サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

メロカクタス果実の八の字

フレーム内のメロカクタス層雲、赤紫の果実が多数ついていました。

ちょっと前に出始めたと思っていたら、もうこんな状態になってしまった!

2107_20210728192701

処分する前に、上から眺めると果実のリング。 整然とした様子です。

外側は熟したもの、内側は新鮮な固い果実になってます。

中々、美しい。

一方、この苗はランダム状態? 

2107_20210728192702

否、生長点が分かれ始めた初期段階なので・・・、八の字の姿!になっているんです。

以上、実生15年目の珍しい姿の紹介です。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

メロの種子をばら撒いて

昨年から怪しい雰囲気だったメロカクタス層雲、花座の割れ目が目立ってきました。

2106_20210621211401  

生長部の綿毛部分もハッキリ。

ここまで実生15年かかりました

一方、この花座から赤紫の実が沢山伸びるんですが、・・・もう実生する気力がありません

しかし、どうせ捨てるならと、昨年、鉢にばら撒いて放置・・・所狭しと発芽しましたが、冬も戸外。

そして現在、数は減っても20個弱、5ミリほどに。

2106_20210621211402

今季も、ばら撒いてみる・・・たくましい苗に育つかな

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

メロカクタスの花座 分頭かも

昨年から気づいていたメロカクタスの花座中央の凹みのこと。

 

2104_20210402213401

気になって点検すると、凹みが線状になって花座が割れだしています。

それぞれに白い綿毛の中心点があります。

2104_20210402213402

へ~再び変身するのか~

実生14年目だけど、まだまだ、これからだな。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

赤いサボ、集合

華やかだったフレーム内は一変、緑色が主力となったので、反動で赤いもの探しました。

2008cocolog

目につくのは実生メロカクタスの果実、先日全て抜いたら、また飛び出てきた。この雰囲気が良いんです。

2008cocolog_20200802202602

エビサボ紫太陽実生苗も生長開始。今季も咲かなかったが、調子良いようだ。

バラバラなように見えて、整然としたトゲです。

2008cocolog_20200802202601

この実生青花蝦も精一杯に赤いトゲ発生してます。

緑の花が映えました。

2008cocolog_20200802202701

最後は紅鷹実生苗。

自慢できるほどではありませんが、発生直後の蕾と刺、精一杯の赤です。

以上

今日のサボテンの華?でした。

*画像はクリックすると拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

今日の椅子、多様な形態

今日は祝日、好天ゆえ、久しぶりに門扉前の椅子。10か月振りだった!

直射日光OKのパキポディウム 恵比寿笑いを中心に、メロカクタス、リトープス、アルブカ、ロビビアです。

2004-cocolog_20200429151501

ケープバルブのアルブカ スピラリス フリズルシズル以外は実生苗。

アフリカや南米の植物、多様な形態を楽しんでもらいたいな~

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

花と実の今朝の華 

ポカポカ陽気の今朝の華2つです。

フレーム内のメロカクタス層雲(2007年実生)の花座から果実がピョンと伸びていました。

2003_20200309195602

先日の水やりで動いたようです。

霜や氷も張らない暖冬の今年は、何ら防寒対策しませんでしたが、元気です、

2003_20200309195601

日が高くなると、ケープバルブのアルブカ コンコルディアナが咲きだしました😠

私にとっては初めての花となります。

早速、香りを嗅いだ

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

果実が伸びた冬のメロ

当地の今朝は、風もなく春の陽気となりました。

無加温フレーム内のメロカクタス層雲は、赤紫の実が目立ってきました。

1802

12月初め、不織布を防寒対策(気休め)として被せた時から動き出したものです。

実生苗ゆえ、結構寒さに耐えられるのですが、本体が動き出す前に実は勝手に熟すんですね~

以上、色鮮やかなものが少ない冬場で、目立っていた姿を取り上げました。

*このメロの前回記事(花座が赤く盛り上がる)は、こちら

 

にほんブログ村

花座が赤く盛り上がる

先月来、メロカクタスの花座を時々見ていて、最近赤く盛り上がってきたような気がしました。
 
近寄って見ると、赤い刺が長くなって夏場より飛び出しています。
 
年毎の白い縞模様も、はっきりしだしてきました
 
さらに、先月墨汁で黒くした綿毛も、一月経つと二センチほどに離れており、結構刺が活発に発生しているようです。
 
1709_2
 
以上
 
 いつも同じような花座に見えますが、僅かながらも動き、さらに季節ごとの変化もあるように感じた次第です。
 
 
 
   ご訪問ありがとうございました
 
継続の励みとなる”応援ポチ” よろしくお願いします (^人^)
 

メロの花座の動く旋毛?

猛暑日が続いてまいっていますが、メロカクタスは、へこたれずに赤紫の実をつけています。
それを眺めて、花座はどう動いているのだろうかと・・・? 
 
花座はトルコ棒のように伸びるけれど、頂面の赤い刺とか綿毛は、常に同じように見えてしまう。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
そこで二苗に、いたずら半分、真ん中に墨で着色し、10日間程その変化を撮ってみました。
 
左は初日、右は10日後の様子。 画像に目印の白点2カ所、動きが判るように書き加えてあります。
 
1708
 
 
21708
 
* 同じように見えても結構な変化であった。
 
* 十数本の赤刺の塊は、中心部から発生。らせん状に外側に向かって動き、徐々に刺を伸ばしているように見える。 動くつむじ(旋毛)ということかな。
 
* 綿毛は下部から発生し、一部は赤刺とともに更新しつつ移動している。
 
* 実は朝方一部見えだし、午後には伸びきっている。 3日後、内部圧力で抜け落ちる。
 
・・・あいまいな結論、夏休みのお遊びでした。
 
 
以上
タイムラップス動画なら、動きが出てくると思いますが、辛抱できません。
 
さらに、文献的知見は門外漢ゆえ報告できません、ご容赦。
 
 
   ご訪問ありがとうございました
 
継続の励みとなる”応援ポチ” よろしくお願いします (^人^)
 
 

セミ初鳴きの日のサボ

今日は海の日。 蒸し暑い日になりました。
 
この三連休、黄花の緋裳丸は今季最後の二輪咲きだしました。 
1707
 
花弁が薄く、結構魅力的なんですが、大きくなり、フレーム外に追い出されたサボです。
 
その棚にはクマセミの抜け殻。
 
三年前、フレーム内のアブラゼミの抜け殻以来の接近となりました。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
最後は、この蒸し暑い雰囲気そのもの、メロカクタス層雲の様子です。
いよいよ梅雨明けでしょう。
 
1707_2
 
 
* 十七年セミと金鯱の絵の切手は、こちら
 
 
   ご訪問ありがとうございました
 
継続の励みとなる”応援ポチ” よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ