サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

”鮎壺の滝”でハートマークの複眼

伊豆半島ジオパーク”鮎壺の滝”でハートマーク(愛)を探す”お遊びテーマ”。

散歩中、擬態している昆虫がいるのか眺めていると、小さなのカゲロウ雄を発見。

2402

赤いターバン眼を複眼まで見えるよう接写すると・・・

Photo_20240216185101

写真の様に赤いハートマークが浮き上がっていました。

へ~、こんなこともあるんだ。この個体、ハートマークの陰が何時も見えているのかな~

*前回の”鮎壺の滝”のハートマーク(岩)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

メジロの水浴び

散歩中、河原でメジロの水浴している光景に出合った。

それも、大きな溶岩の穴で。

2401_20240201162001

御一鳥様専用露天風呂で、警戒しながらバタバタしてました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

アオサギの若鳥かな

小雨であったが何時も通りの散歩。

河原でサギ三羽が岩の上に、アオサギとダイサギと普段見かけないサギ!

2401_20240128211101

ダイサギより幾分小振りで、羽が未だ茶褐色なアオサギ・・・若鳥であった。

繁々と観察した後、ダイサギに注目すると、これまた肩の部分がふっくら盛り上がった姿が見事!…ふくらダイサギ!

ということで、私には珍しいツーショットでした。

*アオサギの前回記事は、こちら

*ダイサギの前回記事は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

愛鷹水神社の達磨石、御座石

愛鷹水神社の古い絵葉書(8枚組、1/2罫線*)を参考に、境内の石探しの記録です。

本堂前には紙垂が掛けてある苔むした大岩が鎮座してます。

2401_20240120124001

特異な姿から由緒ある石と思いますが、説明版がありませんでした。

じっくり観察し、これが絵葉書”本堂前の石は達磨石”と同じ石と・・・何かありがたい雰囲気が漂ってきました。 

2401_20240120123901

もう一つの大岩、”滝の上の石は妙法雨大菩神の御座石”を頼りに女滝・男滝上を探すと、紙垂が掛かっている大岩が。

2401_20240120123902

なるほど、これかな・・・

2401_20240120123903

次回は爽やかな新緑の頃に訪れてみたい。

*1918年(大正7)4月1日~1933年(昭和8)2月14日 発行。

*愛鷹水神社の前回記事(潜龍橋)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

オナガガモ 久しぶり

川沿いの遊歩道を散歩しながら野鳥観察をしていて、二年ぶりに冬鳥オナガガモ(Pintail)に出合いました。

僅かオス一羽だけれど・・・

240119

黒くて長い尾羽や白い胸、そして特徴的な頭部を再び撮ることが出来て、ありがたかった。

*オナガガモの前回記事(2021年3月)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

一度見たら忘れない!ウシカメムシを見つけた

普段の散歩コースで、やや珍しいというカメムシ、ウシカメムシを見つけました。

2401_20240115160101

大きく張り出した突起物が特徴なので直ぐ同定できました。

チョコチョコ歩いていた手すりを叩いてみると一瞬立ち止まったので、すかさず真正面からも撮ることが出来ました。

2401_20240115160102

ということで、この散歩でカメムシ18種と遭遇したこととなりました。

*前回のカメムシ(アカヒメカメムシ)についての記事は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

迎春 イソシギと矢穴石

今年もよろしくお願いいたします。

正月も毎朝の散歩は欠かせません。今朝、イソシギが滝壺の石で餌を漁っていました。

2401

写真は矢穴のある石(石材として利用しようとして途中であきらめた矢穴跡)とのツーショット。

ということで、今朝の珍しい自然風景です。

*他の矢穴石とイソシギの姿(2021年7月)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

コガモ 今季初飛来

昨日から富士山は5合目まで真っ白。今日も晴天下、清々しい朝となりました。

川ではコガモ20匹ほどが今季初飛来。

2310_20231030140101

一昨年来の護岸工事も完了し、いよいよ渡り鳥のシーズン入り。

普段の散歩に双眼鏡が必須となってきました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

三島競馬場開催の新聞広告(6)

地区のマニアックな歴史研究です。すでに三島競馬場の地図や競技成績表の実際などを紹介してきました。

その後、当時の活況を伝える新聞記事や広告などを調べ、タイトルから伺える変遷をご紹介します。

昭和26年(1951)1月1日の新春三島競馬の開催広告(三島ニュース)。二日から開催されており、三島驛から直通バスがあったことを知りました。

昭和28年では三島競馬人気を呼ぶという記事(三島民報1953.9.29)となり。第4回県営三島競馬では、東北や中京からも多数の遠征馬が来ていたようです。

しかし、翌年では”赤字續きの三島競馬 存廃かけて新春レース”という内容となり(三島ニュース1954.11.30)、

そして”どうなる?三島競馬、新予算が存廃の岐路”の厳しいタイトルとなり、昭和29年度内最後のレースが長泉村々営で挙行されました(三島ニュース1955.1.16)。

三島競馬存続のための署名活動も起こりました(三島民報1955.4.15)が、利益がないという理由で廃止となりました。

以上

*三島競馬場に関する前回記事(レースの実際)は、こちら

*ご訪問ありがとうございました

ホソミイトトンボと出会う

川沿いの散歩道で出会ったイトトンボのこと。

堤防の上の広い空間のなかで、見つけたのはホソミイトトンボ。名前の通り細かった。

2309cocolog

市街化が進んで、田んぼがなくなり、用水路もコンクリート護岸になった環境だけど・・・1年ぶりに出会ってホットした気持ちになった。

こういう機会が日常になればいいな~

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ