サボテンの華

  • Lobivia aurea v shaferi R151
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

リトープス実生子苗、初試練中です

昨年秋に実生した自家採種のリトープス4種とケイリドプシス翔鳳の様子報告です。

先月の紹介から一月ばかりですが、30度近い気温と強い日差しになり、栽培に一層気を付けなければならなくなりました。

2106_20210614092001

この紅大内玉。二重脱皮も順調で、少し親顔になってきました。

子苗は乾燥気味に育て過ぎると、脱水症状で萎れてしまうので。偶に鉢底からの水やりと夕方の霧吹きをしています。

2106_20210614092002

麗紅玉ゾロ由来は動きが少なく、二重脱皮せず。 白く茹で上がって、退場した苗は、ありました。 

2106_20210614092301

花紋玉トップレッドは、同じように育てても徒長してしまいます。二重脱皮するものもあり。

2106_20210614092401

福寿玉も二重脱皮と徒長に注意していますが、元気なら良しとしてます。

なお、強い日差し(特に西日)でダメージを受けたこともあって、この時期から黒寒冷紗を被せて管理しています。

2106jpg

このケイリドプシス ペキュリアリス翔鳳は、もう様変わり。

緑豊かだった本葉は萎れ、薄皮一枚で夏眠中です。

ということで

梅雨から夏、冬型多肉の幼苗にとっては厳しい季節。遮光・通風に一層注意しなければならなくなりました。

*これら子苗の一月前の様子(同じ配置で撮っています)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープス レッドオリーブの実生子苗です

一昨年の実生リトープス レッドオリーブと居候の紅大内玉の様子です。

レッドオリーブはヤフオク由来種子。まだ小さいのですが、順調に赤い顔も現れています。

2105_20210529181201

同期の紅大内玉は昨年二月、ヒヨドリに引き抜かれたため、急遽お邪魔して、そのままズルズル・・・

今季、二重脱皮し、さらに旧葉からも新葉が発生し(陰になつて写っていません)、二頭立てに。

オリーブ玉と比べると、結構な大きさ!

ということで

リトの混植は基本していないのですが、偶々のヒヨドリの悪戯でこんな組み合わせが続いています(今秋まで)。

*レッドオリーブと居候の紅大内玉の姿(昨年6月)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

増える緑色の大津絵

脱皮したリトープスには様子を見ながら、水やりして新葉を膨らませております。

写真は実生大津絵のいろいろ。

さらに水やりすると、上に伸びるだけなので、このレベルで打ち止め。

2105_20210520170401

この時期はまだ色がくすんでいますが、緑色は生き生きした雰囲気で結構目立っています。

例えば、写真下右から二鉢目、一応、緑大津絵タイプ(Lithops otzeniana green attempts、2014年実生)。

小さいながら増えだしています(同鉢左上)。

同じようなタイプは、その斜め左上。

210519

花は咲かないけれど、増え続て19頭になりました(2007年実生、昨年は15頭)。

以上、同じ種子由来でも、顔色(窓)がそれぞれ。やってみて、わかる楽しさです。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

昨秋の実生リトープス小苗、二重脱皮中

自家採種し、昨年九月に実生したリトープス四種、春の様子です。

2105_20210509212301

花紋玉トップレッドは、小さいなりに頂面が赤くなっています。 

水やりを継続してますので、二重脱皮進行中です。

2105_20210509212401

この紅大内玉のプックリした小苗も二重脱皮中。

ほんの少し親顔に。

2105_20210509212402

一方、麗紅玉ゾロ由来の小苗は、赤い線が目立ちだし、端正な姿へ。

じっくり生長を見守るしかありません。

2105_20210509212403

この福寿玉、どんな頂面かはまだ分かりませんが、赤っぽい小苗も有って期待している所です。

以上、これから夏のハードルがあると思いますが、元気な様子です。

*これら小苗の前回記事(二か月前)は、こちら

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープスとディンテランサスの固く閉じた蒴果

朝日を浴びて、リトープス麗紅玉の蒴果Seed Capsulesの星が浮き上がっていました。

2104_20210427192402

堅く締まった5室、

小苗を購入してから7年目、4頭の一人前になりました。

6室は? ありました。源氏玉系花輪玉、十分乾燥してます

2104_20210427192401

*Lithops gesineae v. annae C078,2014年実生

他には・・・初花だったディンテランサス 稜耀玉の蒴果8室。

2104vanzylii

*Dinteranthus vanzylii, 2012年実生

以上、しっかり結実している姿は美しいです

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございました。

リトープス 紅菊水玉とキスキーグラナットは初分頭

脱皮中のリトープスの話題です。紫色の実生二種が、今季分頭してきました。

2104_20210409190702

ハマールビー(紅菊水玉 Lithops meyeri cv Hammeruby SB1125A)は、九年前に実生して以来数が減るばかりで、とうとう二苗。

それが、今季目出度く分頭。花は見たことありませんが、初めて勢いのある動きでした。

2104_20210409190601

同じ紫の大津絵キスキーグラナット(L.otzeniana Czesky Granat)は昨秋の初花に続いて、分頭しました。

結実しているけど、実生七年間この一苗ゆえ、他の大津絵と交配したかも・・・試しに実生してみよう!

以上、長年淋しかった鉢にも春です。

*画像はクリックで拡大します。

*画像はクリックで拡大します。

リトープス実生五か月、幼苗脱皮中

昨秋、リトープス四種を実生して五か月。

ゆっくり脱皮が進み、新顔がデビュー。

紅大内玉F3、濃紫でツルンとした幼苗です。

2103_20210310194903

花紋玉系福寿玉不明種は、それらしき顔が見え出していますが、期待はこれからの変化。

2103_20210310194901

花紋玉系トップレッド、期待通り赤褐色の頂面が現れています。 生長が遅いのが気がかり。

2103_20210310194902

麗紅玉ゾロは、丸い球が身割れして脱皮開始。赤い斑点出現してます。

2103f3

以上、まだ小さい苗、夏までの生長に期待しているところです。

*これら実生苗の前回記事(実生3か月)の姿は、こちら

*画像はクリックで拡大します

*ご訪問ありがとうございました。

リトープスの脱皮 柘榴玉系二種

順調に脱皮中のリトープス、柘榴玉系二種の様子報告です。

扁平で紫のグラウディーナエ C393は、分頭してきました。

2103glaudinaecocolog

*Lithops bromfieldii v glaudinae C393 violet red to dark brown, 2016年実生

昨秋は初花そして分頭、一人前の姿となりました。

2103gmcocolog

* L.bromfieldii v mennellii GM463, Louisvale, dark red earthtone, 2017年実生

こちらの雀卵玉GM463は一年後輩、赤褐色の新葉が目立ちます。

半年後には初花かな

なお、静かに脱皮見守り中ですが、新葉にゴミが溜まらないよう時々、吹き払っています。

*画像はクリックで拡大します。

*ご訪問ありがとうございます。

リトープス大津絵、三面体の脱皮の様子 

リトープスの脱皮、徐々に進行中。今日は、新葉が見え出した頂面が三つある大津絵の様子です。

いわゆる三面体は、脱皮で三面体、二面体あるいは6面体(正常2頭立て3個)になった事例を経験しました。

今回は? 

2102_20210217195201

*Lithops otzeniana green attempts、2014年実生 

三面体が保持されたと思っていたら、変形の窓になっていました。

予測できません

*この緑の大津絵、1年前の脱皮の様子(上記苗の脱皮もあります)は、こちら

*ご訪問ありがとうございました。

リトープス赤花朝貢玉の蒴果

リトープスは脱皮し始めていますが、きょうは蒴果の様子。

実生九年目の赤花朝貢玉、昨秋に初めて数株同時開花したので、授粉させました。

2102_20210212170001

*Lithops verruculosa ’Rose of Texas', 2012年実生 

暗緑色混じりのの蒴果には、種子がたくさん詰まっていそうです。

同じ花色(赤系、橙色系)同士を交配したので、これからが楽しみです。

*ご訪問どうもありがとうございました。

*画像はクリックで拡大します。

*昨秋、赤花朝貢玉が開花した様子は、こちら

 

 

より以前の記事一覧

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

サボテンの切手帳

  • Opuntia basilaris
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2004
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ