サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

花サボテンの雄しべに囲まれて、ぬくぬくと

ポカポカ陽気で、花サボテンが次々開花しています。フレーム内ではロビビア ペントランディー

淡い色で、雄しべもフワフワ感。

2105_20210504205903

軒下のロビビア シンプレックスは真反対。

雄しべや柱頭など、強いイメージ発散中です。

2105_20210504205902

下のロビビア マキシミリアナ インテーメディア、

整然とした花糸に丸く並んだ葯、統一感ありますね~

2105_20210504205901

円形の窓の奥を覗くと・・・?!

なんと青虫!3センチ程の大きいのがいました!(写真省略)

今朝開いたのに、何ということだ! 少しヒンヤリした個室で一休みとは!

全く油断ならない

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

花三輪の咲き方

今日は雨ですが、一度開花したパキポディウムは開きっぱなし。

レウコキサンツムとして三年前実生した白花三輪の姿も・・・!

2104_20210429183802

中央の花は明日で一週間開花し続けています。

二、三輪目の花弁は、上向きではなく真横。こんな咲き方もあるんですね~ 

恵比寿笑いでは全て上向きだし、白馬城のように群開しているわけでもないのに、・・・

一方、フレーム内ではロビビア シンプレックスの美花三輪。

バランス良い三角、安定感・・・有り過ぎです。

2104_20210429183801

ということで

咲き方にも変化があって、興味は尽きません。

*画像はクリックで拡大します

*ご訪問ありがとうございました。

軒下のロビビア 美花です

暖かい陽気に誘われて、軒下サボテンの蕾も膨らんできました。

色も姿も異なるロビビア 美花三種です。

 2104implex

* Lobivia haematantha v. simplex ES142, 2012年実生

幹はこじんまりしたシンプレックス、色鮮やか、ハッとする美花。

2104violacea

* L.maximiliana v. violacea WR735, 2011年実生

この紫の小花はビオラケア、子吹き盛んだけれど、花はポツリ、ポツリ

2104maximilliana

* L.maximiliana v.sicuaniensis、2011年実生

最後はひょろ長いマキシミリアナ、こじんまりまとまった花ですが・・・

年々、花も大きくなってきているような・・・

以上、毎年軒下で開花してくれる花サボテンのロビビアでした。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

緑の柱頭 美花三種

紫と緑のコントラストが印象的なエビサボ衛美玉が開花しました。

この際、他の緑の柱頭の花です。

2104_20210419102201

これはレブチア ピグマエア トルクアータ (Rebutia pygmaea <torquata> FR1117)。

小さい花ですが、味わい深いパステルカラーに薄緑です。

2104_20210419102202

こちらはロビビア パンパナ(Lobivia pampana WR433)

中筋のある尖った花弁に伸びた柱頭です。ペルー高地の厳しい自生環境が伺えます。

締めは衛美玉(Echinocereus fendleri v. kuenzleri)、濃紫色の大輪花です。

2104_20210419102203

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

軒下サボ マキシミリアナが開花

軒下サボのロビビア マキシミリアナ インターメディアの蕾が開きだしました。

2104maximilianakk784cocolog

Lobivia maximilliana v. intermedia KK784、2011年実生

毎年、このグラデーションと勢いに惹かれます。花付も良いしね。

但し、大分暗かった。赤色は難しい

今夜から雨なので、屋根の下に移動した。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

パステルカラーの花、レブチアとロビビア

今朝も色鮮やかなロビビアの花がフレーム内で咲きだしていますが、反って原色とは違う雰囲気に注目してしまいます。

2104r202cocolog

*Lobivia maximiiana R202 ,2011年実生

この橙色系、控え目の美花はロビビア マキシミリアナ。

こんな花だった?

こちらのレブチアの花、原色にはない華やかさがあります。

2104cocolog_20210408152301

*Rebutia pygmaea 'haagei' v. pallida WR645、2017年実生

以上、チョット違った花色、これもありです。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

軒下サボテンならではの自然です。

軒下サボテン、レブチアの花に訪れた、見たことのないハナバチについて。

2104rebutia-sp-cocolog

* Rebutia spec. Lara & Aguilar(Tarija-Narvaez, Tarija,Bolivia)、2014年実生

肌寒い今朝、なかなか均整のとれたピンクの一輪。

すると触覚が長いハナバチが飛び込んできた! オイオイ!

2104cocolog

すぐロビビア 桃輪丸に移動。背中は花粉だらけ。

2104_20210406200001

*Lobivia wrightiana KK788, long thin curly spines, pink flowers, 2011年実生

羽のようすからニッポンハナナガハナバチであった。

初めて見たハナバチ! こんな経験も軒下サボならではです。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

今年の一番花はロビビア桃輪丸

久しぶりにサボテンの話題、それも今年の一番花、ロビビア 桃輪丸(L. wrightiana)の桃色です。

2101_20210118164301

*Lobivia wrightiana KK1545(Huancavelica 2800m,Peru),2011年実生

軒下サボテンゆえ、本体は寒さと日焼けで茶褐色になって縮んでいます。

蕾も茶褐色なので今朝まで全く気づかず・・・上にも、二個発生していました。

昼になると赤い雌しべも見え、ここだけ春うらら。

2101_20210118164302

*クリックで拡大します

☀ご訪問どうもありがとうございました。

冬も元気! 軒下サボテン

久しぶりにサボテンの話題。

軒下サボテンの雑草をピンセットで摘まんでいたら、肌ツヤツヤで刺発生中のロビビア発見!

2012violacea

*Lobivia maximiiana v. violacea WR735, 2011年実生

今春、子を全て外して植え替えたんですが、もう3株で12個ほど育っています。

親はそれほど大きくならず、子は丸々 (蛇足、フレーム内ではキュウリ様になります)

窮屈になると、ダニ被害とか色々トラブルあるので、また繰り返し。

それにしても、この時期に気持ち良いほど元気とは、さすがボリビア高地産です。

*画像はクリックで拡大します

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村へ

軒下サボテン三種、秋の刺

朝晩冷え込んみ、しかも気温変動幅が大きい頃となってきました。

そんな気候が好きそうな軒下サボテン、新刺の様子です。

2011lateritiacocolog

*Lobivia lateritia v. WR500a, 2012年実生

色鮮やかに刺を伸ばしているのは、ロビビア ラテリティア

2011zechericocolog

*L. zecheri, 2011年実生

ロビビア ゼケリも緑鮮やかに生長しています。

2011wrightianacocolog

* L. wrightiana KK1545, 2011年実生

ロビビア ライティアナは、強い日差しで緑肌が紫色になっていますが、元気に茶褐色の刺を伸ばしています。

エキノプシスやエビサボなどは、もうお休みなのに・・・さすが、ボリビアやペルーのサボテン!

爽やかな秋の空に似合います ♪

この調子では、来期も美花かな

*画像はクリックで拡大します。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ</p

より以前の記事一覧

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ