サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

軒下サボテンなど 秋の花

 10月中旬、暑い日が続いており、半袖で冷房!

それでも庭では秋の七草”フジバカマ”が咲き始めてきました

2110_20211012102201 

パキポディウム サウンデルシーに垂れていて、白花とツーショット

2110_20211011195903

パキポの恵比寿笑い大株の葉も紅葉しだし、色彩豊かに

2110_20211011195902

そして、軒下サボテンのロビビア マキシミリアナ インターメディア(Lobivia maximilliana v. intermedia KK784、2011年実生)も、鮮やかな赤!

これが最後の花、これからの花・・・季節の変わり目の色合いです。

*今朝(11日)、白馬城が開花し、画像差し替え。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

見慣れた花だけど、良いな~

今日は曇り。軒下サボテンの蕾が開くか気がかりでしたが、実生ロビビア マキシミリアナ 二種が開花しました。

2109violacea

このビオラケア(Lobivia maximiliana v. violacea)の紫の小花、雰囲気良し!

2109maximilianar202

こちらのマキシミリアナ(Lobivia maximiliana ,R202)は、反対に尖った花弁・・・いろいろあるね

以下は蛇足です

庭の小松に、1センチほどの松ぼっくりが付いていました。

こんなこと初めて!

2109-2

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

今朝の一輪、軒下サボテン

雨戸を開けると、すぐ目に飛び込んできたのは軒下サボテン、ロビビア ゼケ(Lobivia zecheri))の一輪。

2108zecheriflcocolog

このパステルカラーの花弁と赤い柱頭、いつ見ても華やか。

画像の上に見えるロビビア マキシミリアナの赤い蕾も膨らんでいた。明日も楽しい。

実生10年の苗、頑張ってます。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

軒下ロビビアの一輪

猛暑下、今朝早くから軒下サボテン、ロビビア ゼケリ(Lobivia zecheri K838)が開花していました。

実生10年、細長い幹になりましたが、美花は健在。

2107zecheriflcocolog

精一杯開いた丸い花の姿です。

以上 五輪開会式当日の一輪でした

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

久しぶりに黄裳丸系の赤、黄、白種

今朝、軒下サボテンの赤裳丸とシャフェリが開花しましたので、白花黄裳丸も久しぶりに登場。

2107_20210711095102

*L. aurea v.dobeana TB454.1

赤裳丸(ドベアナ)は当然赤花、花弁がスッキリしてます。

実生7年になるのに小振り。寄せ植えに丁度良い。

2107_20210711095103

* Lobivia aurea v shaferi R152 

こちら、一年先輩のシャフェリ(金笠丸)は反対に子吹きが盛んで、大きくなりすぎ。

一方、花は精々2,3輪どまり。写真の苗は特に花弁が小さい。

しかし、これはこれで独特な表情です。

2107_20210711095101

*Lobivia aurea v. albiflora GC950.06、2014年実生

写真の白花種は、昨年まで元気が全くなかったんですが、フレーム内に移したところ、青々とした肌になって生長してきました。

当然、花は見たことありません。

なお、本家黄裳丸は大きくなりすぎて、仕立て直し中です。

以上

実生の目標はまだ達していませんが、何時かは揃い踏み。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

軒下サボの赤紫大輪花

軒下サボテンのロビビア カルデシアーナが開花しました。

薄い花びで、凹凸に乏しいゆえ、ノッペリした雰囲気の美花

2106cardenasianacocolog

Lobivia calorubra v. cardenasiana WR498, E Tarifa,Bol. 2011年実生

少し変化を持たせて、遊びました。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

軒下サボテン 黄色の大輪花

軒下サボテンのロビビア マイラナが開花中です。

2106_20210609151602

写真の花は開花二日目、花弁が雄しべが十分展開してのびのびしています。

2106_20210609151601

上の大輪花はエビサボテンの実生タヨペンシス。

それぞれ軒下経験長く,丈夫が取りえです。

2106_20210609151603

この黄花に黒は、フレーム内の実生ロビビア ニグロストマ

段々丈が伸びて取扱いに苦労しています。

* 月曜にワクチン接種2回目、だるくなり、静養していました。

*二年前のリグロストマも含めた黄花三種は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

軒下ロビビア バッケベルギー 目一杯の花

今朝、軒下のロビビアとして、バッケベルギー(Lobivia backebergii)に、二輪。

毎年のことですが、今春は頂花・・・生長が遅くなった結果です。

2106_20210603205801

目元パッチリ、素朴!かわいい雰囲気です・・・花弁が小ぶりで、落ち着いた色合いゆえかな

細かく観察すると、花糸の赤と白の具合が、中心部と外縁部、さらに表裏で違っています。

そんなところもあって、見飽きないです。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ロビビア シャフェリの華2

黄裳丸系ロビビア シャフェリ(Lobivia aurea v. shaferi R151)、二株目が今朝、開花しました。

昨日とは花弁の姿が異なるレモンイエローの大輪花です。

2105_20210531182501

実生八年の大きな群生株なんですが、花は出し惜しみ・・・後一つ

本日限り、軒下サボテンの美花で目の保養です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ロビビア シャフェリの華

ロビビアの黄裳丸系のシャフェリ三株の蕾が伸び、今朝一輪。

昨年初花になった群生株に、淡い黄白色の花です。

215shaferi

*Lobivia aurea v. shaferi R151, 2013年実生 

Photo_20210530203301

葯と花糸の遠慮がちな雰囲気、いいな~ ”サボテンの華”に

以上、今朝の軒下サボテンの表情でした。

* "サボテンの華”は、PC版左・マイフォトに掲示しております。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ