サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

チョコっと斑入り日輪玉

リトープス日輪玉が分頭し、4頭立て記念に全ての後輩とともに一挙。

13年前、初めてリトの実生をした日輪玉、仲間は退場してしまいました。

2007_20200729191701

ボリューム感抜抜群です!・・・そして今回、分頭した苗の斑入りで魅力アップしました(白い輝線)。

2007manyading3

こちら3鉢(上下)も二年ぶりの日輪玉’manyading’(2016年実生)。

2007manyading2

今季の脱皮で、やっと大人顔になりました。

2007manyading1

今は先輩より色黒で平べったい・・・これからは魅力の肥満体へ。

以上

*日輪玉manyadingの二年前の姿は、こちら

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リト青磁玉、この濃色は何色?

休眠中のリトープスですが、今季分頭して初めて濃色の頂面に気が付いた青磁玉のこと。

この4苗の鉢、左手前の色は青磁色と違います!

2007-cocolog_20200728204901

 *Lithops helmutii EH65 ex TL, 2014年実生

前から? 4月中旬の脱皮終盤の様子をみると・・・

2004_20200728205001

少し褐色気味のようですが・・・

ところで、これ何色というんだろう。リト本には桃緑色、purplish hintsという表現あるけどな~

以上

他より1,2年遅れの分頭後、膨らんで色艶良くなり、やっと他との違いが明瞭になった青磁玉の姿でした。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

今期の変形リトープスです

脱皮の完了後、少し生長したリトープスの中で、おかしな姿になっている三態の報告。

まず、麗典玉系ケネディーが分頭して頂面が5個へ。

2007cocolog

2頭と3頭ではなく、2頭二つと単頭のように思われる(単頭は次回脱皮で消滅するだろう)。

2007-cocolog_20200721222101

この二年前の実生紅大内玉は、不均一の分頭に変形が加わってしまって?型。

これからどうなるんだろう・・・見えない新芽しだいだけど

2007-cocolog_20200721222001

この茶福来玉は不均一の対が三組。

二重脱皮の姿のまま、今期それぞれが脱皮したため(下が脱皮前の今年2月)・・・親が元気すぎて、再び小さな新葉を発生(少し見えます)、昨年から見えていた子は包まれたまま脱皮した。

その結果、写真上の大小の葉は世代が違うので、割面が直角となったのです

2002-2_20200721224201

ということで

見苦しい姿ですが、予期しないことも起こりますという話題でした。

* 画像はクリックで拡大します。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

赤い花紋玉、ティッシェリーやトップレッドなど五鉢

脱皮完了した花紋玉系リトープス五鉢の赤ら顔を紹介します。

まず最初は、今回の脱皮で親顔デビューとなったティッシェリーtischeri C182。

太い溝のある凸凹頂面に、テカテカした赤黒い色・・・頑丈そうな印象受けます

2007tischeri-cocolog

*Lithops karasmontana v. tischeri C182、2017年実生

下はヤフオク種子由来のトップレッド。

頂面が赤い紋なら全てトップレッドなんだろうか? 色々出たね。

2007topred-cocolog

下は栄玉summitatum。今回分頭し、少し華やかになりました。

朱唇玉似もありますが、ベンガラ色の朦朧とした雰囲気が良いです

2007sumitatum-cocolog

*L. karasmontana 'summitatum'、2016年実生

こちらは朱唇玉と思っている古参(2007年実生)。内縁の赤い筋がクチビル似。

模様と大きさ不均一の分頭になりました。

20072cocolog

最後は美薫玉。明るいレンガ色が特長です 

親似の苗は、なぜか単頭。

2007-cocolog

以上

今回は赤黒顔の花紋玉系ティッシェリーのデビューでしたので、色々の赤も同席させました(赤い線模様タイプは欠席)。

比べてみると、それぞれの特長がハッキリし、惹かれます。

* 画像はクリックで拡大します。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

長雨でリトープス変調しだす! 

7月に入ってから梅雨の長雨で、屋根下に取り込んでいたリトープスが、変調しだしてきた。

徒長! 空気中の水分吸収しているのではないか?

この時期は夏眠していればいいのに・・・

2007_20200709175901

* Lithops olivacea 'red olive', 2017年実生

このレッドオリーブは下部がハッキリ緑色! 日照不足です。

2007_20200709175902

* L. hallii 'salicola v. reticulata' C87, 2017年実生

網目李夫人も、ひょろ長くなりだしている! 徒長した巴里玉って、あまり見かけないんですが~

2007_20200709175801

* L. gracilidelineata ssp brandbergensis C383, 2015年実生

荒玉系舞嵐玉も色艶良く膨らんいますが、上に伸びています。先月までは、土に埋もれるくらい縮んでいたのに!

ということで

湿気が多い梅雨の時期、軟弱になるリトープスも出始めてしまいました。

暑いのは嫌だけど、日が欲しいな~

* 画像はクリックで拡大します。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

紅オリーブ玉の実生苗、これから

リトープスの紅オリーブ玉の脱皮後の様子です。

2006_20200630203101

三年前に実生したレッドオリーブは、今期の脱皮でやっと一人前の顔になってきました。

しかも、いくつか濃紫色保持♪

20062_20200630203101

一方、昨秋蒔いた国内産レッドオリーブは、やっとコメ粒ほど。

先月、強い日を浴びて白く溶けてしまったこともありましたが、何とか生き延びてます。

・・・あと二年、じっくり見守るしかありません。

なお大きな苗は同期の紅大内玉。生長具合の差、一目瞭然です。

節分の頃、ヒヨドリに突かれて転がり、居候しています。

*リンク先は前回記事(昨年11月脱皮前)です。

* 画像はクリックで拡大します。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

この大窓濃褐色の大津絵は、太古玉似なのか?

脱皮完了したリトープス大津絵の頂面の色について思ったこと。

2006towscopie

*Lithops otzeniana Towskoppie, Loriesfontein windows with fine lines, 2014年実生

秋の緑と違って濃褐色! 狙った線模様が無い大窓タイプ・・・これも大津絵、結構なインパクトです!

自生地・大津絵の写真を見ると、全て日焼けして褐色!

2006c128

* L. otzeniana C128 large open jagged windows, 2012年実生

しかも、全窓タイプを太古玉似と記載していた・・・自生地の太古玉(L. comptonii)の頂面も同じ濃褐色!

へ~、太古玉は栽培していなかったんですが、近縁とはね!

ということで

現在の濃褐色の大津絵は自生地と同じ色合いで、この渋さが魅力と気が付いた。

* リトープス自生地の写真集”WILD LITHOPS、HARALD JAINTA著"の記事は、こちら

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

分頭したリト美梨玉の色

リトープス美梨玉が、実生6年目となる今季分頭しました。

頂面の緑色が特長なんですが、新葉は少しくすみ、小苗は赤色になり変調した感じ。

20064

* Lithops viridis SH388,2014年実生 (2020.04.29撮影)

底水で元気づけをしていたら・・・(西日の影響?)

一苗が腐って、茶褐色😿

2006_20200618213201

*今日の様子

一番緑色のリトとか、実生は簡単ではないとか本に書いてあったけど・・根が太く丈夫そうと思ったが、いじり過ぎた。

失って判った大切さ、残った赤い小苗などは、秋まで静養させておこうと思った。

ということで

一昨日は脱皮完了後、一月で開花した曲玉・宝貴玉、今日はその間に腐ってしまった美梨玉のトホホでした。いろいろあるね。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リト曲玉・宝貴玉 待ち続けた黄花!

今朝、リトープス宝貴玉に黄花が咲いていたことに気が付いた。蕾が出ていたことも気づかず(-_-;)

2006volkii

* Lithops pseudotruncatella ssp volkii C69、2013年実生

曲玉は夏咲なので、脱皮後の水やりや日照等を特別に配慮していた成果です♪

これは昨秋の植替え時、生長停止した蕾の痕跡があり・・・今まで秋咲きリトと同じように管理したため、蕾生長期に水不足だったと気が付いたためです。

ということで、実生7年目の初花写真です。

2006volkii_20200616174801

失敗ばかりだった曲玉の実生、再チャレンジしたい気分になったが・・・生長が遅いので熟慮中。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

リトープス棚に雨が吹き込んで、色鮮やかになる

昨夜の雨に打たれて、薄汚れていた頂面がサッパリしたリトープスです。

避難し、寒冷紗を被せていても、びっしょりになってしまった。

一年に一回あるかないかの機会、午後の様子です。

2006_20200612191202

* Lithops helmutii EH65 ex TL, 2014年実生

普段乾燥気味で、白っぽくなっている青磁玉は、色鮮やかになりました。この色合いが良いんです。

2006_20200612191301

L. naureeniae、 2014年実生

ノーリーニアエは暗褐色! 日焼けの影響? この濃色を期待していたんです。

2006_20200612191201

* L.dinteri C206, 2014年実生

この神笛玉は、血赤色の斑点やベージュの外縁部が目立っていました。

2006_20200612191203

* L. schwantesii 'gulielmi' C184、2014年実生

招福玉系グリエルミーの線模様も明瞭になり、色々あります。

以上

雨に打たれた六年前の実生苗をピックアップ。 一昨年から分頭あるいは単頭など、それぞれです。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ