サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

牧堰橋の歴史秘話

  マニアックな地元ネタです。伊豆半島ジオサイト・鮎壺の滝の上流、沼津市大岡と長泉町を結ぶ、黄瀬川に架かる牧堰橋の一口秘話。

  • 話1.名称の元となった上流の牧堰築堰を1602年(慶長7)に命じた沼津藩主大久保忠佐は、天下のご意見番・彦左衛門の兄(牧堰・門池用水 沼津市明治資料館より)。
  • 秘話2. 江戸時代、橋は無く、牧堰矼(コウ)であった。「下土狩より小林に至る経路の飛石なり(駿河史料、文久元年(1861)より)」。露出している富士山溶岩伝いに通行していたということ。
  • 秘話3.牧堰橋の呼称は?   牧堰は、まきぜき(濁点あり)。それでは、まきせぎばし?まきせきばし? まきせきはし?・・・橋名板(沼津側左)には、まきせきはし。 濁りの無い川を願っています。
  • 秘話4.橋のどちらが出入り口?  橋名板が漢字で記名されている長泉側が入口(起点)。昭和59年3月架替。

2007_20200706111302

  • 秘話5 昭和37年代頃の基台が、三島市・宮さん川沿いの某店舗に保存(引取)されている。 ”ながいづみ 町勢要覧”(昭和37年、1962)の写真に基台(高さ1.5m,巾1m)が写っているものと同じ。銘板(後年複製)には、「牧堰橋 大正5年三月 池上 鈴木理吉」と記載されている。

S_20200706114801

  • 秘話6.これは牧堰橋の古い写真。この絵葉書(沼津名勝 黄瀬川ノ上流ヨリ望メル富士、明治40.4~大正7.3, 沼津大門堂発行)では、欄干の無い木橋であった。

S_20200705100801

以上

現在、氾濫危険個所でもあった長泉側上流に溜まった土砂・雑木の撤去作業が終了した。 また、下流堤防沿いの進桜進電機の移転が決まり、いよいよ付近の公園化が進行します。(写真は、今週の鮎壺の滝)

2007_20200706111301

* 画像はクリックで拡大します。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

雨の中、サボタニで遊ぶ

昨日今日と雨が続いて引きこもり状態ですが、サボタニは動いていた。

2006_20200614105701

軒下ロビのバッケンベルギーの可愛い丸花です。

本来、白いリングがスポットライトを浴びて光っている所ですが、健気に一輪。

2006_20200614105201

室内に取り込んでいたパキポ”恵比寿笑い”小苗(2017年実生)の鞘が、割れてきました。

湿気のため、種子の羽は展開せず・・・飛散防止ネットのほつれに焦点!邪魔でした

そして、先日落下した紫太陽の花殻を調べ直した。

2006_20200614105101

チュウブ状の先端には棘がついていたことが判明

なるほどね、他のエビサボなども表皮を溶かせば、こんな形になるんだと・・・当たり前のことで納得

以上

雨の日曜日のお遊びでした。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

今日の椅子、多様な形態

今日は祝日、好天ゆえ、久しぶりに門扉前の椅子。10か月振りだった!

直射日光OKのパキポディウム 恵比寿笑いを中心に、メロカクタス、リトープス、アルブカ、ロビビアです。

2004-cocolog_20200429151501

ケープバルブのアルブカ スピラリス フリズルシズル以外は実生苗。

アフリカや南米の植物、多様な形態を楽しんでもらいたいな~

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

アロエの緋色

道筋のキダチアロエが満開、メジロも訪れていました。

古壁のツタとも良い感じなので撮ってみました。

2001_20200121173201

ところで、アロエの緋色、スカーレットで良いんでしょうかね~

以上

昨日の硫黄を受けて、きょうも季節の花色の話題でした。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

箱根VCで硫黄色を確認

今日は快晴。箱根フリーパスを使ってガイド研修旅行へ。

といっても、のんびり観光です。

元箱根港から海賊船に乗って桃源台へ

2001_20200120191901

箱根ビジターセンターVCにて、箱根火山の成り立ちや生き物など学び・・・ここで、硫黄の塊と出会う。

うん、なかなかの色合い😃

2001_20200120192001

その後、ロープウェーで大涌谷へ。一昨日の雪とガスで真っ白になった谷と硫黄色。

海外の旅行者も熱心に撮っておられました。

2001_20200120192101

ということで、

サボの花色の原石確認、これが一番の収穫でした。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

アクツムとルブラです!

昨日の雪で箱根や丹那の山々は、この冬初めて白くなりました。

私はコタツでコノフィツムのアクツムとリトープス紅大内玉を鑑賞・・・

といっても、すぐ飽きてしまう。

2001cocolog_20200119142701

生き物の瑞々しさ、神秘さの不足・・・作りの稚拙もある(-_-;)

とはいっても、本物をじっくり見るし、粘土を捏ねるのでボケ防止にもなる。

・・・

ところで、明日は路線バスによる箱根探索です。大丈夫かな?

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

グレー招福玉 赤い果実となる

寒い朝、花後のリトープスのこと

地味なグレー招福玉の大きな苗、萼片が色艶良く赤く!

2020_20200104194901

* Lithops schwantesii   'grey' C250, 2014年実生

この苗は半月前、赤い花殻でも注目していました

こんな華があるとまだ楽しめます

付録

相模湾でのご来光です

2020_20200104194902

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

狐のお面で稲荷神社へ

いよいよ大晦日となりました。1年間どうもありがとうございました。

暖かい今日は手作りした狐のお面を持って、ガイド経験のある割狐塚稲荷神社へ出向きました。

この神社は伊豆半島ジオパークの一サイト、およそ一万年前富士山から流れ出た溶岩の塚の上に鎮座しています。

江戸時代、溶岩の割れ目から大きな狐が飛び出してきたという伝説もあります。

こだわりのお面は、怒り目、たれ目などに表情変化する可動式で、77本の鳥居も張り付けております。

1912_20191231122201

そして、溶岩の割れ目の小苗と、へたれ狐バッチです(黒い溶岩なので磁石にくっつきます)

1912_20191231122101

ということで

年寄りの手慰み。初詣、豆まき、カルタ大会、そしてガイド用のグッツでした。

それでは、皆さん良いお年を!

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

プレイオスピロス カヌスの蕾と脇芽

プレイオスピロス カヌスの蕾が順調に膨らんでくる一方、葉の間から新葉が伸びだす苗も出てきたので、その様子です。

二年前に実生した一株に蕾、形がはっきりしてきました。

1911_20191118170601

Pleiospilos compactus ssp canus , 2017年実生

1911compactus

一方、こちらの苗は花芽らしき中央部分の生長が停止。代わって葉の間、三か所から脇芽が出てきました(写真では二カ所)。

これって、もう群生状態になるということかな!

ところで、穏やかな昨日は、ご当地ブランド”四ッ溝柿”の収穫や渋抜き、干し柿体験のボランティア活動してきました。

1911_20191118170602

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

楽寿園の菊まつり

きょうは富士山宝永山火口まで真っ白、秋晴の好天気。近くの楽寿園内の郷土資料館まで散歩。

ここは旧小松宮別邸で、三島溶岩流上の樹林や名勝・小浜池、どうぶつふれあい広場、のりもの広場などもあって、市民のふれあいの場です。

1911_20191112155702

写真上は、楽寿館と小浜池(こはまいけ、国指定天然記念物)。溶岩の間からの湧水も溜まってました。

1911_20191112155701

菊まつりは今月いっぱいまで開催されています。園ゆかりの寺院ということで、菊で彩られた仁和寺です。

幼稚園生からお年寄りまで、結構な人出でした。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ