成

マニアックな地元ネタ。最近、伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”の河原の様子に変化がみられています。

20センチ程度の河原石が積み重なった中州が、滝壺にある矢穴石(黄丸)に向かって伸びだしています(写真上は今日、下は今年2月14日の様子)。

2208_20220803144801

考えられることは、① 昨年7月3日の豪雨により滝壺の大岩が動いたことと、②今年から始めている滝上の護岸工事で、河床の石が不安定になっていたこと、③ 先月19日の増水で流れた小石が堆積したことなど。

何しろ、このような状態は、初めてのことで驚いています。

参考までに、下は昨年2月14日の様子(別角度)です。矢穴石(黄丸)付近は激流で、オオバンが駆けて渡っているところです。

2208_20220803144802

ともあれ、動いた石は再び流されるので、次の増水までの一時の姿かもしれない。

*ご訪問ありがとうございました。

*画像はクリックで拡大します。

沼津公園内の市営水族館のこと

マニアックな地元ネタです。なお、沼津港深海水族館のことではありません。

古いい沼津市商工観光課発行、市内名所旧蹟のパンフレット「沼津」に記載されていた市営水族館のことです。

Photo_20220514200801

この水族館については情報が少ないため、建物入口写真を貼付しました。

Photo_20220514200802

説明文によると、数十種類の魚や大海亀が六角水槽やレクレーションプール内で遊泳していたようです。展望台、プール、児童遊戯施設等も設備されていたとのこと。

入場料小人10円、大人20円・・・懐かしいな~

ところで、この水族館については情報少なく、この冊子は一体いつ頃の発行されたんだろうか・・・

民衆駅の沼津新駅舎は昭和28年3月竣工、市公会堂の竣工は昭和28年7月、市立病院新築は昭和30年7月、名所”藍壺の滝”(現在は鮎壺の滝)の中州、松の樹冠は昭和30年頃の絵葉書(新三島八景 藍壺の滝)と合致。

Photo_20220514200803

さらに、同じ発行所の冊子”ぬまづ”(昭和29年3月印刷)とほぼ同じ表現で名所を説明しており、その近い頃に発行されたものと推察しました。

ということで、

地元名所の昭和レトロの姿の紹介でした。

*各リンク先は、関連するブログ記事です

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

鮎壺の滝で、国際宇宙ステーションを撮る (第一歩)

マニアックな地元ネタでの夢。

上空400km以上で地球を回っている国際宇宙ステーションISSとのコラボ・・・伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”と宇宙ステーションの光跡を撮りたいと思っています。

街灯や月に照らされる夜の滝も良いかと思うんですが(それすら写真は全く見たこともありません)・・・

それならば、一石二鳥。#きぼうをみようという試み・・・俯角視線の地元名所から宇宙への仰角視線に広げるということ。

なお、滝上空を飛ぶ”きぼう”を眺めることは、タイミングさえ合えば可能ですが、方向と仰角、時間帯など合わなければ一枚に収めることができません。

ということで、天候も含めた撮影タイミングは直接的な問題、ついで努力が必要な撮影技術、それらを支える根気と熱意か肝心かな

2_20220505105901

今回の写真は、その第一歩です(誕生日、2022年2月5日18時43分頃)

・・・上手くゆけば、流星群とのコラボしたい・・・絵でも良いかも 

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

ヒトツバタゴの並木 満開!

新幹線三島駅近くの”池田ひいらぎ通り”の街路樹が、雪を被ったような状態になってきました。

Photo_20220501101402

モクセイ科落葉広葉樹ヒトツバタゴ(Chinonanthus retusus)、別名ナンジャモンジャノキと言われ、絶滅が危惧されるほど少ないようです

数年前の開通時に植えられた60本ほどが、目に留まるようになりました(地元人もビックリの穴場)。

Photo_20220501101401

総状花序の細い花びらはの見ごろは1週間ほどしかないようです

雪を被った富士山とのツーショット あるいは

人気ハンバーグ店”さわやか”で食事しながら、眺めるのもいいかもしれない

更に、予約待ちの間、近くの伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”に寄って行くのも良いかも

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

大雨で”鮎壺の滝”のシンボル岩が落下

伊豆半島ジオパーク””鮎壺の滝”のマニアックな地元の話題です。

梅雨前線停滞に伴う7月3日の大雨で黄瀬川は増水し、避難指示が発令されました。 沼津市では住宅の流失、黄瀬川大橋の橋脚が落下被害。熱海市伊豆山では大規模土石流が発生しました。

1週間後、”鮎壺の滝”は依然として普段より水量が多いのですが、岩が東側に集まり川筋が変化。滝上では、溶岩が剥がれ落ちていました。

今回は、個人的に注目していた滝涯上の溶岩が、半分に割れて落下しまった話題。

Cocoog

*滝横から左(20/8/4)、大雨後は右(21/7/11)

上の写真は、滝横から眺めた景色、大雨前後の様子。 黄丸印の稠密な岩が、ひび割れに沿って落下しました!

Photo_20210712192901

鮎壺の滝の絵はがき(「伊豆三島 富士見の瀧」 明治43年11月28日押印実逓便)

この絵葉書は、同じ場所からの110年前の姿。この三角形に張り出した岩が目立っています

Photo_20210712192702

これは滝下から仰ぎ見、張り出している姿を撮ったもの(2018年3月)

Photo_20210712195001

そして現在、真正面からの姿です。黄褐色部分の剥がれた跡が痛々しいです。

この無残な割れ口が滑らかになるのは何十年、何百年後?

ということで

大岩も動いた大雨被害の様子を、これからも報告したい。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ