サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

白馬城の萎れた鞘の内部

昨年秋から伸びてきたパキポディウム サウンデルシー(白馬城)の鞘fruitのこと。

とうとう軸も黒褐色に萎れだし、垂れてきたので、摘まんで内部の様子を点検しました。

2103cocolog

未熟な種子が3,40程ギッシリ詰まっていました。

2103-cocolog

残念な結果ですが、無加温栽培で花から鞘までの数か月間を楽しむことができました。

なお、パキポについては恵比寿笑いの蕾が伸びだしてきましたので、これからは春の話題です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

ツルビニ バラ丸満開状態になる

先月末に一輪開花したツルビニのバラ丸は現在、満開状態になってきました。

2103

実生同期の苗ですが、大きさや花色などの違いがあります。

これにより、一層華やかに感じられます。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございます。

ツツビニ二種に春 中筋の花です 

フレーム内ではツルビニカルプスの長城丸とバラ丸が開花してきました。

長城丸、数株が一斉に蕾が膨らんでいます。

2102cocolog

このほんのりした色合いは、春の訪れ。

バラ丸実生苗の黒い蕾も膨らみ、きょう先行して一輪。

しかも、この苗だけ白い花びら・・・中筋のピンクが目立ちます

2102cocolog_20210227193701

以上、10年以上のお付き合いの苗、早春の雰囲気となりました

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

マツカナの一番花は杏色

一月前から見え出していたマツカナ ウエベルバウエリ実生苗Matucana weberbueriの蕾が、本日開きだしました。

2102cocolog-2

杏色、これぞマツカナの花となりました。

他種にも蕾が見え出し、いよいよサボテンの花シーズンの始まりです。

*画像はクリックで拡大します

*ご訪問ありがとうございます。

鮎壺の滝に野鳥イソシギ来訪

伊豆半島ジオパーク鮎壺の滝に訪れる野鳥シリーズ、マニアックな地元ネタです。

川岸の石伝い動き回り、水中の虫を捕食している鳥を見つけました。

Dsc_1159-2

双眼鏡で確認すると、肩まで切れ込んだ白い羽、黄色の脚などからチドリ科のイソシギでした。

今までも訪れていたのでしょうが、この年になって初めて見た鳥!

名前を知ってお仲間に。

*画像はクリックで拡大します(遊歩道からの望遠、これで精一杯)。

*”鮎壺の滝”の記事をカテゴリー分類にしました(PC版、左下)

*ご訪問ありがとうございました。

アルブカ スピラリス 二本目の花茎発生

ケープバルブのアルブカ スピラリスAlubuca spiralisが開花し始めてきました。

2102_20210223184001

細い葉なのに元気だな~と眺めると、株元から二本目の花茎が発生していました。

しかも、20苗全て!

21022

1年前は2,3本の葉しかなかったのに、目覚ましい生長力です。

ア! 花の匂いを嗅ぐのを忘れた

*アルブカ スピラリスの1年前(実生4か月)の姿は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

アロイノプシス天女舞 満開中

ここ一両日、暖かい日が続いています。

実生六年になる天女舞Aloinopsis villetii は、黄色の小花七輪です。

初めてのこと、気分晴れやか。

21027

*クリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

パキポ白馬城の鞘 180度に展開

初結実中のパキポディウム サウンデルシー(白馬城)の鞘が目一杯、180度に開きだしました。

2102-cocologu

いよいよかな? しかし、艶がなく、中心部が黒色、軸は黄褐色で薄汚い。

2102_20210220150501

明らかに状態が悪い。

ここまで来たら手出しできません。

シワシワは、気温が低いためではなく、乾燥中にあると思いたい。

* クリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープス大津絵、三面体の脱皮の様子 

リトープスの脱皮、徐々に進行中。今日は、新葉が見え出した頂面が三つある大津絵の様子です。

いわゆる三面体は、脱皮で三面体、二面体あるいは6面体(正常2頭立て3個)になった事例を経験しました。

今回は? 

2102_20210217195201

*Lithops otzeniana green attempts、2014年実生 

三面体が保持されたと思っていたら、変形の窓になっていました。

予測できません

*この緑の大津絵、1年前の脱皮の様子(上記苗の脱皮もあります)は、こちら

*ご訪問ありがとうございました。

プレイオスピロス ボルシー 今度は中央に出てきた

プレイオスピロス ボルシー(Pleiospilos bolusii  鳳卵)の新葉から、新たな芽が見え出してきました。

2102_20210213183401

実生2年半程度の若い苗なのに・・・花芽?(見たことありませんが)

一方、先に脇から出てきた小さな芽、僅かに生長。

2102_20210213183402

初夏までにどんな形になるのか? 初めて実生なので、読めません

☀ご訪問有難うございました。

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ