サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

雨に濡れたロビ一輪

霧雨の今朝、ロビビア マキシミリアナR202の赤花が開花。

一輪、ヒッソリと・・・

2009_20200921082001

* Lobivia maximiliana R202, 2011年実生

と思ったらアリさん、もう訪れていた。

マメだな~

私はメセン植替えの為、記事更新ペース遅くなっています <(_ _)>

*画像はクリックで拡大します。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

アリとイースターリリー

早朝、ロビオプシスのイースターリリーが咲きだしていた。

2009_20200912182001

覗くと、既にアリが何かをするのでもなく、ウロチョロしていた。

働きアリなのに?

2009_20200912181901

パキポの恵比寿笑いの葉には、慌ただしく走り回る蟻!?

黒アリではなさそう・・・どうやらアリグモの雌にたどり着いた。

・・・

雨上がりの早朝、小さなタニサボの餌場の話題でした。

*画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

白馬城にイトトンボ♪

今日も猛暑日。玄関先で日をたっぷり浴びているパキポの白馬城の葉に、イトトンボが休んでいました。

2008cocolog_20200805193101

多分、クロイトトンボの雌。 ぐ~っと近寄っても動きません。

先日のロビビアと麦わらトンボと同様、大変珍しい光景が撮れました!

2008cocolog_20200805193102

ところで、このショットは、早々と出てきた白馬城の蕾と一緒♪

(鳥の糞がジャマ)

以上

今年の蕾は、早いな~と偶々見に行って、出会った瞬間でした。

*画像はクリックすると拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

トンボと軒下サボテン、珍しい!

梅雨明けの朝、サボテンとトンボの珍しい光景に出会った。

2008-cocolog

* 麦わらトンボとLobivia maximiliana v. caespitosa WR957(2012年実生)

この夏、初めて現れた麦わらトンボ! 垂れたサボ矯正用の棒に止まって、日を浴びていました。

2008-cocolog_20200801172801

時々、飛び回ってフレームの角にも

そう、先端が好きなんだな~クマゼミもフレームの角で、脱皮していた 

反射するフレームの蓋を、水面と勘違いして飛び回ることありますが、

ありそうでない組み合わせ、トンボとサボテンの写真が撮れました♪

*画像はクリックすると拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

雨中のロビビア、花に隠れていたもの

今日午前中、雨が降らずホット一息。避難させていたロビビアの花を見て気が付いたこと。

ロビビア ゼケリの花殻は、吹き込んでいた雨で今までにない表情!

2007_20200711224601

黄金色の萼片と水分タップリの熟れた花びらとなっていました。

真っ黒、薄汚くなるだけなのに、束の間の大変貌です

軒下ではロビビア バッケンベルギーのかき子が、パッチリアピールしていました。つい蛇足。

2007_20200711224701

・・・雄しべのところから足? すでにハナバチ。蟻もいました。

ということで

今迄とは違った置き場で、予想外の花殻の姿を見ることができた話題でした。

* 画像はクリックで拡大します。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

雨に濡れた海王丸の花

今日も一日中豪雨。

わけあって避難していた海王丸の花にも滴。

2007

花弁は十分開いていませんが、初めて気が付いた萼片の墨色!

そして、撮って分かった・・・蟻さんが働いていた

以上

海王丸を外に出すことなかったので、初めて濡れた花の姿でした。

* 画像はクリックで拡大します。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

タヨペンシスの花、ハナアブ! タッチアンドゴー

昨日から蕾がほころび始めてきた軒下エビサボ タヨペンシスの花と虫のこと。

傘をさして眺めた昨日は、花弁の蓋が緑の柱頭を隠していました。

2006_20200629174602

* Echincereus tayopensis,2012年実生

晴れの今日は全開、見事な大輪花! 花びらは、ひらひら折れ曲がっていた。

2006_20200629174601  

そのカメラ視界に入り込んだのが、ハナアブ! タッチアンドゴーの一瞬撮りました。

ということで

蜜を吸いに来たけど、止めてしまった瞬間の一枚でした。

蛇足:実生タヨペンシスの花に集まる虫について二報続けましたが、これまで果実が出来たという事はありません。

*前回記事(大輪花の葯を運ぶ蟻)は、こちら

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

大輪美花ゼケリの花粉媒介者

軒下ロビビア ゼケリLobivia zecheriの大輪花に訪れてきたハナバチの様子に焦点を当てた。

2006_20200626185402

朝には開いている花に小さなハナバチ、雄しべにぶら下がりながら一心不乱、葯をかき集めています。

2006_20200626185401

後肢には花粉団子をつけて一段落、飛び立っ寸前のホッとした表情?

20063

半分閉じている昼頃も、花糸のバリアーの中に潜入して花粉集め。

20064_20200626185401

大きなハナバチも花園荒らしに訪問!

こんなに訪れるから、実がたくさん出来るはずだ!

ということで

曇り空の下、花粉媒介者の挙動を観察しました。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

タヨペンシスの葯を運ぶ蟻

昨朝、軒下エビサボのタヨペンシス二株の蕾が同時に開花。その際、珍しい光景を目撃した。

2006855

蕾がほころび、緑の柱頭が見え出しました(8時55分)・・・もう蟻がウロチョロ! 蟻がいること自体驚き!

2006_20200622105801

三輪の内、この花だけに集まって何をしているのか?・・・・葯を食いちぎって巣へ(9時7分、速足ゆえ、やっと一枚)

2006914

ハナバチも飛び込んで、花糸の中まで侵入してましたが、7分後飛び立った(9時14分)

日が内部まで差し込んできたころ(9時20分)、蟻は一匹もいなくなっていた。

20061952

それから1時間半後、黄花大輪花(写真は別株)

ということで

タヨペンシスの花に蟻が侵入し、しかも葯を運んでいたとは驚き! 

この株の蕾だけにアリマキが集っていたので、蟻も誘引する物質が発散していたんだと勝手に想像した。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

蟻がたかるアカントプレグマの花

今日の晴れ間を予期したように軒下サボテン、ロビビア アカントプレグマ(Lobivia acanthoplegma)が咲きだしました。

2006acanthoplegmacocolog

* Lobivia acanthoplegma JK10, 2011年実生

奔放の花弁は濃赤紫色、雄しべの向きもあちこっち・・・こんなところに野性味

ところで、開花してすぐ花粉を求めて虫が飛び込んでいました。

さらに、蟻も

前日の蕾の時はアリマキが発生し、飼い主の蟻もいた。

う~ん、

私も好みの花なんです😃

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ