サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

今朝のロビビア薄紫花

今朝は曇り空、風も無く、セミの声も聞こえません。

軒下サボテン、ロビビア マキシミリアナ ビオラケア(Lobivia maximiliana v. violacea, WR735)の小花も、ひっそり一輪。

2207_20220704103001

ナメクジにも齧られないが、蟻が数匹いた。

ということで、静かな朝です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

今朝の美花 シャフェリ他

朝早くからロビビア黄裳丸系シャフェリ(Lobivia aurea v. shaferi  R151)に薄黄色の花が開いていた。

2206_20220618130402

均整美の黄裳丸とは違って、薄い花びらがヒラヒラ~

年に一輪ほどしか咲かない、実生シャフェリの一株(群生株)です。

2206_20220618130401

こちらはロビオプシス紫黄丸、スッキリした美花です。

ところが昼頃、この軒下の美花達も急な雨に打たれてしまった。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

今日のアカントプレグマの花

軒下ロビビアのアカントプレグマ(Lobivia acanthoplegma JK10,201年実生)の蕾が開き始めてきた。

一部ひっかがりがあるようで、歪んが姿になってします。

2206acanthoplegmaflcocolog

ひょろ長い幹も隣のサボに寄りかかっています。

明日はどう変身するかな

*昨春の花姿は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

今日の華、二苗

今日の華と思った二苗の姿です。

2206

長年戸外に置きっぱなしのロビビア マイラナに大きな黄花。

開花二日目、花糸も花弁も軽やかな雰囲気になってきました。

毎年ありがとうと言いたいくらいです。

こちらは三か月間、咲き続けていたデロスペルマ沙地桜、終盤の様子。

2206_20220601183501

種子の詰まった5角形のカプセルが増えました。地味色ですけど、こんな変化もあるんだと、私には新鮮でした。

なお、その下は蕾です

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

今朝も早くから色々

今朝は快晴、軒下サボテンは満開。もうハナアブが花粉を集めていた。

そこで、朝日を浴びて輝いていたロビビアの花です。

2205_20220528200003

ロビビア ゼケリ(Lobivia zecheri  ,2011年実生)は、三株ほど開花していましたが、この小苗の花はボリューム感一杯です。

撮る前からハナアブ2匹が忙しい

2205_20220528200002

こちらはトマト色のヤヨイアナ(L.jajoiana v. glauca  WR218、2012年実生)。

軒下ゆえ灰褐色肌になっていますが、暗色の中心部が花を惹きたてています。

2205_20220528200001

このマゼンダ花は、カルデナシアナ(L.calorubra v. cardenasiana WR498、2011年実生)。

冬の間、肌はくすんでいましたが、最近緑色になりつつあります。

偶にみる赤紫色の花も良いもんですね~

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ロビビア大輪花です

今日は未明から昼頃まで雨であったが、・・・取り込んでいた軒下サボテンは、開花中でした。

2205kuenrichiiflcocolog

ロビビアのクエンリッチー(Lobivia haematantha v. kuehnrichii MN81, 2012年実生)は大輪の花。

一番花は蕾が膨らむと同時にナメクジ被害、今度は前日に棚に移動させた。

花弁が薄いし、午後の花なので、もう痛んでいまいました。

22051wcocolog

こちらは、1週間も開き続けている蝦サボテン草木角(Echinocereus scheeri L091)。

雨にかかって、雄しべが痛んでいた。

2205cocolog

これはロビオプシス杏鶴丸の小さなカキコ。それなりの花が咲きました。

夫々、明日には萎んでしまいます。

以上

クエンリチー一昨年の花と赤い花糸は、こちら

草木角の咲き始めの花(1週間前)は、こちら

杏鶴丸とロビオプシスの仲間達、一昨年の大輪花はこちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

軒下で赤裳丸咲き始める

軒下サボテンの赤裳丸(Lobivia aurea v. dobeana TB454.1, 実生8年)の小苗たちが咲き始めました。

2205dobeanaflcocolog

珍しく三花、直線的に並んだ記念に撮ってみた。

この赤花は近寄ると撮りにくい。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

何時も変わらぬロビビア ゼケリィの美花

朝早くからロビビア ゼケリィ(Lobivia zecheri)が開花していた

軒下サボテンゆえ、ナメクジの攻撃を避けるため、前日に棚上に移動していました

2205zecheriflcocolog

これも実生11年経て、ゴチゴチで灰白色の薄汚れた幹になっていますが、毎年咲く花は変わりなく美花

このギャップ感、現地で見る雰囲気の一つなんだろうな~と、独り楽しんでいます

<蛇足>大輪花なので、肝心の幹は隠れてしまった

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

戸外のサボテンに濃赤紫大輪花

一年中外に置きっぱなしのロビビア チグリアナ(Lobivia tiegeliana)が開花しました

濃い赤紫色の美花です

2205tiegelianaflcocolog

仲間入りして10年、子吹きもせず、太くなったり、長くなることもなく平穏無事です

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

軒下サボテン マキシミリアナの大輪花

軒下ロビビア マキシミリアナ カサスピエトサ(Lobivia maximiliana v caespitosa WR957)が咲きだしました

長い花筒にオレンジ色の大輪花!

2205capsaietosisflcocolog

少し緩んだ雰囲気なんですが、実生10年の幹は茶褐色、横たわって荒々しいです

現地でも同じようなんだろと思いを巡らしています

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

より以前の記事一覧

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ