サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

強風でバーバンクウチワ 倒れた

週初めの台風による強風でバーバンクウチワが傾いてしまった。

西隣の新築建物が基礎段階ゆえ、もろに西風が当たったことと、新葉(茎節)が重すぎました。

紐で補強していたけれど、支え棒自体が折れてしまった。

2108_20210811182401

ということで、

上部の新葉をのこぎりで切り落とし。仕切り直しです。

写真は、一枚づつ切り落とした新葉。

結構重いので、一度では捨てられません。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

ウチワサボテンに蝉の抜け殻!

栽培しているサボテンと生き物の姿。きょうは、朝から元気良く鳴き続けているセミに関する話題です。

タイトルどおり、バーバンクウチワの茎節にクマゼミの抜け殻!

2107_20210724102001

大きなバーバンク、役に立ちました。

ということで

珍しい組み合わせとなりました。

次は鳴く姿?・・・日差し強くハードル高いです.

*パキポディウム白馬城とクマゼミの組み合わせ(丁度4年前)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

 

ウチワサボテンの樹脂

「ウチワサボテンの刺座から何だろう」の続編。乳白色ジェル状物が刺座からでてから10日後のこと。

今日、その刺座に樹脂状のものが付いていたので、つまんだら

2107_20210720202101

固い樹脂そのもの、しかも刺座付き

へ~と思ていたら、外された部位から再び乳白色ジェルがあふれ出てきました。

右上も同じ由来、樹脂の雫。

21072

へ~茎節を切っても、このようなジェルが出てきたという記憶がないが・・・

以前、マミラリア白珠丸の乳液が固まった琥珀を取ったことありますが、・・・不思議なこともあるもんです。

*乳白色ジェル状物噴出についての前回記事は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご連絡ありがとうございます。

ウチワサボテンの刺座から、何だろう?

長雨の今週、外のウチワサボテンから気持ち悪い物が噴出していた。

恐る恐る見ると、数か所の刺座から乳白色ジェル状物!・・・初めての現象

2107_20210709155501

目立った傷がないのに、葉肉が噴き出てきた?

カメムシもいたけど、わざわざ固い刺座に刺さないと思うが

バーバンクウチワには変化ないので、どうしてなんだろう

2107_20210709155502

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました

芽が出すぎです!バーバンクウチワ

今春のバーバンクウチワは調子良いようだ。

初めて新芽が二十程、一斉に発生しています。

2105_20210512192501

昨年まで重みや風で倒れていましたが、根が張りだしたのか真直ぐ立ってます。

しかし、これでは葉が重なり、充実しないので、一、二の茎節程度にするつもりです。

切り落した葉は、サラダとかステーキ用かもね

*画像はクリックで拡大します

*ご訪問ありがとうございました。

メキシコが誇る食材 ウチワサボテン

趣味のサボテン切手の話題です。

昨年12月、メキシコから、世界に誇るメキシコの食材(Los alimentos de nuestro Mexica)についての切手ミニシートが発行されました。

2020_20210216153201

ウチワサボテンOpuntia ficus indica、インゲン豆Phaceolus vulgaris、唐辛子チリセラーノCapsicum annuum、ハゲイトウの仲間のスーパーフード アマランサンAmaranthus hypochondriacusの4種です。

メキシコ旅行したことも無く、メキシコ料理にも疎いんですが、ウチワサボテンをどう料理するのだろうか?

青臭い以外、味は無いように思いますが・・・

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問有難うございました。

バーバンクウチワの実を上から眺める

バーバンクウチワの実が薄っすら赤くなってきました。

2008_20200825190201

やはり日を浴びるごとに緑~黄~赤となること確認しました。

この果実を上から眺めるとクレーター。

2008_20200825190202

リング状の皺もハッキリして、美しい

ついでに芒刺のラセン数は?・・・右回り8、左回り13のように見え、フィボナッチ数列を確認

以上

夕食のデザートは、身割れしてしまった三個目の黄色の実でした。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

バーバンクウチワサボテンの実を食す

庭のバーバンクウチワの果実が身割れしてきたので、急遽味見しました。

2008_20200822182803

さらに大きく、黄色くなると思っていたけど、もう熟した?

2008_20200822182802

蟻さんに齧られる前にと・・・芒刺を焼いて、冷蔵庫へ

2008_20200822182801

白い果肉はさっぱりした甘みだった。3ミリほどの種も気にならず。

これなら、夏の冷果として十分。

ということで、念願の食用サボテンを食しました。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

バーバンクウチワの筋力

朝から快晴。この暑さが一番、バーバンクウチワの踏ん張る姿をご紹介。

先月の強風と長雨で鉢が傾いたのですが、初めての結実ゆえ、そのままにしていました。

2008_20200819100102

現在、実の付いた茎節を支えるために、褐色の筋がカーブ状に太くなってきました!(下の茎節)

すごい適応力と思います。

2008_20200819100101

日を浴びた果実の方は日毎に膨らみ、七センチほどに。黄色い模様が現れてきました。

なお測定中、指先に芒刺八本。収穫時の警告だった。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

バーバンクウチワの実が変化しだしている

八月に入ってから連日の猛暑。リトープスなどの多肉は危険な状態、もちろんサボテンも参っているような様子。

そんな中、バーバンクウチワの果実は、少しづつ緑色が抜けだし、芒刺部分の凸凹も目立たなくなりました(左側が一番丸い)。

2008_20200815164101

高温と強い日を浴びて実が熟しだす・・・

ますます、太陽、自然の恵みに期待がかかります。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ