サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

鮎壺の滝に野鳥ビンズイ

伊豆半島ジオパークの鮎壺の滝に訪れる野鳥シリーズ、マニアックな地元ネタになります。

黄瀬川東側の草地で、採食中のビンズイの群れと遭遇しました。

2_20210219091601

白い眉紋のツグミのように見えましたが、背中側が緑褐色。

2_20210219091602

セキレイ科タヒバリ属のビンズイでした。

以上、ほん僅かな土手沿いの放置場所でも、野鳥を観察できたという幸運な話題です。

*画像はクリックで拡大します。

*鮎壺の滝と野鳥の前回記事(イソヒヨドリの雌)は、こちら

*ご訪問ありがとうございました。

鮎壺の滝にイソヒヨドリの雌

伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”でのマニアックな話題です。

オオバン、カワガラス、カワウ、イワツバメ等、滝周辺に集まる野鳥シリーズの一環、きょう遭遇した黒い野鳥について。

Dsc_0941-2

ムクドリより一回り小さく、全身真っ黒・・・

よくみると、首から腹にかけて白い斑点模様、背中側はうろこ模様。目の周りが白い。羽は青黒い照り。

Dsc_0942-2

ホシムクドリとは雰囲気微妙に違うしな~といろいろ・・・ツグミ科のイソヒヨドリのメスということに。

オスは、先日見かけたことがあったので、この辺りに来ても不思議ではない。

それにしても、この黒さ! 驚きました。一方、鳥は意外に警戒心少なく、それなりに撮れました。

以上

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

”鮎壺の滝” 冬の河原でキタテハ

暖かく、日中二十度近くになった今週日曜日。 何時も通り鮎壺の滝を散策中、蝶二匹が舞っていました。

一瞬、何事かと混乱しましたが・・・クズの枝にとまった姿、色鮮やかでした!

1_20210211065001

羽先が傷んでいたキタテハでした・・・成虫越冬する蝶で、冬の時期に見かけるのは大変珍しいとのこと。

調べていくと、なんと食草はカナムグラ・・・遊歩道のフェンスに絡みつく雑草でした。

ススキやクズ、イタドリ等と共に、秋の草刈り対象・・・この出会いで、厄介ものだけではなかったと知りました。

Photo_20210211064901

*画像はクリックで拡大します。

☀ご訪問、ありがとうございました。

 

カワガラス、鮎壺の滝で巣作り

昨日はオオバン、きょうは伊豆半島ジオパーク・鮎壺の滝とカワガラスです。

数年前から、潜って餌を捕る姿を見かけていたのですが・・・今季初めて岩伝いに飛び交う姿を目撃しました。

Photo_20210204195701

黒褐色で目立たないカワガラスですが、河原で何かをくわえていました・・・拡大してみると、葉っぱ!

何のため? すると、滝傍の岩に止まった後、すーっと裏側へ・・・そう、滝裏側の岩場で巣作りの最中でした。

もう繁殖期に入っているようです。

根気よく待って、滝を横切るシーンを撮りました。

Jpg

もっと近寄りたかったんですが、現在、遊歩道より下は立ち入り禁止。望遠で精一杯。

ともあれ、鮎壺の滝には、こんな鳥もいますという貴重なショットとなりました。

*画像はクリックで拡大します。

☀ご訪問どうもありがとうございました。

鮎壺の滝の調査資料をまとめた

どんよりした曇り空。サボテンや多肉の世話はできず、伊豆半島ジオサイトの”鮎壺の滝”関連で調べていたことを小冊子にまとめました。

一つは絵はがき関連。

ヤフオクで絵はがき「鮎壺瀧の冨士」(鍋井克之、油彩画、昭和11年)を最近入手し、ジオサイトの文化的側面を補強する貴重な情報となりました。そこで、今まで収集していた明治からの34点をパワーポイントで整理し直しました。

2101_20210124193301

二つ目は、昨年夏から始めていたジオサイト(鮎壺の滝や割狐塚稲荷神社ほか)の植物や動物相調査関連。 冬バージョンを追加し、一冊にまとめました。

河川、溶岩、湧水などのジオと共に生きる生物相を写真に記録しましたので、観光ガイドや自然観察会、遊びにも役立つという気がします。

これで、ジオサイトの古地図調査の冊子と合わせて三部作となりました。

ま~誰も行っていなかったことを、興味の赴くままコツコツと記録し、まとめたので清々しい気分だった(自己満足です)。

2101cocolog_20210124193101

・・・夕方の散歩で、カワセミに遭遇したのも吉兆であった。

☁ご訪問どうもありがとうございました。

門池の冬鳥

散歩コースの門池で撮った冬の水鳥の様子です。

カワセミやカンムリカイツブリに遭遇し、コサギの捕食行動など眺め、ぶらぶら。

2101_20210117172801

途中、昔はカワセミたくさん見かけたんですがね~と話しかけられましたが、50mほど歩くと、まさにカワセミ二匹!

警戒して頻繁に移動、偶にダイビングしたリしていました。

2101_20210117172802

カワウと同様に潜水しては浮き上がるカンムリカイツブリ。冠羽が良いですね~

2101_20210117172804

桟橋附近の浅瀬にはコサギが餌を狙っていました。片脚を置く前に、小刻みに数回前後に動かしながら歩くんですね。

なるほどね!小魚が驚いて動く瞬間に啄むんです。写真は餌を捉えた瞬間です(嘴先に小魚います)。

2101_20210117172806

ダイサギは用水入口の定位置、小魚狙っていました。

2101_20210117172805

留鳥のオオバンは餌やりの人を見つけるとすぐ群集。

頭が赤褐色のホシハジロ、一匹でも目立ちます。

2101_20210117172803

コガモは番で行動中。

以上

きょうは、散歩コースの農業用水池の水鳥に注目しました。

*画像はクリックで拡大します。

☁ご訪問どうもありがとうございました。

見上げると高圧鉄塔網

マニアックな地元ネタです。当地は子育て家族に優しい支援もあり、静岡県内で暮らしやすい街No1として知られております。

その他の魅力は?と散策していると、主要道沿いに高圧鉄塔が多く並んでいることに気が付きました。

グーグルアースで俯瞰し、鉄塔をピン止めすると合計61本!ありました。 紅白鉄塔は2本(田方線10号は高さ98m)。

2101_20210110100501

画像は町の俯瞰図、銀色鉄塔は黄、紅白鉄塔は赤、隣接する市の鉄塔は緑です。

鉄塔は三島駅(下)附近には無く、近年開発が進んでいる大型スーパーマーケット附近に集中していました。

そうか、景観を邪魔する高圧送電網・・・見方を変えれば、アバタもエクボ。

富士山写真に人工物が写ると邪魔という面と、それが今を写している貴重な鏡という見方も。

鉄塔一本一本の作りは異なり、その機能的な姿も魅力的に見えます(電線は相変わらず邪魔ですが)

21016

*田方線6号鉄塔(高さ86m)と富士山、右下は県立がんセンター

ということで

冒頭の魅力度No1の当地、これも別の魅力として加われば良いな~と頭に浮かんだ。

*クリックで拡大します。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

カワウが黄瀬川の魚を捕まえた

マニアックな地元ネタです。

今月初めに、芦湖水利組合主催の深良用水通水350周年記念展示会に出かけました。下は記念のダムカード。

Photo_20201230133701

芦湖水神社のある当地・下郷は、この用水の恩恵を受けており、街中に20数個の堰が散在しております。

先人の苦労を理解したあと、黄瀬川の水窪大堰に立ち寄りました。

2012_20201230132401

ここが下郷地区の用水の取水口と確認していると・・・中洲にカワウ!その数40羽!

2012_20201230132301

大食漢のカワウの腹を満たすほど、溶岩ごろごろの川に魚がたくさんいるんだ!

ところで、

下流、鮎壺の滝附近にも1,2羽。潜るカワウは、何時も空振りだったんですが・・・

先日、小魚を捕まえた瞬間を撮りました! 先取りされたアオサギが悔しそうでした(後ろにいるんですが拡大で外れました)

Photo_20201230130601

吊り橋からは太った鯉しか見ることできませんが、確かに子魚はいるんだと実感した次第です。

*クリックで拡大します。

☔☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

木星と土星の大接近を撮ろうとしてます

明日夕方は木星と土星が超大接近! 約397年前以来、次は60年後というからには、記録しておこうと・・・

今年初めに購入したミラーレスデジタル高級一眼で撮ることを試みた。

天体写真の撮り方を付け焼刃で調べ、三脚を使い、マニュアルモードでISOも決めてシャッターを押したが・・・

どうも、カメラが勝手に自動調整しているようで(有り過ぎる!カメラ機能を理解していないので)・・・思い通りにゆかず、苦戦!

Dsc_0627-2

とりあえず、見た目大接近している一枚です。上は土星、下は木星です

明日は18時から会議なので、これがベストショットでしょう。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

富士山の雪化粧

きのうきょうと西風が強く、一段と寒く感じられてきました。

冠雪の少なかった富士山は東側(御殿場側)のみ白く雪化粧しています。

2012_20201216181301

初めて見たような、偏ったコントラスト・・・西風が強いためのようです。

中腹の噴火口は宝永火口。1707年(宝永4年)のきょう12月16日に大噴火しました。

普段は、スコリア(黒い富士砂)に降り積もる雪で火口の様子が良く見えるのですが

・・・霊峰のチョットした姿も気になります。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

 

より以前の記事一覧

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ