サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

門池の冬鳥

散歩コースの門池で撮った冬の水鳥の様子です。

カワセミやカンムリカイツブリに遭遇し、コサギの捕食行動など眺め、ぶらぶら。

2101_20210117172801

途中、昔はカワセミたくさん見かけたんですがね~と話しかけられましたが、50mほど歩くと、まさにカワセミ二匹!

警戒して頻繁に移動、偶にダイビングしたリしていました。

2101_20210117172802

カワウと同様に潜水しては浮き上がるカンムリカイツブリ。冠羽が良いですね~

2101_20210117172804

桟橋附近の浅瀬にはコサギが餌を狙っていました。片脚を置く前に、小刻みに数回前後に動かしながら歩くんですね。

なるほどね!小魚が驚いて動く瞬間に啄むんです。写真は餌を捉えた瞬間です(嘴先に小魚います)。

2101_20210117172806

ダイサギは用水入口の定位置、小魚狙っていました。

2101_20210117172805

留鳥のオオバンは餌やりの人を見つけるとすぐ群集。

頭が赤褐色のホシハジロ、一匹でも目立ちます。

2101_20210117172803

コガモは番で行動中。

以上

きょうは、散歩コースの農業用水池の水鳥に注目しました。

*画像はクリックで拡大します。

☁ご訪問どうもありがとうございました。

見上げると高圧鉄塔網

マニアックな地元ネタです。当地は子育て家族に優しい支援もあり、静岡県内で暮らしやすい街No1として知られております。

その他の魅力は?と散策していると、主要道沿いに高圧鉄塔が多く並んでいることに気が付きました。

グーグルアースで俯瞰し、鉄塔をピン止めすると合計61本!ありました。 紅白鉄塔は2本(田方線10号は高さ98m)。

2101_20210110100501

画像は町の俯瞰図、銀色鉄塔は黄、紅白鉄塔は赤、隣接する市の鉄塔は緑です。

鉄塔は三島駅(下)附近には無く、近年開発が進んでいる大型スーパーマーケット附近に集中していました。

そうか、景観を邪魔する高圧送電網・・・見方を変えれば、アバタもエクボ。

富士山写真に人工物が写ると邪魔という面と、それが今を写している貴重な鏡という見方も。

鉄塔一本一本の作りは異なり、その機能的な姿も魅力的に見えます(電線は相変わらず邪魔ですが)

21016

*田方線6号鉄塔(高さ86m)と富士山、右下は県立がんセンター

ということで

冒頭の魅力度No1の当地、これも別の魅力として加われば良いな~と頭に浮かんだ。

*クリックで拡大します。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

謹賀新年 富士山と越冬ツバメ

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします

のんびりと正月を過ごしております

2101cocolog

黄瀬川河原で越冬ツバメが多数飛来していました

2101cocolog_20210102185301

垣根越しに仰いだ近所のロウバイ、初春の雰囲気

2101cocolog_20210102185302

庭の千両や万両には赤い実、今年は餌が豊富なのかヒヨドリ被害なし(リト紅大内玉は結構いたずらされているのでネットでブロックしています)

2101manyadingcocolog

リトープスの棚も静か 日輪玉も脱皮準備中です

以上

コロナ感染拡大の終息 家族安寧を願い 近くの神社に初詣に行きました

*クリックで拡大します。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ</p

カワウが黄瀬川の魚を捕まえた

マニアックな地元ネタです。

今月初めに、芦湖水利組合主催の深良用水通水350周年記念展示会に出かけました。下は記念のダムカード。

Photo_20201230133701

芦湖水神社のある当地・下郷は、この用水の恩恵を受けており、街中に20数個の堰が散在しております。

先人の苦労を理解したあと、黄瀬川の水窪大堰に立ち寄りました。

2012_20201230132401

ここが下郷地区の用水の取水口と確認していると・・・中洲にカワウ!その数40羽!

2012_20201230132301

大食漢のカワウの腹を満たすほど、溶岩ごろごろの川に魚がたくさんいるんだ!

ところで、

下流、鮎壺の滝附近にも1,2羽。潜るカワウは、何時も空振りだったんですが・・・

先日、小魚を捕まえた瞬間を撮りました! 先取りされたアオサギが悔しそうでした(後ろにいるんですが拡大で外れました)

Photo_20201230130601

吊り橋からは太った鯉しか見ることできませんが、確かに子魚はいるんだと実感した次第です。

*クリックで拡大します。

☔☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

木星と土星の大接近を撮ろうとしてます

明日夕方は木星と土星が超大接近! 約397年前以来、次は60年後というからには、記録しておこうと・・・

今年初めに購入したミラーレスデジタル高級一眼で撮ることを試みた。

天体写真の撮り方を付け焼刃で調べ、三脚を使い、マニュアルモードでISOも決めてシャッターを押したが・・・

どうも、カメラが勝手に自動調整しているようで(有り過ぎる!カメラ機能を理解していないので)・・・思い通りにゆかず、苦戦!

Dsc_0627-2

とりあえず、見た目大接近している一枚です。上は土星、下は木星です

明日は18時から会議なので、これがベストショットでしょう。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

富士山の雪化粧

きのうきょうと西風が強く、一段と寒く感じられてきました。

冠雪の少なかった富士山は東側(御殿場側)のみ白く雪化粧しています。

2012_20201216181301

初めて見たような、偏ったコントラスト・・・西風が強いためのようです。

中腹の噴火口は宝永火口。1707年(宝永4年)のきょう12月16日に大噴火しました。

普段は、スコリア(黒い富士砂)に降り積もる雪で火口の様子が良く見えるのですが

・・・霊峰のチョットした姿も気になります。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

 

昭和天皇巡行時の三島駅(現下土狩駅)駅舎のこと

マニアックな地元ネタです。

手元にある大正から昭和の初めの東海道線三島駅(現御殿場線・下土狩駅)の古い絵葉書(一部拡大)を見て調べたことです。

その時代の昭和5年6月3日(1930年)、昭和天皇は静岡県行幸時、三島駅を乗降したことが知られているので、駅舎の写真は?と・・・

8

 行幸第7日目は、午前10時沼津御用邸を出発し、15分に沼津駅から東海道線に乗り、25分に三島駅に着いている。三島神社参拝後、県立三島高等女学校、野戦重砲兵第2、第3連隊を視察し。正午に三島駅を出発し、午後2時55分東京駅着となっていた(#1)。

その行程を地図(昭和8年発行)上の赤線、視察場所は赤丸で示した。なお、現東海道線は開通していませんので、白抜き二重線になっています。

7

*2万5千分一地形図(三島、昭和8年5月30日発行、大日本帝国陸地測量部)。

肝心の駅舎は? 帰路、三島駅乗車時の写真(#2)に、出入り口が写っていました!

S_20201201133101

冒頭の絵葉書の写真と比べると入口の屋根の様式が異なっていた。 むしろ三島駅三十周年記念写真(昭和3年)と昭和40年代の下土狩駅写真(#3)の屋根とそっくりでした。

ということは、絵はがきの駅舎は、それ以前の古い建物ということでした。

そうか・・・明治の文豪は、絵はがきの駅舎を眺めながら伊豆へ出向いたという事かな~

#1; 静岡県行幸記念号、静岡県教育臨時号、静岡県教育委員会 宮崎寛、1931年より
#2; 静岡県行幸記念写真帖、静岡県教育会、1930年
#3; ながいずみクチコミガイド3、下土狩駅の歴史、ながいずみ観光交流協会

*画像はクリックで拡大します

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

牧堰橋の歴史秘話

  マニアックな地元ネタです。伊豆半島ジオサイト・鮎壺の滝の上流、沼津市大岡と長泉町を結ぶ、黄瀬川に架かる牧堰橋の一口秘話。

  • 話1.名称の元となった上流の牧堰築堰を1602年(慶長7)に命じた沼津藩主大久保忠佐は、天下のご意見番・彦左衛門の兄(牧堰・門池用水 沼津市明治資料館より)。
  • 秘話2. 江戸時代、橋は無く、牧堰矼(コウ)であった。「下土狩より小林に至る経路の飛石なり(駿河史料、文久元年(1861)より)」。露出している富士山溶岩伝いに通行していたということ。
  • 秘話3.牧堰橋の呼称は?   牧堰は、まきぜき(濁点あり)。それでは、まきせぎばし?まきせきばし? まきせきはし?・・・橋名板(沼津側左)には、まきせきはし。 濁りの無い川を願っています。
  • 秘話4.橋のどちらが出入り口?  橋名板が漢字で記名されている長泉側が入口(起点)。昭和59年3月架替。

2007_20200706111302

  • 秘話5 昭和37年代頃の基台が、三島市・宮さん川沿いの某店舗に保存(引取)されている。 ”ながいづみ 町勢要覧”(昭和37年、1962)の写真に基台(高さ1.5m,巾1m)が写っているものと同じ。銘板(後年複製)には、「牧堰橋 大正5年三月 池上 鈴木理吉」と記載されている。

S_20200706114801

  • 秘話6.これは牧堰橋の古い写真。この絵葉書(沼津名勝 黄瀬川ノ上流ヨリ望メル富士、明治40.4~大正7.3, 沼津大門堂発行)では、欄干の無い木橋であった。

S_20200705100801

以上

現在、氾濫危険個所でもあった長泉側上流に溜まった土砂・雑木の撤去作業が終了した。 また、下流堤防沿いの進桜進電機の移転が決まり、いよいよ付近の公園化が進行します。(写真は、今週の鮎壺の滝)

2007_20200706111301

* 画像はクリックで拡大します。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

雨の中、サボタニで遊ぶ

昨日今日と雨が続いて引きこもり状態ですが、サボタニは動いていた。

2006_20200614105701

軒下ロビのバッケンベルギーの可愛い丸花です。

本来、白いリングがスポットライトを浴びて光っている所ですが、健気に一輪。

2006_20200614105201

室内に取り込んでいたパキポ”恵比寿笑い”小苗(2017年実生)の鞘が、割れてきました。

湿気のため、種子の羽は展開せず・・・飛散防止ネットのほつれに焦点!邪魔でした

そして、先日落下した紫太陽の花殻を調べ直した。

2006_20200614105101

チュウブ状の先端には棘がついていたことが判明

なるほどね、他のエビサボなども表皮を溶かせば、こんな形になるんだと・・・当たり前のことで納得

以上

雨の日曜日のお遊びでした。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

今日の椅子、多様な形態

今日は祝日、好天ゆえ、久しぶりに門扉前の椅子。10か月振りだった!

直射日光OKのパキポディウム 恵比寿笑いを中心に、メロカクタス、リトープス、アルブカ、ロビビアです。

2004-cocolog_20200429151501

ケープバルブのアルブカ スピラリス フリズルシズル以外は実生苗。

アフリカや南米の植物、多様な形態を楽しんでもらいたいな~

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ