サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

今年の一番花はロビビア桃輪丸

久しぶりにサボテンの話題、それも今年の一番花、ロビビア 桃輪丸(L. wrightiana)の桃色です。

2101_20210118164301

*Lobivia wrightiana KK1545(Huancavelica 2800m,Peru),2011年実生

軒下サボテンゆえ、本体は寒さと日焼けで茶褐色になって縮んでいます。

蕾も茶褐色なので今朝まで全く気づかず・・・上にも、二個発生していました。

昼になると赤い雌しべも見え、ここだけ春うらら。

2101_20210118164302

*クリックで拡大します

☀ご訪問どうもありがとうございました。

冬も元気! 軒下サボテン

久しぶりにサボテンの話題。

軒下サボテンの雑草をピンセットで摘まんでいたら、肌ツヤツヤで刺発生中のロビビア発見!

2012violacea

*Lobivia maximiiana v. violacea WR735, 2011年実生

今春、子を全て外して植え替えたんですが、もう3株で12個ほど育っています。

親はそれほど大きくならず、子は丸々 (蛇足、フレーム内ではキュウリ様になります)

窮屈になると、ダニ被害とか色々トラブルあるので、また繰り返し。

それにしても、この時期に気持ち良いほど元気とは、さすがボリビア高地産です。

*画像はクリックで拡大します

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

軒下サボテン三種、秋の刺

朝晩冷え込んみ、しかも気温変動幅が大きい頃となってきました。

そんな気候が好きそうな軒下サボテン、新刺の様子です。

2011lateritiacocolog

*Lobivia lateritia v. WR500a, 2012年実生

色鮮やかに刺を伸ばしているのは、ロビビア ラテリティア

2011zechericocolog

*L. zecheri, 2011年実生

ロビビア ゼケリも緑鮮やかに生長しています。

2011wrightianacocolog

* L. wrightiana KK1545, 2011年実生

ロビビア ライティアナは、強い日差しで緑肌が紫色になっていますが、元気に茶褐色の刺を伸ばしています。

エキノプシスやエビサボなどは、もうお休みなのに・・・さすが、ボリビアやペルーのサボテン!

爽やかな秋の空に似合います ♪

この調子では、来期も美花かな

*画像はクリックで拡大します。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ</p

雨に濡れたロビ一輪

霧雨の今朝、ロビビア マキシミリアナR202の赤花が開花。

一輪、ヒッソリと・・・

2009_20200921082001

* Lobivia maximiliana R202, 2011年実生

と思ったらアリさん、もう訪れていた。

マメだな~

私はメセン植替えの為、記事更新ペース遅くなっています <(_ _)>

*画像はクリックで拡大します。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

タニサボ紅白一輪

今日は快晴、相変わらず強い日差しです。

メセン棚に放置中のコノフィツム ペルシダムに白花一輪、開花しました!

2009_20200909214002

先日、少し水やりしただけで、反応するとは!

催促されているのかな~・・・もう少し待ってくれ。

2009_20200909214001

軒下のロビビア マキシミリアナも早朝から開花、紅色の小花一輪です。

なかなか頑張ってるな~

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

雌しべが飛び出たロビビア

この時期、再び蕾が発生してきた軒下ロビビアの様子です。

2009sicuaniensis1cocolog

* Lobivia maximiliana v sicuaniensis,2011年実生

このマキシミリアナに、蕾が6,7個発生してきました。

2009sicuaniensis2cocolog

その赤い蕾を見ると、柱頭がはみ出ていました!

赤の小花になるんですが、先走り過ぎ!

以上、

この姿が特色のマキシミリアナのご紹介でした。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

このロビビアに元気をもらう

今日も暑い!秋の七草ホトトギスの葉が枯れるほど、日照り続き。

軒下サボテンも色あせ気味なんですが・・・このゼケリは元気!

2008_20200818121901

ひょろ長く伸びた先端、飴色の棘は瑞々しい。

しかも、灰色になった根元には緑の子、四つ! 初の子吹き!

2008_20200818121902

実生九年目でなぜ?・・・このエネルギーの元は大きな塊根!

毎年、長すぎて鉢に困るほどですが、切らずに良かった。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

トンボと軒下サボテン、珍しい!

梅雨明けの朝、サボテンとトンボの珍しい光景に出会った。

2008-cocolog

* 麦わらトンボとLobivia maximiliana v. caespitosa WR957(2012年実生)

この夏、初めて現れた麦わらトンボ! 垂れたサボ矯正用の棒に止まって、日を浴びていました。

2008-cocolog_20200801172801

時々、飛び回ってフレームの角にも

そう、先端が好きなんだな~クマゼミもフレームの角で、脱皮していた 

反射するフレームの蓋を、水面と勘違いして飛び回ることありますが、

ありそうでない組み合わせ、トンボとサボテンの写真が撮れました♪

*画像はクリックすると拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

雨に打たれてサッパリ ロビビア・ゼケリ

午後から日が射し、軒下サボテンやパキポには、ほっと一息というところ。

2007cocolog_20200731173701

このロビビア ゼケリ(Lobivia zecheri,2011年実生)は、昨日までの雨に打たれて、青々とし、新刺も気持ちよさそう。

といっても、下の方は白くなって見苦しいのですが。

2007cocolog_20200731173901

先週は美花一輪、今期色々な表情を見せてくれましたが、これで最後。

ということで

明日は8月、これから生長本格化です!(太るわけではなく、キュウリみたいに伸びるだけです)

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

雨中のロビビア、花に隠れていたもの

今日午前中、雨が降らずホット一息。避難させていたロビビアの花を見て気が付いたこと。

ロビビア ゼケリの花殻は、吹き込んでいた雨で今までにない表情!

2007_20200711224601

黄金色の萼片と水分タップリの熟れた花びらとなっていました。

真っ黒、薄汚くなるだけなのに、束の間の大変貌です

軒下ではロビビア バッケンベルギーのかき子が、パッチリアピールしていました。つい蛇足。

2007_20200711224701

・・・雄しべのところから足? すでにハナバチ。蟻もいました。

ということで

今迄とは違った置き場で、予想外の花殻の姿を見ることができた話題でした。

* 画像はクリックで拡大します。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ