サボテンの華

  • 景清の蕾
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

リト紅大内玉小苗の植替えと結実

昨年10月に実生したリトープス紅大内玉は脱皮終盤、紫色のそれなりの姿になってきました。

しかし小鉢一杯だし、生育にバラツキや萎れる等が目立ってきたので、急遽植え替えました。

2003_20200330124901

一目で様子が判るよう、管理しやすい100均鉢一つに・・・

一段落してスッキリした気分です😃 

なお、順調に生長するかは、これからのこと。

2003_20200330125001

一方、2月に開花していた紅大内玉は、予定通り結実。

また秋ごろに実生する予定です。

(上手く育てば、バザーや配布用になります)

以上

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

「植欲」を満たしたのはアボニアだった

先日、ホームセンターで見かけた赤花のアボニア クイナリア、誰が購入?と思ったけれど自分だった。

・・・恵比寿笑いの時もそうだったが、ポツンと置かれた小苗に惹かれてしまった。

2003_20200329133501

「多肉植物&コーデックス Guide Book、主婦の友社」には、栽培カレンダーがでているのですが・・・生長遅いので、このまま休眠という事になりかねません。

どうか、長い付き合いになりますように!

Rsar5

さて、1990年発行の南アフリカ切手の図案はAnacampseros albissima。

そっくりなので本で見直すと、アボニアは以前はアナカンプセロス属。白花クイナリアをアルビッシマと呼んでいたことを知った。

ということで

手元にあった南ア切手にも登場していた代表的な珍奇植物、少し身近に感じました。

そして本の帯裏”植物好きの「植欲」を満たすのは、どの品種だろう”の文言通りの行動パターンでした。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

白花サボなど玄関内で撮ってみた!

今朝、フレーム内でサボテンの白、赤、橙、茶色の花が咲きだしていました。

一番花記念にと撮ってみたけど・・・・・・明るすぎるフレーム内では暗色が今一。

そこで、試しに玄関内で・・・

2003_20200328133901

 Lobivia schieliana v. leptacantha ES144, 2011年実生

偶々、日が射し、扉の隙間からの光と白花です・・・

花弁がペチャっとせず、薄すさが良い具合です😃

2003_20200328134101

* Echinocereus russanthus SB965, 2011年実生

それではとエビサボ ルサンタス、茶色花弁の重なり具合が絶妙!

2003_20200328134301

* Lobivia pampana ES125, 2011年実生

このオレンジ色のパンパナの花弁も・・・

2003_20200328133801

Lobivia maximiliana R202, 2011年実生

マキシミリアナの赤い花弁も光を反射しすぎず、良い色合いでした。

ということで

毎年定番、見慣れた美花も薄暗い中で撮ったら、一層の美しさでした(自己満足です)。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

雰囲気違うサボタニ撮影ポイントを見つけた

今日は雨、外でサボタニ写真を撮るのも億劫。

丁度、取り込んでいたパキポの恵比寿笑い実生苗が3輪開きだしていたので、玄関内で一枚

薄暗い中で、しっとり浮き上がっています。

2003_20200327174401

若い実生苗の新緑では、透過光で葉脈が浮き上がり、微毛も良い感じ(なお、小さ過ぎる苗は脇芽です)

斜光が凹凸をより一層くっきりさせていました。

2003_20200327174402

このツルビニの実生アロンソイでは、紫色も光を反射しすぎず、濃くなっていました。

2003_20200327174403

ということで

”夜目遠目笠の内”なんだろうか、障子越しや薄暗い所でサボタニを撮るのも面白い。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

赤花アボニアにへ~

ホームセンターの園芸館で多肉植物フェアーコーナーが開かれていた。

こじんまりとし、見た目に華やかさがなかったんですが・・・

20029980

塊根から細かいうろこが密集した”原産地;南アフリカ、ナミビア 赤花アルストニー”!

・・・値段9980円にヒエー!・・・こんな高額の珍奇植物、誰が購入するのかな~

最近購入したコーデックス本を見て・・・年間数ミリしか生長しないとか、ネットでは更に高価という事を知った。

アボニア クイナリアとか、冬型、うつぼ錦とか調べれば調べるほど興味も・・・イカン、イカン

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

シワシワ幹にイキイキ美花

軒下サボテンになっているロビビア マキシミリアナ ミニアティフローラの今朝一輪です。

茶褐色のシワシワ、徒長した幹から、瑞々しい蕾!

これだから、見苦しい枝でも切り取れません

2003miniatiflora_20200325201201

* Lobivia maximiliana v. miniatiflora WR452、2011年実生

それから2時間後、先端が控え目に(これで精一杯です)・・・鮮やかな赤色!

ボリビアの厳しい自生地に思いを馳せます。

2003miniatiflora

*力強い?花後の果実(昨年7月)の姿は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

メストクレマ マクロリズム もう花芽発生!

久しぶりに塊根メセン メストクレマ マクロリズムMestoklema macrorrhizum、密集した葉の様子です。

昨年10月に種を播き、密集した年末には急遽植替え、それから3か月、こんもりしてきました。

2003-cocolog_20200324105301

間延びするので水やりは控え目にしており・・・そのため、葉に勢いありません。

状態を点検すると、脇芽先端にもう花芽!(黄印)・・・1株に4,5個!

2003cocolog_20200324105301

増えすぎないよう、花後の処理を徹底したい。

以上

今迄、夜間は玄関内に取り込んでいましたが、サクラも咲きだしましたので、今日からは軒下に放置です

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

黄色の一番花、パロディア

パロディア サイントピエアナの蕾が突然開きだしました。

2003cocolog_20200323143601

* Parodia saintpieana DH181(N Salta, Arg), 2015年実生

レブチアに先駆けて、黄色の一番花となりました。

冬場は写真の通り冴えないんですが、花は色鮮やか! 咲き続けます♪

2003achaensiscocolog

 * Lobivia acchaensis EZ134(Rio Apurimac-Acomayo, Peru), 2011年実生

そして、ロビビアの赤紫の大輪花!

幹は寒さで赤褐色になり、同様に見てくれ悪いのですが・・・さすが、花サボ・ロビビアです。

以上

ポツポツとサボの蕾も膨らみだし、毎朝フレームの蓋を開ける楽しみが増えました。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

パッチワークの分頭

リトープス実生苗は4,5年経つと分頭してきますが、その姿について思ったこと。

2003cocolog_20200322110501

この小さな寄せ集め、花紋玉系琥珀玉C143Aは一斉に脱皮してきました。

それも整然、新葉の割れ目が十字になってます。

他種の分頭を見ると、割れ目が平行あるいは上下にずれていたりというのも

2003cocolog_20200322110401

この不明種(福寿玉プルパーとして入手した種子由来)の右上苗は、割面の接点にずれ(正六角形の平面充填のよう)・・・

窓が濃色なので、それなりに美しい文様となっていました。

2003-cocolog_20200322110501

さらに、同じ形の福来玉ロウクシーSB2149、外縁部の細かい線模様はパッチワークの縫い目! 

色あせた旧葉の割れ目から、チラッと見える絶品・・・

そうか、まだ夜目遠目笠の内ということなんだ。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

これは龍の玉!

チタノプシス、アロイノプシスの花は、もう終盤になってしまいましたので、最後の一華です。

前回、アロイノプシス天女舞のジェル状の花殻に驚きましたが、再度出現しました。

接近すると花弁が折り重なって熟しています。

2003_20200321101101

更に赤黒くなり、そして薄黒く

・・・

こちらには、龍が玉を加えた姿に!

キモカワイサの極致かな?

神秘さ、神々しさに、五穀豊穣、家内安全など願ってしまった

2003_20200321101102

* 天女舞の前回記事(赤いベリー)は、こちら

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

より以前の記事一覧

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ